手相はどっちの手を見たらいい?左右それぞれの手で見るべき内容

手相は右手、左手どちらを見ればいいのかわかりますか。手相にも流派があり東洋では男性は右手、女性は左手とされることもありますが、一般的には左手には過去、右手には現在が表れるとされています。したがって、目的に合わせて左右の手を選ばなければなりません。

ここでは、

についてまとめてみました。

手相は見る目的に合わせて選ぶ


手相は右手、左手の片方だけをみるのではなく占いたい目的に合わせて選ぶ必要があります。右手、左手からはそれぞれ基本的にどんなことを読み取ることができるのでしょうか。

右手:今後の運勢を知りたい場合

右手には現在の自分自身の姿やこれまでの努力の結果が表れるといわれています。また、今後や未来の運勢を知りたいのであれば右手の鑑定が適しています。これまでの努力による成長があれば良い線が刻まれ今後素晴らしいことが訪れる予兆があるでしょう。

逆に何も努力しておらず悪い線が多い場合は運命に翻弄されてしまっているとも言えます。仕事や健康、恋愛などに関してもこれまでに培ってきた内容により現状を把握することができます。

左手:過去を占う


左手には生まれ持ったそのままの運勢や先天的に有している才能、本質などが表れます。したがって過去どうだったのかを占うのには左手の鑑定が適しています。良い事も悪いこともその記録が線で刻まれているため。いつ頃どんなことがあったのかを占いで言い当てられることも多いでしょう。

また、基本的な性格や対人関係など内面の状態が表れやすいのも左手です。

右手でみるべき占いの内容


右手には表面的な部分として現在の姿や今後訪れる未来の運勢が表れるとされています。後天的な面なので努力の有無や生き方の違いによって手相が大きく変化することも珍しくありません。右手でみるべき占いの内容についてまとめました。

現在の自分自身の状況

右手には良くも悪くも現在の自分自身の状況が如実に表れています。普段の生活や考え方が全て反映された線となるのでごまかしがききません。また、このままの状態を続けると今後どうなるのか、未来に何が訪れるのかを占うことができます。

自分では無意識に人に対する接し方が悪かったり、おごっていたりすることなども指摘され、自分を振り返る良い機会となるでしょう。

将来的な運勢


手相を見てもらう際に最も知りたいことの1つが将来的な運勢ではないでしょうか。右手にはこのままの状況で過ごした場合に訪れる未来を知ることができます。また、またとないチャンスが訪れるため見逃さないようにすることもできるでしょう。

また、良くないことが起こりそうだと忠告されることで大事にならずに済ませることも可能です。努力して改善が必要な場合も素直に受け入れることができるでしょう。

将来の仕事運

右手の手相には現在の仕事の状況だけでなく将来の仕事運を占うこともができます。部署替えや昇進など環境が変わり可能性がある際にもいち早くそれを察知することができるでしょう。

また、転職に悩んでいる際にもその転職が吉なのか凶なのかがわかります。自分だけでは判断できないことも手相に既に現れているためその暗示に従って現実を受け止めるのか、努力して変えるのかも自分次第となります

将来の健康運


現時点では気力、体力ともに何の問題もなくても将来的に体調を崩すことも右手の手相で読み取ることができます。現在の自分の状況を背景にして健康運をみることができるので、何が原因で健康運がアップするのかダウンするのかを的確に理解することができるでしょう。

占いによっては骨折、内臓系疾患、などある程度の部位や状況を特定できることもあるため、事前に注意することによって大病を患わずに済むこともあります

将来の恋愛運

手相占いで女性に一番人気の恋愛運も右手を使って紐解くことができます。右手には人間の欲望が反映されるため心から彼氏が欲しいと思っている人は手相を見るだけでそれが伝わってしまいます。

感情線や結婚線などの関係から将来いつ頃どんな恋愛が訪れるかが大まかにわかります。既に逃してしまったチャンスもあると考えられることから、これから訪れる恋愛運を実現するために具体的な努力をすることもできるでしょう。

将来の結婚運


右手の結婚線をみれば将来の結婚運がわかります。女性の場合は感情線から小指の付け根までの長さを4等分して、下から20歳、30歳、40歳と区切りをつけてみることができます。結婚線がどの部分に表れているかで結婚の時期を予測することができるでしょう。

右手には現在の自分が培ってきた恋愛運によってみえる結婚線が刻まれています。これから訪れる結婚のチャンスに期待しましょう。

左手でみるべき占いの内容


左手の手相には生まれ持った運命がそのまま表れるとされています。何もしなければそのままの人生を歩むことになります。また、運勢だけでなく内面も読み取ることができるので自分自身を理解することもできるでしょう。左手でみるべき占いの内容をまとめました。

生まれ持った運勢

左手には本人は全く自覚していなくても生まれ持った運勢が線で刻まれています。金運や結婚運、健康運など何もしないでそのまま生きていればやがて訪れる予兆をみることができるでしょう。

左手に良い線がたくさんある場合は苦労せずにさまざまな成功を手に入れられることが暗示されています。逆に悪い線がたくさん去る場合は、努力していき方を変えないと災難が次々に降りかかることになるといえるでしょう。

生まれ持った才能


左手の手相には生まれ持った才能が表れていることがあります。手相を見てもらう時点で既に開花している才能もあれば、潜在意識のようにまだ心の中に埋もれたままの才能もあるでしょう。

左手を鑑定してもらうことで自分ではまだ気づいていない才能を発見できる喜びや既に信じて続けていることに対する自信をさらに増すことにもつながります

基本的な性格

左手の手相から生まれ持った基本的な性格を読み取ることができます。運命線や生命線など基本線と呼ばれる線はそれぞれ運勢や生命力などの情報が読み取れますが、それだけでなく基本的な性格をみることも可能です。

全く異なる性格がいくつも出てくることはなくほとんど一致します。基本的な性格を知ればそれに納得するだけでなく、注意すべき点を意識して言動に反映させることができるでしょう。

コミュニケーション能力


左手の手相からコミュニケーション能力の高さや器用さなどを読み取ることができます。もともとコミュニケーションが高ければ人との付き合いに悩むことも少ないでしょう。しかし、先天的にコミュニケーションに問題があると気づくことができれば人との接し方に配慮が必要になります。

問題点が明らかになることでこれまでとは違ったコミュニケーションの仕方を試みるきっかけにもなるでしょう

対人関係の悩み

左手の手相には内面が反映されますが、そのなかには本人の基本的な性格に起因する対人関係の悩みなども読み取ることができます。なぜか職場や友人との関係がうまくいかない、先輩、上司などの年上の人との関係が築けないなどの状態も客観的にとらえることができるでしょう。

対人関係を築くことが苦手であることがわかれば具体的な対処法を考えて、関係を改善することにもつなげられます

左右の手相が同じだった場合は?


右手と左手、どっちの手相を見たらいいか迷う必要がない左右の手相が同じ人も存在します。過去と現在の姿が一致している大変稀なケースといえますが、左右の手相が同じの場合はどう解釈すればいいのでしょうか。

先天性な運勢と後天性な運勢が同じ

一般的に右手には現在の状況が表れるため、生まれた後に努力した結果などを読み取れる後天的な要素が強いものです。それに対して、左手には生まれ持った才能や潜在意識など努力せずして備わっている先天的な要素を読み取ることができます。

右手と左手の手相は異なることが多いのですが、どちらも同じ場合は先天的な運勢と後天的な運勢が全く同じであることを意味します

生まれる前に決まっていた運命にそって生きている証拠


左手には自分では変えようのない生まれる前に決まっていた運命や宿命が表れます。先天的なものなので自分の力ではどうしようもできません。したがって、左右の手相が同じ場合は、生まれる前に既に決められていた運命にそって生きている証拠となります。

運命に逆らうことなくその通りに生きているので現在の状況にも変化がなく手相の線に変化がないのです。

悪い線が一緒でも徐々に変化する

左右の手相が全く同じの場合は、運命通りの人生、無理のない行き方をしている証拠ですが、その反面自らの努力が足りない場合も考えられます。左右の手相が同じだと悪い線も同じになり、生まれる前に決まっていた悪いことが起こることになるでしょう。

しかし、手相は早い人であれば3ヵ月程度で変わるといわれています。努力次第で左手の手相は変わらなくても右手の悪い線が消滅したり、薄くなったりすることもあるでしょう。

まとめ

手相では基本的に右手から現在の自分の状況などの外面的な部分、左手から過去の状況や基本的な性格などの内面的な部分を読み取ることができます。したがって、将来の結婚運や仕事運、生まれ持った才能、など知りたい内容によって左右の手を選ぶ必要があります。それぞれの手から読み取れる情報を現在や将来に活用できるようにしましょう。