ボディミルクのおすすめ10選!ボディミルクの選び方と正しい使い方

ボディミルクを知っているでしょうか。ボディミルクはさらっとしてみずみずしく、べたつかない使い心地、かつ肌をしっとりと保つことができます。ボディミルクにもいろいろなタイプがあるので、まずは自分に合うものを見つけましょう。

ここでは、

  • ボディミルクの役割
  • ボディミルクの選び方
  • 保湿重視!おすすめのボディミルク
  • 敏感肌でも安心♡おすすめのボディミルク
  • サラサラ・しっとり!おすすめのボディミルク
  • 良い香りで癒される♡おすすめのボディミルク

についてまとめてみました。

ボディミルクの役割


ボディミルクは聞いたことがあっても、使ったことがない人もいるかもしれません。しかし、ボディミルクはすべすべとした肌をつくるためにも必要なものです。乳液のようなさらっとしたテクスチャが魅力のボディミルク、どのような役割をするか知っておきましょう。

肌をしっかり保湿する

ボディミルクの役割として一番にあげられるのは、しっかりと保湿することです。ボディミルクは身体用の乳液と同じで、顔と同じように保湿成分が入っていて保湿をしてくれることです。脂が主成分のボディークリームよりもさっぱりしており、べたつかずに皮膚のうるおいを閉じ込めることができます。特にお風呂上りに使うと、お風呂で得た水分をそのまま保湿することができるので最適です。

マッサージも同時にできて美容効果アップ

ボディミルクのもう一つの役割は、マッサージをして美容効果をアップさせられることです。特に、本来排出されるべき老廃物が溜めこまれてむくみとなっている場合がありますが、そういったときにマッサージが有効です。

ボディーマッサージをするときには、ボディミルクを使うとなめらかになりマッサージがしやすく美容効果も上がります。

控えめな香りで香水が苦手な人にもおすすめ


ボディミルクのうれしいところは、ほのかな香りがすることです。香水は苦手という人でも、ボディミルクのさわやかな香りなら大丈夫という人もいて、フレグランスがわりに使う人もいます。

ボディミルクをフレグランスとして使う場合は、首や前腕に2~3時間おきにつけ治すとよいでしょう。柑橘系の香りやフローラルな香り、さわやかな香りなどいろいろな種類があるので自分の気分によって使い分けるのも良いかもしれません。

ボディミルクの選び方


そのようなボディミルクですが、初めて使う人などどのようなものを選べばよいかわからないこともあるでしょう。ボディミルクを選ぶときに重要なことについて知っておきましょう。

とにかく保湿力が大事!どんな保湿成分が入っているかチェック

ボディミルクの役割の大きなものとして肌の保湿が挙げられます。そのため、保湿成分であるスクワランやコラーゲン、ヒアルロン酸などが入っているボディミルクを選ぶとよいです。ボディミルクの保湿成分について知っておきましょう。

敏感肌の人はシンプルな処方・アルコールフリーのものを

特に敏感肌の人は刺激の少ない優しいタイプのボディミルクを選ぶとよいです。無添加のものや、赤ちゃんや子どもでも使えるようなタイプのボディミルクを選ぶとよいです。最初のうちは、身体の一部分だけに使って、かゆみや赤みのようなトラブルがないかもチェックしておきます。

サラサラ、しっとりなど好みの使用感で選ぶ


ボディミルクはさらっとしてみずみずしいテクスチャのものが多く、そこがクリームとの大きな違いです。そのなかで商品の使用感、すなわちサラサラタイプかしっとりタイプかは商品によって違うので好みのものを選びます。

いい香りのボディミルクなら保湿しながら気分も上がる

自分に合う香りかどうかも注目すべきポイントです。好みの香りだとリラックス効果も高く、また香りの強いタイプから無香料タイプまで香りの強さにもいろいろなタイプがあります。好きなボディミルクは気分もよくなるので、香りも重要な要素です。

保湿重視!おすすめのボディミルク


保湿を重視する人は、有効な保湿成分が入ったものが良いです。保湿を重視する人のためのおすすめのボディミルクを選んでみましょう。

ニベア エクストラリペアボディミルク


しっとりするのにうるおうという特徴があり、においもなく小さな子どもでも使いやすいです。伸びが良く少量とるだけで広い範囲をカバーできます。使用感も良くべたつきがないため使用してからすぐに服を着てもくっつくことがありません。

Vaseline リペアリングモイスチャーローション


安価でありながらも伸びが良く、無香料でしっとりとしたモイスチャーローションです。お風呂上りに塗ることで、肌がしっとりするだけでなく、かゆみも改善されることもあります。押すだけで楽なポンプ式で安定しているので風呂場にも問題なく置けます。

敏感肌でも安心♡おすすめのボディミルク


敏感肌のためケアしたいけれど、刺激が心配・・・そんな方でも使えるボディミルクがあります。肌に優しいボディミルクを集めました。

キュレル ローション(乳液タイプ)


敏感肌の人でも使えるキュレルの全身用乳液です。セラミド機能成分やユーカリエキスが入っており、のびがよくてべたつかないのが特徴です。かさかさでかぶれやすい敏感肌の人も、使用を続けることによって肌の乾燥やザラザラ感が緩和されます。赤ちゃんから老人まで問題なく使える所も好評です。

ユースキン 薬用ユースキンSローション


皮膚のバリア機能を改善し、しっかりと保湿してくれる乳白色の低刺激ローションです。スーッと水のようにのびるので使いやすく、さっぱりとした使用感で、ボディにはもちろん顔にも使えます。刺激が少なく、おだやかに保湿してくれるような感じです。

サラサラ・しっとり!おすすめのボディミルク

爪のトリートメントやハンドクリームを塗る
ボディミルクは使ってみたいけれど、べたつくのは嫌だ、ボディークリームは使いたくないといった人におすすめなのが、べたつかないサラサラタイプです。サラサラ・しっとりを実現したおすすめのボディミルクを見てみましょう。

ビオレu 家族みんなのさらさらミルク


家族みんなで使える弱酸性のスキンケア乳液です。軽い付け心地でありながら、保湿セラミドなどの保湿成分を配合し、しっとりとした肌にしてくれます。あまりボディミルクを使いたくない、という夏場にもさらっとしているので問題なく使えることが好評です。

CDB ロイーシェミルクボディローション


ホホバオイルやローズオイルが入っており、さらっとした質感でありながらもしっかり保湿してくれます。肌なじみがよくスーッとしみこんでいき、塗ってからしばらくするとサラサラになります。香りも良く、初めての人でも使いやすいです。

ファシナート デオモイスチャー ミルク


ミルクの伸びが良く、いかにも保湿されたという感じがありますが、しばらくするとサラサラになり使い心地の良いボディミルクです。やさしい素材なのでボディにはもちろん顔にも使用できます。冬場の乾燥しがちなシーズンにおすすめです。

良い香りで癒される♡おすすめのボディミルク


ボディミルクのもう一つの特徴が、とてもよい香りで癒されることです。良い香りのするおすすめのボディミルクを集めてみました。

ラブ&ピース ボディミルクライト


ピースフルでジューシーな香水、ラブ&ピースの香りボディミルクです。軽く伸びてべたつかず、大豆エキスやコラーゲンなどお肌に良い成分がふんだんに入っています。つけたての香りは少しきついですが、時間が経つと癒される程度になります。すごく良い香りに癒されながらボディマッサージができます。

【パルフェタムール】サボンサボン フレグランス プレミアムボディミルク ブルームアリア


かわいらしいパッケージが特徴のボディミルクで、話題のスーパーフード、チアシードオイルを配合しています。日本人好みのサボンの香りで、ほのかな香りながらも持続力が強く、さわやかな香りで癒されます。なめらかに肌が保湿され、べたつきもありません。

ル グラナチュレ ボディミルク ホワイトフラワーの香り


大地の恵みを受けて育ったオーガニックエキスを贅沢に配合し、香りと潤いが全身を包み込むというフレグランスボディミルクです。ホワイトフラワーの良い香りで優美な大人の女性を演出します。特に乾燥が気になる部分にはたっぷりと重ねづけするのがよいでしょう。

まとめ

肌を保湿させうるおいのある肌にする乳液のような役割、それがボディミルクです。ボディミルクはクリームではないのでさっぱりしており、サラサラかつしっとりとした強い肌を実現してくれます。

ボディミルクにもさまざまなタイプがあり、乾燥肌をケアするものや敏感肌でも使えるもの、香りが良いものなどいろいろなメリットがあります。自分に合った好みのボディミルクを使い、全身の美肌を目指しましょう。