好きな人とのlineで効く話題3選!話を盛り上げて仲を深めよう

この記事の情報提供者

好きな人とlineするとき、どんな話題を選べば盛り上がるか知っていますか?lineをうまく使って、好きな人と親密になれれば嬉しいですよね。

今回は恋愛アドバイザーのyukinanaさんに伺ったお話をもとに、好きな人とlineをするときにおすすめの話題について詳しくまとめました。彼との仲を深めるために、ぜひ役立ててくださいね。

好きな人とするlineでおすすめの話題3つ


好きな人とのlineは、できるだけ盛り上げたいですよね。たくさんやりとりをして、好きな人との仲を深めたいと思うものです。

そんなときにおすすめの話題をご紹介しましょう。

①趣味

趣味の話題は、かなり盛り上がります。とくに、好きな人の趣味について聞くのがおすすめ。

男性にとっても、自分の好きなことを話すのは楽しいもの。話が自然と広がっていくので、新しい話題を探す必要もなくなるというメリットも。

②食べ物

男女共通で盛り上がれる、食べ物の話題。「どこどこの○○が美味しい」とか、「○○を食べたことがないから食べてみたい」といった話をしているうちに、「今度一緒に行こうよ」という流れも作りやすくなります。

自然な流れでデートの約束をとりつけられるのは、食べ物を話題に選ぶときの、大きな魅力です。

③共通点


2人に共通する話題を取り上げることは、自然に仲を深めたいときにおすすめ。お互いにやっているゲームの話題や、好きなアーティストの話題、共通の友人の話題など、共通点が多いほど親近感を覚えやすくなるもの。

そうやって仲が深まってくると、話題選びで困ることも少なくなり、とりとめもない話ができる間柄になっていきます。

好きな人とのlineを長続きさせるコツ


「どうすれば好きな人とのlineを長く続けられるのかな……」と悩んだことはありませんか?彼への気持ちが強いほど、どうにかして長くやりとりを続けたいと思うもの。

ここでは、好きな人とのlineを長続きさせるコツを解説します。

好きな人の趣味を話題にする

好きな人の趣味の話をすると、会話が長続きします。ポイントは、好きな人の趣味に関心を示すこと。たとえば、彼がlineしてきたことをちょっと調べてから、「こういうのもあるんだね~」などと言うといいですよ。そうすることで、もっと堀り下げて話をしてくれるようになります。

自分の好きなことに興味を持ってくれている人には、丁寧に教えてあげたいと思うのが男心。教えてあげているという感覚は、頼られているというイメージにも繋がり、あなたの印象を良いものにする効果が期待できます。

たくさん質問をする

適度に疑問形にすることは、lineを長続きさせる秘訣。「こないだ言ってたやつどうなったの?」とか、「気になってたんだけどさぁ、○○くんって普段何してるの?」など、パターンはいっぱいあります。よほど相手にとって都合が悪い質問でない限り、まず間違いなく返信がきます。

寝落ちしたフリをする


「そろそろlineが終わりそうだな……」と感じたら、寝落ちしたフリ作戦が効果的。これで次の朝に、「おはよう、寝ちゃってた」と送ることができます。あえて返事をせずに、翌日に持ち越すことで気分を一新し、lineを長続きさせられるというテクニック。

うまくいけば次の日もそのまま1日、lineを続けることができちゃいますよ。

文章を短めにする

長い文章を送ると、彼は読むのが大変。さらに、返信を考えるのはもっと大変です。「長いlineをもらったのに、自分の返事が短いとなんか悪いな」と気を遣わせてしまう原因にも……。

できる限り長い文章を返そうとしているうちに、何日も経ってしまうということは珍しくありません。そのうち、やりとりをするのが億劫になって、lineが途絶えてしまうというおそれがあります。好きな人とのlineを長続きさせたい場合には、文章を短めにするように心がけましょう。

好きな人とlineをするタイミング


しっかりと読んでもらえるかどうかは、lineのタイミングによって異なります。また、どれだけ丁寧に返事をしてくれるかという点についても、タイミングが重要。

ここでは、好きな人にlineをするタイミングについて、詳しくお伝えします。

彼がゆっくりしているとき

lineは、彼が忙しくない時間に送るようにしましょう。たとえば、彼が昼休憩をとっているときや、仕事終わりが良いでしょう。もっともおすすめなタイミングは、家に帰ってご飯とお風呂を済ませ、まったりしているであろう時間です。

忙しいときにlineをすると迷惑ですし、ちゃんとした返事ができないことのほうが多いです。それに比べて、彼がゆっくりとできる時間帯なら、ちゃんとあなたのlineを読んだうえで、しっかりとした返事を考えて送ってくれる可能性が高まります。

また、時間があるときにlineをすることで彼に、「思いやりのある女性」という印象を与えられます。相手のことを考えられる女性を魅力的と感じる人は多いものです。より良いやりとりができるうえに、彼に好印象を与えられるので、lineを送るタイミングは、彼がゆっくりしている時間帯を選びましょう。

1週間に1回のペース


好きな人とのlineは、1週間に1回を目安にしましょう。毎日送ると面倒くさがられますし、期間を空けすぎてしまうと、何を話したらいいかわからなくなってしまいます。ほかの女性に出し抜かれないためにも、週1くらいが妥当なのです。

返信のタイミングは彼に合わせる

彼の返事が遅ければ、あなたも遅めに返事をするというように、返信のタイミングを好きな人に合わせましょう。そうすることで、彼にとって心地良いやりとりができます。

返事をするときには、ほど良く間を空けて彼が、「何してたんだろう?」と考える時間を与えることがポイント。あなたのことを気にする時間が増えて、存在感を強める効果が期待できます。また、時間が空くほうが、彼の負担にもなりません。

ただ、彼がまったりしている時間なら即レスもありです。ポンポンとリズム良くやりとりをすることで、lineを楽しみ、仲を深めるための良い時間を過ごせるでしょう。

好きな人とlineをするときの注意点


好きな人とのlineを通して、もっと親密になりたいという場合、注意点を押さえておくことが重要。良かれと思ったことが逆効果にならないよう、男心を把握しておきましょう。

ここでは、好きな人とlineをするときの注意点をまとめました。

長文のlineを送らない

長文のlineは、男性から面倒がられるので要注意。読むだけでも疲れるうえに、「長文で返さなきゃ」といったプレッシャーを与えてしまうことにもなりかねません。

好きな人とのlineでは、伝えたいことや聞きたいことがたくさんありますよね。そのため長文になってしまいがちですが、逆効果になるおそれがあるので、避けるのが得策です。

ダラダラとlineを続けない

lineは引き際が大切。ダラダラと続けてしまうと、「つまらない」という印象を与えてしまうおそれがあります。

男性は、長くやりとりを続けると、飽きてきて疲れる傾向があります。時間がもったいなく感じてくる男性も少なくありません。lineが終わったあとに、「もっとほかのことに時間を使えば良かった」という後悔を与えてしまうと、イメージが悪くなってしまうので要注意。

また、毎日lineをするのも控えたほうが良いでしょう。彼を疲れさせたり、飽きさせたりするリスクが高くなり、あなたに対するマイナスイメージに繋がりかねません。lineを通して、「楽しかった」という印象を残せるようにしましょう。

スタンプだけを送らない


スタンプだけを送ると、好きな人を困らせてしまうおそれがあります。「どうやって返せばいいのかわからない」とか、「何を伝えたいのか、意図がわからない」と男性に思われてしまいがちなので、やめておくに越したことはないでしょう。

夜中や早朝に送らない

夜中や早朝にlineをしないように注意しましょう。彼の眠りをさまたげてしまうおそれがあります。「自分のことしか考えていない人」とか、「常識のない人」といった印象に繋がるおそれがあるので、これらの時間帯は避けるのが賢明な判断です。

ハートを使いすぎない

好きな人とのlineでは、ハートをたくさん使ってしまいがち。でも、ハートを使いすぎると、安っぽい女という印象を与えてしまうかもしれません……。

男性によっては、「かわいい子ぶってる」と、マイナスイメージに繋がるリスクもあります。ハートマークは、適度に使うからこそ良さが引き立つということを、頭に入れておきましょう。

まとめ

好きな人とのlineは、楽しみながら長く続けたいですよね。そのためには相手の迷惑にならないようタイミング、頻度、切り上げ方に注意しつつ、盛り上がりやすい話題を出してやりとりをするのがGood。短文で返信しやすい、重たくない内容のlineを心がければより良いです。

今回ご紹介したlineのコツを駆使して、好きな人との仲を深めてくださいね。