男性が送る脈ありライン!元キャバ嬢が男心をくすぐるテクを公開

この記事の情報提供者

男性が脈ありの女性に送るラインには、特徴があります。彼からの脈ありサインに気づくことができれば、あなたの恋愛はもっと楽しくなるはず。

今回は、恋愛経験が豊富な元キャバ嬢のNaoさんに伺ったお話をもとに、男性が送る脈ありのラインや、脈なしを脈ありに変えるためのテクニックについてまとめました。より良い恋愛をするために、ぜひ参考にしてみてください!

男性から送られる「脈あり」のラインの特徴


男性のラインは女性とはまったく違うもの。だからこそ、脈ありかどうかの判断に迷いますよね。

ラインで脈ありかどうかの判断ができれば、恋をうまく進めるときに役立ちます。男性から送られる、脈ありラインの特徴を見てみましょう。

かわいいスタンプを使ってくる

彼が女性にウケそうな、かわいいスタンプを使ってきたら、それは脈ありサインです。これは、「楽しいと思ってほしい」とか、「会話を盛り上げたい」という心理が表れたもの。

男性がかわいいものをチョイスするのは、勇気が要ります。だからこそ、興味のない女性にはしない、脈あり男性の特徴なのです。

すぐに既読がつく

既読がすぐつくのは、あなたとのラインを意識している脈ありサイン。返信スピードが遅くても、既読がつくのが早ければ脈ありです。脈ありな男性ほど、あなたからのラインが気になるもの。なので、返事ができない状況でも、読めるようにしているということです。

文章が長い

脈ありの男性は、一生懸命考えてラインを作ったり、話したいことがたくさんあったりするもの。なので、ラインの文章が長いのは、脈ありサインと言えます。

「次はいつ返信がくるかわからないから」とか、「これも話したいな」、「この文だけだと寂しいかな」などと、あなたのことを考えるうちにどんどん長文になるのです。

男性から送られる「脈なし」のラインの特徴

忙しくて、あまりラインを気にしていないという男性は少なくありません。なので、脈なしと脈ありを勘違いしてしまう女性もいます。恋を実らせるためにも、脈なしか脈ありかは、しっかりと見極めておきたいですよね。脈なしラインの特徴を押さえておきましょう。

既読が全然つかない

ラインが読まれもしていないということは、「気にしていない」とか、「興味がない」、「忘れられている」という証拠。脈ありなら、返信が気になって仕方ないというのが男性心理。なので、気になる女性のラインは常に意識しているもの。だからこそ、すぐに既読がつくのです。

返信が常に一言


あなたが一生懸命ラインをしているのに、「了解」や、「おつかれ」といったように、返信がコンパクトすぎるのは脈なしです。何かの片手間でラインを返しているか、そもそも会話を広げる必要性を感じていない可能性があります。

男性はラインを、単なる連絡手段だと考える傾向があります。女性のように、コミュニケーションを楽しむためのツールと考えていないので、一言の返信をしてくるのです。

その一方で、気になる女性に対しては興味があったり、たくさん繋がっていたいと思ったりするので、会話を広げようと頑張ります。

返事がスタンプだけ

男性がスタンプだけの返事をしてきた場合、ふざけているだけのようにも見えますが、これは脈なし。「返信を考えるのがめんどくさい」とか、「文章を打つ時間がもったいない」といった理由が考えられます。

悪意があるとは言えませんが、恋愛対象としては見られていない証拠です。

脈ありラインへの返し方

脈ありラインがきて、喜んだのも束の間。「どうやって返せばいいんだろう?」と悩む女性は少なくありません。

彼の脈ありラインにうまく返事をして、一気に距離を縮めましょう。具体的な返し方をご紹介します。

相手と同じテンションで返信する

気になっている彼からの脈ありライン。変な駆け引きをせず、好意的な気持ちで返しましょう。とは言っても、気になる彼から脈ありラインがきたら、とても嬉しいもの。「返事に嬉しさが出すぎて、引かれたら嫌」と心配する女性も少なくありません。

そんなときには、相手と同じくらいのテンションで返信するのがおすすめ。相手からハートがきたら、ハートで返すというような感じです。彼のテンションに合わせるという返信方法には、「相手も嬉しい気持ちになる」とか、「返信に困らない」などメリットがたくさんあります。

Naoさんの実体験談

Naoさん
私は、相手の真似をするようにしています。たとえば既読が早い相手なら、自分も早く既読をつけるし、文章が長い相手なら、自分も長い文章を打ちます。自分が取る行動は、実は相手に求めていることという場合があるので、真似をするのは無難だし喜ばれる可能性もあっておすすめです。

スルーしてみるのもあり

脈ありラインをスルーすることで、彼はあなたのことで頭がいっぱいになります。スルーといっても無視するのではなく、脈ありには気づいていない風に、当たり障りのない返信をするのがおすすめ。

あまり意識せずに、いつもと変わらない感じで返信すると、「あれ?反応が薄い……もしかして気づいてない?」と思うのが男性心理。彼がもう一度脈ありラインを送ってきた場合は、「気づいてほしい!」という気持ちがあると、確信を強められます。

突っ込んでみる

脈ありサインを感じたら、かわいく突っ込んでみるのもおすすめ。「何ですぐ既読つけてくれるの~?」といった感じでかわいらしく聞くことで、ラブラブなラインに発展するかも……。

勘づいていることを軽くにおわせると、彼の心をくすぐれますよ。

「脈がないな」と感じても脈ありに変えるラインの方法

彼が脈なしであっても、諦めるのはまだ早いかも。脈なしを脈ありに変えるテクニックがあるからです。男性心理を押さえたラインのやり方を解説します。

彼と同じラインをする

彼の返信が適当だったら、自分も少し適当に返すというテクニックがおすすめ。そうすることで、「いきなりどうしたんだろう」と心配になって、気にしてくれる可能性があります。また、あなたの気持ちに余裕が生まれるというメリットも。

全部を話さない

気になる彼とのラインでは、なんでも話したくなりますよね。でも、脈ありに変えるためには、ラインですべてを話すのはおすすめしません。その理由は、彼の感情を刺激することができないから。最初からすべてを伝えてしまうことで、彼の好奇心を薄めてしまうおそれがあります。

なので、「今日出掛けてたんだけど、面白いことがあったから、今度会ったとき話すね!」といったラインを送りましょう。そうすることで、彼の興味をかき立てられるので、「え!なになに」とか、「今教えてよ」と、ラインの会話が弾むことがあります。

写真を頼む

彼から、「友達と出掛けている」というラインがきたとき、「○○君の顔見たいから写真送ってよ」と写真を頼んでみましょう。写真を頼むことで、「あなたに興味があるの」とアピールすることができますよ。彼も求められていることを嬉しく感じて、脈ありに変わることがあります。

しばらくラインに既読をつけない

あえて既読をつけないことで、彼の気を引くというテクニック。今まではすぐに既読がついていたのに、突然既読がつかなくなると気になってしまうのが男性心理。

「今、何してるのかな?」「最近、そんなに忙しいのかな?」「もしかして、嫌われた?」といった想像をふくらませてしまうもの。

あなたのことを考える時間が長くなるほど、彼はあなたへの接し方を見つめ直します。「今度から、もっと丁寧に返事をしよう」といったことを考えてもらうきっかけを作れるので、脈ありに変えられるかもしれません。

彼が好きそうなスタンプを使う

好意をアピールしたい時には、彼が好きそうなスタンプを使う方法がおすすめ。距離を縮めたいといった思いを彼に伝えることで、自分の存在を彼に強くアピールできます。男性は一途に思ってくれる女性をかわいいと思うもの。そんな男心を、うまく刺激しましょう。

Naoさんの実体験談

Naoさん
私はドライブにいった彼に、「景色の写真ちょうだい!」とよく頼んでいました。それで、送ってもらえたら、大袈裟に喜んで背景画面とかに設定して、それを見せます。そうすると彼は喜んでもらえたのが嬉しくて、楽しそうに毎回写真を送ってくれるようになりました。綺麗な景色やそのときをラインで共有するようになって、どんどん仲が深まりました。

まとめ

男性とのラインから、脈ありかどうかを判断することができます。気になる彼とのラインを楽しむだけでなく、恋愛関係に発展させられるよう、サインは見落とさないようにしたいところです。

また、今回お伝えしたテクニックをうまく使えば、脈なしを脈ありに変えられるかもしれません。彼とのより良い関係づくりのために、取り入れてみてくださいね。