手紙形式がおすすめ!友人代表スピーチのポイントを押さえよう

この記事の情報提供者

大切な友人の結婚式……スピーチを頼まれたものの、「何を話せば良いものか」と困ってはいないでしょうか?ここではスピーチの内容をはじめ、事前準備として外せないポイントについて、恋愛アドバイザーのkirakiramuuさんから伺ったお話をもとに解説します。

友人代表スピーチの基本的な内容の構成

友人代表スピーチといっても一体何から話せば良いのか……。実はスピーチには押さえておきたい基本的な構成があります。まずは以下の内容を参考に、スピーチの流れを掴みましょう。

スピーチの導入部分

最初に、スピーチの導入として新郎新婦へのお祝いの言葉と披露宴に招いてくれたことへの感謝を述べます。お祝いの言葉は、新郎新婦はもちろん両家親族にも伝えると良いです。話すときは明るく、心の底からお祝いの気持ちを伝えましょう。

新郎新婦や両家両親はスピーチを起立して聞く場合が多いので、そのときは着席を促す一言を。本番はスピーチに集中しすぎないようまわりにも気を配りましょう。

自己紹介

次に、簡単に自己紹介をします。ここでは、新郎新婦との関係性もわかりやすく話しましょう。仲良くなった経緯も簡潔に話すとわかりやすいです。

ただし、あくまで主役は新郎新婦なので、自分の話をしすぎないようにするのがポイントです。

新郎新婦に関するエピソード

自己紹介のあとは、自分が知っている新郎新婦のエピソードを具体的に話します。ここが友人代表スピーチの肝心な部分です。

エピソードは、新郎新婦の良い人柄がわかるようなものを選びましょう。楽しかったエピソードやほっこりしたエピソードを入れると、聞いている側も温かい気持ちになります。

締めの挨拶

最後に、新郎新婦へのはなむけの言葉と締めの挨拶をします。気持ちを込めた2人へのメッセージも忘れずに。スピーチの最後であることがわかるように締めるとうまくまとまりやすいです。

kirakiramuu さん
まずは基本の構成を理解し、それに沿って話すことが大切!

スピーチをするにあたって事前に確認しておくべきこと

スピーチをするにあたって、あらかじめ確かめておく必要がある点があります。これを怠るとひんしゅくを買うことも。後悔しないためにも、次のことをチェックしておきましょう。

話しても良いエピソードかどうか

スピーチで新郎新婦に関するエピソードを話す際は、事前にそのエピソードを話しても良いか新郎新婦に確認しましょう。というのも、エピソードが主役の新郎新婦から見たときに、話されて困るマイナスな印象の中身ではない必要があるからです。新郎新婦の良いところをたくさん見つけて、褒めるエピソードを取り入れましょう。

なお、スピーチ中に冗談を交えながら話すのは良いですが、聞いている人から誤解を招く可能性も。あまり面白おかしくするのは場違いになるためやめましょう。また、ウケると思っているのは自分だけで、本番で大スベリするリスクもあります。

友人代表スピーチを頼むということは、新郎新婦はあなたに特別な信頼を置いているということ。それを忘れず、裏切るような真似をしてしまうのは避けたいものです。

不吉な言葉ではないかどうか

友人代表スピーチは台本をつくる人がほとんどですが、その中に不吉な言葉が入っていないか、入念にチェックしましょう。お祝いの席では忌み言葉や重ね言葉は使用しないのがマナーだからです。

たとえば、忌み言葉は別れる、失う、離れる、切れるなど。重ね言葉なら、ますます、たびたび、重ね重ねなどです。これらは夫婦の別れや再婚などをイメージさせる言葉であることから、タブーとされています。

正しい言葉遣いかどうか

正しい言葉遣いを意識し、間違った敬語を使うことのないよう気をつけましょう。間違った言葉遣いをしていると、せっかくの良いスピーチが台無しです。

よくあるのは自分に尊敬語を使ってしまったり、相手に謙譲語を使ってしまったりするケース。スピーチ内で話す個人名や会社・団体名も間違えることのないよう注意しましょう。

なお、不安であれば第三者にスピーチの内容を確認してもらうのも手です。結婚式は新郎新婦の親族や両親を含め目上の人が集まる場。丁寧な表現をしたいところです。

話すタイミングと所要時間

本番前にスピーチのタイミングと所要時間を確認しておきましょう。どのタイミングでスピーチをするのかが分かっていると心づもりができ、自信を持ってスピーチがしやすくなります。所要時間も新郎新婦に事前に確認しておくと、スピーチが長すぎたり、短すぎたりすることがありません。

当日も念のため、式場のスタッフに流れを聞いておくとより安心です。なお、一般的には、友人代表スピーチの所要時間は3分程度といわれています。

スピーチを成功させるためのポイント

スピーチを引き受けたからには、本番は問題なく終わらせたいもの。ここでは、スピーチをうまく済ませるためのポイントを解説します。

長々と話しすぎない

スピーチを成功させるにあたって最も重要なのは、長々と話しすぎないことです。

メインは新郎新婦であり、スピーチはお祝いの席に花を添えるもの。新郎新婦との語りたい思い出はたくさんあるかもしれませんが、あれもこれも話すのは逆効果です。エピソードは厳選してスマートにまとめましょう

手紙に書いておく

次に、スピーチは手紙に書いておくのがおすすめです。スピーチを手紙形式にするメリットは本番で慌てずに済むこと、伝えたい話をちゃんと伝えられるということです。

また、スピーチを事前に何度も練習していても、本番は緊張してうまく話せないことも。最初から手紙を準備しておけば、本番で言葉に詰まったときも安心なので、心配性の人にはとくにおすすめです。

ほかにも、手紙形式にしておけばあとから、「伝え忘れた……」ということもなくなります。本番は一発勝負なので、事前に準備しておくほうが余裕を持って話せるでしょう。しかし、手紙をそのまま読んでしまうと棒読みになりやすいため、新郎新婦の顔を見ながら丁寧に、気持ちを込めて読むようにしましょう。

相応しいエピソード選び

最後に、良いスピーチにするには新郎新婦の門出を祝うのに相応しいエピソードを用意することが大切です。暴露話や下ネタは場に相応しくないため、新郎新婦が困らないエピソードを考えましょう。過去の恋愛について話すのもご法度です。

また、エピソードを話すときの表情も大切です。当時のことを振り返りながら、にこやかに話すようにしましょう。

スピーチを手紙形式にする場合のポイント

結婚式当日、友人代表スピーチを手紙にすると決めたら、この形式に関する注意点は押さえておきたいところです。以下に3つピックアップしましたので、確認しておきましょう。

便箋にこだわる

ひとつ目に、手紙を書く便箋はきちんとしたものを準備しましょう。事務的なものではなく、和柄や洋風の柄があるものだと見た目も華やかです。読み上げたあとに渡すことも考え、新郎新婦の記念に残るような結婚式に相応しい便箋を選びましょう。

直筆で書く

ふたつ目に、手紙は直筆で書くようにしましょう。字が綺麗でなくても大丈夫です。面倒だからとパソコンで打つのではなく、自分の文字で丁寧に心を込めて書くのがポイントです。

本番は語りかけるように話す

みっつ目に、スピーチ本番は新郎新婦に語りかけるように話しましょう。手紙を読むことに集中するのではなく、語りかけるように話すことで気持ちがより伝わりやすくなります。みんなが聞き取りやすいようゆっくり、はっきりと話すことも重要です。

なお、本番は手紙に書いていても少なからず緊張するもの。事前に何度か声に出して読む練習をするほか、本番で話すイメージトレーニングをしておくのがおすすめです。

まとめ

友人代表スピーチは基本の構成を理解し、話すエピソードやマナー&敬語表現のOKまたはNG、当日の段取りを確認しておくことが欠かせません。新郎新婦にとって素敵な結婚式になるよう心を込めてスピーチをしましょう。なお、本番は緊張してうまく話せなくなるおそれがあるので、事前に手紙を用意し、練習を積んでおくのがおすすめです。

友人代表スピーチは大役ですが、新郎新婦から依頼されるのは大変光栄なことです。今回ご紹介したポイントを押さえて、万全の態勢で本番に臨みましょう。