2人暮らしの生活費は月々どれくらい?コラムニスト直伝節約術を教えます♡

この記事の情報提供者

これから2人暮らしをしようとしている場合、月々の生活費がどの程度必要なのかが気になりますね。お互いの収入で生活していくことになりますが、果たしてやっていけるのかどうか……。2人で暮らしはじめる前に、不安になっているカップルもいることでしょう。

そこで今回は、恋愛アドバイザーのA.Kさんに、2人暮らしの生活費についてご紹介したいと思います。2人暮らしを不安なくスタートさせるために、さっそく一緒に確認していきましょう。

2人暮らしの生活費はどれくらいの金額帯が多いか

これから2人暮らしをはじめる人たちにとって、生活費にどれくらいかかることが一般的なのかは、ぜひ知っておきたいところでしょう。2人暮らしにどれぐらいかかるのかは、家賃の金額や外食中心かどうかでも変わります。

15~20万円ぐらいの金額帯

家賃が10万円以下で、光熱費が15,000~20,000円、食事は主に家で食べるなどして節約していれば、食費は50,000円前後でしょう。残りは雑費や携帯代などの細かいお金で、合計すると15万~20万円以内におさめることも可能です。

20~30万円ぐらいの金額帯

2人とも働いていてお金に余裕があり、外食や交際費にそれなりの金額をかけられる場合は、20~30万円程度になるでしょう。家賃が10万円以上だったり、車を所持したりしていれば、さらに金額はアップします。

2人暮らしの財布は一緒と別どちらがいいの?

2人暮らしの悩みのひとつに、財布をわけるかどうかの問題があります。結婚しているのか、結婚の予定があるのか、同棲しているだけなのかで、わけたほうが良いかは変わってきます。

結婚している・結婚を視野に入れている場合

結婚していたり、結婚を視野に入れていたりするカップルで、貯蓄する必要がある場合、お財布は一緒のほうが良いでしょう。バラバラに管理していると、生活費にどれだけかかっているのかや、貯蓄金額などがわかりにくいため、「貯める」という意識を持ちにくくなってしまいます。

また、将来的に家などの大きな買い物をする場合も、世帯内の総貯蓄額がわかりづらいため、適正な予算を割り出しにくくもなるでしょう。

同棲をしていて対等な関係でいたい場合

結婚する予定がなく、お互いに対等な関係で2人暮らしをしている場合は、お財布は別のほうが良いです。一緒にすると、男性側が女性に対してこんな不満を持つケースも。

「自分が養ってやっている」

「自分が働いているお金なのに、自由に使えないのはおかしい」

また、もし同棲を解消するような事態になったときに、お財布を一緒にしていると、お金の問題で揉める原因にもなるため注意が必要です。

A.Kさんの実体験談

A.Kさん
以前、付き合っていた彼と同棲していましたが、破局して別々に住むことになりました。そのとき、お財布は別だったので、自分の貯蓄や彼の貯蓄について揉めることなく、お別れできました。

それぞれが負担する割合はどの程度が望ましい?

2人暮らしで生活費をお互いに負担する場合、その割合はどの程度にすれば良いのかも悩ましいところです。ここでは、3つのパターン別に詳しく見ていくことにしましょう。

完全に折半する

お互いに仕事をしていて、束縛せずに自立した関係でいたいなら、完全に折半するというのも選択肢のひとつ。ポイントは事前にしっかりと話し合い、グレーゾーンをつくらないことです。

「今は持ち合わせがないから、今度何かのときに多く負担するね」となあなあにすると、気がつけばどちらかに生活費の負担が偏っていたということになりがちです。

大きな固定費用は男性、食費などは女性が負担

家賃など、固定で大きな金額がかかる費用に関しては男性、食費などは女性が負担するというパターンもあります。この場合、比率にすると男性が6~7割ぐらいを負担することになるでしょう。

食料品などは女性が買い物をすることが多いため、食費は女性が負担したほうがスムーズに進みます。

男性側がすべて負担する

2人暮らしの生活費を、男性がすべて負担しているカップルもいます。女性側の収入が少ない場合には、その分を全額貯蓄にまわすなどして、家計全体をやりくりするのも良いでしょう。

A.Kさんの実体験談

A.Kさん
今の夫と結婚する前に、半年間同棲した経験があります。当時は、夫とほぼ同額の収入がありましたが、基本的に夫の収入を生活費にあてて、私の給料は貯蓄にまわしていました。その後、私は退職しましたが、とくに揉めることなく暮らせています。

2人暮らしの生活費で一番節約できる部分は?

2人で生活をスタートさせるとなると、抑えるべきところはできるだけ抑えたいところでしょう。そこで、生活していくうえで、一番節約できる部分についてご紹介します。

家賃や食費

生活費の中でも、家賃が占める金額は一番大きいので、一番節約できる部分ともいえます。2人なら、ワンルームで生活することもできないことはないでしょう

また、外食はお金がかかるので、家での食事を中心に生活していれば、かなりの節約になります。場合によっては、お昼ごはんにお弁当を持っていくことでも、食費をずいぶんと抑えられるでしょう。

洋服代

一緒に住んでいて、それほどサイズに問題がなければ、共有で着るのもありでしょう。靴などは、共有することが難しいかもしれませんが、Tシャツやトップスであれば、意外にカップルで着れることも多いです。

デート代

一緒に住むようになれば、毎日がデートのようなものです。もし2人で出かけるとしても、あまりお金のかかるようなスポットではなく、近所の公園に行ったり、家で映画を観たりするなどして過ごせば、けっこう節約できるでしょう。

A.Kさんの実体験談

A.Kさん
結婚前は、ランチはお互いに外食でしたが、途中からお弁当に切り替えました。2人分をつくっても、夜ご飯のおかずの残りなどを活用すれば、1日500円以下に十分おさまりますよ。

削らなくていい部分・削らないほうがいい部分とは

家計簿 貯金

2人で生活するにあたり、生活費で抑えられる部分は、できるだけ節約していきたいところです。ただし、削らなくても良かったり、むしろ削らないほうが良かったりする部分もあるので、詳しく見ていきましょう。

たまにする外食

家での食事が中心の食生活をすれば、当然節約はできます。しかし、何がなんでも外食はNGとなるといずれはストレスになり、2人の関係にも悪影響を及ぼしかねません。

そのため、お金に余裕があるときには、息抜きやご褒美としてたまには外食も必要でしょう。

光熱費

電気代やガス代などの光熱費は、2人暮らしならそれほど意識しなくても、高額な請求になることはありません。それよりも、ほかの部分で節約したほうが、効率良く節約できます。

デートの回数

出かける先は、お金がかからないことを意識した場所でも良いです。しかし、デートの回数自体が減ってしまうのは良くありません。

というのも、お金は減らなくても、トキメキや恋愛の気持ちを失ってしまいかねないためです。したがって、たまには2人でお出かけデートをするべきでしょう。

A.Kさんの実体験談

A.Kさん
デートの内容は変化していますが、お弁当を持って公園へ行くなど、結婚後も最低月に2回はデートをしています。そのおかげか、一緒に住んで2年ほどですが、付き合いだした頃の仲の良さを保てています。

楽しくやりくりするためにできること

「とにかく節約を」と頑張るのも良いのですが……。あまりにストイックすぎると気持ちに余裕がなくなり、2人の関係がギクシャクすることになりかねません。そこで、できるだけ気持ち良くやりくりするためのコツを解説します。

ご褒美制度を導入する

少しでも気楽に節約生活をするために、ご褒美制度を取り入れてみてはいかがでしょう。生活費を抑えるために、「節約しなければ」と身構えてしまうと、思うようにいかなかった場合にイライラしたり落ち込んだり……

そんなふうに、いっぱいいっぱいの状態にならないためにも、ちょっとした工夫をしてみましょう。たとえば次のように、「目標を立てて達成できたら、○○をする」といった楽しみをつくるのもおすすめです。

  • 毎月決まった目標金額を設定して、達成できたら2人で美味しいものを食べる
  • 2人で協力して貯めたお金で、旅行をする

2人で協力してやりくりをする

2人暮らしをはじめたら、一緒に同じ気持ちで節約していくことが大切です。たとえば、家計を管理している側が一方的だったり、取り締まりのようなやり方をしたりすると、不満が生じて楽しく節約はできません。お互いが意識して、前向きにやりくりしていくのが一番です。

A.Kさんの実体験談

A.Kさん
我が家は確定申告があるため、1年間の収支を2人で共有しています。私が食費のやりくりをして、夫が自分のお小遣いや経費の節約を意識し、その結果を前年と比較しています。前年よりも節約できた分は、貯蓄だけでなく温泉や旅行の資金にあてています。

まとめ

節約

2人暮らしをしようと決めたら、真っ先に思い浮かぶのは生活費のことでしょう。月に一体どれくらいかかるものなのか……?そして、ほかのカップルの家計も気になりますね。

2人暮らしの生活費は、大体これくらいというおおよその金額はあります。ただし、それぞれで収入も違えば、どこにお金をかけるのかも違うので、自分たちに合った生活スタイルを確立する必要があるといえます。お金をかけるところにはかけて、削れるところは節約をしながら、上手にやりくりしていきましょう。