糖質制限ダイエットを成功させるポイント

あずきでダイエットできるって本当!?管理栄養士が真相を教えます

9日この記事の情報提供者

あずきを使ったレシピで芸能人が痩せたとTVでも紹介されたことがありますが、そんなあずきダイエットに興味をお持ちの人もいるでしょう。今回は、ダイエットレシピの開発をされている管理栄養士のマカロンさんに、あずきがなぜダイエットによいのかや正しいやり方などを詳しくお聞きしました。注意したいポイントなどもアドバイスしていただいたので、「あずきダイエット中だけど、効果がイマイチ」という人も必見の内容です。

あずきがダイエットによい理由とは

植物性食品の豆類

あずきといえば「あんこ」が思い浮かびますが、ダイエットに効果があるというイメージはないのでは?そんなあずきがなぜダイエットに効果的なのか、その栄養に注目してみましょう。

ビタミン類が代謝を助ける

あずきは低脂質、高たんぱく質でありながらビタミンB群も多く含まれています。ビタミンB1には糖質の分解や代謝の作用が、ビタミンB2には脂質の分解や代謝を助ける作用が期待でき、食べたものの代謝の促進に効果的です。また、ビタミンB1は元気に欠かせない成分でもあり、不足すると疲れやすくなったりだるくなったりすることも知られています。

高たんぱくで腹持ちがいい

あずきは高たんぱくなので、食べたあとの腹持ちがよいのが特徴です。そのため、あずきを食べたあとは食べ過ぎをセーブする効果も期待でき、さらに空腹感のイライラを感じにくいという意味で、ダイエットに向いている食材といえるでしょう。

手に入れやすく低価格で続けやすい

あずきは価格が安くてどこででも手に入るうえに、保存しやすいという特徴があります。ダイエットにおいては「続けやすい」ことも、とても重要なポイントです。そういう意味でも、習慣として取り入れやすい食材といえるでしょう。

あずきダイエットの3つの効果

あずきダイエットは少し前から話題になっていますが、実際に痩せたという人も少なくありません。そんなあずきに期待できる3つのダイエット効果について、詳しく解説します。

余分な水分を体外に排出

私たちの体の6〜7割は、水分でできているといわれていますが、生命を維持するために必要な水分もあれば、そうではない余分な水分が含まれていることも。その余分な水分が、脚や顔などをパンパンにさせてしまいます。

女性で悩まされる人は多いですが、栄養バランスの悪い方や活動量が少ない方も余分な水分を溜め込みやすいので要注意。

そんなお悩みには利尿作用があるというあずきが効果的で、余分な水分を体外に排泄しやすくする効果が期待できます。個人差はありますが、脚などがパンパンになるというお悩みが解消されるだけで、2~3kg体重が落ちる人も少なくありません。

お通じの改善

お腹のツボは特に効果的!

あずきには、100gあたり17.8gと食物繊維が豊富に含まれています。ほかの食物と比較してみても、たとえばゴボウは100gあたり5.7g、バナナは100gあたり1.1gなので、あずきの食物繊維がいかに豊富なのかがよくわかるでしょう。

食物繊維は便のかさを増やし、腸のぜん動運動を活発化してお通じをよくしてくれますが、すっきりとしたお通じは、ダイエット成功の土台になります。

代謝アップが期待できる

あずきを継続して摂取することで、代謝アップが期待できるでしょう。あずきにはビタミンB1が含まれていますが、糖質をエネルギーに変えたり、エネルギーに変えることを助けたりする働きが期待できます。このビタミンB1が不足すると、自然に活動量が低下し、カロリーが消費されにくくなってしまうのです

あずきに含まれるビタミンB1の含有量は、即効性が期待できるほどではありません。ただし、ごはんに混ぜたりおやつとして取り入れたりして長く続けていけば、長期的に見たときに代謝が上がりやすいといえるでしょう

あずきダイエットのやり方

あずきダイエットに挑戦しようと思っても、「ご飯代わりに食べればいいの?」とか、「1日にどのくらい摂ればいい?」など、さまざまな疑問がわいてきそうですね。そこで、マカロンさんおすすめの方法を2つ紹介します。

方法その1:あずきの茹で汁を飲む

あずきダイエットをやるなら、あずきを茹でたあとの「茹で汁」を飲む方法がおすすめです。あずきを茹でると、ビタミンB1など水溶性の栄養分が茹で汁に溶け出るのですが、その茹で汁を飲むことでダイエット効果が期待できるというわけです。

実際に、あずきの皮や実を粉末にしたものは、体重増加を抑える効果や血糖値を上げにくくする効果が期待できることが認められています。また、漢方でも「せきしょうず」として、女性の健康のために利用されています。

また、「あずき茶」としてドリンクにもなっていますが、優しい甘さがあるので美味しく飲めるでしょう。あずきの茹で汁は、1日1杯程度を目安に飲んでください

方法その2:おやつや料理に取り入れる

あずきそのものを、おやつや料理に取り入れる方法もあります。まず、ゆで小豆を多めに作っておいて、1日に30~50gずつ食べましょう。ちなみに乾燥あずき30~50gは、ゆでると60~100gになると覚えておいてください。

ダイエットなので、できるだけ甘さを加えずに食べたいところですが、甘みなしの食べ方でおすすめなのが「あずきご飯」です。普段のご飯に混ぜるだけで簡単にできるので、そういう意味でもおすすめします。

茹でたあずきはそのまま食べても美味しいのですが、なんとなく物足りないと感じることもあるでしょう。その場合は、小さじ1杯程度のハチミツを加えることで、より美味しくいただけるでしょう。

あずきダイエットで気をつけたい2つのポイント

注意点

あずきダイエットを実践している人の中には、「いまひとつ効果が実感できない」という人もいます。そんなときには、次の2つの点に注意してみてください。

食べ過ぎは禁物

あずきはダイエット向きの食材ではありますが、茹であずき100gで143kcalあり、カロリーは低いとはいえません。そのため、「あずきを取り入れるだけでOK」と安心し、普段どおりに食事を摂っていたのでは、ダイエットすることは難しいといえます。

はじめはとくに意識して、食べたあずきと同じ分だけ、ごはんやパン、お菓子などを控えるようにしましょう。ただし、あずき自体は腹持ちがよいので、自然に食べすぎを防げるのではないでしょうか。

一緒に砂糖を摂りすぎない

あずきダイエットと聞くと「あんこもOKなの?」と気になる方は多いかもしれませんね。この答えは「NO」です。なぜなら、あんこには砂糖が多く使われているためです。

また、市販のおしるこも同様の理由でおすすめできません。まずは、あんこやおしるこなど、スイーツとして食べるという概念を取り払って、素材の味を楽しむようにするとよいでしょう。

あずきダイエットにおすすめの美味しいレシピ

 

あずきをダイエットとして取り入れる場合、できるだけ甘みは加えないようにすることが理想です。ここでは、なるべくあずき本来の甘みや美味しさを引き出す食べ方を紹介しますので、上手に取り入れてみてください。

あずきご飯

「あずきご飯」はあずきの一般的な食べ方ですが、管理栄養士として一番おすすめの食べ方です。自宅で作る際は、市販のものより気持ち多めの配分で、あずきを加えてみてください

普通のご飯と同じ量を食べたときと比べて、あずきごはんのほうがお腹持ちがよいことを実感できるはずです。また、噛む回数が増えるので、小顔効果も期待できるでしょう。

あずき牛乳ドリンク

高栄養なあずきと牛乳を混ぜたドリンクは、朝ごはんの代わりにもなっておすすめです。作り方は、コップ1杯の牛乳に大さじ3杯の茹であずきと、小さじ1杯のハチミツを加えてミキサーで混ぜるだけととても簡単。植物性と動物性のたんぱく質が同時に摂れるので、筋肉の材料としてもよいといえます。

まとめ

 

あずきといえば、和菓子に使用されているイメージが強いので、ダイエットに効果が期待できるとは驚きですね。ただし、あずきでダイエットをするなら、できるだけ砂糖は加えずに、自然の素材を楽しむつもりで取り入れることが大切です。

あずきには、脚などをパンパンにさせる余分な水分の排出を促進したり、お通じをよくしたりといった具合にうれしい作用が望めます。習慣的に取り入れることで、さまざまな健康効果や美容効果も期待できるでしょう。