カップルあるある27選!すぐ別れるカップル&長続きするカップル

テレビや雑誌などでカップルの話題になると「それってあるある」と自分たちのことと重ねて見てしまうことはありませんか。

ここでは、思わずクスッと笑ってしまう

についてまとめてみました。仲が良くてあるあるだけでなく、すぐ別れがちなカップルあるあるについても紹介しています。参考にして長続きするカップルを目指してください。

多くのカップルに共通するあるある


街中でカップルの言動を見かけて自分たちと全く一緒だと思ったことはないでしょうか。個性や性格に違いはあるはずなのになぜかカップル間には共通するあるあるがあります。思わずうなずいてしまうカップルあるあるをまとめました。

面白いあだ名で呼び合っている

カップルは面白いあだ名を呼び合って2人だけの世界観を楽しむことがあります。「○○たん」「○○リン」「○○ピー」など、聞いている方が赤面してしまうほど独特なあだ名が多いのも特徴です。なかには名前とは全く関係ない呼び方もあり、街中でそんなカップルを見かけると思わずあるあると思ってしまうことでしょう。

カップルだけの独自ルールがある

カップルだけで通じる独自のルールを設定していることもカップルあるあるでしょう。会った際に握手ともハグとも思えない特殊なスキンシップをするとか、別れ際に30秒間見つめ合うとか、他の人からみればバカバカしいことはほとんどです。しかし、本人たちはいたって本気でとても重要なルーティンと考えています。

LINEや電話のタイミングが一緒


連絡しようと思ってスマホを握った瞬間に相手からの着信があったり、LINEメッセージを作成しようとしたら相手からメッセージが届いたりすることもあるでしょう。偶然であっても同じことが何度もあると「やっぱり運命の相手なんだ」とどうでもいい確信をして周りに引かれてしまうこともあります。

人前と二人きりとで態度が異なる

人前ではベタベタせずにクールなイメージなのに、自宅のドアを閉めた途端に態度が豹変するカップルもあるあるではないでしょうか。特に男性の方が外で格好をつける傾向があり、2人きりになった途端に子供のように彼女に甘えることもあるでしょう。2人きりのときだけ見せる態度で他人に迷惑をかけることはないので180度変わるカップルもいます。

すぐ別れがちなカップルあるある


カップルあるあるのなかには良好な関係をアピールするものではなく、すぐに破局を迎えてしまう兆候が含まれていることがあります。すぐ別れてしまいがちなカップルにみられるあるあるをまとめました。

こまめに連絡を取りすぎる

愛し合っているカップルであれば会えない際に連絡が取りたくなるのは当然のことでしょう。しかし、その頻度があまりも多く相手がすぐ返信をしないとさらに追い打ちをかけるようなカップルは長続きしません。カップルであっても個人の時間は尊重すべきであり、監視、束縛はもめ事の元となります。

デートにお金をかけすぎる

思い出に残る楽しいデートにしたいからといってあまりにもデート代をかけすぎると金銭面のトラブルから別れてしまうこともあります。誕生日やクリスマスなど特別なイベントは別として、普通のデートで食事代などにお金をかけすぎると2人の将来のための資金は全く貯蓄できません。節約できない生活は破綻を招きます。

相手の異性の友達を制限する


相手の異性の友達を特定の人間だけに制限したり、異性がいる飲み会などへの参加を禁止したりするカップルも長持ちしません。異性関係を制限するのは相手を信用していない証拠であり、浮気を疑っていることになります。信頼されていないうえに常に監視、束縛されて居心地の良い人はいないでしょう。

スマホチェックをする

勝手にスマホをチェックすることもカップルが別れる原因の上位にランクインしています。恋人同士であっても「親しき中にも礼儀あり」で超えてはならない一線があるはずです。スマホのメールや画像などを見たければ相手に依頼するのが筋です。勝手にスマホをチェックして浮気が発覚すると両者ともに嫌な気分になります。

運命の人だと確信しがち

運命の赤い糸に結ばれた特別な人と出会いたい気持ちは特に女性に強いものでしょう。一緒にいて突然歌い出した鼻歌が一緒だったり、同時に電話をかけたりすると運命の人だと確信することもあります。しかし、あまりにもそれを口に出すことが多すぎるとうんざりします。単なる偶然や思いやりを運命で片付けられて嫌になることもあるでしょう。

察してちゃんで話し合いをしない


「何となく2人の仲がぎくしゃくしている」「相手に対して不満を抱いている」ときに相手の言動からそれを察して話合いができないカップルも長続きしません。自分のことばかり優先していればまず相手の気持ちの変化に気付くことないでしょう。また、直接話し合わないことで不満が募り破局することも考えられます。

記念日を大事にしすぎる

初デートや初キス、誕生日などの記念日をあまりにも大事にし過ぎることで長続きしないこともあります。記念日は大切ではありますが、相手が忘れていたり、どうしても都合がつかなくて会えなかったりすることを追及するとうんざりされてしまいます。本人よりも記念日の方が大事なのかと逆ギレされることもあるでしょう。

正論ばかり言う

カップルの間柄なのにやたらと正論ばかりふりかざすとうっとうしくて長続きしないことがあります。正しいことを言っていることに間違いがなくても毎回正論で責められるとうんざりします。カップルであればたとえ間違っているとわかっていることであっても相手の気持ちを尊重して合わせてあげることも大切です。

感情的になってしまう


相手の言動にいちいち感情的になってしまうようでは別れも近いと言えるでしょう。既に心が離れてしまっている可能性も考えられます。冷静に話し合うタイミングを逃しているので感情的になってからでは何を言っても話が平行線になってしまうこともあります。2人でいることにストレスが溜まるようになったら終わりです。

仕事や友達を優先する

付き合っていても毎日の仕事や友人との付き合いはあります。たまには、恋人よりも仕事や友達を優先しなければならないこともあるでしょう。しかし、毎回のようにそれをされると寂しい思いをするだけでなく、恋人としての存在意義がなくなってしまいます。自分のことを信頼してくれていると思っている間に別れを切り出されることもあるでしょう。

同じ思考や趣味を強要する

価値観や考え方が似通っていることもカップルの条件と言えます。しかし、全てにおいて2人が全く同じではなく相手意見やきもちを尊重することも大切です。思考や趣味を一方的に押し付けられるのは誰でも嫌でしょう。自分の考え方や趣味嗜好を曲げて付き合うようなカップルは決して長続きしません。

感謝の気持ちを言葉にしない


交際が長くなると阿吽の呼吸で何も言わなくてもお互いの気持ちが手に取るようにわかることもあります。しかし、だからといって感謝の気持ちをないがしろにするとやってもらって当然と傲慢な態度をとってしまうようにもなるでしょう。どんな小さなことであっても相手にしてもらったことに対しては言葉にして感謝の気持ちを伝えることが大切です。

相手をリスペクトできていない

相手を異性としてだけでなく人間としてリスペクトできないカップルは長続きできないでしょう。人間として尊敬できる相手であれば信頼度が高く少しのトラブルで絆が揺らぐことはありません。反対にリスペクトできていないから、疑い深くなり相手の一挙手一投足に難癖をつけてしまうのでしょう。

長続きするカップルに共通するあるある


カップルに共通するあるあるのなかでも「これだから長続きするんだ」と思わず納得してしまうものがあります。今後交際を長続きさせるためにも長続きするカップルに共通するあるあるを参考にしてみてください。

デートはお金をかけない

長続きするカップルはデートの内容ではなく2人で一緒に過ごす時間を重視するため、それほどお金をかけることはありません。一方、食事やデートスポットなどを重視するカップルはデート費用がかさむだけでなく相手に対する気持ちよりもデートの内容が大切になります。公園でまったりするだけでも楽しいと感じられるカップルは長続きできるでしょう。

すっぴんでお家デートも可能

彼氏の前ではメイクは欠かせないと朝も彼が起きる前にバッチリメイクを済ませる女性もいます。しかし、男性は基本的にすっぴんが好きであり、外出しない自宅でのデートならメイクしなくてもいいと考えています。素のままの顔と心をさらすことでカップルとして長続きできる場合もあるでしょう。

男性も料理ができる


お互いに仕事をしていると疲れるのは同じです。しかし、料理は女性がするものと何もしない男性も少なくありません。少しずつ女性に不満が溜まって関係がぎくしゃくすることもあるでしょう。一方、男性が料理ができれば女性を休ませてあげることができます。上手でなくても男性が料理しようとしてくれるだけでも嬉しいものです。

細かなことにも感謝を伝える

交際期間が長くなり少しでもなあなあの関係になってくると相手が自分のためにしてくれることに対して当たり前だと思う気持ちの方が強くなります。したがって「ありがとう」の言葉も減っていきます。長続きするカップルは折に触れて細かなことでも感謝の気持ちをきちんと言葉にして表現できます。

相手を気遣う

常に自分のことを後回しにして相手を気遣うことができるカップルは長続きするでしょう。逆に自分だけを優先して相手にしてもらうことが当然と考えているカップルは長続きしません。相手のことを本当に好きならば自分の要求は後回しにして相手が望むことをしてあげたいと思うものです。

お互いの仕事を尊重する


「仕事と私とどっちが大事なの?」の一言で破局を迎えるカップルは少なくありません。交際していても日々のお互いの仕事は生活の中心でありとても大切なものです。仕事で忙しい際に無理を言わず見守るのも愛情の1つでしょう。「体大丈夫?」「仕事頑張ってね」といたわり合える関係は長続きします。

共依存している

女性が一方的に男性に依存していたり、その逆のパターンであったりする場合は依存されている方が疲れてしまいます。お互いに依存しあうことができる対等の立場であれば、役割を分担することができるので疲れることはないでしょう。相手が自分に必要であるのと同時に自分が相手に必要な存在であることを確信して安定した交際が続けられます。

本音を言い合うことができる

交際当初はお互いに自分の良い所を見せようと必死になります。しかし、交際期間がある程度長くなれば自分を飾る必要はなく相手の全てを受け入れるようになるものです。建前ではなく本音をぶつけ合って理解し合えるカップルは言動に嘘がなく絆が深まります。じっくりと本音で語って「雨降って地固まる」カップルは長続きするでしょう。

嫌なことを伝えられる

カップル
相手にどうしても直して欲しいところがある場合やしこりになっている昔の言動などがある場合にそれを直接伝えられる場合は長続きできるでしょう。欠点や嫌なところも含めて好きにならないと本物のカップルにはなれません。嫌なことを伝えずに胸の中に蓄積していくといつか爆発して収拾がつかなくなることもあるでしょう。

共通の趣味がある

お互いに共通の趣味があるとつきあいが少々マンネリ化してきても同じ話題で楽しく過ごすことができます。交際が長くなれば付き合い始めの頃の熱は冷めて空気のような存在になることもあります。そんなとき、一緒にできる趣味があればぶつかり合うこともなく一緒に居る時間を長く過ごすことができるでしょう。

まとめ

彼氏と2人で思わず顔を見合わせて笑ってしまうカップルあるある。傍からみたらとても恥ずかしいことをしていることにも気づくでしょう。しかし、カップルあるあるのなかにはすぐに別れてしまうものもあります。カップルが長続きできるポイントを押さえて末永く仲の良いカップルでいましょう。