緊張しいってどういう意味?緊張しいな人の特徴と改善する方法6つ

緊張しいな性格が悩みという人、意外と多いです。人前に出るのが苦手だったり、プレゼンや就活など自分を試されるのが苦手だったり、緊張しいの人にとって実社会は恐ろしいものだったりします。

そこで、ここでは

  • 緊張しいとは?
  • 緊張しいと言われる人の共通点
  • 緊張しいの人にもメリットがある
  • 緊張しなくなる方法

緊張しいの意味や特徴、改善する方法について紹介します。

緊張しいとは?


緊張しいとは、そもそもどういう性格の人のことなのでしょうか。これは文字通り緊張しやすい人のことを意味しています。ちょっとしたことでも緊張してしまう性格の人ほど緊張しいです。ここからは、そんな緊張しいについて解説します。

緊張しやすい人のこと

緊張しいな人は、文字通り緊張しやすい人のことを言います。他人から見るとどうってことないところでも緊張しいの人にとっては心臓バクバクかもしれません。人よりも心臓が活発に動きやすく、同様しやすいという特徴を持っています。

悲観的ではなく親しみを込めた呼び方


緊張しいは悲しみを込めた言い方ではなく、親しみを込めた呼び方です。悪い意味で緊張しいという言葉を使っている人はいないので、そこは安心してくださいね。緊張しいな人は周囲も責めるのではなく、どちらかというと応援したくなるということが多いのではないでしょうか。

近年はより緊張しいの人も増えているので、自分の個性として認識しても良いかもしれませんね。個性として受け止めれば、緊張しいもより親しみが生まれるでしょう。

緊張しいと言われる人の共通点


緊張しいと言われる人には、ある共通点があります。その共通点を知っておくと自分がどれくらいの緊張しいなのかわかるかもしれません。ここからは緊張しいな人に共通する特徴を紹介していくので、自分はどうなのかチェックしてみてくださいね。

真面目すぎる

緊張しいの人は総じて真面目すぎる傾向にあります。テストがある時には「このテストで人生が決まる」なんて大袈裟に考えてしまうのです。面接の時には「良い自分を知ってもらわなくては」と考えてしまいます。何をするにも真面目すぎるからこそ、余計な心配まで増えて心に対する負担も大きくなってしまうのです。緊張しいの人ほど実は誠実と言えます。

不器用


緊張しいな人は人の期待により一層応えようとするため、逆に不器用になっている人も多いです。本当な自分のことだけで良いのに、真面目だからこそより頑張ってしまいます。頑張るベクトルが間違っているので、結果的に不器用になってしまいがちです。できないことはできなくても良いのに、無理にできるようにして空回りするのが緊張しいと言えます。

失敗を極端に恐れすぎている

緊張しいな人ほど、失敗を極端に恐れすぎています。1回の失敗でまるで人生が終わるかのように考えていて、何をするにも真剣すぎるのです。肩の力を抜いて良いところでも失敗を恐れているので、極端な思考になりがちです。成功するイメージよりも失敗するイメージが強く、それに足を取られてしまうということもあるのが緊張しいと言えるでしょう。

他人の目を意識しすぎている


他人の目を気にするのも緊張しいの特徴です。正直、他人は自分のことなどほとんど気にしていません。誰もが自分の人生を生きるのに必死で、他人のことまで見ている人はいないでしょう。しかし、緊張しいは見られているという実感が強いため、だからこそ余計に自分を追い込んでしまうことが多いです。案外誰も見ていないことを自覚するべきですね。

自分に自信がない

緊張しいは自分に自信がないからこそ、余計に心配なことが増えていきます。自分が強ければ、何があっても対処できると思うはずです。それに比べて緊張しいは「何をやってダメだ」と思い込んでいるので、余計なことまで考えて自ら自爆しているのです。自信を持つのは簡単なことではありませんが、自己否定ではなく自己受容することが重要となります。

完璧主義者

緊張しいの人に限って真面目なので、完璧を求めることがとても多いです。完璧主義者なので1回の失敗ですべてダメだと思い込んでしまいます。例えばテストで80点を取れば、普通の人なら「まぁまぁかな」と思うはずです。しかし、緊張しいの人は20点を取れなかったことだけに目を向けてしまいます。完璧主義者なのですべてに満足したいのです。

緊張しいの人にもメリットがある


緊張しいの人はデメリットが多いように感じますが、実はメリットもあります。そこを上手に活用していけば、より自分の個性として成長させていくことができるのではないでしょうか。ここからは緊張しいの人の魅力について紹介します。

失敗しにくい

緊張しいの人は入念に準備をして、リスクのことまで隅々考えて行動します。そのため、失敗しにくいと言えるでしょう。最悪の状況までしっかり考えて対処するため、より成功に近づけるプロセスを導き出すのが上手いです。また、心配だからこそ練習も何度もするので、より自分を完璧に仕上げることができます。それは非常に魅力も大きいでしょう。

パフォーマンスが向上する

パフォーマンスが向上するのも緊張しいの魅力です。すべてにおいて完璧にこなしたいと思うので、こだわりがとても強いです。他の人が合格点と言える点数以上に頑張るので、よりスコアも上がりやすいと言えます。それは仕事ではもちろんプライベートでも同様です。より高みを目指すのなら、実は緊張しいの方が良いこともありますね。

緊張しなくなる方法


緊張しいの人の中には、その性格をどうにかしたいと思っている人も多いでしょう。確かにいつでもどこでも緊張してしまうというのは心にとっても良くありません。そこで、ここからは緊張しなくなる方法について紹介します。

しっかりと準備をする

緊張しいの人であれば大丈夫だと思いますが、緊張したくないなら準備を徹底的に行うのが良いです。大切なプレゼンがあっても、100回ほど練習しておけばちょっとのことではトラブルも問題も発生しませんよね。準備を入念にすることは自信にも繋がり、自分の力を最大限に発揮できることにも繋がっていきます。まずは準備を完璧にしましょう。

小さな目標を設定しクリアすることで自信をつける

小さな目標を設定してクリアしていくことで、自信が身についていきます。いきなり大きな目標を設定すると挫折して自信を失うので、小さな目標を立てていきましょう。ただ、楽々クリアできるものだとダメです。ちょっと頑張って乗り越えられるくらいの課題などが、緊張しいの人にとっては絶妙なラインとなってくるでしょう。

ゆっくりと話す


ゆっくりと話すと意識するだけでも、実は緊張しにくくなります。早く話そうとすると呼吸が乱れて、十分な酸素量で話すことができなくなります。酸素量をしっかり取り入れて話すと頭にも酸素が行き渡り、冷静に話すことができます。深呼吸をするようにしつつ、それでいて吐き出す言葉も早口にならないように意識してみてください。

大きく深呼吸をする

大きく深呼吸をすると、心がふっと落ち着きます。体内の酸素量が多くなると頭の回転も速くなり、より頭を使うことができます。また、深呼吸をするとリラックスする効果も期待でき、現状をしっかりと受け入れて許容することができるようになります。まずは自分の心を落ち着かせるために呼吸法も習得していくと良いでしょうね。

友好関係を広げる


友好関係が広がってくると、自分の味方になってくれる人も多くなっていきます。そのため、とにかく友好関係を広げていくというのはとても重要となってくるでしょう。また、交友が広ければ広いほど、自分の知見も広がり、より自信にも繋がっていきます。知らない人と積極的に話すように、場数を踏んでいくことも緊張を緩和させることに繋がるでしょうね。

緊張する場面を何度も経験し慣れる

緊張する場面を何度も経験することで、人は慣れていきます。どんな緊張する面接でも、10回20回と経験していけば緊張しにくくなります。人間は良くも悪くも状況に順応して慣れるということができるので、とにかく経験値を増やすことが重要です。誰でも最初は緊張するものです。ただ、経験してみると意外とどうってことないことも多いでしょうね。

まとめ

緊張しいな人は、自分の性格がダメだと思っている人も多いです。ただ、上手く付き合うことができれば緊張しいだって悪くありません。むしろ良い方向に向かうかもしれません。こちらで紹介した改善する方法を実践して、ぜひ緊張しいと上手に向き合っていきましょう。