初夜を満喫したい♡初夜まで処女を守るのはアリ?


新婚夫婦として迎えるはじめての夜を意味する初夜。今回は恋愛に詳しいM.Sさんにお話を伺い、初夜まで処女を貫くことをメインテーマに内容をまとめました。この先どういう恋愛スタイルでいくかの判断材料としてなど、ぜひお役立てください!

初夜まで処女を守っている女性の割合

現状で性経験がない女性の中には、初夜を迎えるまで処女でいるのは、「少数派かも……?」などあれこれ気にする人もいるでしょう。以下に具体的な人数に関するデータを記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

10人中約3~4人の未婚女性が性経験なし

厚生労働省の施設等機関である国立社会保障・人口問題研究所が、ほぼ5年おきに調査実施している出生動向基本調査の中に、性経験のない未婚者割合の項目があります。

それによると、2015年の18~34歳の未婚女性で性経験がないのは、44.2%という結果が出ています。また、35~39歳の女性の調査結果も出ており、33.4%の独身女性が性経験なしです。

なお、この数値には交際相手がいる人だけでなく、付き合っている人がいない女性も含まれています。いずれにしても、初夜を性経験のないまま迎える女性が相当数いるのは間違いないのが調査結果から見て取れます。つまり、決して恥ずかしいことではありません。

男女に大きな差はなし

同調査では、未婚で性経験のない男性の割合も公表されているため、ご紹介しておきましょう。

2015年における18~34歳の独身男性で性経験がないのは、42.0%という結果が出ています。また、35~39歳の調査結果では、26.0%が性経験なしです。

18~34歳の未婚男性も、35~39歳の未婚男性も、同年齢の女性に比べると性経験なしの人の割合は低いです。ただ、四捨五入すると10人中約3~4人の未婚男性が性経験なしということで、女性と極端な違いはないといえます。

以上の調査結果から、お互いに性経験のない状態のまま初夜を迎えるパターンも十分にあり得る話であるのがうかがえます。

初夜まで処女でいるメリット

初夜を迎えるまで処女を守り続けることには、女性だけでなく最初の相手となる男性にとっても複数のメリットがあります。具体的にどんな良い面があるのか、順番に見ていきましょう。

女性側のメリット①:自分の価値観を持っている女性に見える

世の中には恋愛モノのドラマや映画、漫画であるとか、性にまつわる話や描写があふれています。また、性経験のある女性からマウンティングされたエピソードも散見されます。

そして、これらの影響を受けて、「とりあえず初体験だけでも済ませておいたほうが……」と大して好きでもない相手と肉体関係を持つ女性は少なくありません。

そんな中、フィクションに影響されず、世間や他人の価値観にも流されないで、初夜まで処女を守り続ける女性は軸がブレず、自分を大切にする生き方を貫ける人に映ります。

女性側のメリット②:責任感のある女性に見える

交際をはじめて男女の親密度が高くなれば、結婚前でも自然とセックスする流れになるカップルは多いです。しかし、セックスはコミュニケーションである前に、子孫繁栄のための行為。避妊を徹底していても、子どもができたり、セックスによって患う健康上の問題を招いたりするリスクは0になりません。

そしてそのリスクが現実化すれば自分や相手、まわりを傷つける恐れがあります。初夜まで処女を貫ける女性はそれを十分に理解していて、軽はずみな行動をとらない女性という目で見られるでしょう。

男性側のメリット①:ほかの男性と比較されない

AV男優でもない限り、セックスに絶対の自信を持っている男性はなかなかいません。処女ではない女性とセックスすると、女性が今まで関係を持った男性と比べられるのではないかと、自信のない男性は思いがちです。初夜まで処女ということは、自分以外の男性とセックスの知識やテクニック、気持ち良さなどを比べられないため、そこを気にしなくて良い点にメリットを感じます。

男性側のメリット②:自分が最初という優越感がある

はじめての相手はやはり印象深いもの。女性の記憶にずっと残り続けることに対して、男性は誇らしい気持ちになります。また、女性に自分好みの性知識を教えることができる点に魅力を感じる男性も多いです。

初夜まで処女でいるデメリット

女性にとっても、男性にとっても、初夜まで女性が処女を貫くメリットがあると述べました。しかしその一方で、デメリットがあるのも把握しておくに越したことはないでしょう。

気軽にセックスできない

男性にとっては、処女とセックスするのは責任感が伴う少し重たいことです。男性は性的欲求が女性に比べて旺盛で、相手に対して恋愛感情がなくてもセックスできる人も珍しくなく、遊びで気軽にセックスしたいと思っている人もいます。なんとなく流れでセックス……というシチュエーションで、処女とわかると罪悪感を覚え、セックスをやめる人も少なくありません。

面倒な女性と思われる

避妊をしていても、子どもができたり健康を害したりするのを完全に防げるわけではないのは、大部分の男性が理解しています。ただ、セックスはコミュニケーションのひとつととらえている男性にとって、初夜まで頑なに処女を守ろうとする女性は面倒な人に見えやすいです。というのも、コミュニケーションより自分の価値観を優先する女性に映りがちなためです。

初夜を迎えるための心構え&注意点

押さえておきたいポイントとしては、主に2つあります。ひとつは処女を意識しないこと、そしてもうひとつは恋愛に意識を向けることです。順番に詳細をチェックしていきましょう。

処女を意識しない

性経験がないことを意識すると、悪い意味でとらえてしまうことがあります。たとえば年齢が高いと、「この歳まで処女だったのは何か自分に原因があるのでは?」などと思いがちです。

ただ、そのようなことは決してありません。自分の価値観や責任感をしっかり持てているという、良い理由によっての結果ととらえるべきでしょう。

そして、処女から初夜を迎える形になったのは、価値観や責任感を共有し、ゆだねることができる素晴らしいパートナーに巡りあえたということです。悪いことは何もありません。

恋愛に意識を向ける

自分が処女であることに囚われるあまり、相手や恋愛に目を向けられなくなっている状態は、イコールせっかく出会えた男性を大切にできていないことを意味しています。まずは性経験がないことは置いておいて、相手との恋愛を存分に楽しむのがGood。それが良い初夜につながるのです。

初夜で緊張しない&楽しむコツ

知識はあっても、初夜で実体験をするのは不安や緊張があって当然です。ここではそれをやわらげ、満喫するためのポイントを記載しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

室内の照明を薄暗くする

性経験のある・ないとは無関係に、自分の身体にコンプレックスがない人はあまりいません。明かりを暗くすると、お互いの身体が見えにくくなるために、緊張がやわらぎます。また、明るいと身体以外に顔を見られるのが恥ずかしいと感じる人もいますが、薄暗くすれば気にならなくなり、リラックスできます。

胸の高鳴りや相手のあたたかみを満喫する

最初から気持ち良く感じるのはまれで、どちらかといえば不思議な感覚というのが正直なところと感想を述べる人が多いです。そのため、初夜のドキドキ感や相手のぬくもりが心地良いと思えば大成功と認識しておくのが良いでしょう。

まとめ

18~39歳の未婚女性の10人中3~4人程度が性経験なしで、処女でいるのが決して恥じることではないのがはっきりしました。そのため、まだ性経験のない女性は、変に自分が処女である事実に囚われず、自分の価値観や責任感を理解してくれる男性との恋愛を満喫しましょう。そうして幸せを感じられる、素敵な初夜を迎えてください。

- 1 / 1ページ -