天然と言われる人に共通する性格・天然を改善する方法

天然な性格の人って周りにいませんか。天然は一緒にいるだけで癒されるという人もいれば、人の話をあまり聞いていなかったりすることもあって、一言で言えば不思議ちゃんであることも多いです。

ここでは

を紹介します。

天然な性格の人の特徴


天然な性格の人の特徴としては、数えきれないほどあります。どれが当てはまるかによって、天然とは言っても色々な人に分類することができるのではないでしょうか。ここでは天然な性格の人に見られる特徴を紹介するので、チェックしてくださいね。

ポジティブ思考

天然な性格の人はポジティブ思考なことが多いです。基本的に物事を良く捉えるので、それがポジティブ思考に繋がってきます。あまり悲観的になることがないので、ネガティブ思考になることもありません。楽観的というかのほほんとした考え方の持ち主なので、あまり深く考えずにストレスや不安、心配を感じたりすることも少ないと言えるでしょう。

純粋

純粋な性格なのも天然な性格の人に見られる特徴ですね。ちょっとしたことでも感動したり、すぐに泣いたり、逆にすぐに怒ったり、感情豊かな人ほど天然な性格の人と言えます。良い意味で純粋なのですが、影響されやすい性格でもあるため、感受性が豊すぎるということもあります。純粋な人の中でもさらに純粋なのが天然な性格の人なのです。

マイペース


マイペースなところも天然な性格の人の特徴と言えるでしょう。他人に合わせるということが基本的にないので、常に自分のペースで動くことが多いです。他人のことはあまり気にしていないため、しばしば周りから怒られることもあります。ただ、それも悪いこととは思っていないので、あまり改善されるということはないのではないでしょうか。

小さなことは気にしない

天然な性格の人は小さなことは気にしません。そのため、自分の身に降りかかることでも特に気にしていないのです。ある意味で飄々としている印象があるかもしれません。ただ、小さなことを気にしないので、周囲からは大雑把だと思われることも多く、さらに悪い印象となるといい加減だと思われるかもしれません。良い印象もあることはありますけどね。

天然ボケという自覚がない

天然ボケを連発しているという自覚は基本的になく、周囲の人からは「ちょっと変な人」と思われていることもあります。でも本人は気にしていないので、改善するということもありません。天然ボケはナチュラルで魅力的に見えることもありますが、天然ボケを連発していると周囲も疲れてしまって、呆れられてしまうことがあるかもしれません。

相手によって態度を変えない


天然な性格の人ほど、他人を値踏みしないため、人によって態度が変わるということはありません。逆に言えば上司でも同僚でも部下でも同じように対応します。それが良いのか悪いのかは本人によって変わってくるでしょう。分け隔てなく誰とでも接することができるので人当たりは良いですが、礼儀やマナーとしてはあまりできていない人も多いです。

裏表のない性格

天然な性格の人は、嫌いなものは嫌いですし、好きなものは好きです。それがはっきりしているので、裏表のない性格として周囲に思われていることも多いでしょう。もちろん、裏表がないので周囲の人は信用してくれることも多いです。相手によって態度も変わらないので、人間関係の信頼は強い傾向にあります。ただ、その性格を悪用されることもあります。

根が真面目


根が真面目な人も実は多いです。天然な性格の人ほど、自分のことをしっかりと考えていることもあったりします。天然ボケな人もいれば、天然なのを良いことに無意識にその強みを利用している人もいます。「私って天然だからさぁ」と言ってしまう人がいれば、それはもしかしたら自分で天然なのを自覚して、武器として使っている計算高い人かもしれません。

人の話を聞かないことが多い

天然な性格の人は、他人の話をあまり聞かないことも多いです。人が真剣な話をしているのに聞いていないこともあったり、聞いているふりをしているだけだったりすることもあります。人の話を聞かないので改善することもなく、常にのほほんとしている印象もあります。人によってはその印象もあまり良くありませんけどね。

天然を治す方法


天然はナチュラルであれば良いのですが、周囲にとってはあまり良い印象がないこともあります。そのため、治せるのなら直した方が良いかもしれません。ここからは天然な性格を治すための方法を紹介するので、気になる人は改善を試みてみましょう。

自分が天然であることを自覚する

自分が天然であることを自覚することが、まずは重要となります。天然であるかどうかを実感すれば、そこから行動に気を付けていくこともできます。天然だと自覚して悪用するのは良くありませんが、改善しようとすれば治せます。まずは自分が他の人と比べて、ちょっと変なところがないかどうか客観的に見てみることも重要かもしれませんね。

メモを取るのを習慣化する


人の話をあまり聞いていないことが多いので、何か話をされた時にはメモを取る習慣を身につけておきましょう。そうすれば、言われたことも頭に入るし、忘れることも少なくなります。メモを取っておくと後から情報を整理することもでき、より効率的に動くことができます。人に言われたことは、常に頭に入れておけるようにクセをつけていくことが重要です。

人の話を注意して聞くようにする

人の話を注意して聞くようにすることも重要です。あまり集中せずに「ほえぇ!そうなんだ」と聞いていても、まったく頭に入っていないことが多いでしょう。相手の話に耳を傾けて、相手が何を伝えようとしているのか考えて聞きましょう。頭を使って話を聞いていれば、自然と内容も理解できるし、忘れるということも亡くなっていくでしょう。

周りの人の態度を参考に行動する


周りの人の態度を参考にすることも重要です。周囲の人が普段からどうやって行動しているのか参考にしてみると、自分の行動も意識することができます。周りの人の態度を真似するだけでも、天然から脱却することができます。いずれは自分の習慣として身につけていければ、より天然だと思われることも少なくなっていくでしょう。

自分の長所を伸ばす

自分の長所を伸ばすことで、何か武器を持つことが重要です。天然な人ほど、実はダメ人間だと思われることも多いです。人によっては「何をやらせてもダメだ」と思われることも多く、悪い印象としては「ドジ」「おっちょこちょい」「とろい」などがあります。まずは自分にできることを見つけて、その長所を伸ばすように努力してみてください。

身の回りの人と積極的に話をする

身の回りの人と積極的に話をすることも重要です。それも年齢層がバラバラで性別もバラバラな方が良いです。まったく違った人の話を聞くことによって、脳への刺激になります。その刺激によって常にしっかり考えて行動するようになり、知見も広がっていきます。知識がないと最初は理解できないかもしれませんが、積極的に会話するのも効果的です。

天然な人との付き合い方


天然な人との付き合い方は、ちょっとした工夫が必要となります。関わり方を知らずに関わっているとイライラしてしまうかもしれません。そこで、ここからは天然な性格の人と上手に付き合っていく方法について紹介します。

嘘をついたりからかわない

天然な性格の人と付き合う時には、嘘をついたりするのはやめましょう。嘘をつくと純粋だからこそ信じてしまうことも多いです。また、そのことでからかったりするのもやめておきたいです。天然な人は大真面目に受け取っていることも多いので、嘘やからかいにはとても弱いと言えます。それを楽しむというのは、やはり趣味が悪いですからね。

察してもらおうとせず言葉ではっきり伝える


天然な人は思考回路が人とはちょっと違っているので、無理に察してもらおうと思っても難しいです。そのため、言葉を濁すのではなくはっきりと伝えるようにしましょう。自分で考えさせるというよりは、細かく伝えてあげてサポートした方が上手に動いてくれることが多いでしょう。

まとめ

天然な性格の人は良い人だと思われることも多いですが、中には悪い人だと思われることもあります。上手な付き合い方を知っていると良いのですが、まずは本人が自覚を持って天然を治していくことが必要です。天然も個性ですが、治せることなら治した方が良いですからね。