喧嘩別れを防ぐ7つの方法と復縁の方法を一挙ご紹介!

“恋人同士であっても、毎日仲が良いというわけでなく、時には喧嘩してしまうこともあるでしょう。そのまま仲直りできれば良いですが、お互いの溝が深まれば、別れるということにもなりかねません。できることなら喧嘩はしない方が良く、喧嘩しても仲直りできた方が悲しい思いは引きずりません。

ここでは、

についてまとめてみました。

喧嘩別れをしてしまう原因


喧嘩するのは、何かしら原因があるのは当然と言えます。相手の気持ちを害することをすれば、それがきっかけとなって喧嘩になりやすいです。

一方的に自分の考えを通そうとした

相手の言うことや考えは聞かず、自分の考えだけ通そうとすると、意見が対立し喧嘩になりやすいでしょう。例えば、食事は何にするか、今度のデートはどこに行くかなど、決めなければ行けないことに対し、お互い自分の意見を通そうとすれば対立します。些細な意見の違いで、お互い意地を通して喧嘩になることもよくある話です。

相手の家族や故郷を侮辱した

相手の家族や故郷を馬鹿にするような侮辱すれば、当然のことながら本人は気持ちがよいはずがないので、喧嘩になりやすいです。もちろん、相手を侮辱するつもりで何か言えば、喧嘩は起こるかもしれません。さらには何気なくそのつもりはなくても、侮辱のようにとらえられると喧嘩になるときもあります。

金銭感覚の違い


男女は金銭感覚が違うことが多いので、お金の使い方でも喧嘩は起こります。例えば、必要以上に無駄遣いをする、彼が必要ないと考える物まで買うなどです。アクセサリーや化粧品ばかり買うのを許せないような男性もいます。特にお金に関しては、喧嘩になって、さらに後々引きずることも多いので、よく話し合って決めてからお金は使った方が良いでしょう。

過去の出来事を蒸し返す

男性は過去のことは忘れてさっぱりしている性格の人が多いですが、女性は過去のことをいつまでも覚えている傾向にあります。男女関係であれば、過去に言われた悪口などを蒸し返す女性がいます。男性としては、今更過ぎ去ったことをねちねち言われると頭にくるので、喧嘩になりやすいです。女性は蒸し返して、さらに謝罪まで求めるときも多く、喧嘩別れしやすい原因です。

浮気の基準の違い


女性は体の関係にならなければ、彼以外の男性と遊びに行っても、それは浮気でないと考える人が沢山います。しかし男性から見ると、それは浮気と認識します。世間一般的には、どんな男性でも、食事に誘ってOKを受ければ、ホテルもOKだという認識です。彼女が安易に彼以外の男性と食事に行くなどしたので、激怒する方もいるでしょう。

嘘の発覚

些細な嘘でも、それが発覚すれば許せないという人はいます。人間誰しも嘘をつくものだといように、反省もしない考えだと余計に悪いです。嘘をついて悪かったと謝れば許せるものですが、バレるような些細な嘘を平気でつくようであれば、相手の怒りを買って、やがて喧嘩になってしまうでしょう。

プライドを傷つける

女性にももちろんプライドはありますが、男性は女性より上だというプライドを持っています。それはどんな男性でも同じです。プライドの高い男性ほど、そのプライドが邪魔して、自分に非がある状態を認められません。また些細なことでも、高いプライドによって気分を害します。プライドを傷つけたようなときは、女性として下手に出て謝るしかありません。女性も強硬な態度を取れば喧嘩となってしまい、別れる結果になってしまいます。

仕事ぶりに文句


男性はプライドが高く、仕事をして金を稼いでいるという認識も高いです。さらには女性よりも仕事ができると思っている男性も多いです。そのために女性から仕事に対して文句を言われるのは許せません。稼ぎが悪いなどいうのはもってのほかです。喧嘩しないためには、仕事に対しては口を出さない方が良いです。

前恋人との比較

女性は人を比較しやすく、自分と他の女性はもちろん、彼に対しても元カレと比較する人がいます。彼としては、比較されてここが悪いなどと言われれば、頭にくるものでしょう。彼のプライドや気持ちを傷つけるような比較ならば、喧嘩になることもあります。スムーズな男女関係を続けるなら、他人との比較は止めた方が良いでしょう。

喧嘩別れをしやすい女性の特徴


女性は感情によって行動する人も多いです。時にはヒステリックになる女性もいるので、そんなことでも喧嘩別れは起こります。

感情的になって泣いたり大声を出してしまう

感情的になって、泣いたり大声を出すのは、男性よりも女性の方が多いでしょう。会社の同僚など恋人でなくても、泣いてばかりいるそんな女性は敬遠されます。彼としても、ところ構わず泣き叫ぶ彼女を見れば、うっとおしいと思うものです。泣くのは恥ずかしいことではないですが、少しは感情を抑える術を身につけた方が、円滑な男女関係を作れるでしょう。

今までの苛立ちを急にぶつけてしまう


女性は感情が高まれば、物を壊す、または暴力をふるうような人は少ないです。その反面、ヒステリックになる人が多く、苛立ちを彼にぶつける、反対にいらだって彼と口をきかなくなるような時も多いです。ヒステリックな彼女を見れば、彼としてはご機嫌直しをするのに苦労します。あまりにヒステリックな時が頻発すれば、彼は嫌になって喧嘩別れしてしまいます。

相手が謝るのを待っている

女性は自分の非を認めず、彼が悪いと考えることがあります。もちろん彼に問題があり、彼が悪いときもあるでしょう。しかし彼女として自分が悪いのに謝らず、彼が悪いと決めつけて謝るのを待つ人がいます。こうなると彼としても譲れなくなり一歩も引けなくなり、お互いに大きな溝ができるだけです。彼女として自分に非があれば、素直に謝った方が良いでしょう。

喧嘩別れをしやすい男性の特徴


男性は自分は男だから女性より上であるというプライドを持っています。そんなプライドによって彼女と喧嘩して別れることがあるのです。

余裕のなさから感情的になる

余裕がないような時は、臨機応変な対応は難しく、融通が利かなくなるものです。そんな焦りから感情的になる男性もいます。聞く耳をいっさい持たず、興奮した状態のままだと、喧嘩して彼女と別れる結果になる可能性はあります。彼女としては、少し離れて、彼が冷静になる時間を作って上げると良いでしょう。

自分に自信がない


自分に自信のないような男性は、心に余裕がなく、すぐムキになる傾向があります。余裕がなく自信がないので、否定されるのを恐れている方も多いです。彼女と意見が合わなければ、それは否定されたととらえてしまいます。その結果として彼女に強く当たり、喧嘩して別れることにも繋がります。

喧嘩の後悔はするが謝らない

男でも女でも、人間は頑固で自己中心的な生き物です。プライドが高く、自分に自信のないような男性は、相手を責めることで、自己を保とうとします。そのために、自分では後悔はしますが、簡単には謝りません。場合によっては一方的に彼女が悪いと決めつけるかもしれません。そうなれば、やがて喧嘩に繋がり、仲直りできなければ別れになります。

喧嘩別れしそう・してしまったときの解決法・復縁法


喧嘩してしまったとき、そして別れそうになったときは、二人の関係を続けるなら早めに対処した方が良いでしょう。お互いに意固地になって背を向けたままでは、二人の亀裂は深まるばかりであり、やがて別れになってしまいます。

素直に謝る・思いを伝える

素直に謝るのは、喧嘩した後に仲直りするのには良い方法です。素直に恥ずかしがらず、また嫌々行うのではなく、心から自分が悪かったと謝ってみましょう。素直に謝れば相手も受け入れて許してくれるはずです。さらには、何かの弾みで、または魔が差して相手を傷つけてしまったなら、そんな気はなかったと思いを伝えてください。

いったん距離をおく

喧嘩したばかりでは、お互いに興奮しており、気持ちは高ぶっています。その状態では謝ることができないかもしれず、謝っても相手は受け入れてくれないかもしれません。二人が興奮した状態なら、まずはお互いに距離を取って冷静になる時間を作ってください。頭を冷やして冷静になれば、謝る気持ちも沸いてきて、お互いに話し合えるかもしれません。

自分の中で妥協点を決めておく


喧嘩すると、お互いに妥協しなければ、許し合うことはできません。とことん謝ってもらわないと許せないとなれば、ごめんという言葉を聞いても気が収まらないかもしれないです。喧嘩したらこうする、こうやってお互いに謝ってそれで良しとするなど妥協点を決めてください。特に女性は嫌なことは、後まで引きずってほじくりかえす人も多いので、そのようなことをしてはいけません。

相手の気持ちが落ち着いてから納得するまで話し合う

いったん距離をおくことに繋がりますが、彼の気持ちが高ぶって興奮して、話も聞いてくれないようならば、一度落ち着くまで時間をもってください。人は時間が経てば、嫌なことは忘れていき、気持ちは平静になります。彼の様子が落ち着いてきたら、納得するまで話し合うようにしましょう。

「喧嘩は喧嘩」と割り切る

喧嘩はするものだ、喧嘩したら謝って良しとすればいいと、割り切ると気持ちが楽です。人間男女にしても、付き合っていけば喧嘩しない人はいないでしょう。そんな中で喧嘩するのも生活の一部だと割り切り、ねちねち考えなければ、すぐに仲直りできます。ただし女性だと、このように割り切るのは難しいかもしれません。

喧嘩を別れのきっかけにしない!喧嘩別れを防ぐ方法


喧嘩して、そのまま彼とは反発したままだと、別れのきっかけとなってしまいます。彼と彼女お互いに妥協する点は必要でしょう。さらに喧嘩しても仲直りできる環境も必要です。

言いたいことやストレスはためこまない

相手に対して言いたいことは言うようにして、溜め込まずストレスにしないようにします。言いたいのにそのまま我慢するとストレスとなり、相手も何を思っているのかわかりません。彼に対しても、こうした方がいいという部分があるなら、はっきりと言いましょう。

論破しない

彼が反論できないほど論破するのは、やめてください。特に男性は女性より上だという気持ちがあり、プライドが高いです。男性は論破されたと思ったら、口も聞かずに、そのまま家を出て行き、別れを選ぶ人が多いです。

「一緒にこれをする」という決まり事を作る


喧嘩しても、おはようやおやすみの挨拶はする、一緒に寝るようにするなど、彼と何かすると決めておくと、仲直りしやすいです。メールやSNSで1日1回は連絡をするなどと決めても良いでしょう。

仲直りの仕方を決めておく

仲直りの仕方を決めておくのは、喧嘩した後に彼との仲を戻すのに役立つ方法です。例えば、喧嘩した夜は、悪いと思った方が相手の好きな食べ物を買ってくる、料理をして振る舞うなどです。受け取った方は、ごめんという合図だとわかるようなことを決めておきます。

笑いでアイスブレイク

笑いはすさんだ気持ちを和やかにしてくれます。喧嘩して二人がすさんだ状態になったら、どちらかが笑いを作って、大笑いすると気持ちが軽くなります。喧嘩したときの笑いは仲直りに役立つアイテムです。ただし喧嘩した後に、どちらかが笑いを取らないとならず、難しい方法かもしれません。

お互いにストレス発散の場所がある


喧嘩しても、ストレス発散できれば、嫌な気持ちも忘れて仲直りしやすいです。どこか食事に行く、遊びに行く、何か趣味を行うなどです。ただし彼と彼女のお互いが、そんなストレス発散の場所に行くのを許してあげないとなりません。一人だけ勝手に食事に行くのは許さないとなれば、余計に二人の溝は深まるでしょう。

強烈な一言は言わない

強烈な一言を言って、相手が傷つき回復できないほどダメージを与えると、別れに繋がってしまいます。特に喧嘩中は頭に血が上って、冷静になれず、弾みで言ってしまうときもあります。例えば、最初から好きじゃなかった、今までの時間は無駄だったなどです。立ち直れないほどショックを与える言葉を言うのは避けるべきであり、喧嘩しても、一度深呼吸して冷静になって物事を言いましょう。

まとめ

喧嘩をすると相手を理解できるときもありますが、お互いに深く傷つくのは間違いありません。些細なきっかけで喧嘩になることもあるでしょう。喧嘩をしたらお互いに素直になって謝るのが一番です。しかしお互いに興奮しているならば、少し時間をおいて、まずは冷静になった方が良いでしょう。