化粧水はいらない!?化粧水なしのスキンケア方法・注意点をご紹介

洗顔後に化粧水をつけるのは、スキンケアの常識とされてきました。しかし、なぜ化粧水が必要なの?と聞かれると、答えに困ってしまいますよね。実は最近、化粧水を使わないスキンケア方法が話題となっています。それはいったいどのような方法なのでしょうか?詳しくご紹介いたします。

化粧水を使わない人が増えている!?

「化粧水を使わない人が増えている」と聞くと、にわかには信じられない方が多いかも知れませんね。しかし、化粧水をつけないからといって決してお手入れをサボっているわけではないようです。あえて化粧水を使わないスキンケアを選ぶ人には、どんな理由があるのでしょうか。

化粧水を使うと余計に乾燥する

化粧水を使わない人が増えている理由は、乾燥肌の人が減っているからではありません。実は、化粧水を使うことによって、余計に肌が乾燥するという考え方があるからです。

「化粧水」として分類される製品の多くは、美容成分の配合が少なく、ほとんどが水でできています。肌につけた瞬間は一時的にしっとり感を得られますが、時間が経つと水分が蒸発し、同時に肌に必要なうるおいまで奪ってしまうことがあります。化粧水自体に保湿効果があまり期待できない上に、逆に乾燥を招いてしまうと言われるのはそのためです。

化粧水は肌の外側にあるバリア機能を弱めてしまう

化粧水をたっぷりつけることが肌に良いと思われている方も多いでしょう。しかし、化粧水のつけすぎは、肌の外側にあるバリア機能を弱める原因になることを知っていますか?

角質層には大量の水分を貯め込む力がないため、余分な水分を弾く働きをします。弾かれた水分はそれ以上浸透できないため、蒸発して乾燥の原因となります。そういった水分の過剰供給が毎日繰り返されると、水に濡れた紙がどんどん薄くなってついに破れてしまうように、角質細胞の働きが壊れ、バリア機能の低下につながるのです。

スキンケアの摩擦が肌にダメージを与える

肌バリア機能が破壊される理由の一つには、過剰なスキンケアによる摩擦もあります。化粧水を手のひらやコットンなどにとって、パッティングする習慣がある方もいらっしゃると思いますが、その刺激が繰り返されると、肌にダメージを与えてしまいます。

また、化粧水のあとに美容液やクリームなどをたくさん重ね付けすると、さらに摩擦が多くなって、肌がヒリヒリするなどのトラブルにつながりかねません。化粧水を使うステップを省くことができれば、肌への負担を軽減することができます。

化粧水を使わないスキンケアの手順

化粧水に頼り過ぎるスキンケアは、肌にとってはかえってマイナスになる場合もあることが分かりましたね。しかし、化粧水を使わずにどのようにケアすれば良いの?と迷われる方も少なくないと思います。化粧水を使わないスキンケアの手順についてご紹介しますので、参考にして下さい。

1.洗顔する

朝のスキンケアは、普段通りまず洗顔から始めます。朝のお肌は、寝ている間に分泌された皮脂や、ホコリなどで汚れた状態になっています。皮脂分泌が多いオイリー肌の人は、朝から洗顔料を使って、ニキビの原因となる油分をしっかり洗い流しましょう。

化粧水を多く使いがちな乾燥肌、または敏感肌の方は、洗顔料を使うと必要な皮脂まで洗い流してしまう場合があるため、水またはぬるま湯だけで洗顔することをおすすめします。

2.乳液をつける

洗顔後は、化粧水を使わずに乳液で保湿を行いましょう。乾燥が起こっている肌には、角質細胞の隙間に潤いを閉じ込める、セラミドという保湿成分が不足しています。

セラミドは人間が本来持っている成分ですが、加齢や間違ったスキンケアが原因でどんどん減少すると、バリア機能が働かなくなり、深刻なトラブルの元になります。そのようなトラブルを回避するには、セラミドが配合された乳液を使って、うるおいを逃がさないケアをすることが重要です。

3.下地を付けてメイクする

乳液で保湿した後は、下地を付けてメイクを行いましょう。乾燥を防ぐには紫外線対策が必須なので、日焼け止め効果のある下地を選んでください。

より肌に負担をかけたくないなら、ミネラル成分でできた下地やファンデーションがおすすめです。ミネラルが主成分のコスメはクレンジングが不要なので、メイクを落とす際も肌に優しいのがポイントです。

寝る前も洗顔後、乳液だけで整える

寝る前には、まず洗顔料でメイクを落とします。肌への負担を軽減するなら、洗顔料には合成界面活性剤などの刺激成分が入っていないノンケミカルタイプを選ぶと良いでしょう。

その後は、朝と同様に乳液だけで肌を整えます。乳液もつけすぎると油分が過剰になり、毛穴詰まりの原因となるので、適量を守ってください。

化粧水をつけないと心配な場合は

化粧水をつけるのが長年の習慣になっている方は、化粧水を全く使わないケアに抵抗があるかも知れませんね。スキンケアの後の肌の感触が物足りなくて、心配になってしまうこともあるでしょう。その場合の対処法を3つご紹介しますので、参考にして下さい。

オールインワン化粧品を使う

化粧水を使わずに、肌に直接乳液をつけた後に物足りなさを感じる方には、化粧水・乳液・下地などの機能が一つになったオールインワン化粧品を使用するのもおすすめです。

オールインワンタイプなら、肌馴染みの良いジェルやクリーム状のものが多く、摩擦によるダメージの心配がありません。これまで化粧水を使っていた方には時短にもなるので、朝忙しい時や、疲れている日の夜のケアにも便利ですよね。

化粧水をつけたらすぐに乳液を塗る

化粧水のさっぱりとした清涼感が好きで、どうしても手放せないという方もいるでしょう。そんな方には、化粧水をつけたらすぐに乳液を塗ることをおすすめします。

化粧水の浸透を待ってから乳液をつけると、その間に化粧水が渇いて蒸発してしまうと同時に、肌に必要なうるおいが逃げてしまいます。化粧水は適量を手のひらにとって、肌に刺激を与えずにさらっと浸透させたら、間を置かず、すぐに乳液をつけることを習慣にしましょう。

化粧水をつけないスキンケアの注意点

化粧水をつけないスキンケアには、肌への負担を軽減する利点などがありますが、反対にいくつかの注意点もあります。無理に続けると逆効果になる場合もあるので、気を付けるべきポイントを踏まえた上で実行しましょう。具体的な注意事項は、以下の4点です。

途中経過で肌の調子が悪く感じる場合がある

化粧水を使用しないスキンケアに切り替える途中の経過で、一時的にニキビや乾燥が気になり、「肌の調子が悪くなった」と感じられる方がいます。

その原因の一つには、肌が本来の良い状態に戻ろうとする過程で、老廃物が排出されることによる好転反応が考えられます。この過程を乗り越えると、肌本来が持つ再生力が目覚め、過剰なスキンケアで傷ついたバリア機能が修復されていくでしょう。

自分にあわないと感じたら無理に続けない

どんなスキンケアでも効果には個人差があるので、自分の肌に合わないと感じたら、無理に続けないことも大切です。

化粧水を止めて肌の不調が続く場合は、一旦中止してスキンケアの方法自体を見つめ直してみましょう。化粧水自体が肌に悪いわけではなく、過剰なケアや間違った使い方に問題があるので、化粧水を取り入れた正しいケアにシフトするのも一つの方法です。

メイクのノリが悪くなることがある

化粧水を使わないと、メイクのノリが悪くなったと感じられる場合もあります。これは、化粧水を多くつけると一時的に肌の表面がしっとりするため、ファンデなどの伸びが良くなるからです。

保湿成分が配合されたみずみずしいテクスチャーの下地などを使えば改善できるでしょう。

生活習慣が乱れている人には不向き

化粧水なしのスキンケアは、生活習慣が乱れている人には向いていません。そもそも、化粧水を使わないケアの目的は、スキンケアのやりすぎをストップし、シンプルなケアで肌の再生力を蘇らせることです。

しかし、夜型や偏った食生活によって自律神経が乱れがちな方は、肌の再生力が低下しているため、化粧水をやめても肌の状態が戻らず、逆効果になる可能性が高いと言えます。まずは生活習慣を整え、健康な肌の土台を作ってあげるのが先決です。

まとめ

化粧水に頼ったスキンケアは、乾燥を悪化させ、肌が本来持つ自衛のための能力を低下させてしまいます。化粧水は絶対に必要という思い込みを捨て、肌本来の力を目覚めさせるシンプルなケアに切り替えてみてはいかがでしょうか。既成概念に惑わされず、自分の肌の状態を見て、本当に必要なケアを選択するということが、大人の女性には重要なスキルと言えるかもしれません。