悪目立ちしてしまいやすい人とは?悪目立ちしない4つの方法

特に何かしているわけじゃないのに、なぜかいつも悪い意味で目立ってしまうと悩んでいる方、多いのではないでしょうか。

今回は、

  • 悪目立ちとは?
  • 悪目立ちしてしまう人の特徴
  • 悪目立ちしてしまうとどうなる?
  • 悪目立ちしない方法

をご紹介します。現在悪目立ちしてしまっている方、ぜひこの記事を読んで悪目立ちを改善してみてください。

悪目立ちとは?


集団の中で、悪目立ちしてしまう人は少なからずいるものです。では、悪目立ちとは具体的にどのようなものなのでしょうか?まずは悪目立ちとは何なのかをご紹介します。

悪い意味で目立ってしまうこと

悪目立ちとは、ただ目立っているだけでなく、悪い意味で人よりも目立ってしまうことを言います。背が高かったり、目が大きかったりと、良い意味で目立つ分には嬉しいですよね。しかし悪目立ちしてしまうと、周囲の人に嫌な思いをさせてしまうかもしれません。できることなら、悪目立ちはしないようにしたいものです。

平均よりも大きく逸脱している様

悪目立ちしてしまう人は、周囲の人よりもさまざまな面で平均から大きく離れている可能性が高いです。見た目のファッションはもちろん、話し方や考え方が周りと大きくずれているため、周囲の人に白い目で見られてしまいます。

悪目立ちしてしまう人の特徴


悪目立ちしてしまう人は、共通の特徴を持っています。見た目はもちろん、性格でも悪目立ちしてしまう人がいるのです。ここからは、そんな悪目立ちしてしまう人の特徴をご紹介します。

奇抜なファッション

悪目立ちしてしまう人は、奇抜なファッションをしている人が多いです。奇抜なファッションは、集団の中にいるとどうしても悪目立ちしてしまいます。また奇抜なファッションの中でも、流行のものなら良い意味で目立ちますが、流行に流されない個性豊かなファッションだと悪目立ちしてしまうのです。

また、ファッションに合わせた時計や宝石などの装飾品も、悪目立ちする原因となります。特に高級ブランド品をやたらと身につけていると、妬まれることもあるのです。

空気を読めない

悪目立ちしてしまう人は、空気を読めない発言や行動をする傾向があります。このような人は、自分の思ったことははっきり言う性格なので、会社などでもあまり媚びずに、自分の実力だけで出世していくタイプです。しかし、世の中にはそのような人を悪く思う人が多くいます。

自分の意見をはっきりと言って、媚びをあまり知らずにいると、場所によっては悪目立ちして攻撃対象となってしまうこともあるのです。自分の意見をはっきり言うことは大切なことですが、その場の雰囲気や流れに合わせて、発言を考えることも大切なようです。

声が大きい


声があまりにも大きすぎると、悪目立ちしてしまいます。もちろん、大きな声を出して自分の意見を言うべき場面もあります。自分の個性をアピールしたいとき、大きい声で話すことで相手に伝わりやすいことも多いです。しかし、常日頃から大きい声で自分の意見をひたすら述べる人は、悪目立ちして苦手意識を持たれてしまうことが多くなります。

例えば、テレビの音や音楽の音が必要以上に大きすぎると、ストレスを感じますよね。声の大きさもそれと一緒です。声の大きさは、その場の雰囲気や話す内容に合わせて調整することが大切になります。

余計なことを言う

悪目立ちしてしまう人と会話しているとき、「その一言がなければな」と、相手のちょっとした一言で傷つくことはありませんか?また、自分も誰かと話しているとき、ついついおせっかいで余計な事を言ってしまったと後悔する人もいるでしょう。

悪目立ちしてしまう人は、そのような「余計なひと言」を言ってしまう人が多いです。その一言が、相手が一番触れてほしくない部分だったりします。そのため、自然と周囲から距離を置かれてしまうことも少なくありません。

その一言を発言することによって相手がどんな気持ちになるかを考えずに、自分の思ったことをすぐに言ってしまう人は、気づかないうちに悪目立ちしているかもしれませんよ。

権力のある人に露骨に媚びる

先ほど、媚を知らなすぎる人は悪目立ちしてしまうとお話しましたが、逆に露骨に媚びすぎる人も悪目立ちします。中でも特に悪目立ちするのは、権力のある人にあからさまに媚びる人です。

組織の中で同僚とも上司ともうまく人間関係を築くためには、適度に上司に媚びることも大切です。しかし、権力のある人にだけ媚びるのは、「自分の評価だけを上げたい」という自分中心の目的が周りに伝わってしまい、悪い印象になってしまいます。

悪目立ちしてしまうとどうなる?


実際に悪目立ちしてしまうと、日常生活でどのようなことに影響を及ぼすのでしょうか?ここからは、悪目立ちすることでどうなってしまうのか、見ていきましょう。

仕事などで正当な評価を受けられない

職場で悪目立ちしてしまう人は、上司からの印象も悪くなっている可能性が高いです。そのため、人事評価が低くなってしまうことがあります。

本来ならば、仕事の成果によって評価されるべきところを、人柄で判断されてしまうのです。つまり悪目立ちしてしまう人は、どんなに仕事を頑張ってやっても、正当な評価を受けられなくなってしまいます。

偏見を持たれて誤解を受ける

悪目立ちしてしまう人は、周囲からなんらかの偏見を持たれてしまうことが多いです。また、悪いイメージの噂がどんどん伝染し、事実でない話になって誤解を受けることもあります。

会社などの組織の中にいると、その偏見と誤解を発端に、いじめられる可能性も高くなるのです。また、直接的な理由がなくても、「目立っているから」というだけでいじめられることもあります。そしていじめられると、自分自身のメンタルにも負担がかかるため、悪循環に陥ってしまうのです。

悪目立ちしない方法


悪目立ちしているけど、なんとか悪目立ちしないようになりたいと悩む方も多いでしょう。そこで、ここからは悪目立ちしない方法をご紹介します。現在悪目立ちしてしまっている方はもちろん、これから新しい環境に入るという方も、悪目立ちしないようにぜひ参考にしてみてください。

TPOを意識した服装

現在自分が悪目立ちしてしまっているという方は、まずは服装などの見た目から見直していきましょう。悪目立ちしないためには、TPOを意識したファッションにするのがポイントです。

今まで職場にも好きなファッションで行っていたという方は、オフィスカジュアルのようなファッションにして、落ち着いた印象にしましょう。奇抜なファッションや、あなたの個性を活かしたファッションは、休みの日に存分に楽しみましょう。

また職場以外でも、TPOを意識することは大切です。特に、悪目立ちする服装として目立ってしまうのが、結婚式に参列するときです。新郎新婦より目立った格好をしたり、新婦がドレスを着るのに白いワンピースなどを着てしまうと、悪目立ちするので注意しましょう。

周りに自分の印象や改善するべき点を相談する

悪目立ちしているけど、その具体的な理由がわからないという方は、一度勇気を出して周囲の人に相談してみましょう。あなたが悪目立ちしている自分を改善したいことを腹を割って話せば、きっと相手もあなたに対する周囲からの印象を正直に話してくれるでしょう。

そして、あなたが悪目立ちしている自分を改善したいという気持ちを伝えることで、相手もあなたへの印象が変わり、悪い印象じゃなくなるかもしれません。自分の印象を聞くのは少し怖いかもしれませんが、悪目立ちしている状況を変えたいなら、勇気を出してみましょう。

意見が割れそうときはしっかり話し合う


組織の中でも、友人同士の間でも、意見が割れてしまうことがありますよね。そんなときは、自分の意見を押し付けるのではなく、しっかりと話し合いましょう。そして、自分の意見を言う前に、まずは相手の意見や考えに耳を傾けてみてください。

すると、自分が今まで気づかなかった点に気づけたり、「そういう考えの人もいるんだ」と視野が広がります。相手の意見にきちんと耳を傾けることで、自分も相手の気持ちを考えて発言できるようになるでしょう。

自分の意見をはっきり述べるだけでなく、相手の気持ちやその場の雰囲気を汲み取って、発言するかしないかの判断ができるようになれば、「空気が読めない人」という悪目立ちはしなくなるはずです。

まとめ

悪目立ちしてしまいやすい人の特徴と、悪目立ちしないための方法をご紹介しました。社会の中で、自分の印象や評価を高くキープしたまま、悪目立ちもしないようにするというのはとても難しいことです。

また、悪目立ちしないことばかり考えて、あなたが自分を見失っては意味がありません。自分を見失わずに、適度に周囲に気を遣って、悪目立ちを卒業しましょう。