睡眠 女性

【夢占い】殴る夢が暗示する4つのこと・殴る夢の意味

夢で殴る夢や殴られた夢を見ると、起きたときの後味も悪いですよね。ネガティブな印象が強い殴る行為ですが、夢で見る分には良いこともたくさんあります。

ここでは、人を殴る夢についてまとめてみました。

人を殴る夢が暗示する4つの意味


人を殴る夢は、基本的に吉夢です。人を殴る夢には大きく分けると4つの意味があります。ここでは、人を殴る夢が暗示する意味について見ていきましょう。

人を殴る夢はコミュニケーションに関する意味を持っている

人を殴る夢には、コミュニケーションに関する意味があります。本来なら殴る行為は嫌なものですが、夢の中だと殴っている相手とのコミュニケーションが深まることの暗示です。殴る行為は人との距離がかなり近く、肌が触れ合う行為でもあります。コミュニケーションとしては究極の形で、あなた自身がコミュニケーションに興味があると言えるでしょう。

コミュニケーション運が上昇中という暗示

人を殴る夢を見ることは、コミュニケーション運が上昇している暗示です。コミュニケーション運は、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。人との関わりに関する運で、運気がアップすれば恋人や、心から信頼できる友人が見つかることもあります。運命的な出会いを実現する確率を高めることにもつながるでしょう。

殴っている相手との関係が良好であることの表れ


誰かを殴っている夢では、殴った相手と関係が良好なことを表します。現実では殴る行為はケンカの延長線上のイメージです。相手に怒っているときに、思わず手が出てしまうなど、突発的な印象もあるでしょう。

しかし、夢の中では殴ることがスキンシップの位置づけになります。殴っている相手に対して現実には嫌悪感がありません。夢の中でしっかりスキンシップを取れる相手なら、現実でも良好な関係を築くことができるでしょう。

あなたがコミュニケーションに関心を持っている心理状態

殴る夢は、あなた自身がコミュニケーションに関心を持っている心理を表します。人と接したい気持ちを持っており、友達や恋人を欲している状態です。殴った相手が知っている人なら、具体的にその人とコミュニケーションが取りたいことを示すでしょう。相手が分からない場合は、新しい出会いに期待しています。

殴る相手によって意味が変わる

睡眠 女性
殴る夢の夢占いは、殴る相手によって意味合いが変わります。基本的に吉夢ですが、相手によっては悪い意味合いの場合もあります。ここでは、夢占いにおいて殴る相手とその意味について見て行きましょう。

友達:友人関係がさらに深まる暗示

あなたが夢の中で友達を殴ってしまっても、現実では友人関係がさらに深まる暗示です。夢の中で殴れるというのは、それだけ相手を信頼している証になります。表面上ぎくしゃくしている関係であったとしても、根底では良い方向に向かっているでしょう。また、普段の付き合いが少ない相手の場合は、今後仲が深まります。

片想いの相手:関係が悪化するおそれ

片想いの相手を殴る夢を見たなら、二人の関係は今後悪化するおそれがあります。好意を寄せている相手を夢の中で殴るのは、相手に対してイライラが募っている証です。相手にされない、片思いの相手に好きな人がいるなど、腹を立てる理由はいろいろあります。どんなことに腹が立っているのか、冷静に考えてみましょう。

恋人:相手からの愛情表現不足に不満を持っている表れ


恋人を殴ってしまう夢を見たら、それは相手からの愛情表現不足に不満を持っていることを示します。マンネリ化したカップルに多く、付き合ったときの愛情表現と比較して不満に感じるのです。このままだと関係がギクシャクする可能性があるので、自分の気持を恋人に伝えてみるのも良いでしょう。

昔の恋人:今の恋愛がうまくいっている暗示

夢の中で昔の恋人を殴ったなら、今の恋愛がうまくいっている暗示です。元カレを殴る行為は、未練を断ち切る行為でもあります。今の恋人との生活が居心地良く安定しているため、恋愛で気にすることはありません。ただし、昔の恋人を殴ろうとして殴れない場合は未練を示し、心にもやもやを抱えています。

同僚:仕事仲間とともに大きな仕事を任される予兆

同僚を殴る夢を見るのは、仕事仲間とともに大きな仕事を任される予兆と言えるでしょう。職場は感情と感情がぶつかり合っており、その中で信頼関係も深まります。現実では殴る行為はタブーですが、夢の中では信頼関係の表れです。仕事仲間との仲が良ければ、新しい事業にチャレンジしやすくなります。大きな仕事も任されるようになるでしょう。

上司:近々出世できるという吉兆


上司を殴る夢は、近々出世できる吉兆です。上司は信頼できる相手でもあり、いつか就きたいポジションにいる人でもあります。夢の中で殴るのは、今のポジションから離れることを暗示しており、空いたポジションに自分が就けるでしょう。上司に腹が立つこともあるかもしれませんが、出世するまでの我慢です。

知らない人:原因不明のストレスが溜まっている状態の表れ

夢の中で殴った相手が知らない相手の場合は、精神面で疲れが溜まっている可能性があります。知らない人を殴るのは、誰でも良いので鬱憤を晴らしたいと考えているからです。殴った相手との間に信頼関係はなく、感情だけで人を傷つけます。現実でもカッとなって人を殴ることになり兼ねないので、自分のストレスと向き合ってみましょう。

自分自身:自己改革しようとしている心理の表れ

自分自身が夢の中に登場し、自分自身を殴るのは自己改革しようとする心理の表れになります。自分自身に満足できないことがある状態で、夢に出てくる自分を撃退することによって自分を変えようとしているのです。

無事に殴って夢の中の自分を倒すことができれば、現実では新しい生活が待っています。自分を倒すのに時間がかかった分だけ、努力が報われる形で良い事が舞い込んでくるでしょう。

他人が自分を殴る夢の場合

女性 睡眠
殴る夢には、自分が殴られるパターンもあります。殴る夢と殴られる夢では、意味合いが異なってきます。ここでは、他人が自分を殴る夢の意味を見ていきましょう。

知人が自分を殴る夢は幸運が舞い込む予兆

知人が自分を殴る夢は、幸運が舞い込む予兆になります。殴られる度合いによって呼び込む幸運は大きく変わり、ボコボコにされるほど運気も高まるでしょう。現実では積極的に行動すると、良いことが起こりやすくなります。殴られる夢は起きたときの気分が悪いですが、しっかり気持ちを切り替えましょう。

異性が自分を殴る夢は異性から好意を寄せられる予兆

夢の中で殴られるのは、異性から好意を寄せられる予兆です。恋愛運が上昇することや異性とデートする機会が増えることを暗示します。相手から寄ってくれることもありますが、自分から積極的に行動するのも良いでしょう。すでに恋愛関係にある相手なら、婚姻関係に発展することもあります。

好意を持っている人と自分が殴り合う夢は二人の仲が深まる暗示


殴り合いの夢を見たとき、相手が好意を持っている相手だと、二人の仲が深まることを示します。殴り合うことは、自分の感情を表に出す行為です。夢の中でお互いが意思表示できているなら、現実では二人の気持ちが近づくでしょう。

夢の中で好きな人と殴り合う夢を見るのは、後味が悪いかもしれませんが、その後は良いことが起こるはずです。自分の思っていることが、相手に伝わりやすいチャンスでもあります。

同僚と殴り合う夢は職場の仲間との関係がうまくいく暗示

職場の同僚と殴り合う夢は、その相手と協力をすることで大きな目標を達することの暗示です。殴り合うことはお互い何でも言い合う仲という意味もあるので、今以上に同僚との仲も深まるでしょう。また、激しい殴り合いをすればするほど、現実では結束が強まります。

まとめ

一見、殴る夢はマイナスなイメージがありますが、夢占いではプラスな意味合いが多くなっています。殴るという行為は、良くも悪くも感情を前面に出すことです。現実では気持ちをオープンにすることで、人間関係が良好になることや幸福を呼びます。殴る夢を見ても悲観せず、前向きに捉えてください。