女性 嘘

メンヘラの定義とは?メンヘラ女子の特徴と上手な付き合い方

ネットから火が付いた「メンヘラ」の意味を知っていますか。メンヘラは、正式な精神疾患があるのではないのに言動が独特で周りを振り回すことが多いメンタルの弱い人のことを指します。ストレス社会では自分が気づかないうちにメンヘラ予備軍になっていることも考えられます。

ここでは、

についてまとめてみました。

メンヘラの定義


メンヘラは、独特な行動パターンや言動が目立ち、人に迷惑をかけることが多いことで知られています。女性が陥りやすい精神状態であるためメンヘラ男子よりもメンヘラ女子の方が有名です。改めてメンヘラの定義についてみてみましょう。

心の病気を患った人を指すネットスラング

メンヘラとは医学用語ではないだけではなく病名や状態を指す正式な言葉でもありません。
心の病気を患った女性を「メンヘラ女子」と表現したネットスラングが起源となっているといえます。言動に一貫性がなくあまりにも独特過ぎたりすることから、恋人や周囲を振り回す病的な女性を指して「メンヘラ女子」と呼ぶことが定着したようです。

メンヘラにどのように対処すればよいかわからずにネット上で悩みを告白、相談する人も少なくありません。

実際には病気ではなくただメンタルが弱い人にも使う

メンヘラは精神的に重度の障害や疾患があるわけではなく、メンタルが極端に弱い人を指して使用される言葉でもあります。普段から覇気がなく人とコミュニケーションを図ることが苦手なため友人にも恵まれません。

精神的に追い詰められることがあると妄想や虚言などが多くなり、周りを巻き込んで大騒動することもあり迷惑な存在になることも少なくありません。基本的には人とうまくつきあえないのに人から構って欲しい矛盾した考えの持ち主であり真剣に相手をするのは疲れます。

メンヘラ女子の特徴

病んでる人にやってはいけないNG行為
一見普通だけど言動や考え方が独特過ぎて敬遠されがちなメンヘラ女子。自分だけで落ち込んでいるのであればそれほど害はありませんが、周りを巻き込むので厄介です。メンヘラ女子の特徴をまとめてみました。

いつも体調が悪そう

メンヘラ女子は精神的に不安定な状態であるためいつみても体調が悪そうにみえます。顔色や肌ツヤが悪いだけでなく不眠症もあるのかまぶたも腫れぼったくなっていることも少なくありません。白日夢をみているかのようにボーッとしていることも多く、話しかけても気づかないこともあります。

会話の輪のなかに入って楽しそうに話をする姿はほとんど見ることができず、昼休み時間になっても1人でポツンとしていることもあるでしょう。そして「大丈夫?」と声をかけられるのを待っています。

誰かに依存しがち

メンヘラ女子は積極的に自分から人と関わって仲間をつくろうとはしません。しかし、1人ぼっちでいることにも耐えきれないため、心を許した人を見つけて依存しがちです。何かある度にメールやLINEなどで相談したり、人の悪口を言ったりするためターゲットとなった相手は気が休まる暇がないでしょう。

恋愛に対する思い入れも強いため、好きになった男性やパートナーに対しては異常に依存して束縛します。連絡しても返信がないとヒステリックになるほど特定の相手に頼り切ってしまいます。

虚言癖がある

女性 嘘
メンヘラ女子は基本的に「かまってちゃん」なので人の関心を自分に引きたいと思うと手段は選びません。注目されるために嘘をつくことも珍しくなく、嘘をつくことに何の抵抗もありません。度が過ぎるため周囲からは虚言癖があると思われていることでしょう。

誰かに構って欲しいために嘘をつきますが、何度も繰り返されるため周囲にはすぐに嘘を見抜きます。オオカミ少年のように振る舞うので本当に助けが欲しいときに傍にいてくれる人はいなくなるでしょう。

SNSで友人関係を監視している

メンヘラ女子は明るい会話で友人とつながることが苦手であるためSNSに依存する傾向がみられます。自分が頼りにしている数少ない友人のSNSは特に気になるためパトロールして監視するのが日課です。

自分の悪口が言われていないか、仲の良いグループなどの友人関係に変化がないか、自分だけ外されていないか、など不安は尽きることがありません。友人のメッセージや写真を勝手に誤解して激怒して文句を言うこともあります。

LINEがやたらと長い

メンヘラ女子はLINEでもその特性を発揮します。LINEのメッセージは長くても2~3行程度が普通でしょう。しかし、メンヘラ女子はLINEメッセージとは思えない明らかに多い長文メッセージを送ります。それも1通で終わるのではなく長文メッセージを連投することも珍しくありません。

自分のメッセージにはすぐに返信してくれることを望んでいるため、返信が少しでも遅れると感情的になって怒ったり、落ち込んだりすることもあるでしょう。相手に構って欲しい気持ちからの行為ですが、メッセージを受け取った相手は息が詰まりそうになります。

ネガティブ発言が多い


メンヘラな人女子は「私なんてどうせ……」「私だけが不幸だ」などと常に悲劇のヒロインを気取ったネガティブ発言が多いのが特徴です。過去に家族や友人、恋人との間で何かしらのトラブルがあり、それが大きなトラウマとなっていることも原因として考えられます。

人が楽しい話題を振ろうとしてもネガティブな発言で場の雰囲気を壊すことが多いため孤立しがちです。また、ネガティブ発言を放置するとさらに落ち込む面倒くさい傾向もみられます。

コンプレックスが強い

メンヘラ女子は自分に対するコンプレックスを多く抱えており自分に自信を持つことができません。顔やスタイルには特に強いコンプレックスを持っているので鏡を長く見つめることもないでしょう。頭はそこそこ良くても自分はダメだと否定して可能性をつぶしがちです。

これまでに本気で努力した経験や成功体験がないため、何に対してもやる前から諦めてしまいます。コンプレックスは強いのに人からウィークポイントを指摘されるとヒステリックになって暴言を吐くことも珍しくありません。

ひきこもりがち

メンヘラ女子は自分の殻にこもって人と積極的に交わろうとしません。唯一気を許した人過度に頼ることがあっても、自分から外へ出かけていくようなことはないでしょう。休日は自宅にこもって過ごすことが多く、1日中パジャマのままで家から一歩もでないことも珍しくありません

昼夜逆転によって生活のリズムが完全に狂っており、睡眠や食事など生きていくうえに必要なことさえままならなくなるでしょう。来客や電話の対応さえ億劫になって世捨て人のようになってしまうこともあります。

メンヘラな人たちとの付き合い方


急にどんな言動をするか予測がつかないメンヘラな人たちとはできれば付き合いたくないでしょう。しかし、職場の同僚や昔からの友人、恋人など、どうしてもメンヘラは人たちと付き合わなければならないこともあります。どのように付き合えばいいのでしょうか。

とにかくほめて自信を持たせる

メンヘラな人たちはとにかくネガティブ思考で多くのコンプレックスに心が支配されています。自己存在感や自己有用感が持てず、自尊感情が極端に低いことも大きな特徴といえます。そのため、何をやっても上手くいかないと思い込み積極的に物事に取り組もうとしません。

したがって、メンヘラの人の精神状態を正常にキープするためには、とにかく褒めて自信を持たせることがポイントとなります。普通の人がすれば当たり前のようなことでも、オーバーに褒めて認めてあげることで少しは自分に自信が持てるようになるでしょう。

ネガティブワードを真に受けない

メンヘラの人たちは口を開けば次々にネガティブワードが飛び出すためいちいち真に受けていると大変です。「○○さんがこんなことを言っていた」「死にたくなるほど辛い」「私なんかいない方がいい」など、聞いている方の気が滅入ってしまうような言葉を平気で並べます。

ネガティブワードを真に受けると聞いている側のメンタルヘルスが害される可能性があります。話半分で聞くではなく聞いた瞬間に耳から抜けていくようなイメージを持つことが大切です。

つらいときは距離を置く


メンヘラの人たちにとって少しでも力になろうと寄り添ってあげる優しさも必要です。しかし、あまりにも度が過ぎる精神状態に付き合うとその人まで精神を病んでしまう可能性があります。

メンヘラの人たちもいつまでも他人に依存したままで生きていくわけにもいきません。何を言っても聞く耳を持たずおかしな言動ばかりする場合には、ときに突き放して距離を置くのも1つの方法です。自分を失ってまでメンヘラの人たちに付き合う必要はありません。

まとめ

メンヘラとは重篤な精神疾患ではないものの心を病んで特異な言動が目立つ人を指すネットスラングです。周りを巻き込んで迷惑をかけるので相手をして疲れ果ててしまう人も少なくありません。メンヘラ女子の特徴を参考にメンヘラ予備軍になっていないかチェックするとともにメンヘラの人との上手な付き合い方も理解しておきましょう。