優しい人になりたいならすべき6個のこと!優しい人の特徴

優しい人になりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。でも、考えれば考えるほど「優しいって何?」とわからなくなります。

そこで、ここでは

について解説します。

優しい人は恵まれる!


優しい人というのは恵まれることが多いです。性格が歪んでいる人のこどなど、誰も相手にしませんよね。しかし、誰にでも優しい人は、誰からにも愛されるのです。ここからそんな優しい人だからこそ得られる恩恵について紹介します。

異性からも同性からも好かれる

優しい人は異性からも同性からも好かれます。性別の壁などは持たず、誰にでも優しくできるという人は、やはり人として好きになってもらえることが多いです。そこに男性も女性も関係なく、ただ「良い人だよね」と思われるわけです。さらには性別だけではなく、幅広いい年代からも好かれるようになるでしょう。

ピンチの時に助けてくれる人が多い

病んでる人との上手な付き合い方
人に優しくしていると、それがいつしか自分に返ってくるというのはよく聞く話ですよね。これは心理学でも語られている分野で、人は誰かに優しくされたら、さらに優しさで返したくなる生き物なのです。つまり、優しい人がピンチに陥った時には、必ず誰かが手を差し伸べてくれます。追い込まれた時に助けてくれる人ほど、本当の意味で大切な人と言えます。

人との出会いが増える

人に優しくしていると、他の人にも「紹介してあげたい」と思われることが多いです。つまり、優しい人は交流の輪が広がりやすいのです。誰も性格が悪くてひねくれている人を他の人に紹介したいとは思いませんよね。逆に優しい人であれば、良い人間関係を築くことができるので、より出会いの数も多くなっていくのです。

仕事がしやすい環境になる


仕事がしやすい環境になるのも優しい人の恩恵だと言えるでしょう。優しい人になりたいなら、他人の仕事を手伝ったり、積極的に残業したりするのもありです。もちろん、優しい人ほど助けてもらえることが多いので、仕事などもやりやすくなります。お互いがお互いを助けるという好循環が生まれ、ワークシェアリングもより進むでしょう。

優しい人の特徴


優しい人とは、そもそもどういう人のことを言うのでしょうか。基本的に優しい人というのは、誰からも好かれる傾向があります。ここからはそんな優しい人が持っている特徴について解説するので、優しい人になりたい人は当てはまるものがいくつあるか考えて読んでみてくださいね。

誰にでも同じ態度で接する

優しい人の特徴としては、誰にでも同じ態度で接するのが特徴です。後輩も先輩も部下も上司も、みんな含めて優しい人は同じように接するのです。好きな人と嫌いな人の線引きをしていないことも多く、気づけば優しい人の周りには人が集まるようになります。誰にでも同じ態度でいるのは難しいですが、これができるようになれば本当の優しい人になれますね。

他人の痛みがわかる


他人の痛みがわからない人は優しい人とは言えません。相手の気持ちになり、相手の立場から考えられる人ほど優しい人です。他人の痛みがわからないと、言動や行動にも棘が生まれ、相手をチクチク刺してしまうかもしれません。優しい人は他人に寄り添い、その痛みを分かち合うことができるのです。人を癒す力さえも持っていると言えるでしょう。

周りが気付かないように気遣いができる

周りが気づかないように気遣いできるのが、スマートな優しい人ですね。誰が言わなくても書類をまとめておいたり、やらなくてはならないことをそっとやっておいたりするなど、とにかく気遣いができるのが優しい人の特徴となります。ただ、人に見せつけるように優しくする人はただ自分が可愛いだけです。本当に優しい人は陰で気を遣っているのです。

陰口を言わない


優しい人は他人を悪く言うこともありません。そもそも他人の悪口しか言えない人は、自分の存在があまりにも価値のないものだから、周囲を落として自分を上げようとしているだけです。優しい人はそもそもそんなことはしません。陰口のように陰湿ないじめに発展しそうなことも、まず優しい人はやらないし、そもそも他人を悪く言うことに興味がありません。

弱い人の悩みを理解できる

弱い人に寄り添える人ほど優しい人です。強い人に寄り添う腰巾着は優しい人とは言えませんね。むしろ悩んでいる人や困っている人に対して、優しく手を差し伸べることができる人ほど優しい人だと言えます。他人の痛みを知っているからこそ、親身になって相談に乗ることもできるのです。優しい人ほど、他人に気を遣える余裕があるわけですね。

人のせいにしない


優しい人ほど人のせいにしません。逆に性格が悪い人ほど他人のせいにします。自分がやっている行いがすべて正しいと思っていると、失敗や挫折を他人のせいにするのです。でも、優しい人は原因がすべて自分にあると考えています。自分のことは自分のこと、他人のことは他人のことという風に、良い意味で割り切っているからこそ自己受容できるわけです。

言うべきことはしっかりと言う

曖昧に濁すのは優しさとは言えません。例えば知り合いが間違った方向に進もうとしているのに、面白がって「やってみれば?」と言う人は優しくはありません。結局は自分の好奇心を満たしたいだけです。逆にしっかりと怒ってくれる人、叱ってくれる人などが本当の意味で優しい人だと言えます。

優しい人になるためにしたいこと


優しい人になりたいのなら、日頃の行動を変えていくことが必要です。優しさというのは一朝一夕で手に入れられるものではありません。ここからは優しい人になるためにやりたいことを紹介しますので、すぐに実践してみてください。

行動に見返りを求めない

自分の行動に対して見返りを求めるのは優しい人とは言えません。例えば仕事をするのは給料という見返りがあるからですよね。そこに優しさはありません。しかし、ボランティアも仕事の1つですが、見返りなどはありません。もちろん、ボランティアでも「人から良く見られたい」と思うのはダメですが、その行動自体は見返りを求めない優しさと言えます。

相手によって態度を変えない

相手によって態度を変えないことが、優しい人への第一歩となります。人は第一印象でその人のイメージを決めてしまって、勝手に決めつけてしまうことがあります。でも、優しい人は先入観を捨て、まずはその人の本質を見るようにします。相手によって態度を変えるのではなく、どんな人でも平等に扱うようにすることが重要となるでしょう。

悪口を言うのをやめる


普段から悪口を言っている人は、周囲からも愛想を尽かされることでしょう。悪口は他人に言っているようで、自分に言い聞かせていることにもなります。そんな状態で優しい人になれませんよね。口から出る言葉が綺麗であればあるほど、人の心は綺麗になります。それほど言葉には人間の素の部分さえも変えてしまう影響力があるのです。

ライフスタイルを改善し心に余裕を持つ

ライフスタイルを改善するのも良いです。心に余裕がある人ほど、他人にも優しくできます。衣食住足りて礼節を知るという言葉があるように、人は自分に余裕がないと他人に優しくすることはできません。なので、心に余裕を持てるライフスタイルを見つけていくことが必要となります。

発する前に言葉を精査する


「これを言われたら人はどう思うだろう」……優しい人はそういうことを常に考えてから発言しています。あまりフィルターを持たずに、思ったことが口から出てしまう人はまず会話でも一呼吸置くようにしましょう。ワンクッション入れることによって考える時間が生まれ、他人が言われたら嫌なことなどは言わなくなります。

相手の立場になって行動する

相手の立場に立って行動することも優しい人になりたいなら重要な行動と言えます。常に自分中心に考えていると他人に優しくすることはできません。自分だけに優しくする人は、優しい人とは言えません。まずは相手の目線で考えてみて、広い視野で自分を客観的に見ることが重要です。

まとめ

優しい人というのは主観的に判断するのではなく、周囲の人が認めてくれるものです。そのため、自分が優しい人になりたいと思っても、周囲にどうアプローチしているかによってまったく印象は変わってきます。優しい人になりたいなら、まずはここで紹介したポイントを実践していくようにしましょう。