カップルの一般的な連絡頻度はどれくらい?彼氏からの連絡頻度を増やすコツ

交際中の彼氏がいる人はどれくらいの頻度で連絡を取り合っているでしょうか。仕事で忙しいからと極端に連絡がない場合は、2人の関係が冷めてしまったのではないかと心配になることもあるでしょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

一般的なカップルの連絡頻度は?


彼氏と彼女の間で行う連絡頻度はどれくらいが理想なのでしょうか。彼氏からなかなか連絡が来ない人は愛情が薄れたのではないかと心配することもあるでしょう。一般的なカップルにみられる連絡頻度にみてみましょう。

1日に3回〜4回のLINE

チャットのように会話形式でメッセージを送ることができるLINEは無料アプリとして絶大な人気を誇ります。カップルの連絡手段でも最もポピュラーなものの1つと言えるでしょう。一般的にはカップルでも1日3~4回程度のやりとりが普通なのではないでしょうか。

LINEでは既読スルー、未読スルーがケンカの元になることも少なくありません。連絡を取る前に1日のおおよその頻度を決めておくと特に彼氏の負担を軽減することができるでしょう。

1週間に1回の電話

電話は相手の状況がわからないため仕事中や手が離せないタイミングでかけて迷惑をかけてしまうことが少なくありません。電話に出られなくても着信履歴や留守電がストレスとなることもあるでしょう。

カップルであっても1週間に1回程度の電話で声が聞ければいいのではないでしょうか。電話する時間帯をあらかじめ決めておくと出られなくなることも少なくできます。

1日平均で5分~10分程度の電話やLINEのやり取り


頻繁に連絡を取り合うカップルでは1日平均で5~10分程度の電話をすることもあるようです。毎日1回は声を聞かないと落ち着かない気持ちが強いのでしょう。長電話にならなければ負担にもなりません。

また、LINEで頻繁にメッセージをやり取りするカップルも少なくありません。ただ、付き合い始めた頃とその後も全く同じ頻度で連絡を取り合うことは難しくなることもあります。

付き合いが長くなっていくにつれて連絡頻度は減少する

交際期間が長くなれば相手の仕事の大変さや生活のリズムもわかってきます。また、絆が深まっていれば頻繁に連絡を取らなくても相手を信頼することができるでしょう。愛情が深くなればなるほど連絡頻度が減少することもあることを理解しておく必要があります。

逆に付き合いが長くなるにつれて連絡頻度が増加する場合は、相手に対する不満や不信感がある可能性も考えられます。

彼氏から連絡が少なくなってしまう理由


彼氏から頻繁に連絡がないと自分から気持ちが離れたり浮気をしたりしているのではないかと心配になることもあるでしょう。しかし、単に忙しくて連絡できないことも少なくありません。彼氏から連絡が少なくなる理由について考えてみましょう。

職場で部下が出来て忙しい

新入社員としてがむしゃらに仕事に打ち込んできた彼氏もキャリアとともに部下を抱えることになります。仕事を一から教えなければならないだけでなく、さりげなくプライベートもフォローしなくてはならないこともあるでしょう。

部下ができて嬉しい反面、プレッシャーも感じているはずです。自分の仕事と部下の世話で疲弊してしまって連絡できないことが増えるのも仕方ありません。

プロジェクトのリーダーになっている

彼氏が社会人としてのキャリアを重ねることによって仕事で忙しい時期を迎えることもあります。社運を背負うプロジェクトのリーダーに抜擢されれば、自分の仕事をこなすだけでなくメンバーをまとめたり業務全体の管理をしたりしなければならなくなるでしょう。

仕事で大切な節目を迎えた際にはプライベートに割く時間がなくなり、連絡が激減することもあることを理解してあげましょう

もともと連絡するのが苦手なタイプ


直接顔を見て話すことは平気でも電話やメールなどで連絡するとなると強い抵抗を感じる男性も少なくありません。連絡するとなると構え過ぎて何をどんなふうに伝えればいいのかわからなくなってしまうのでしょう。

連絡するが苦手なタイプであることを理解してあげて、あまり頻繁に連絡を返すことを強要しないようすることが大切です。まずはLINEスタンプのやり取りから慣れてもらいましょう。

デートの時に話題が少なくなるのであえて連絡していない

シャイで口下手な彼氏であればデートで複数の引き出しから話題をチョイスすることが苦手です。いつもデートの前にあれこれと考えてとっておきのネタを準備するための苦労が伴います。

そんな彼氏であれば電話やメール、LINEで頻繁に連絡を取り合っていると肝心のデートで話す話題がなくなってしまいます。不器用な彼氏の思いも理解してあげることが大切です。

彼女を気遣って

彼氏の方から連絡が少なくなってしまう理由の1つには彼女に関心がないわけではなく、むしろその逆に彼女のことを気遣っていることがあげられます。返信する内容だけでなく返信するタイミングや時間帯などに気を遣い過ぎて返信が遅れることもあるでしょう。

電話やメールなどをすることによってプライベートの時間を邪魔しているのではないかと悩むこともあります。愛情の裏返しの反応であることに気付いてあげましょう。

彼氏からの連絡頻度を増やすコツ


彼氏に頻繁に電話したり、メッセージを送ったりしているのになかなか返してくれないと悩むこともあるでしょう。彼氏の忙しさが大きな原因ですが、それ以外に返信したくない気持ちにさせている場合もあります。彼氏からの連絡頻度を増やすコツを紹介します。

愚痴などネガティブな内容は避ける

愚痴や不満などのネガティブな内容を送るのは極力避けるようにしましょう。仕事で忙しくストレスも溜まっている彼氏は連絡が来ればその内容に癒しを求めて当然です。それなのにメッセージを開くと愚痴や不満が延々と書かれてあればうんざりしてしまいます。

辛い状況であっても連絡する場合には内容に気を使って彼の元気の源となれるように工夫することが大切です。

自分のことばかり話題にしない

せっかく連絡をもらっても自分のことばかり一方的に伝えられると疲れます。愚痴でなく楽しいことであっても延々と自分の話題しかしないのであれば飽きられてしまっても当然でしょう。

自分の事しか考えていない身勝手な性格と捉えられる可能性もあります。自分の話題はほどほどにして彼氏の近況や体調を聞いたり、彼氏に話題を振ったりして彼の話を聞くようにしましょう。

相手の返事の速度で状況を察する


彼氏に連絡して返信までの時間から相手の状況を察することも大切です。すぐに返信したくても仕事などで忙しくてスマホを手に取ることすらできないこともあります。それなのに「読んだ?」「スルーしてない?」などと畳みかけるような連絡を送るとうんざりされます。

なかなか返事が来ないのは無視しているわけではなく、それだけ忙しいのだと理解して優しく見守りましょう。

返事を急かしたりしない

たとえ質問メッセージを送ったとしてもすぐに返信を求めないようにしましょう。メールやLINEは電話と違って相手の都合が良いタイミングで見てもらえるのが一番の特徴です。返事がないのは時間的な余裕や心の余裕がない場合がほとんどであることを理解してあげましょう。

30分も経たないうちに「なんで返信してくれないの?」「おーい!生きてる!?」などと送ればうざいと思われます。相手のペースに任せることも大切です

簡単なスタンプだけで返事をしてみる

彼氏からなかなかメッセージが届かない場合に簡単なスタンプだけで返してみるのも1つの方法です。最近では思わず笑ってしまうようなスタンプも多く、関心を引くこともできるでしょう。

どうとらえればいいかわからないスタンプを送って少し心配させてみることもできます。ただ、何度もしつこくスタンプを連発すると嫌がられてさらに返信が来なくなる可能性もあるでしょう。

彼氏が好きそうな話題を送る


彼氏が思わず飛びつくような好きな話題を送ってみるのもいいでしょう。「大好きで探していたグッズを見つけた」「大好物の○○のお店が近くにオープンした」など好きな話題の新着情報を発信するのもおすすめです。

情報に対する感想や質問から連絡が頻繁になる可能性もあります。ただし、続けざまに送るのではなく1回話題を提供してからしばらくは様子をみることが大切です。

文章を短めにし簡潔な内容にする

女性は男性に比べてメッセージが長文になる傾向があります。男性は忙しいときは長文であることに気付くと反射的に読みたくなくなってしまうこともあります。お互いのことをよく知っているカップルであれば、文章は短めでも思いは通じるはずです。

メッセージはなるべく簡潔に内容をまとめて短文で送るように心がけましょう。短文だと読むだけでなく返信の頻度も上がる可能性があります。

会話の中にさりげなく疑問形の文章を入れる

自分の話題を一方的にメッセージで送られても彼氏は何と返せば良いのか迷ってしまうことがあります。肯定も否定もできないような内容であればなおさら返信しません。彼氏に反応して欲しいのであれば、会話のなかにさりげなく疑問形の文章を入れるといいでしょう。

「今度の約束いつだったっけ?」「〇日は時間空いてる?」などと具体的に質問することで返信しやすくなるとともに返信しなければいけない気持ちにもなります。

別れの理由にもなる連絡頻度でケンカをしないコツ


カップルで電話やメール、LINEのやり取りをするのは当たり前のことですが、連絡頻度が少ないことが原因となって別れてしまうこともあります。男性がなかなか返さないことでケンカになることが多い連絡頻度でケンカをしないコツを紹介します。

1日の連絡を少なめにしてレア感を出す

1日に何度も連絡するからその1つ1つに返信がなくてケンカすることにもつながります。男性は一般的にマメに連絡することを苦手としているため、1日の連絡数を少なくしてレア感を出してみましょう。

何通もに分けてメッセージを送るより1通に思いを込めて書いた方が内容も濃くなります。1日に何通も来ないメールやLINEであれば大切に扱って返信してくれる可能性も高くなるでしょう。

連絡が少なくても怒らない

一般的に女性は筆まめですが男性は何回も返信を書くことを面倒くさいと考えています。彼氏からの返信が少ないことに腹を立ててケンカをするのではなく、初めから返信は少ないものと考えておけばイライラすることもないでしょう。

彼氏からの数少ない連絡でも返ってきたらオーバーに喜んでみせることで、彼氏も連絡が大切なことに気付いてくれます。

プライベートを充実させ相手に依存する割合を減らす


彼氏からの連絡頻度が少ないことにやきもきするのは、彼氏との連絡だけに依存している証拠ともいえます。それだけを頼りにしているために、連絡が少ないことにヒステリックになってしまうのでしょう。

プライベートの時間を充実させれば、少しぐらい彼氏からの連絡が途絶えても不安になることはなくなります。お互いの1人の時間を大切にすることを考えるきっかけにもなるでしょう。

連絡が来ることが当たり前と思わない

彼氏が特に面倒くさがり屋の性格ならば頻繁に連絡が返ってくる可能性は低くなります。そういう性格でも自分が好きになったのだから連絡が来ないことを良しとしなければなりません。

連絡が来ることを当たり前だと思っていなければ、たまに来る返信への喜びがとても大きくなります。発想を転換して数少ない彼の返信に感謝できるようになるといいでしょう。

適度な距離を保つように心がける

連絡を頻繁に取ることに対する不満が元でケンカや別れの原因になるくらいであれば、お互いに適度な距離を保った方がいいでしょう。特に付き合い初めの頃は相手の生活リズムやパターンが把握しにくくどれくらいのペースで連絡を取っていいのかわかりません。

1週間に1回、3日に1回など適度なペースでやりとりをして彼氏がそれでストレスを感じなければ徐々に頻度を増やすようにするとトラブルを回避できるでしょう。

まとめ

カップルによって連絡頻度に差はありますが、一般的に付き合いが長くなれば頻度が少なくなるようです。男性は電話をかけたりメッセージを書いたりすることが面倒くさくて連絡が少なくなることもあります。長く恋愛関係でいたいのであれば、返信がないことを責めたり返事がないのにメッセージを連発したりするのはやめた方がいいでしょう。