40代独身女性も悪くない?未婚のメリット・デメリットとは

40代独身女性は周囲も既婚者ばかりになり、付き合う相手が限られてくる年代です。また、自分自身の体や心も大きく変化する歳。でも、40代で独身だからと劣等感を持つ必要はありません。独身だからこそのメリットもたくさんあります。ここでは悩める40代独身女性に向けて、恋愛アドバイザーであるkirakiramuuさんに伺ったお話をもとに有益な情報を提供します!

結婚していない40代独身女性によくある共通点

40代になると、これまで独身を貫いてきた女性から、結婚経験のある独身女性までさまざまです。ここでは、これまで一度も結婚経験のない、40代独身女性によくある共通点について解説します。

男性と付き合う時間的余裕がない

まず、仕事やプライベートな問題で男性と付き合う時間が少ない点があげられます。40代で独身の女性は、これまでバリバリ働いてきたキャリアウーマンであることが多く、勤め先では大きなプロジェクトを任されたり、肩書が付いたりする年代でもあります。

その分、周囲から頼りにされることが増えるため、仕事一辺倒になりがちです。また、プライベートにおいては、親が高齢になり介護が必要という人も少なくありません。このように40代独身女性は、仕事やプライベートな事情により男性と付き合う時間、さらに言うと精神的余裕が少ないと言えます。

自分のライフスタイルを変えたくない

次に、確立されたライフスタイルを変えたくないという点があげられます。結婚して人と共同生活をするということは、必ず自分を抑えないといけないこと、譲らないといけないことが出てきます。

これまで、誰に縛られることもなく自分が好きなときに食べ、好きなときに出かけ、好きなときに寝ていた自由なライフスタイルを、結婚によって制限されてしまうことに抵抗を持っているのです。言葉では結婚したい、パートナーがほしいと言うものの、心のどこかでは一人が楽でいいと思っている節があります。

40代独身女性が結婚できない主な理由とは

40代独身女性が結婚できない理由として“もう若くないから”はあまりにも漠然としすぎていますよね。ここでは、40代独身女性が結婚できない本質的な理由について取り上げます。

仕事と恋愛の両立ができないため

仕事が忙しく、男性と会ってデートをする時間やこまめにLINEなどで連絡を取り合う時間が作れません。また、そういったことが面倒くさく感じてしまう40代独身女性は少なくありません。できれば手っ取り早く出会って、手っ取り早く結婚したいと思っていたりします。

自分の趣味を優先したいから

自分の好きなことや趣味に対するこだわりが強く、それに時間を費やせなくなってしまうのが嫌なのです。今は仕事だけでなく家庭の中ですべきことに協力的な男性も増えていますが、結婚すれば自分以外の人のために料理や家事をすることになる可能性は高いでしょう。

そんな時間があるのであれば、できるだけ自分のために時間を使いたいと思う40代独身女性は多くいます。

男性を見る目がないため

一般的に婚期と言われるのは20代後半~30代前半です。その期間に不倫にのめりこんでいたり、ダメンズに引っ掛かったりし、今に至る40代独身女性も少なくありません。

見る目が養われていないため、男性にとって都合が良いだけの女になってしまったり、過去の恋愛に囚われていたり……。ズルズルとダメな恋愛を引きずっているのが結婚できない理由になっているケースもあるのです。

40代の女性が独身であるメリットとデメリット

40代独身女性は何らかの理由で結婚できなかったと、他人から勝手にネガティブに捉えられてしまうところがあります。でも、40代独身女性には当然メリットもたくさんあります。

ここでは、40代の女性が独身であるメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

自由に過ごせる

なんといっても自由気ままに過ごすことができる。これが一番のメリットです。思い立ったときに旅行に出かけることができ、休日に眠たければずーっと寝ていても誰に文句を言われることもありません。

お腹が空いたら食べればいいですし、お腹が空かなければ近くのコンビニで軽食を買って済ませることもできます。誰にも縛られることがない……これは既婚女性から羨ましがられる要素です。

経済的余裕がある

同年代の結婚している女性であれば、子どもが一人や二人いてもおかしくない年齢です。結婚相手の収入が高ければ別ですが、一般的な家庭で子どもがいれば、養育費や教育資金にお金がかかるため、経済的余裕はほとんどありません。

一方で40代独身女性は、自分で稼いだお金はすべて自分のために使うことができます。また、40代となるとある程度の貯蓄もあるでしょう。経済的余裕があるのでエステに行ったり外食したりと、好きなようにお金を使うことができます。この点も結婚している女性から、いいなぁ~と言われやすいです。

そのほか、既述した親の介護の問題についても、資金が十分にあれば安心です。

デメリット

老後が不安

自分が元気なときはまだ良いのですが、独身のツラさを感じるのは体調を崩したときです。自分のことを気にしてくれる人もいなければ、看病してくれる人もいないため、孤独を感じます。

親が生きているうちはまだ良いのですが、親がいなくなり天涯孤独になったときに、不安は増幅します。

子どもを産める年齢的リミットが近い

初産の高齢出産年齢は35歳です。40代で出産となると高齢出産になりリスクが相当に高いのは、アラサー、アラフォー世代であればすでにご存知の人がほとんどではないでしょうか。

子どもを産める年齢的リミット自体が近いため、子どもを授かり、産むのを望むのであれば、一刻も早く結婚するべきと言わざるを得ません。

40代の独身女性が既婚の同年代の女性と仲良くするコツ

生活環境が異なるため、お互い独身の頃とは物事に対する考え方などに食い違いが出て、付き合いにくさを感じる人は多いです。以下に、40代の独身女性と既婚者女性が仲良くするコツについて記載しました。

自分の意見を押しつけない

既婚女性の気に障るような発言をしないようにしましょう。たとえば、子育てや家事に追われている既婚女性に対し、自分がいかに充実した生活をしているか、いわゆる“リア充”をアピールしすぎると嫌味だと思われても仕方ありません。

気心知れた昔からの友達とかであれば良いかもしれませんが、そうでなければ相手がどう思うかよく考えた上で発言すべきでしょう。

自分の都合に合わせて振り回さない

独身女性と既婚女性ではライフスタイルがまったく異なります。既婚女性は友人と会うことひとつをとっても、事前に入念な準備をしてからでないと外出することができません。

また、家に帰らないといけない時刻も決まっています。一方で独身女性は、柔軟にスケジュールを変更することができます。そのため、既婚女性と会うのであれば、既婚女性のスケジュールを優先するようにしましょう。

そして、待ち合わせ時間には絶対に遅れないことです。既婚女性を振り回してしまうと、今後会ってくれなくなります。逆に、既婚女性に家のことなど急用ができて少し遅れる、会えないとなったときは、文句を言わず受け入れ、待ったり代替案を出したりしましょう。

しつこく紹介を頼まない

自分が結婚したいときに、友人や知り合いの紹介であればどこの馬の骨かわからない人と出会うよりも安心です。そのため、紹介してほしいという気持ちはわかりますが、周囲の既婚者率が高い40代では、紹介できる相手も限られてしまうのは否めません。

一度、いい人がいたら紹介してねと言っておけば、相応な人が現れたときに紹介してくれるでしょうから、また?と呆れられるほど何度もお願いするのは控えましょう。

まとめ

独身を貫く、貫かない……。どちらにせよ、自分が選んだと納得することができれば良いのではないのでしょうか?

たとえば、結婚できないではなく、結婚しない。子どもを産めなかったではなく、子どもを産む選択をしなかった。そうやって何事もポジティブに捉えていきましょう。