鼻が低いとお悩みのあなたへ!鼻を高くする3つの方法

鼻は顔の印象を左右するとても重要なパーツです。低い鼻の場合顔全体が平面的に見えて、地味な印象を与えることもあります。とりわけ日本人の中では、低い鼻で悩んでいる方が少なくないでしょう。しかし、様々な方法を実践することによって理想の鼻の形を手に入れることも不可能ではありません。

ここでは、

についてまとめてみました。

低い鼻とサヨナラ!鼻を高くする3つの方法


鼻の形や高さは生まれ持ったものだから、いくら理想の鼻があったとしてもそれには近づけることができないと思われている方も多いでしょう。たとえ、理想の鼻があったとしても美容整形手術を受けるほどの気持ちではない方も多いはずです。しかし美容整形手術を受けなくても、鼻の形を理想の形に変えていくことは不可能ではないのです。ここでは代表的な三つの方法をご紹介します。

メイク

低い鼻とさよならをする一番簡単な方法は、低い鼻をカバーするメイクをすることです。ノーズシャドウとハイライトを極めることによってそうできます。方法としては、いくつかのポイントがありますので後ほどしっかりとご紹介します。

セルフマッサージ

実は鼻の軟骨は一生成長し続けると言われています。つまり外からの刺激によってセルフケア次第では理想の鼻を手に入れることも不可能ではないということです。とても簡単な方法によって鼻の形を理想の形に整えていくことも可能ですので、空いた時間などに行ってみると良いでしょう。

鼻クリップ

セルフマッサージと同様、鼻の軟骨の成長を利用して、鼻クリップで形を覚えさせるという方法もあります。少し地味に見えるかもしれませんが、同じ力で刺激を加えることができるため、一定のポジションをキープしやすくなります。ノーズアップピンなどの名前で市販されていますので、後ほどおすすめのアイテムもご紹介します。

鼻を高くする!鼻筋メイクの手順


鼻を高くするために鼻筋メイクをマスターしましょう。少しのコツとテクニックでキュッと高く引き締まった理想の小鼻を手に入れることができるかもしれません。メイクは苦手という方でもとても簡単に行うことができますので、その手順をご紹介します。

1.コンシーラーで鼻周りのくすみを消す

まずはコンシーラーで鼻の周りのくすみをしっかりと消しておきましょう。鼻を高くするためのメイクの下地ともいえる重要な過程です。コンシーラーは指などで肌に自然となじませるのがポイントです。

2.両脇にローライトを入れる

両脇にローライトを入れて、仕上がりのイメージを確認します。眉頭、鼻の根っこあたりから目の少し下のあたりまでぼんやりと影をつけて行くことを意識しましょう。ノーズシャドウはもちろん使えますが、それ以外でもアイシャドウやアイブロウ用のパウダーを使っても対応することができます。

ここで濃く入れすぎてしまうと不自然になってしまうので、あくまでも自然な影をつけるようなイメージで線を引いていきましょう。高い鼻にしたいからといってやりすぎないのがポイントです。鼻の先にも少しだけ鍵を入れると小鼻が小さく見え、さらに高く見せることができるでしょう。

3.ハイライトを入れる


ハイライトの使い方で仕上がりは大きく左右されます。ハイライトは顔全体を明るくそして立体的に見せてくれますので、鼻の高さも一層際立つことでしょう。ハイライトの使い方としてはTゾーンから鼻の真ん中くらいにひいて少し間隔をあけて鼻先に塗っていくというのがお勧めです。あまり太くならないように細めにハイライト入れておきましょう。

Tゾーンのハイライトがうまく乗せられたら、次に目頭の下や、鼻の横の部分に引いていきます。さらに目の外側から下まぶたにかけてのCゾーンと呼ばれる部分にもひいていきましょう。最後に顎先に乗せたら完了です。ノーズシャドウで暗く影をつけた部分の横にハイライトを使うことによって、一層陰影を強調することができ、肌の透明感を際立たせることができます。

4.スポンジでハイライトからぼかす

自然な仕上がりにするためにスポンジでハイライトからぼかしていきます。この時注意すべきなのはハイライトと陰影をつけた部分が混ざってしまうことがないようにしましょう。色々な色が混ざってしまうとせっかくのローライトが台無しになってしまいます。

5.よれ防止のためローライトにパウダーを重ねる

ここまでできたらよれ防止のためにローライトにパウダーを重ねていきましょう。どのような色合いのパウダーにするかは好みによりますが、アイブロウパウダーの中でも薄めの色でも十分に引き出させることができるでしょう。

6.よれ防止のためハイライトにパウダーを重ねる


ハイライトにパウダーを塗ることによって最後によれを防止します。これはなるべく濃いめのファンデーションを眉頭から一直線にひいていきます。これだけであっという間に鼻高メイクのでき上がりです。

鼻を高くする!セルフマッサージ


鼻はセルフマッサージによっても少しずつ形を変えていく可能性があります。エステなどでも実際に行われている方法も導入し、自分でもできる簡単なマッサージ方法をご紹介します。毎日出来る限り続けることによって、徐々に鼻の形が変化していくのを感じることができるかもしれません。

1.美容液やワセリンなどを鼻周りに塗る

まずは美容液やワセリンなどを鼻周りに塗ることによって、滑りを良くします。保湿効果もあるので鼻を保護する役割も果たします。丁寧に鼻全体を覆うようにぬっていきましょう

2.鼻の下をリズミカルに4回~5回ほど伸ばす

次に鼻の下をリズミカルに4,5回ほど伸ばしていきます。マッサージをして行く前のストレッチのような役割です。急ぐ必要はありませんのでゆっくりと伸ばしていきましょう

3.左右交互に鼻の横の部分を指でくるくるとマッサージする


次に左右交互に鼻の横の部分を指でくるくると刺激していきます。強くなりすぎないように優しくマッサージしてあげましょう。左右どちらも30秒から1分ほど優しくグリグリとしてあげれば十分です。

4.両手の人差し指の腹で鼻の付け根部分を左右から挟む

左右交互に鼻の横の部分のマッサージが終わったら、次は両手の人差し指の腹で鼻の付け根部分を挟んでいきます。左右から鼻をつまんできゅっと押し上げるイメージです。

5.両手の人差し指の腹で鼻の中央あたりを左右から挟む

次に両手の人差し指の腹で鼻の中央あたりを左右から挟んで行きます。理想の高さに近づくようなイメージで、ぎゅっと挟んで上に押し上げていきましょう。こうした刺激が軟骨の形を理想の形に変えていくかもしれません。

6.両手の人差し指・中指・薬指の腹で小鼻を左右から押し出す


最後に小鼻の横にある美鼻のツボ刺激します。両手の人差し指、中指、薬指の腹で左右から押し出すようにしましょう。4,5回行い離してみると鼻がすっきりとしているような印象を受けるでしょう。毎日このようなマッサージを続けていれば、まるで外国人のような理想の高さに変えていけるかもしれません。

鼻を高くするおすすめグッズ

鼻を高くするために、様々なアイテムも開発されています。美容整形をしなくても、自宅で少しずつ、理想の鼻へ近づけることができると評判の、お勧めのグッズをご紹介します。

BeQu鼻筋セレブノーズアップピン


1日30分自宅でテレビはお料理をしながら装着するだけで効果が期待できるアイテムです。鼻の軟骨を意識しながら装着し、最大でも30分ほどの着用となります。付属されているシリコンパットも厚いタイプのものと薄いタイプのものがありますので、どちらでも好みを選べるのも嬉しいところです。

美鼻でナイトおやすみ美鼻クリップ!


寝ながら美鼻を作ることができる優れたアイテムです。軟骨が成長しやすいと言われている就寝中に効率よく形を整えることができます。角度を調整できる立体形式のパッドが理想的な形に花を整えます。肌に優しい柔らかいシリコン製ですので装着している時のストレスも感じることはないでしょう。もちろん呼吸サポート設計となっているので、寝ている間でも苦しくなることがありません

Bigmindノーズアップピン


1日30分つけているだけで手術をしなくても鼻の高さが変えられるというアイテムです。鼻の軟骨にピンポイントに圧をかけ、理想の美鼻に近づけることができます。柔らかい高粘着ゲルを採用しているので付け心地も痛くなく、ストレスを感じることはないでしょう。

Bigmind鼻プチ


手軽に自然にポーチなどに入れておくだけで必要な時に一瞬で理想の鼻にすることができるアイテムです。鼻の中に登場のチップを入れることによって、すぐにツンと綺麗な鼻筋を作ることができます。3サイズありますので自分の鼻の形や理想の形にあったものを選ぶことができるのもうれしいところでしょう。

まとめ

綺麗な鼻は誰もが憧れるものです。例え、鼻が低いことに悩んでいたとしても、美容整形をすることなく理想の鼻に近づけていくことは可能です。ここで紹介した方法をぜひ実践して、スラット通った鼻筋を自分のものにしましょう。