男性の自分磨きマニュアル!外見や内面を磨き上げて自信をつけよう


外見や内面の魅力を高める努力をする自分磨き。取り組めば日々が充実し、成功すれば周囲からの評価が高まります。ひょっとするとアナタも自分磨きをして自分を変えたい、自信を持ちたいと思っている男性の1人ではないでしょうか?今回は心理学や恋愛に通じているT.Rさんにお話を伺い、男性の自分磨きについて内容をまとめましたので、ぜひご覧ください。

男性が自分磨きをしたいと考えるきっかけ

多くの場合、以下の出来事のうちどれかを機に、自分磨きをしたくなります。現状で該当する項目がない男性も、必要性を感じる前に行動に移すと、避けられる苦い経験があるでしょう。

好きな女性ができた

付き合いたい、一夜をともにしたいなど目的に違いはあっても、これまでいなかった好きな女性ができると、自分磨きをしたいと思う男性がいます。ただ、なぜそうなるのかメカニズムが気になるところではないでしょうか。

この点についてですが、まず“好き”の感情を抱くと相手に気に入られたいという願望が出てきます。そして同時に、自分が好意を持った相手にはプラス補正がかかり、実際より魅力的に映ります。

このプラス補正分によって、男性が自分とは釣り合わない=男性側に魅力が足りないと感じると、不足を埋めるために自分磨きをしなければならないと燃えはじめるのです。

久々の人に会う

何年も会っていなかった女性と久しぶりに会うようなケースも、自分磨きをはじめるきっかけになります。約束をしている日時までに猶予がある場合、それまでに少しでも自分の印象を良くしよう努力するのです。

それはいったいどうしてか?現状で関係は深くなくても、相手の女性が最後に会ったときよりかわいく、またはきれいになっていれば、親密度を高めたいと思うためです。

身近な男性に劣等感を抱いた

まわりの男性に負けていると痛感したときに、自分磨きをしなければと思う男性がいます。たとえば、異性も含むグループでの食事や飲み会をしたときに、自分は全然喋れないのに、同性の友人はスマートに女性とトークができている……。そんな経験をすると、自分はスキル不足だと感じ、恋愛攻略本やネットサーフィンなどでトーク術や異性に関しての勉強をはじめるなどするのです。

恋に敗れた

告白したけれど振られてしまった、または付き合っていた彼女に別れを突きつけられてしまったのも、自分磨きに勤しむようになる主なきっかけに含まれます。自分の外見や内面に磨きをかけて、より魅力的な女性との出会いをゲットしようという思いや、自分を振った相手を後悔させようという思いが原動力になるのです。

仕事がうまくいかない

ナイトワークをはじめ、男性としての魅力を武器に売上・成績を伸ばしていかなければいけない仕事があります。そんな職業に就いていて、思うように結果を出せていないことに焦りや不安を感じ、自分磨きをしなければならないと感じる男性は多いです。

男性が外見を磨く方法

人は見た目ではないとはいいますが、外見に魅力がないと第一印象でアウトという憂き目に遭いやすくあります。そんな失敗を回避するためにできることを、ここでは解説します。

生活習慣を見直す

食事・運動・睡眠の3要素に問題がないか目を向け、改善すると、心身の安定につながります。そして心身の安定は自信につながり、その自信こそが何よりの外見的魅力をもたらすのです。

以下に各要素に関して実践したいことをまとめています。不摂生をしている男性はそれをやめ、自分の見た目に磨きがかかる習慣を取り入れましょう。

食事

食べすぎではないか、不足している栄養素はないか、この2点を改善するだけでもカラダの調子は随分と違ってくるものです。昔とは違い、今は食事に関してはネットでカロリーや栄養素が調べられるため、活用しない手はありません。

運動

一口に運動といっても、有酸素運動と無酸素運動に大別されます。有酸素運動はウォーキングなど、無酸素運動は筋トレなどが該当します。有酸素運動は量に、無酸素運動は質にこだわるのがポイントです。

まず有酸素運動に関しては、3日に1回の頻度で、1日あたり40~60分ほどを目安に実践すると良いでしょう。ぜい肉の燃焼効率アップが期待できるほか、気持ちの面でも良い発散になります。

次に無酸素運動についてですが、ゆっくりとした動きで、鍛える部位に十分に力が入っているのを意識し、10回ほどで限界になる負荷を目安に行いましょう。1日したら2~3日休むペースで実践するのがポイントです。

睡眠

寝不足のまま翌日を迎えると、カラダのグッタリ感が抜けず、メンタルの余裕もなくなりがちです。逆によく休めていれば、調子は劇的に変化します。

睡眠については、就寝の2時間前には飲食をやめる、寝る30分前にはブルーライトを見ない環境にし、軽いストレッチを行う。これだけでも随分違ってくるものです。

清潔感を出す

ほかの誰にも清潔感では負けないと、徹底的に意識しましょう。そしてそれを実現するためには、以下の7か条を守るのがGood。好感度が一気に上がるでしょう。

①ヒゲはきっちり+ていねいに剃り、爪は短く切る
②髪を定期的に切り、セットできる時間の余裕を毎日持てるようにスケジュールを組む
③服はシワやホコリがついていない状態を保つ
④ニオイに対するエチケット対策を完璧にする
⑤肌荒れしない生活習慣を心がける
⑥外ではいつも好きな人が後ろからコッソリ見ていると思って振る舞う
⑦笑顔はいつでも、良いタイミングで出せるようにする

男性が内面を磨く方法

見た目の良さは初見の女性から好印象を持たれやすいですが、内面がともなっていないと結局は嫌われます。自分を変えたい男性は、以下の方法を実践してみると良いでしょう。

相手に与える意識を持つ

内面が素晴らしい人=気遣いに長けている人。自分磨きをするのであれば、ぜひそこに到達したいところです。

気遣いが上手にできる人は、好きな相手に自分から与えることができます。相手の欲求を先回りする能力に優れていて、その欲求をさりげなくスマートに満たすことができるのです。相手をよく観察し、想像力を働かせることによって、何をすれば喜ばれるのかが見えるようになるでしょう。

また、内面的な魅力に溢れる人の気遣いは、される相手のまわりの人間が見ていても心地良さを感じられるものです。アナタもそう思われる気遣いにこだわることで、大きな余裕が感じられる、安心感のある素敵な人になれるでしょう。

悪い面ではなく良い面に目を向ける

人の悪い部分ではなく良い部分に着目し、相手には言葉にして褒めるのが良いです。褒められて嫌な気分になる人はいないため、アナタに対する好感度がアップにつながります。

また、人の良いところを見つけたら、それをどんどん吸収すると良いでしょう。そうすれば自ずと内面は磨かれていき、自信を持てるようになります。

なお、自信がない人はあら探しをしては悪口ばかりになる傾向があります。そしてそれに同調する人もまた同類。魅力溢れる愛される人はそんな人に対し嫌悪感を抱き、信用もせず、避けるものと思っておきましょう。

新しい“出あい”に積極的になる

おすすめする理由はひとつ、発見があるためです。初対面の人に会うのも出会いのひとつですが、これまで手を出してこなかった趣味や習い事なども新しい出合いに含まれます。新たに出あったヒト・モノ・コトから得られる経験・受ける影響は、人間的な幅・視野を広げることにつながります。

自分磨きをするにあたっての注意点

男性目線で女性ウケするだろうと思って懸命に取り組んでいる自分磨きでも、努力の方向性が完全に間違っていると効果は得られません。何に気をつけるべきか、以下に記載しました。

男性と女性の好みの違いを知る

男性と女性とでは、異性のどこに着目するのかが驚くほどに異なるものです。そのため、自分磨きをはじめるのであればこの点を理解しておかなければいけません。

たとえば筋肉量。男性はムキムキのほうがモテると思いがちですが、女性は細マッチョに憧れる傾向があります。もちろん女性によっては筋肉隆々、またはガリガリの男性を好みますが、より多くの人にモテるために自分を磨くのであれば、鍛えすぎ、鍛えなさすぎは避けるのが吉です。

ほかにはヘアスタイルに関して、ドラマなどに登場する長髪の役者・アイドルに、「かっこいい!」という女性は多いです。男性としては真似したくなるところですが、そんな女性が実際に付き合っている男性は短髪というケースが多いです。これは付き合う男性に対して清潔感を求めているのもありますし、アイドルと彼氏を別枠としてとらえているともいえます。

T.Rさんの実体験談

T.R さん
「女性が男性の腕を見るとき、何を考えているでしょうか?」という問いかけを男性の友人にしたことがあります。その男性の友人は、「血管とか時計とか!」と答えていました。それも正解のひとつですが、女性はほかにも爪や指のバランス(太さと長さの)、毛の処理、肌の色などまで見ていたりするのです。

女性の考えていることは女性に学ぶ

自分の魅力を増すために正しい方向性の努力をしたいけれど、女心がわからず何が正解なのか見えない……。そんな場合は、あえて女性向けメディアに注目し、女性が男性に何を求めているのかを探るのが得策といえるでしょう。

実際にチェックしてみると女性目線で、「私たちは○○と思いますが、男性は△△と感じるのです」といった内容が見られます。この例からは△△が間違いで、○○が正解であることがわかります。先の筋肉量や髪型など以外のことも女性向けメディアは豊富に取り扱っているため、おすすめの勉強法です。

まとめ

恋に落ちた、失恋したなど、自分磨きをしたいと思うきっかけはさまざま。思うだけでなく実行に移して継続すれば、自分の魅力を増して叶えたい願望が現実のものとなる確率は高まるでしょう。

なお、自分磨きと一口にいっても、磨ける要素は外見と内面があります。いずれかの魅力が足りないと感じる男性もいれば、両方に磨きをかけなければと思う男性もいるでしょう。

いずれにしても、自分磨きに取り組むにあたって異性ウケを狙うのであれば、男性とはまるで違う女性という生き物の好みを研究するのは必須。ただの自己満足に終わる対策は避けましょう。

- 1 / 1ページ -