告白を失敗しやすい原因と失敗後に前向きになる6つの方法

告白に失敗して落ち込んだ経験はないでしょうか。告白に成功するかどうかは2分の1の確率であるため失敗している人も実は少なくないのです。大切なのはなぜ失敗したのかその理由を見つめること、失敗をいつまでも引っ張らずに前向きに考えることでしょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

告白を失敗してしまった原因


上手くいかなかったことを思い返すのは辛いかもしれませんが、次に進むためには「なぜ失敗したのか」を考えることも大切です。失敗したときの状況を振り返って、原因を探ってみましょう。

タイミングが早い・遅かった

告白にはタイミングも重要です。自分の気持ちを早く伝えたい気持ちから告白を急いでしまって失敗することもあるでしょう。まだ、相手が異性として意識していないときに告白しても早すぎます。また、逆に相手が好意を持ってくれているのにそれに気づかずタイミングを逃してしまって遅くなっても失敗することがあります。

相手が恋愛する時間がなかった

相手が仕事や趣味などで忙しくしていて恋愛に真剣に向き合う時間が取れない場合も告白して失敗することがあります。真面目でストイックな人ほどやらねばならないことを優先して恋愛は後回しにすることが多くなります。また、前回の失恋の傷が癒えてなくてまだ恋愛する気になれないことも告白が失敗する原因と言えるでしょう。

他に好きな人がいた


好きになった人がフリーである保証はありません。交際中の恋人がいる場合や付き合ってはいなくても意中の人がいる場合もあるでしょう。気持ちが自分に全く向けられていないのに告白しても無駄に終わるだけです。告白が失敗した理由は自分にあるわけではなく、他の人に気持ちが動いていることを理解すればそれほど落ち込むことはないでしょう。

相手の好きなタイプではなかった

相手が好きなタイプとは異なることから告白を断られることもあります。告白する前に相手の好きなタイプについての情報をリサーチしていないと失敗する可能性が高くなります。ヘアスタイルやファッションなど外見的なことがポイントであれば好みに寄せることも可能です。しかし、性格などの根本的な部分が好みでない場合はあきらめるしかないでしょう。

告白するセリフがダメだった

シチュエーションやムードを重視する人の場合は、告白の言葉の選択ミスによって失敗することもあります。「好きです」と言われたいストレート派なのか、「交際を前提に付き合ってもらえませんか」と言われたい慎重派なのか、事前に調べておく必要があるでしょう。あまりに格好つけすぎたり凝りすぎたりして相手が引いてしまうこともあります。

電話やLINEで告白した


普段から使用している連絡ツールを使って告白して振られる人も少なくありません。電話やLINEなどは相手の顔を見ることなく想いを伝えられるのでシャイな人や勇気がなかなか出ない人には向いています。しかし、大切な告白を電話やメッセージで済ませることに強い抵抗を持つ人もいることを理解しておくべきでしょう。告白は直接会ってしたいものです。

告白を失敗した時に前向きになる方法


勇気を振り絞ってやっとのことで告白したのに失敗すると相当落ち込みます。しばらく何も手につかない状態になるかもしれませんが、そのまま立ち止まってばかりもいられません。告白を失敗したときに前向きになる方法について考えてみましょう。

以前と変わらない態度で接する

告白を失敗した相手との関係はその後の態度で大きく影響されます。顔を見ることが辛いからと避けていてはギクシャクした関係がさらに悪化するでしょう。以前と変わらない態度で接するようにすることが関係修復には不可欠です。何事もなかったようにするのは辛いことですが相手に安心感を与えるためにも必要なことと言えるでしょう。

イメチェンしてみる

告白に失敗したことを少しでも吹っ切るためにイメチェンしてみるのもいいでしょう。女性が長い髪をバッサリ切ると「失恋した?」と聞かれることもあります。相手に気を遣わせないようなイメチェンを心がけましょう。髪を短くしなくてもメイクやファッションを変えることで雰囲気を変えることは可能です。

失敗をバネに自分を成長させる


告白に失敗した事実は消し去ることはできません。この経験をトラウマにするか自分を成長させるためのバネとするかは本人の考え方次第です。失敗に落ち込んでずっと引きずるよりも自分を成長されてくれた失敗として前向きにとらえた方が自分にとってプラスになるでしょう。失敗を糧に成長できれば人間的な幅や魅力もアップすることにもなります。

筋トレやダイエットを始める

「健全な精神は健康な体に宿る」と言われることから、筋トレやダイエットを始めるのもいいでしょう。健康増進やボディメイクに効果があるのはもちろん、体を鍛えることによって心も鍛えられます。ネガティブな考え方もポジティブなものに変化させることも可能でしょう。毎日続けられる程度の負荷の運動を続けることが大切です。

仕事や学業に没頭する

告白に失敗したことからどうしても立ち直れない場合は、恋愛のことからしばらく離れるために仕事や学業に没頭することも必要です。暇な時間があれば自然に告白のことを考えてしまい落ち込みが続きます。仕事や学業に忙殺されていれば雑念は入らなくなるでしょう。他のことに没頭することで自分磨きにもなります。

告白出来たことを誇りに思う


告白に失敗しても失敗を恐れて告白できなくて後悔するより良かったと考えるようにしましょう。告白には相当の勇気や度胸が必要です。これまでにここまで自分に気合を入れて挑んだ経験がない人もいるでしょう。まずは、告白できた事実を誇りに思って自分を褒めましょう。大きなハードルを越えることができた満足感が自信にもつながるはずです。

告白失敗からでも良い関係を築いていくコツ


告白を失敗すると失敗したことに落ち込むだけでなく、明日からどんな顔をしてどんな態度で接すればいいか悩んでしまうこともあるでしょう。自分だけでなく告白を断った相手も複雑な気持ちです。告白を失敗してからでも良い関係を築くためのコツを紹介します。

相手の前ではなるべく笑顔でいる

告白に失敗した後は失敗した本人だけでなく、断った方も相手を傷つけたと思っているのでどんな顔をすればいいかわからずに悩んでいます。そんなときこそ、告白をした方から明るい笑顔で接するように努力することが大切です。相手も笑顔をみてホッとするでしょう。なかなか普段通りの会話はできなくても笑顔でいるだけでも安心します。

自分から明るく話しかける

告白に失敗した後は、ちょっと頑張って自分から明るく話しかけるように努めましょう。断られた相手に笑顔で明るく接するには勇気がいります。しかし、そのことで相手も安心して普通通りに接すればいいのだと理解してくれるでしょう。関係がギクシャクしないことで次へのステップが見えてくる場合もあります。

告白の返事で気を遣わせてしまったことを謝る

下からのお願いをして感謝をする
告白に失敗した本人も相当ショックですが、相手を傷つけることがわかっていながら断らなければならなかった相手もとても辛い思いをしています。なるべく相手を傷つけないようにと相当考えて言葉を選んだことでしょう。告白後は返事に気を遣わせてしまったことを謝るとともに気にしないで欲しいことを伝えるとその後の良好な関係につながります。

2回目の告白を失敗しないために


告白に一度失敗したのに2回目の告白をするには相当な精神力の強さが必要です。しかし、2回目の告白をすることで本気の想いを伝えることにもなり、相手の気持ちに変化をもたらす可能性もあります。2回目の告白を失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか。

失敗した理由を考える

2回目の告白を失敗しないためには、少し辛いことではありますが1回目の告白でなぜ失敗したのか、その理由をしっかりと見つめることが大切です。告白したシチュエーション、タイミング、相手の返事の内容などを振り返り、どの部分が一番いけなかったのか客観的に書き出してみましょう。上手に経験を生かせれば成功する確率をアップすることができます。

3ヶ月は期間をあけてから告白する

1回目の告白からほとんど日が空いていないのにすぐに2回目の告白をする人がいます。しかし、あまりにも早すぎて「断ったこと理解していないの?」「何考えているの?」と思われて嫌われる可能性が高くなります。どんなに相手を想う気持ちが強くても、最低でも3ヵ月間は空けてから2回目の告白をするようにしましょう

しばらくは二人きりで遊ぶのは控える


1回目の告白の後、ギクシャクしない関係でいられてもお互い心の底で意識している部分はあるはずです。普通に会話ができていても告白の瞬間を思い出せば気まずくなって当然でしょう。告白の後しばらくは複数で会うことはあっても2人きりで遊ぶのは控えるようにしましょう。お互いに心の整理や気持ちの変化には時間が必要です。

まとめ

告白に失敗するとショックが大きく谷底に突き落とされたような気分になることもあるでしょう。しかし、失敗をいつまでも気にしていると次のチャンスを生かせなくなります。なぜ告白が失敗したのかをよく考えるとともに、失敗した後の生活を良い方向に転換することが大切です。告白の失敗はネガティブではなくポジティブ思考でとらえましょう。