不倫相手と別れる方法とは?上手な切り出し方を元キャバ嬢が解説

この記事の情報提供者

不倫をしていて、「このままでいいのかな……」と思うことは珍しくありません。周囲に理解されなかったり、堂々とデートができなかったり……そんな不倫をキッパリと終わらせるには、どうすれば良いのでしょうか。今回は、恋愛経験が豊富な元キャバ嬢のNaoさんに伺ったお話をもとに、不倫相手と別れる方法についてまとめました。

不倫の恋を終わりにしたほうがいい理由


「こんな関係、もう終わりにしよう」と思いながらも、ズルズルと関係を続けている女性は少なくありません。

不倫の恋は終わりにしたほうがいい理由をハッキリと理解しておくことで、踏ん切りをつけやすくなりますので、詳しく見てみましょう。

時間がもったいない

幸せになりたいと思っているなら、結婚や将来につながらない不倫は時間の無駄。ダラダラと関係を続けることで余計にのめり込んでしまい、その間の良い出会いや恋愛経験をするチャンスを逃してしまいます。

また、不倫相手と別れたとしても、タイミング次第では最悪その後の結婚や出産を諦めざるを得なくなることにもなりかねません。

毎日が楽しく穏やかに過ごせる

不倫の恋をやめると、彼の奥さんのことを考えてヤキモキしたり、叶わない恋に絶望したりすることがなくなります。自分だけを愛してもらえる普通の恋愛をすることで、毎日悩んだり落ち込んだりすることが減り、理不尽な思いをすることも格段に減るでしょう。

不倫がバレないかとハラハラドキドキしたり、やきもちをやいたり、家庭のことでケンカをして怒ったり……ということが減るので、穏やかな毎日が過ごせます。

Naoさんの実体験談

Naoさん
私は不倫をやめたことで、素敵な男性が周りに増えました。不倫をしていたときは、常に相手の奥さんを意識したり、バレないかハラハラしたり、彼を待ち続けたりして疲れているオーラが出ていたのです。不倫をやめて2番目ではなくなったため、自分に自信が持てて明るくなりました。そして明るくなったことで、私の自信のなさに付け入るような嫌な男性は周りにいなくなりました。

相手が既婚者の場合の上手な別れの切り出し方


不倫の恋を終わらせるとき、どちらが結婚しているのかという状況によって、上手い切り出し方は異なります。まずは相手が結婚している場合に、上手く別れる方法を見てみましょう。

将来の目標を話す

将来を理由に別れを切り出す方法は、合理的な理由をもって納得してもらえる切り出し方。「将来は幸せな家庭を築きたい、あなたとは結婚できないから、悲しいけれど別れる」というふうに伝えるのが良いです。

将来のことを話す流れで、現在の関係が自分のためにならないという、正直な気持ちを伝えられます。もっともな理由で本当の気持ちをぶつける方法は、上手く別れたいときに役立ちます。

不倫相手の幸せを理由にする


相手に対する思いやりを前面に出すことで、嫌な気分にさせないで別れられます。「あなたのことは大切。だからこそ、家族と仲良く幸せに過ごしてほしい」とか、「私はあなたの幸せを邪魔してしまう」というふうに伝えると良いでしょう。このように、心から彼のことを大事にしているという誠意を見せることで、相手の良心にも訴えかけられます。

そうすることで、彼に対して不倫を冷静に見つめ直す機会を与える効果も期待できます。「たしかに不倫を続けても良いことない。俺のためだけでなく、全体のことを考えて別れよう」といった広い視野を持ってもらえるかもしれません。

不倫相手の奥さんを褒める

彼の奥さんの良いところに気づいてもらって、上手く家庭に帰ってもらう方法。「あなたが結婚したいと思った人だから、きっと奥さんは素晴らしい女性だと思う。私は一生敵わないので、身を引きます」というふうに伝えると良いでしょう。不倫相手の結婚を正しいということで、彼を褒めることにもつながります。

奥さんの良さを見つめ直してもらうきっかけにもなるので、不倫を上手く終わらせたいときに役立ちます。

自分が結婚している場合の上手な別れの切り出し方


自分に家庭がある場合は、帰れる場所があります。だからこそ、相手を一方的に傷つけてしまうような気がして、上手く別れを切り出しづらいもの。

自分が結婚しているときには、どのように別れを切り出せば良いのか見てみましょう。

旦那が感づいていると話す

旦那にバレそうだと伝えることで、危機感を強調する方法。日頃から旦那の怖さを話しておくと、さらに危機感を強めることができます。

「怖い」というイメージは、気性が荒いというものだけではありません。「旦那は真面目でキッチリとした人間」とか、「親友に弁護士がいる」という特徴も、怖い印象につながります。「多額の慰謝料を請求されるかもしれない」といった不安に結びつくためです。

不倫相手には、「最近様子が変わったと旦那に怪しまれている。そろそろ潮時かもしれない、残念だけど」というふうに伝えると良いでしょう。最後に「残念だけど」ということで、「本当はあなたのことが好きで別れたくない」という気持ちもアピールできるので、関係がこじれるリスクを低くできます。

不倫相手を褒める

彼のことを褒めながら別れを切り出す方法は、なるべく嫌な気分にさせないように納得してもらえる切り出し方。「あなたは素敵な男性で、これから先私よりももっと良い女性とたくさんの出会いがあるはず。だから、邪魔をしたくないの。」というふうに伝えると良いでしょう。

彼のことを思う気持ちが伝わるほど、「そんなにいうなら……」と了承してくれる確率が上がります。

辛い気持ちを伝える


不倫関係に辛さを感じる理由は、彼に対する愛情が強まってきたから。彼のことを大切に思う気持ちをアピールすることで、別れ話がこじれるのを防ぐことができます。

「旦那とは別れられなくて、あなたと一緒になることは不可能。それなのに関係を続けていることが辛い。」というふうに伝えると良いでしょう。むやみに角を立てることなく相手に、「結婚することはない」と伝えられるためです。あなたのことが好きなら、「辛い思いをさせたくない」と納得してくれるはず。

W不倫の場合の上手な別れの切り出し方


お互いに結婚をしている場合、相手の立場を理解しやすい状況にあります。そういったことを踏まえて、上手く別れを切り出す方法をご紹介します。

結婚について見つめ直す

基本的に、結婚するときは誰もが幸せな家庭を築きたいと思うものであり、そういった気持ちを思い出させることができます。

「結婚って良いことばかりではなかったよね。だから逃げたくなって不倫をしてしまったけれど、それでも簡単に別れられないのが結婚だよね。もう一度お互い結婚相手と向き合ってみない?」と切り出すことで、相手も別れに前向きになってくれます。

子どもについて話す

お互いに子どもがいる場合には、親心に訴えかける方法がおすすめ。子どもの良さを話したあとに、「子どもは可愛いし大切だよね。子どもに尊敬される親になりたいと思ってやってきたけど、今してることは正しいのかな?」と切り出しましょう。

親が子を思う気持ちは同じ。相手の心に響きやすい切り出し方です。

別れたあとに未練があっても決してやってはいけないこと


不倫は都合が良くて、楽な関係。だからこそ依存性があって、繰り返してしまう人も少なくありません。別れたあと、絶対にやってはいけないことを押さえておきましょう。

会ってしまう

二度と繰り返さないという覚悟があったとしても、不倫をやめたら、絶対に会ってはいけません。実際に会うと流されるおそれがあるからです。

辛いことがあったりして、彼の顔が見たくなったときはなおさらです。また、不倫を繰り返さないという決意を強く持っていたとしても、相手がどう思っているかはわかりません。

連絡をとる

不倫関係が終わっても、いつどんなきっかけで元通りになってしまうかわかりません。未練があるほど、不倫を繰り返すリスクは高まります。

彼に、「忘れられない」といわれて会ってしまう人は山ほどいます。未練があるなら、別れたあとは彼からの連絡をシャットアウトしましょう。

不倫相手のSNSを見る


未練があるほど、「彼はどうしてるんだろう」と気になるもの。そんなときにしてしまいがちなのが、彼のSNSチェックです。

彼が楽しそうなら、「私のことなんてもう忘れたの?」と精神的にダメージを負います。また、彼の元気がなさそうなら、「私が支えてあげたい」という思いが芽生えがちです。どちらにしても不倫を繰り返すリスクを高めるため、不倫相手のSNSは見てはいけません。

まとめ

不倫の恋は、とても刺激的で心地良いもの。それだけに依存してしまいがちです。でも、発覚すれば修羅場になったり家庭が崩壊したり、慰謝料を請求されたりと、リスクが大きいというデメリットが……。

将来のことを考えて不倫を終わらせる場合、キッパリと関係を断ち切ることが重要です。ズルズルと引きずりたくない人は不倫を終わらせる覚悟を決め、行動に移しましょう。