好きな人とラインで距離を縮めたい!きっかけ作りから徹底指南

好きな人とラインをする上で、押さえておきたいことは2つあります。それは、「自然な流れでラインを聞くこと」と、「相手が楽しいと思えるようなラインのやり取りをすること」です。

今回は恋愛に詳しいyukinanaさんに伺ったお話をもとに、これらを実践できるラインのテクニックについて解説します。

好きな人とラインをはじめるきっかけの作り方

好きな人とラインをするには、なんといってもはじめ方が大事です。ラインをはじめるきっかけの作り方を以下に5つ記載しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはラインを交換する

単刀直入に、「ラインを交換しよう」と言うのではなくて、「聞きたいことがあるんだけど……」とか、「グループライン作ろうと思うんだけど……」など、何か理由をつけて聞くようにしましょう。あとは、まわりの人と交換するときに流れで聞けば自然です。

質問を考える

ラインを送るときは、質問があるとスムーズです。たとえば、プロ野球に興味がある人であれば、「こんばんは!教えてほしいことがあるんだけど、○○君って野球観戦によく行くよね?どこの席で見るのがいいの?」など。好きな人の趣味をあらかじめ聞いておいて、その話題を絡めると効果的です。

食べ物の話をする

人は皆食べることが好きなため、食の話題を切り出すと盛り上がりやすいです。やり取りしていて楽しいだけでなく、おすすめのお店を聞いたり教えたりしているうちに、「今度一緒に行こう」という流れになる可能性も十分にあります。

テレビ番組の話をする

テレビの話題を切り出すのも効果的です。相手がよくテレビを見る人であれば、どんな番組を見るのか聞いて、たとえば海外ドラマであれば自分も同じ作品を見るようにすれば、共通の話題ができます。あとはその話題でラインをはじめやすく、続けやすくもなります。

好きな歌手の話をする

音楽も多くの人が興味を持っているテーマです。たとえば、相手の好きな歌手が誰かを聞いて、「その歌手のいろんな曲を知りたいんだけど……」などと言います。すると、「じゃあライン教えて」という交換の流れになりやすく、交換後もその歌手の話題で盛り上がりやすいです。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
記念として写真を撮る機会があって、写真を撮ったあとに、「写真送るからライン教えて!」と言って、ラインを交換したことがあります。今考えるとベタすぎますが、確実に交換できる方法ですよね。

好きな人とのラインで脈ありサインを見極める方法

男性が脈ありの女性に送るラインに特徴があるのは、知っておくに越したことはありません。以下の内容を押さえておけば、関係を進展させやすくなります。

相手からラインがくる

好きな女性には、自分からラインをする傾向があります。さらに、内容が他愛のないような話であれば、「ただ単にあなたとラインをしたいだけ」ということが読み取れます。よっぽどライン好きの暇な人でなければ、完全に脈ありのサインです。

返信スピードがはやい

男性は、好きな女性に対してはやく返信をする人が多いです。「相手を待たせるとラインが返ってこなくなるかも……」と心配になり、すぐに送りたくなるのです。また、返信が遅くならないようにと、頻繁にメッセージがきていないかチェックします。

自分の話をする

好きな人が、自分の話をしたがる場合も脈ありのサインです。なぜなら、好きな人には自分の良いところアピールしたいからです。たとえば、自慢話や武勇伝ともとれるような会話があれば、より脈ありと思って良いでしょう。

相手から遊びの誘いがくる

皆での遊びに誘ってくるのは友人の一人としてしか見られていない場合もありますが、二人きりでの遊びに誘ってくるというのは、脈あり確定と考えて良いです。二人きりでのお誘いは、興味のない女性にはしません。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
私の元彼は、付き合う前にかなりたくさんの質問をしてきていました。「そんなこと知りたいの?」と思うような内容まで。 のちに聞いた話ですが、ラインを終わらせたくないから、質問攻めをしていたみたいです。

好きな人に送るラインはどのような内容が良い?

せっかくラインを交換できても、送る内容がつまらないものであれば、あなたに対する評価は下がることに……。ここでは、あなたの評価を良くするラインの内容を解説します。

好きな人の趣味

好きな人の趣味を聞くのは鉄板です。人間の心理として、自分に興味を持ってくれた人に対して好意を持つことがわかっています。そのため、「自分もその趣味について興味があるから知りたい!」と言えば、あなたに好意を持ってくれる可能性が高くなります。

何気なく話していたときの話

何気なく話していた内容を覚えていることは大切です。「○○君、あれが好きだったよね?」と話を持ち出すことで、「そんなこと覚えててくれたんだ」と好印象を与えることができます

好きな人を褒める

好きな人を思いきり褒めましょう。褒められて嫌な気持ちになる人はいません。ただ、あからさまなお世辞は禁物です。たとえば、「○○君ってモテるでしょ?」とか、「前から思ってたけど、ホントまわりの人のことをよく見てるよね、尊敬する!」などが良いでしょう。

色っぽい部分を見せる

たまには色っぽい部分も見せていきましょう。ただ、これは画像で視覚的に刺激するといった話ではありません。「飲み過ぎちゃった」や、「お風呂入ってくるから、またあとで返信するね!」など、好きな人にあなたの今を想像させてみてください。

好きな人とラインを長続きさせるテクニック

してはいけないことを理解してそれを避けることで、好きな人とのラインは格段に長続きしやすくなります。何があるか以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

長文を送らない

たくさん話をしたいからといって、一気に文章を詰め込んでしまうのはNG。文章を細かくわけながら、テンポ良く話をしていきましょう。目安としては大体2~3行で、多くても5行くらいがおすすめです。

1日のラインの回数を多くしない

1日のラインの回数は少なめにするのが良いです。1日に何回もやり取りをしてしまうと、あっという間に会話のネタが尽きてしまいます。ちょうど良いのは、1日3~4通。あと、夜はあえて寝落ちをして次の日にラインを持ち込み、前日の続きのやり取りをするのも使えるテクニックです。

興味がない話をしない

興味のない話をダラダラと続けれられることほど、苦痛なものはありません。反対に興味のある話題であれば、自然とお互いが話を振りあって、盛り上がることができるものです。

質問ばかりしない

普通の会話と同じように、一方通行の会話は相手をつまらない気持ちにさせてしまいます。質問だけをするのは相手を疲れさせてしまうのでNG。質問はたまに織り交ぜる程度にして、お互いが話したい内容でキャッチボールをしましょう。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
私がよく使っていたテクニックは、寝落ち作戦です。次の日にもラインができるのはやっぱり嬉しいです。

好きな人とのラインで返信が遅かったり既読スルーされたりしたときの対処法

好きな人とのラインを続け、良好な関係を築いていくための対処法を中心にここでは解説します。待っているのに返信がこない場合には、実践してみてください。

スタンプで返事を催促する

男性はマメに返信するのが苦手な人が多いので、既読無視になりがちです。そこで、「既読無視かよぉ……」みたいな気持ちを可愛らしいスタンプを使って表してみましょう。ほかには、ピンポンを押すようなスタンプや、コンコンと窓を叩くようなスタンプもおすすめです。

既読スルーされたときと違う内容を送る

新たに文章を送るときは、既読無視された内容とは違うことを送るようにしましょう。そうすることで、「私は気にしてないよ」という態度を取ったことになり、相手も気を遣わずにラインを返すことができるのです。

日にちを空けてラインを送る

朝 女性

男性が既読無視をしたのは忙しい、返信する必要がないと思ったからという理由が多いです。相手にとって深い意味はないので、あまり気に病まないようにしましょう。

脈なしと思って諦める

関係も進展せず、既読無視が続くなどあまりにひどければ、脈なしと捉えて諦めるのもひとつの方法です。「もっと自分のことを大切に想ってくれる人がいいわ!」と開き直れるのであれば、ほかに好きな人を探すのも悪くありません。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
既読無視をされたとしても、あまり気にしません。冗談を言い合える関係だった好きな人には、「あーあ、寂しいなー」と冗談ぽく送ったりする程度でした。

まとめ

好きな人を相手にすると緊張してしまい、不自然なラインの聞き方をしまうことがあります。さらに、ラインを教えてもらったとしても、関係が途絶えるような送り方をしてしまうことも……。

そんなことにならないためにも、上手なラインをはじめるきっかけの作り方やラインのテクニックを覚え、実践することが大切。今回ご紹介した内容を、好きな人と結ばれるためにぜひ活かしてくださいね。

- 1 / 1ページ -