まつ毛パーマ

まつエクは120本が人気♡120本のおすすめデザイン8選

まつエクをやってみたいけど、どう選んだらいいのかわからないという人も多いかもしれません。目元の印象は第一印象を大きく左右するので、失敗したくありませんよね。

ここでは、

についてまとめてみました。こちらを参考に、まつエクにトライして、自分らしい目元を実現してくださいね。

120本が人気の理由は?


どこのサロンに行ってもよく見かけるまつエク120本というメニュー。120本はなぜまつエクの主流のような位置づけになっているのでしょうか。まずはその人気の理由についてまとめてみました。理由がわかるとあらためて、120本をオーダーしたくなりますよ。

初めての人でも自然な感じで印象を変えられる

まつ毛エクステを装着できるのは、自分自身に生えているまつ毛の本数分だけ。つまり、自分のまつ毛の本数以上のエクステはつけられないのです。地まつ毛の本数は人によって多かったり少なかったりとまちまち。目の幅や大きさによっても、まつ毛の本数は違います。

上まつ毛は平均して片目に約90本ずつ生えているといわれており、初めての人でも自然な感じで印象を変えられるちょうどいい本数が片目60本ずつの計120本といわれているのです。

日本人の平均の目幅に合わせると120~140本

日本人の平均的な目の幅は3cm~3.5cmといわれており、120本~140本程度つけるとよいとされています。自然に仕上げたい場合は少なめ、逆にボリュームアップさせパッチリした感じを出したい場合は多めにつけるのがおすすめ。ただし、まつ毛の生え変わり時期で本数自体が少なくなっている場合や、ダメージによって抜けてたり切れたりしている場合もあります。そんなときは無理せず、健康なまつ毛を育成して次のタイミングを待ちましょう。

ナチュラルに見せたいなら100~120本が理想

まつ毛パーマ
ナチュラルに見せたいなら、理想は100本~120本。本数は少なめでも、長さが出ることで十分に可愛さはアップします。また、まつエクもやり続けるとまつ毛へのダメージにつながり、地まつ毛の本数が少なくなってしまいます。ときどきお休みしたり、本数を少なめにしたりして休息期間を作ってあげましょう。まつ毛美容液などをつけて、健康的なまつ毛を育てることも大切ですよ。

どんなデザインが自分に合うかイメージしよう


本数の次にサロンで迷ってしまうのが、デザイン。初めての場合はとくに、まつエク後の自分の顔をイメージできず、決められないという人も多いのでは。ここでは見た目の印象を変えるカールの種類から見ていきましょう。

よりナチュラルが好きならJカール

まつエクの中で最もナチュラルで長持ちするのがJカール。ほとんどのサロンで取り扱っていて、定番のデザインといわれています。Jカールの特徴は、先端部分にカールがついていること。まつエクしても違和感なくナチュラルに仕上がるので、初心者の人にもおすすめです。カールが多少上向きまたは、水平に生えている人やまつエクにカールよりもボリュームを求める人にもおすすめのデザインです。

ビューラーでつけたようなカールのCカール

一方、最も人気があるといわれているのがこちらのCカールです。ビューラーでしっかりカールさせたようなくるんとアップした仕上がりが特徴。ナチュラルなJカールに比べると、しっかりとカールされている分、目がパッチリと大きく見えます。

かわいらしくパッチリした目になりたい人にはCカールがおすすめ。地まつ毛が下向きに生えている人や、まつエクに長さよりカールを求める人にもおすすめです。メイク映えもするので、毎日、重点的にアイメイクしているという人や、マスカラを重ねづけしているという人は毎朝のメイクがラクになりますよ。ただししっかりとカールしている分、Jカールよりは落ちやすいのがデメリット。こまめにサロンに通ってリペアする必要があります。

Cよりカールが強いDカール

Cカールよりもカールが強く、根元からしっかりと立ち上がりが強いのがDカールです。サロンによってはCCカールやSCカールと呼ばれることも。かなりカールが強いので、ナチュラルな仕上がりを好む人には不向きです。パーティーやイベントなどでお人形のようなパッチリとした目にしたい人におすすめ。一重や奥二重でまつ毛がまぶたに埋もれてしまうという人も、Dカールを試してみてもいいかもしれません。

JとCの間のカールBカール

サロンによっては、JカールとCカールの中間くらいのカール感のBカールというものも存在します。Jカールではナチュラルすぎて物足りないけど、Cカールほどパッチリさせたくないという人におすすめ。Cカールよりは持ちもいいので、経済的です。ナチュラルとパッチリのいいとこどりがBカールといえます。

太さが太いほど存在感があるまつ毛に

まつエクデザインで太さ、カールともうひとつ大切なのが、エクステの太さ。太さによっても仕上がりの印象は大きく変わります。ナチュラルな仕上がりを目指すなら、最も太くても0.15mmくらいまでにしておきましょう。1本だけ見比べても大した違いはないように見えますが、びっしり120本ついたとき0,01mmの違いは大きく現れます。ふんわりやさしいナチュラル感を目指すなら、0.1mm~0.12mmあたりがおすすめ。

目頭~目尻と場所毎に長さを変えると印象がかわる

目頭と目尻の間で場所によって長さを変えることで、仕上がりの印象も変わってきます。黒目部分を一番長くすると、目の縦幅が強調され、縦に大きくパッチリとした目元に仕上がりキュートな印象に。一方、目尻にかけて徐々に長くすると横幅が大きく見えクールで大人っぽい印象に仕上がります。なりたいイメージをサロンで相談してみましょう。

カール弱目でナチュラル♡J~Cカール

さっそくまつエクのデザインを見ていきましょう。まずはナチュラルなJカールとビューラーでくるんとカールさせたようなCカールのデザインです。カール、長さ、太さ、デザインの組み合わせによって目元の印象は大きく変わります。

目尻長めエレガントなJカール

目尻に向かって長めになるデザイン。ナチュラルなJカールはやりすぎ感がなく、やさしい目元に仕上がっています。目尻に沿ったまつエクがアイラインの効果を発揮し、自然なのに目元をしっかり強調していますね。すっぴんでも浮かない目元です。

自然なカールのC&Bカール

JカールとCカールの中間のBカールでナチュラルなのにくるんとまつ毛がキュートな印象。Bカールはナチュラルなカール感があるのに、Cカールより落ちづらいというのもうれしいポイントです。マスカラやビューラーなしでこのまつ毛がキープできたら、毎日のアイメイクがラクになりますね。

目尻長めのかわいいj&Cカール

目尻が長めでゴージャスなデザインです。JカールとCカールの組み合わせで、かわいいとセクシーを両方実現しています。これだけの長さがあると、目元の印象も変わりますね。

自然で程よいカールCカール

ビューラーしたようなくるんとしたカールが特徴のCカール。パッチリした目が好みの人や、一重や奥二重の人にはおすすめのカールです。Cカールはなによりも、ビューラーとマスカラの手間が省けてアイメイクがラクになるのがうれしいですね。

程よいカールのCカール

Cカールも0.25mmという太さでインパクト大。マスカラ重ねづけをしていた人にぴったりのボリュームです。目元がぱっちりして、キュートな印象に仕上がっています。

大人かわいいナチュラルCカール

オリーブブラウンのエクステが優し気な印象のCカールデザインです。パッチリした目元が大人可愛い雰囲気に仕上がっています。エクステをつけたいけど、パッチリしすぎるのは避けたいという人はブラック以外の色味を試してみるのもおすすめ。

中央長めで縦長効果のCカール

目頭や目尻に比べ、中央の黒目の部分が長めになっていることで、縦長効果。黒目がパッチリ大きく見えて、印象的な目元に仕上がっています。Cカールでパッチリ目元とクールさが両立された大人っぽいデザインです。

くっきりカールでゴージャスDカール

CカールよりもさらにくっきりカールのDカール。お人形のようなパッチリした目元に仕上がります。こちらもまつ毛がまぶたに埋もれてしまいがちな一重や奥二重の人にもおすすめのカールです。自分にぴったりのデザインを探してみてくださいね。

まつ毛も長め横長効果のDカール

地まつ毛が下がり気味の人にもおすすめのDカール。目尻側を長めにしたことで横長効果を発揮してセクシーで印象的な目元に仕上がっています。細めのエクステを選んだことで、やりすぎ感がなく好感度の高い目元です。

中央長めで縦長効果のDカール

ぎゅっと強めにビューラーしたような、しっかりとしたカールがキュートです。こちらは中央の黒目部分を長めにしたことで、縦長効果により黒目が大きくパッチリした印象に。ボリュームもありつつ、ナチュラルさも残した大人かわいい目元に仕上がっています。

まとめ

今やアイメイクに欠かせないまつエク。一度はやったことがある人も多いのではないでしょうか。でもなかなか思い通りの仕上がりにならなかったり、他の人のまつエクを見てうらやましく思ったり、満足のいく仕上がりを求めている最中という人もいるかもしれません。ぜひこちらを参考にしながら、イメージ通りのまつエクをたのしんでくださいね。

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。