三回目のデートを迎えようとしているあなたに伝えたい重要なこと!

三回目のデートというのは、今後の二人の関係が進展するかどうかを占う大切なときです。三回目のデートを迎えようとしているあなたは今、とてもドキドキワクワクしているのではないでしょうか?ここでは次のデートが三回目になる女性に向けて、恋愛に詳しいyukinanaさんからうかがったお話をもとに有益な情報をお届けします。

なぜ三回目のデートは大切なのか?

まだ付き合っていない段階での三回目のデートは、とても重要と言われています。ここでは、どうして三回目のデートが大切なのか解説します。

好意がなければ三回もデートすることはないから

一回目のデートはそこまで相手に対して好意がなかったとしても、“お試し期間”や“相手を見極めるテスト期間”として二人で会ってみようかという人が多いです。そして一回目のデートが楽しかったり、悪いものでなかったりすれば、もう少し相手のことを知ってみようと二回目のデートに行きます。

この段階ですでに相手に対して好きという気持ちが固まっている人もいますが、まだまだ手探り状態の期間です。ただ、三回目のデートはお互い好意がなければすることはないでしょう。誘う側も誘われる側も、半ば今後付き合うことを前提とした考えを持っている可能性が高いです。

告白されるタイミングであるから

三回目のデートで告白を考えている人は多いです。それは相手に対する気持ちが高まる時期ということに加え、恋愛における世の中の通説としても三回目のデートは告白を決めるタイミングであるとされているからです。

ここで決めなければいつ決める!?という暗黙の恋愛ルールとも言えます。ただし、逆に言えば三回目のデートで告白されなかった場合、相手が意気地なし、もしくは告白するつもりだったけれども何らかの理由でやめたということになります。

告白をされる側は、ここで本当に告白されたければそれなりの覚悟や気合を入れてデートに臨んだほうが良いです。

ボロが出やすいタイミングでもあるから

三回目のデートでは、最初と比べてだいぶ緊張感もほぐれ、素の自分を出しやすくなっているときです。一緒にいることに慣れてきたことで飾らなくて良いぶん、ボロが出やすいタイミングでもあります。

えっこんな人だったの?と幻滅されて、せっかく発展しかけた関係が壊れてしまわないように気をつけなければいけません。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
私の経験からも、三回目のデートは告白率がかなり高いと思います。実際に私も、三回目のデートで決着をつけたことがあります。

三回目のデートにおける男性の心理状態は?

三回目のデートでは、男性はどのような心理状態にあるのでしょうか?考えられる答えを以下に記載しましたので、参考にしてみてください。

告白しようか考えている

告白をするつもりでいる男性が多いです。女性が三回目のデートに応じてくれるということは、告白すればきっとOKをくれるだろうという自信があります。そのため、三回目のデート中はいつ告白しようか、タイミングを見計らっている男性が多いです。

たいていはデートの終盤にさしかかったタイミング、もしくは別れるタイミングで告白しようと思っています。なぜならば、自信はあるものの絶対にOKをもらえる確信はないため、最初のほうで告白して万が一断られたら、そのあとが気まずくなるからです。

キスしたいと思っている

ただデートするだけの状況よりも、一歩進んだ関係になりたいと思っている男性もいます。デート中の女性の様子を見ながら、明らかに自分に好意的な態度であれば手を繋いでキスぐらいまではしたいと思っているのです。

女性が受け入れてくれるようであればそれ以上も……と考えるのが男性心理。

彼女にするかそれとも遊び相手にするか考えている

中には、体が目的で三回目のデートに誘う男性もいます。そして、わざわざ告白して彼女にしなくても、肉体関係を持たせてくれるのであれば、そのほうが都合が良いと考える男性もいるのです。そのためそんな男性は、女性側が簡単に体を許してくれそうであれば、都合の良い遊び相手にしようと思っています。

この先どうするか決めようと思っている

優柔不断なタイプの男性や慎重派の男性は、三回目のデートをこの先どうしようか決めるための時間にしようと思っていることがあります。仮にそう思っている場合、現段階では告白しようという気や二人の関係を発展させようという気はなく、自分や相手の気持ちを確かめたいという考えでいます。

告白を待っている女性からすれば、じれったく感じるでしょう。

手くらいなら繋いで良いかなと思っている

手くらいであれば繋いでも良いかなと、タイミングを見計らっている男性もいます。そして、そのときの女性の反応によっては告白しようと思っている男性も少なくありません。

いきなり告白して断られるのが怖いので、手を繋ぐことで女性の気持ちを試していると言えるでしょう。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
三回目のデートで手を繋いでくる人が多かったです。私も好意があったのでそのときは受け入れました。こちらが受け入れると、その流れで告白してくる男性が多かったですね。

三回目のデートにおける女性の心理状態は?

当記事は三回目のデートを迎えようとしている女性に向けたものですが、三回目のデートについて情報収集をしている男性読者もいるはず。

ここでは女性の心理状態はどうなのかご紹介します。

告白を待っている

ほとんどの女性は、三回目のデートで告白されることを期待しています。そもそもある程度の好意がなければ三回目のデートには応じないもの。デート時以外にも、頻繁にLINEや電話で連絡を取っているということであれば、ほぼ告白待ち確定と言えるでしょう。

まだ様子見したいと思っている

好意があることに間違いはないものの、まだ付き合おうか友達のままでいようか気持ちが固まっていない女性もいます。今後どうするかはデートの中身次第と慎重になっているのです。

そのため、タイミングを間違えると、付き合えるものも付き合えなくなってしまうおそれが。男性は告白したとしても答えを迫らないことです。このようなタイプの女性には、「考えてくれるかな?」くらいのニュアンスで気持ちを伝えましょう。

友達として楽しみたい

中には付き合う気はなく、ただ友達としてデートを楽しんでいるだけの女性もいます。男性から好意を持たれたり、チヤホヤされたりすること自体に居心地の良さや優越感を感じ、付き合う気はなくてもデートには応じてくれるのです。

三回目のデートのおすすめプラン

三回目のデートでは、多くの男性が告白したいと考えているため、告白待ちの女性は彼が言い出しやすいようにチャンスを作ってあげることも大切です。

ドライブデート

三回目のデートでは、ある程度相手の人となりがわかってくる頃です。2人きりの空間になってもそこまで緊張することなく会話を楽しむことができるため、誰にも邪魔されずにゆっくり会話を楽しめるドライブデートはおすすめです。

夜景の見えるスポットに行く

夜景の見えるスポットは、騒々しい街中と比べて静かでロマンチックな気分になれます。また、夜景スポットとして有名な場所にはほかにも多くのカップルがいるため、告白したいのになかなか言い出せない男性でも、雰囲気に後押しされてできる可能性が。

告白待ちの女性は、あえて男性に夜景スポットに連れて行って欲しいとおねだりすると良いでしょう。

落ち着いた雰囲気の店で食事デート

大衆居酒屋のようなガヤガヤした店では落ち着いて話ができません。三回目のデートでは、二人がゆっくり話せる少しオシャレで落ち着いた雰囲気のお店をチョイスするようにしましょう。

そのあとは、BARなどに行きまったりとした時間を共に過ごせば、お互いの気持ちも高まりやすくなります。BARなどはたいてい横並びのカウンター席なので、二人の距離も近くなりスキンシップも取りやすいためおすすめです。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
三回目のデートで相手の家に行ったことがあります。彼の家では映画を見ながらゆっくりとお酒を飲みました。体の関係になりそうでしたが、関係がハッキリしていないから嫌だということを伝えたら告白されました。

三回目のデートを楽しむポイントや気をつけること

三回目のデートは一回目、二回目よりもお互いの距離が近くなっているはずです。ここでは、三回目のデートを楽しむポイントおよび気をつけたいことについて解説します。

素を出しすぎないこと

緊張せずにありのままの自分でいられるのは良いことですが、あまり油断して素を出しすぎてはいけません。だらしない部分や口が悪い部分を見せてしまうと、彼があなたに幻滅して告白する気が失せてしまうおそれがあるからです。

たくさん会話をする

一回目や二回目のデートでは、緊張するためあえて会話中心とならないような、遊園地や動物園といったデートプランを選ぶカップルが少なくありません。しかし、三回目のデートでは緊張感もほぐれ、二人でいることに慣れてくるため、たっぷり話ができるような会話中心のデートにしたいところです。

これから付き合うことになるかもしれない大切なときなので、相手の家族のことや生まれ育った故郷の話など、気になることがあればしっかり聞いておきましょう。

体の関係にならないこと

すぐに体を許す女性は、それまでの女性と思われてしまいます。もし、彼が迫ってきたとしても、付き合うという言葉を交わす前であれば毅然とした態度で断るべきです。

付き合う約束がないまま体の関係になってしまうと、その後ずっと付き合っているのかよくわからない曖昧な関係が続いてしまうおそれがあります。

どのような場合に三回目のデートをしないほうが良い?

以下のような場合、二人の関係に明るい未来はないため三回目のデートは断りましょう。

相手が明らかに下心で近づいてきているとき

相手が明らかに体目的で近づいてきている場合、三回目のデートには応じないほうが良いです。そういった男性には、真剣にあなたと付き合う気持ちはありません。そして最終的には、女性が傷つけられて終わるリスクが高いです。

相手と付き合う気持ちがないとき

相手と付き合う気持ちがない場合は、三回目のデートに応じるべきではありません。相手はあなたが三回目のデートに応じてくれるということは、付き合ってくれるものだろうと期待してしまいます。

もし付き合う気はないけれど、今後も友達として仲良くしてきたいのであれば、無下に断るのではなく友達も含めて複数人で遊ぼうと言えば、相手を傷つけずに済むでしょう。

相手に女の影が見えているとき

相手が彼女持ちのケースや、ほかの女性の影が見えているときは、たとえ相手から誘われたとしても断るべきです。トラブルになる可能性があります。

また、彼女がいるのにも関わらずほかの女性に手を出す男性は、仮に今後付き合うことになったとしても同じことを繰り返し、自分も浮気をされるリスクが高いです。

まとめ

これだけ三回目のデートが大切と言われると、プレッシャーを感じてしまう人もいるかもしれませんね。ただ、今回お伝えしたように素を出しすぎない、付き合う前から体の関係にならないなど、押さえておくべきポイントはそう多くありません。

最低限気をつけるべきことをふまえれば、あとはあなたらしさで勝負をするだけ!今後のあなたの恋愛が良い方向に向かいますように……。