男性の脈ありサインとは?行動や会話の特徴で見極めよう!

この記事の情報提供者

意中の男性がいる場合、その男性が自分のことを好きでいてくれるかが気になることでしょう。今回は、男性の心理を分析しながら、男性の脈ありサインについて解説します。男性の特徴を知り、恋愛成就を目指しましょう!

脈ありの男性がとる行動

男性が気になる女性に対してとる行動には特徴があります。ここで脈ありの女性に対する男性の行動パターンを確認しておきましょう。

いろいろ質問したり盛り上げようとしたりする

ラインやメールが続くように、男性側が女性にあれこれ質問したり、話を盛り上げようとしたりする行動が見られると、その女性に好意を持っているサインです。

会話でも同じことがいえますが、話が途切れないようにさまざまな話題を出したり、沈黙になったとき男性側から話をしはじめたりするところがあれば脈ありです。

一方、ラインでの質問に対して、「うん」や、「そうだね」などと一言で終わったり、スタンプだけで頻繁に返事がきたりする場合は、脈なしということになります。

頻繁に見てくる

近くに気になる女性がいる場合、男性はジロジロとその女性を見る傾向があります。男性と一緒にいるときに視線を感じる場合は、自分が男性にとって気になる存在になっていると考えて良いでしょう。

反対に、男性が女性と視線を合わせず、携帯電話ばかりを見ている場合などは、女性に対する興味が薄い状態であると考えられます。その場合、残念ですが脈なしであることが多いです。

とにかく会いたがる

好きな相手に対しては、高頻度で会いたいと思うものですし、会っているときにはこのままずっと一緒にいたいと思うものです。ラインやメールなどで、頻繁にデートの誘いがくる場合には、男性がその女性に対して好意を抱いているサインと受け取れます。

褒めてくる

髪型や服装、メイク、仕事や勉強といったなにか頑張っていることなどに対し、とにかくよく褒めてくれるのは脈ありと捉えて良い男性の言動といえるでしょう。それにプラスして、さりげなくタイプであることを伝えてくる場合には、まず間違いなく男性は女性に対し好意を持っているといえます。

kirakiramuu さんの実体験談

kirakiramuu さん
最初に2人で会ってからの男性の行動が一番のポイントです。

男性は単純なので、脈ありなら自分から連絡しなくても向こうからしてきます。たとえば会ったあとすぐに、「今日は楽しかったね」とか、「一緒にいると楽しいな」という連絡や、「また会いたいな」などの連絡が相手からくる場合は期待大です。

実際に、相手から告白してくる場合はとにかく頻繁に連絡がきました。好きな食べ物とか、誕生日など相手の情報をよく聞いてくる場合は、相手を知りたいというサインなので、確実に脈ありです。

脈ありの男性の会話の特徴

続いて、脈ありの男性に見られる会話の特徴を見てみましょう。脈ありの場合は会話の仕方も大きく変わるため、脈ありの場合の会話パターンを押さえておくことで、その男性が脈ありかどうかが簡単に判断できます。

話が途切れないようにする

2人で会っているときに、話が続くようにいろいろ話をしてくる男性は、脈ありのサインです。ラインやメールなど会っていないときのやりとりと共通で、女性の好きなものなどの質問や、会話が盛り上がる話題を提供してくれます。

ただ、男性のタイプによっては、会うと恥ずかしくて口数が少なくなってしまう人もいる点には気をつけなければいけません。このような男性に関しても、脈ありのサインがあるためです。たとえば、直接会っているときに無口でも、ラインでよく話すようであれば脈ありです。

態度が優しい

大切にしたいと考えている女性に対し、汚い、乱暴な言葉遣いをしたり、きつくあたったりする男性はいないものと思っておきましょう。

しかし、脈ありであったとしてもあまりに近しい間柄である場合は、態度から脈ありであるかを判断することが難しい場合もあります。男性が照れ隠しでつい女性に対し暴言を吐くようなケースもあるからです。

次の約束をしようとする

合コン パーティー ナンパ

2人で会っているときに、次もまた会いたいと約束しようとしてくる場合にも、脈ありといえるでしょう。一方、一度会ったあとにパッタリと連絡が途絶えた場合には、脈なしです。最後に会ったときに女性と考え方が合わないとか、女性の言葉遣いやマナーが悪いなど、好きな気持ちが冷めるなにかがあったと考えられます。

kirakiramuu さんの実体験談

kirakiramuu さん
ラインでこちらが返信をスルーしても、「ちょっとスルーはきついぜー」などと笑いで話をしようとしてくる男性がいました。その人は普段、ラインだと話題も多く盛り上がるのですが、いざ会うと借りてきた猫のように赤面して話をしませんでした。

話が続かずそっけない態度でも、気がないのではなくて恥ずかしがり屋なだけなのです。

脈ありのLINEの例

脈ありの場合のLINEの一例を見てみましょう。実際にどのようなLINEが送られてくるかを把握しておくことで、相手の男性が脈ありであるかをすぐに判断できるでしょう。

同調する

女性からのLINEに対して同調することによって、似た者同士であるということをアピールしてくることがあります。たとえば女性に好きな食べ物を聞いた上で、「俺もそれ好きだな。一緒だね」といった具合に共感する返事をします。

さらにそこから、「〇〇というお店が美味しいからおすすめだよ。一緒に行ってみようよ」といった話につなげて、今後のデートへの足掛かりを得ようとしてきます。一緒に楽しめることが多いほど次のデートのプランも考えやすくなるため、男性はたくさんの共通点を探そうとしてきます。

女性の好みに合わせたデートを企画して誘ってくれる男性は、大いに脈ありであると考えられるでしょう。

気遣う

たとえばLINEでの返信が滞ったとき、「体調でも悪い?」などと女性を気遣うようなLINEをする男性は脈ありでしょう。

男性側の心理としては、好意を持っている女性からの連絡が途絶えたまま忘れられてしまうのが最も恐れるべきことです。そのため、連絡が途絶えてしまったときの男性の反応からも、脈ありであるかを判断することが可能です。

女性が勘違いしやすい男性のサイン

女性が脈ありなのではないかと間違って受け取りやすい男性のサインをご紹介します。思わぬ恥をかいてしまわないよう、紛らわしい言動を見抜けるようにしておきましょう。

よく目が合う

好きな女性に対して頻繁に視線を送る本能があります。しかし、同じ好きでも友達として好きという程度かもしれませんし、その女性の近くに気になるほかのものがあるという可能性もあるでしょう。よく目が合うからといって、それだけで脈ありであると判断するのは早計です。

頻繁にほかの男性の話をしてくる

たとえば、「今彼氏いるの?」と聞かれたり、「〇〇の事気になってるの?」などと状況を探ってこられた場合、その男性は自分に興味があるのではないかと考えてしまいます。

実際に興味があるからこそそのような質問をしているとも考えられますが、それが好意であるとは限りません。単純に面白そうだから、もしくは別の男性に頼まれるなどして聞いている可能性もあるでしょう。

また、やきもちを焼いている風な態度をとる男性もいます。これは自分に好意があるからこそと考えがちですが、女性慣れしている男性の中にはパフォーマンスとしてやる人もいるため、確実に脈ありとはいえません。

返信がやたらと早い

男性からLINEなどの返信がすぐくる場合も、「気になってるのかな?」と思いやすいです。たしかに、それが当たっていることはあります。

しかし、その男性は誰に対しても返信が早いマメな人なのかもしれません。自分のために急いで返信していると捉えがちですが、ほかの人に対してどの程度の早さで返信しているか不明な以上、それだけで脈ありと判断することはできないでしょう。

まとめ

男性が脈ありの女性に対してとる態度についてご紹介しました。男性が女性に対して興味を持っていることがうかがえる言動をしている場合、脈ありである可能性は高まるでしょう。

ただ、中には思わせぶりな態度を取って勘違いさせてくる男性もいますので、男性の行動や会話の内容から慎重に判断するようにしてください。