自分に自信をつけるメリットと自信をつける4つの方法

「自分に自信がありますか」と聞かれてすぐに「YES」と答えることができるでしょうか。謙虚さを美徳とする文化を担う日本人には自信を持てない人が多いといわれています。しかし、自信がないことで損することは山ほどあるのです。そこで、自分に自信がない人の特徴や自信を付けることのメリット、自信を付けるための方法について紹介します。

 

 

自分に自信がない人の特徴

自信喪失してしまったらどうする?自信喪失の原因と回復法
自信はうぬぼれと紙一重なので過剰な自信は他人に不快感を与えます。しかし、全く自分に自信がないと人間としての魅力も感じられず人からの信頼度も低くなってしまうこともあるでしょう。自分に自信がない人にはどんな特徴があるのでしょうか。

他人の目を気にしすぎている

自分に自信がない人には自分の自信を失う勝手な基準を作り出している傾向がみられます。特に他人との比較で自信がなくなることが多く、特に能力が劣っているわけでもないのに他人の目がきになってしまうようです。

またライバルがいない場面でも「失敗したらバカにされる」「こんなこと言ったら笑われてしまう」と自分で勝手に基準を設けて自信を喪失してしまいます。他人の意見や批判に過剰に反応していては怖くて何もできません。他人はそれほど自分のことは見ておらず、ある意味で自意識過剰とも言えるでしょう。

自分を過小評価している

自分に自信がない人は自分の能力や価値を低く見る傾向があります。他人からみて確かに長所があるのに自分を過小評価しているため、良い所を素直に認めることができません。自己評価が極端に厳しいため、成功を収めるようなことがあっても心から喜ぶことができないのでしょう。

常に過小評価していれば「最初から何をやっても無駄だ」と考えるようになってしまいます。自信を失って何もしないのではなく、自信を持つために具体的に改善すべき点を洗い出して実践することが大切です。

人間関係のトラブルが大の苦手


自分に自信がない人は自分の言動にも自信がもてません。間違った意見でなければ自分を貫き通せばいいのですが、そうすることによって人間関係上のトラブルが生じることを極端に嫌います。たとえ自分が正しいことを言っていてもそれが原因で他人とギクシャクするくらいなら主張しない方がマシだとあきらめてしまうのです。

トラブルを避けようとすれば自分をいつも殺して人の意見に流されて無難に過ごすことを選択することになります。しかし、何も主張しなければ周囲からは何を考えているかわからないといわれ、結局、信頼されずに良好な人間関係を築くことはできないでしょう。

コミュ力が低い

自分に自信がない人はトラブルを避けるために積極的に人間関係を構築しようとしません。人に意見されたり批判されたりして落ち込むよりは接触せずに1人でいた方が楽だと考えがちです。コミュニケーション能力が極端に低いため、人と協力して何かをやり遂げる経験や人に依頼したり人から依頼されたりすることがありません。

自ら積極的に話題を提供しなくても聞き上手に徹すれば良い人間関係をつくることは可能です。何もしなければ人から頼りにされることもなくなり孤立することで、さらに自信を喪失することにもなりかねません。

自分に自信をつけるメリット


長い間自分に自信が持てない人は自分が我慢さえすれば別に自信を持つ必要はないと考えることもあるでしょう。しかし、自信が持てないことは人生で大きな損をすることにもつながります。自分に自信をつけるとどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

みんなから好かれやすくなる

自分に自信が持てるようになると何事にも前向きに取り組むことができます。生き生きとした顔で活発に動き回る姿に好印象を抱く人は多く皆から好かれやすくなるでしょう。ブレない自分があるため自分の意見をストレートに伝えることもできます。本音で会話ができるようになれば周囲からの信頼度も高まり人からよく頼られるようにもなるでしょう。

自分に自信が持てるようになれば心にも余裕が生まれるため楽しいことにも興味がわきます。皆とワイワイやりながら楽しむ場に参加することも多く、新しい友人もすぐにできるようになるでしょう。

恋人が出来やすくなる

自信が持たない人は自分へのコンプレックスだらけなので対人関係苦手です。特に恋愛には臆病で「自分を好きになってくれる人なんかいない」と自己否定し続けることになります。一方、自分に自信がもてるようになると異性に対しても積極的に近づいて話しかけることができるようになります。

自分に対する自信は片思いから両思いへステップアップするために思い切って告白する勇気にもつながるでしょう。それだけでなく、自信を持って生き生きとしていれば異性からも声がかけられやすくなります。

仕事で評価されやすくなる


自分に自信が持てると仕事に取り組む姿勢も変化します。自信がないとなるべく失敗しないように無難な仕事しかしようとせず、振られる仕事に自ら手を挙げることはないでしょう。

自信が持てると生き生きとした表情で仕事に取り組むことができ、体力、精神力ともにみなぎっているため良い結果をもたらすことが多くなります。そのため、同僚や先輩、上司からも仕事を評価されやすくなり、重要な仕事やプロジェクトメンバーを任されたりすることにもつながるでしょう。

人生を前向きに楽しむことができる

自分に自信が持てる人は常に顔を上げて前向きに生きることができます。過ちや失敗は誰にでもあることですが、自信があると「失敗したらどうしよう」ではなく「成功したらラッキー、失敗したら成長できてラッキー」と思えます。

自信を持つといつもポジティブ思考でいられるため、必ず最終的に歯明るく楽しい結果を得ることができるのでしょう。また、自身を持つためには陰で努力することがどんなに大切なことかも理解できるため、日々努力の努力を継続することができます。そして、努力できる自分を好きになり人生を前向きに楽しむことができるのです。

自分に自信をつける4つの方法

マニキュアNGのお仕事や学校に通う人自分になかなか自信が持てない人は、具体的にどのようなことをすれば自信がつくのかわからないのではないでしょうか。具体的な目的や目標を持って行動すれば必ず自信を持つことができます。自分に自信がつく4つの方法を紹介します。

他人の目を気にしないように気をつける

自分に自信をつけたいのであればまず他人の目を気にしないようにすることが大切です。人にはそれぞれ個性があり能力や特性にも違いがあって当然です。「人は人、自分は自分」と開き直って他人と自分を比較して考えたり、他人の目を気にして挑戦することを辞めたりしないようにしましょう。

他人の目を気にしなくなれば自分の思い通り好きなように何でもできるようになるはずです。失敗しても落ち込まず、その原因を考えて次に活かせば必ず成長できます。

ダイエットや筋トレをして自分を好きになる

身近なところで言えばダイエットや筋トレでボディメイクにチャレンジすることでも自信をつけられます。努力すればそれが必ず結果となって体に表れるため、途中で挫折しなかった自分を褒めて好きになることができるでしょう。

自分に自信がない人は粘り強く努力した経験が不足していることも少なくありません。コツコツと地道に努力したことが実を結び成功を手に入れられれば、達成感や充実感を味わうことができ自分に自信が持てます。ダイエットや筋トレは肉体だけでなく精神を改造するのにもおすすめです。

他人への感謝を口にする


人から感謝されるのではなく他人に対して感謝の言葉を口にすることでも自信につなげることができます。感謝の言葉は人に対して発するものですが、同時に他人の言動によって自分が幸せな状態であることを実感することにもなります。

「仕事を手伝ってもらう」「食事を作ってもらう」など、日常的にありふれたことであっても「ありがとう」と言葉にして伝えることで自己肯定感、自信につなげることが可能です。感謝することで自分が恵まれた環境にあることを実感できるとポジティブ思考で物事を考えやすくなります。

清潔感のあるファッションにする

現時点でファッションに特に問題がなくても清潔感のあるファッションを目指してみましょう。特別なおしゃれをしなくても爽やかで清潔感のあるファッションは誰にでも好印象を持たれます。外見に好印象を持つと性格までよく思いがちです。

自分に自信をつけるためには内面的な改革も必要ですが、それと同時に直接的な実感につながりやすい外見にこだわることも大切です。自信がある人はファッションにもその人の個性や自信がみなぎっているように感じられます。鏡に映った自分の姿に自信が持てれば言動にも自信が持てるようになるでしょう。

まとめ

自分に自信が持てると仕事だけでなく友人関係や恋愛、生き方などに大きなメリットがあり毎日を楽しく生き生きと過ごすことができます。自信がない人は人の目や評価を気にせず自分を好きになることで自信へとつなげることができます。自信がない人はまず自分を好きになることから始めましょう。