告白を電話でする前に!後悔しない電話告白のポイントとは?

この記事の情報提供者

告白は直接会ってするのが一番という意見が大半を占める中、LINEや電話で告白を考えている人は少なくありません。ここでは、電話で告白を考えている女性に向けて、恋愛アドバイザーであるNaoさん提供の情報をもとに、成功率を上げる方法などについて解説します。

電話の告白は成功しやすい?その理由は?

女性も男性も、告白されるなら直接されたいという意見が大半です。では、電話の告白は成功しにくいのか?しやすいのか?というとしやすい部類に入ります。その理由を解説します。

相手が告白されると予測できないから

会って話したいことがあると言って相手を呼び出したり、会う約束をしたりすると、その時点で「告白かな?」と思われてしまいやすいです。すると、相手も告白された場合の回答を用意して臨んでくるため、だいたいはその時点(相手に会う約束を取り付けた時点)で決着がついているようなものです。

しかし、電話であれば普段話している流れから、「実は前から……」と話を切り替えて告白することができます。相手に対して不意打ちとなるタイミングで告白するためドキドキ感を与えることができ、成功しやすいです。

顔が見えないのが逆に良い

会って告白となると、頭が真っ白になってあらかじめ言おうと思っていたことも言えずに、不完全燃焼で終わってしまう人も少なくありません。電話であれば、相手の顔が見えない分、照れずに自分の気持ちをしっかり伝えることができます

また、何をどういう風に、どんな順番で伝えようということをメモに記して、そのメモを手元に置いておくことも可能です。それにより、告白してからああ言えば良かった……や伝えそびれたということを防げるでしょう。

一般論として、“告白は直接がベスト”というイメージが強いです。ただ、電話のほうが告白されたときに照れている姿を見られずに済むから良いという、告白される側の男性の意見も意外と多いのです。

電話で告白するメリットとは

意外と成功率が高いということも大きなメリットのひとつといえますが、ほかにも電話で告白するメリットはあります。以下にまとめましたので、順番にチェックしていきましょう。

距離が遠くても告白できる

告白は自分の気持ちが最高潮に達したときにしようと思いますよね。でも、告白したい相手が物理的に距離が遠いとなると、相手の都合もあり、なかなか約束を取り付けることができず告白の機会さえ作ることができません

電話であれば距離が遠くても告白することができます。自分の気持ちが最高潮に達したタイミングで思いを伝えることができるのです。

告白に集中できる

直接告白となると、騒々しくない場所や、誰かに見聞きされない場所を選ばないといけません。そのため、場所選びに悩むあまり、告白するタイミングを逃してしまうことも。

電話であれば、いきなりかけない限りお互いゆっくり話せる場所にいるため、ほかのことに気を取られず、落ち着いて告白に集中することができます。

相手の表情に左右されない

告白は直接でないと、「相手に気持ちがしっかり伝わらないのでは?」という意見が少なくありません。でも、会って告白となると、どうしても相手の表情から感情を察してしまいます。

そのため、告白中に相手の表情が曇ったりすると、「ダメかな……」と自信をなくしたり慌てたりしてしまい、自分の気持ちをしっかり伝えられなかったりします。

電話であれば、相手の顔が見えないため、表情に惑わされることなく伝えたいことを伝えることができます。心配しなくてもこちらの真剣度は、声を通じてしっかり伝わります。

電話で告白するときのコツ

電話で告白するときのコツは、視覚以外の情報からいかに気持ちを適切に伝えるかです。詳しくは以下にまとめましたので、順番に確認していきましょう。

間を大切に使う

こちらがどれだけ真剣な気持ちで電話しているか、相手に伝わる情報は声だけに限定されています。そのため、沈黙が続いたとしても焦らずに、逆にその沈黙を上手く利用することで、相手にドキッとさせることができます。

たとえば、告白する前に一拍置くといった具合にです。焦らず、間を大切に使いながら話すと成功率がアップするでしょう。

ゆっくりと話す

人は緊張すると早口になってしまいがちです。早口になると相手が聞き取れなくなる原因になるほか、ムードがない事務的な告白となってしまい、相手をときめかせることができません。電話で気持ちを伝えるときは、相手があなたの一言一句に集中できるよう、ゆっくり話すことを心がけましょう。

そうすれば、より相手の気持ちを惹きつけることができます。

時間に余裕を持つ

告白する際は、相手にある程度時間を取ってもらえるようなタイミングで電話をしましょう。電話をする前にLINEやメールで、「電話してもいいかな?」と尋ね、相手が外にいたり何か用事をしたりしていて、「少しだけなら」というような回答をくれた場合には、改めるようにしましょう。

告白している途中で相手が電話を切らないといけなくなったら台無しですからね。

感情を込める

目は口ほどに物を言うという諺があるように、直接告白する場合は言葉に出さなくても目や表情で自分の気持ちが伝わります。でも、電話は相手にその情報が伝わりません。そのため、しっかり感情を込めて話すことが大切です。

Naoさんの実体験談

Nao さん
感情を込めて話すのが苦手で、電話で告白したときに、「本気?」と言われてしまいました。顔が見えない分、気持ちを込めて話さないと相手に思いが伝わりにくいということを実感した瞬間でした。

電話で告白するときのおすすめのセリフ

短いフレーズではありますが、以下のように言えば、直接ではなく電話で告白する理由がプラスに働きますよ。あなたが告白する際に、取り入れてみてはいかがでしょうか。

「顔を見たら上手く伝えられないから」

多くの人は告白は直接してほしいと思っています。そのため、相手にはなぜ電話で告白することを選んだかということを付け加えましょう。

ひとつは、「○○君の顔を見たら上手く伝えられないから」です。そう伝えれば、「恥ずかしがり屋だけれども、精一杯の勇気を振り絞って、気持ちを伝えに電話してきてくれたんだな」と、相手に好印象を与えることができます。

直接告白しないことに対してのマイナスポイントが、逆にプラスに受け止められるでしょう。男性はこれを言われるとあなたのことを健気で可愛く、そして守ってあげたいと思う確率が高いです。

「〇〇君の顔を見ると緊張しちゃうから」

これも上記と同じで、直接会って告白しないことに対するマイナスポイントがプラスに変わる言葉です。相手の男性のことがすごく好きなのが伝わります。言われた男性も、「なんでよ」と茶化しながらも、「俺のことそんなに好きなの?」と内心嬉しく思うでしょう。

「会ったらまた告白するね」

本当は直接伝えたいけれども、話しているうちにどうしても伝えたい気持ちが溢れてしまったと言えば、「自分の気持ちを抑えきれないほど俺のことが好きなのか?」と受け止めてもらうことができます。そして、「別に一回言ってくれたら十分」と、即行でOKをもらえることもあります。

Naoさんの実体験談

Nao さん
「本当は直接言いたかったけれど我慢できなかった」と言って告白し、OKをもらった経験があります。あとから聞いたら、我慢できないという部分が愛されてる感を感じられて良かったと言われました。

まとめ

「本当に好きなら直接言うべきでは?」という意見があるがために、電話での告白を躊躇っている人もいるのではないでしょうか?

電話での告白は決して悪いことではありません。むしろ伝え方によってはマイナスをプラスに変えることができます。

この記事がこれから告白しようと思っているあなたにとって、少しでも励みになれば幸いです。