猫目メイクでモテ顔にチェンジ♡基本のメイク方法を教えます

猫目メイクが今ブームになってきています。人気の若手女優やモデルの人も猫目メイクを取り入れていますし、簡単にできてしかも大きな目になれるというメイクです。目元にコンプレックスがある人も、猫目メイクで改善できる場合もあります。

ここでは、

についてまとめてみました。

今が旬♡猫目メイクが人気の理由


猫目メイクとは、猫のように目を釣り上げた「釣り目」になるメイクのことです。猫目メイクブームがきていますが、猫目メイクが人気の理由について抑えておきましょう。

可愛いだけじゃなくセクシー

目元が大きくてぷっくりしたデカ目メイクやかわいらしさのあるたれ目メイクとは異なり、猫目メイクはきりっとした印象になります。若い時はかわいいだけでよかったメイクも、年齢を重ねて大人の女性になる中で、セクシーさや美しさも兼ね備える必要があります。

そんな大人の女性にとって猫目メイクは、かわいらしさよりもむしろ知的な美しさやセクシーさのあるメイクなのです

二重だけでなく一重や奥二重でも挑戦しやすい

ひたすら目を大きく見せるためのメイクは、ある程度目がぱっちりしていないと難しいですし、それゆえに目の小ささをコンプレックスに感じる女性も少なくありませんでした。

しかし、この猫目メイクは、釣り上げてかわいらしさや大人の女性の女性らしさを見せるメイクなので、奥二重の人や一重の人でも挑戦しやすいメイクになっています。

男性からも女性からも支持が高い


猫目メイクは、いわゆる「ぶりっこ」を狙ったメイクとは対極にいて女性らしい知的さや美しさを醸し出してくれます。そのため、美人メイクとして男性からの支持が高いのはもちろん、知的な雰囲気を演出できるので女性からの支持も高いです。

猫目メイクによるきりっとしたクールな目元は、デートの時にはもちろんオフィススタイルでも違和感がなく、時と場合を選ばずできることも人気の理由の一つです。

意外に簡単にできる

猫目メイクは、目尻に濃い色のアイシャドウを使ったり跳ね上げラインを引いたりして、知的で美しい印象にさせるメイクのことです。縦幅のあるアイメイクと違い、横幅のあるアーモンドアイというかたちの目元にします。

そもそも、元ある目のかたちと近いので比較的簡単にできるのが特徴です。目を丸く大きく見せるアイメイクには、かなり高度なテクニックが必要ですが、猫目メイクは特徴とポイントを抑えるだけで比較的簡単にできます。

簡単!基本の猫目メイク


猫目メイクが流行している、猫目メイクは比較的簡単にできるアイメイクであるといっても、どのようにすればよいのかわからない人もいるでしょう。猫目メイクをしたことがない人でも簡単に美しくなれる、猫目メイクのポイントややり方について知っておきましょう。

1.アイシャドウを目尻側が最も濃くなるよう横に広くぼかす

猫目メイクのポイントは、きりっとした印象にするため横幅を意識することです。横幅を出すメイクに必要なアイテムがアイシャドウです。アイシャドウは目尻側を最も濃い色にします。
アイシャドウはまず、肌の色に近いベースカラーを肌全体に伸ばし、目尻側も少しオーバー気味にします。中間色となるカラーは、二重や奥二重の人はその線の上まで、一重の人は目を開けたときにみえるところまで大胆に伸ばします。最後に、締め色を広くなりすぎないよう目尻中心にぼかしていきます。

2.ペンシルアイライナーで目尻のハネ上げを下描き

猫目メイクのポイントの一つが、ハネ上げのアイラインです。これは最も重要なポイントで、一気に目元を引き締めてカッコよく見せます。まずは失敗のないよう、ペンシルアイライナーで目尻のハネ上げを下描きします。

このときにハネ上げラインが長すぎると歌舞伎俳優のようになり不自然なので、5ミリ程度ハネ上げてナチュラルに描くようにしましょう。

3.リキッドかジェルアイライナーを使ってなぞる


ハネ上げラインの下描きができたら、このラインをしっかりとなぞるようにして猫目をつくります。その時に、リキッドアイライナーやジェルアイライナーを使うと肌に密着し自然と猫目をつくることができます。

アイラインの引きすぎはわざとらしくなるので、ジェルラインや濃いアイシャドウでぼかしながら描いてもよいでしょう。下のまぶたにアイラインを描くと、かえって目が小さくなるので控えます。

4.まつ毛をしっかり立ち上げてカールを作る

何かときりっとした印象の猫目メイクですが、かわいさも兼ね備えているところはまつ毛を女性らしくしっかりとカールさせることです。特に一重や奥二重で目の大きさに悩んでいる人は、しっかりとビューラーでまつ毛をあげて存在感を出しましょう。まつ毛の隙間を埋めるように、マスカラで補強するのもおすすめです。

アイメイクが浮かないようにチークやリップメイクも忘れずに!

猫目メイクは、アイメイクにポイントを置きますが、アイメイクだけ頑張るとそこだけ浮いてしまいます。アイメイクを仕上げた後は、チークを濃い目に入れましょう。チークを入れることで血色がよく見えるからです。また、ぷるんとした唇もかわいらしさを増強するので、リップメイクも忘れずにします。

上級者はつけまつげやカラーコンタクトレンズをプラス


本物の猫目っぽくしたい、と思っている上級者は、つけまつ毛やカラーコンタクトレンズをプラスするとよいでしょう。本物の猫のような透き通ったグレーや青、緑のカラーコンタクトレンズでより猫目メイクを極められます。

目元の印象を高めたいなら、つけまつ毛などでしっかり補強したり、黒や茶色といった黒目を大きくみせるカラーコンタクトレンズもおすすめです。

自分の目に合った猫目メイクを研究するのも大切

猫目メイクと一口に言っても、一重の人、奥二重の人、二重の人など目の形によって違いがあります。また、なりたい目元も異なるので、いろいろなラインの太さ、長さ、ハネ上げ具合など自分で試してみるとよいです。自分にあった猫目メイクをするのが重要です。

マネしたい♡みんなの猫目メイク

猫目メイクと一口に言っても、やり方やなりたい理想像によってかなり違いがあります。猫目メイクのさまざまなパターンを集めてきました。時にはカラーコンタクトレンズなどのアイテムを使って、自分のなりたい猫目メイクを研究してみるのもよいでしょう。

ハネ上げラインとピンクシャドウの猫目メイク


猫目メイクの中でも、比較的ナチュラルな猫目メイクです。目尻中心のアイラインで毛先をハネさせ、かわいらしさが伝わるようにピンクのアイシャドウで仕上げています。リキッドアイライナーは目尻のハネ上げのところにだけ使用しています。下まぶたや涙袋に、ピンクなど可愛い系のアイシャドウを使用することで、かわいらしさをプラスすることができます。

目尻を太めにハネあげてもかわいい


リキッドアイライナーを使って目尻を太めにハネ上げており、かわいらしさを演出しています。また、ネイビーアイシャドウをポイントっぽく目尻に入れ、より目尻のハネ上げラインを強調しています。また、ピンクのアイシャドウを使って全体的にかわいらしさをプラスし、まつ毛をしっかりと描ききることで目元に存在感を出しています。

カラコンでより猫っぽく♡


まるで猫の目のような青いカラーコンタクトレンズで猫目メイクを強調しています。ブルー系のカラーコンタクトレンズは、最近流行りの外国人風メイクにもピッタリです。アイシャドウやアイラインをそこまで強調しなくても、猫の瞳のようなカラーコンタクトレンズを利用するだけで、比較的簡単に猫目メイクを作れます。

まとめ

かわいいだけのメイクが似合わない、一重や奥二重など目の大きさに悩んでいる、年齢が上がって大人の女性らしいメイクにしたい、そんな人にピッタリなのが、目尻のアイラインのハネ上げが特徴的な猫目メイクです。

猫目メイクは、アイラインを工夫することで比較的簡単にできます。また、カラーコンタクトレンズやつけまつ毛、ピンク系のアイシャドウなどアイテムを利用することでより簡単にできます。大人の女性らしい知的さ、美しさとかわいらしさを兼ね備えているので、挑戦してみてはどうでしょう。

- 1 / 1ページ -