女性が職場で好き避けしちゃう理由とは?好き避け女子との付き合い方

職場に特定の男性だけに極端にそっけない態度や冷たい態度をとる女性はいないでしょうか。相手を嫌っているのであれば仕方ありませんが、実は相手のことが好きで意識し過ぎるからこその行為かもしれません。

ここでは、

についてまとめてみました。

好き避けする女性の心理


好きなのに相手が近づいてくると意図的に避けたり、話しかけられても事務的にしか返さなかったりと職場で好き避けする女性がいます。相手のことが好きな気持ちは強いのになぜ好き避けするのか、その女性心理に迫ります。

恥ずかしい

職場で特に多く好き避けがみられるのは、単純に恥ずかしい女性心理が働くものと考えられます。相手を好きな気持ちが強すぎると過剰に意識してしまって顔も見られなくなります。ただすれ違うだけでも顔が真っ赤になってしまうこともあるでしょう。好きな気持ちは強いのにそれを相手に悟られてしまうことが怖い気持ちも働いていると考えられます。

好きなアイドルをずっと追いかけているのにいざ握手会などで目の前に現れると何も話せなくなる心境と同じといえるでしょう。意識し過ぎてそっけない態度をとってしまい相手に誤解されることを避けたい気持ちもあります。

何を話せばいいかわからない

好きな相手を目の前にして何を話せばいいかわからなくなり混乱してしまって避けてしまうこともあります。好き避けをする女性のほとんどは恋愛経験が少なく、自分の好きな気持ちをどう処理していいかがわかりません。強い想いはあるのに相手に伝えることもできずに悶々とした状態であるといえるでしょう。

恋愛経験が豊富な人からすれば「気持ちを伝えればいいじゃない」と思われるかもしれませんが、それができないために好きなのに避けてしまうのです。自分から話しかけられないだけでなく、話しかけられても極度に緊張してどう返せばいいかわからなくなりその場を逃げ出してしまうことも多いでしょう。

職場でバレるのは避けたい


職場で好き避けが多い最大の理由として恋愛感情があることがバレたくない心理が働くことがあげられます。恋愛に関する情報や噂は職場ではすぐに広まるものです。好きな相手に告白もしていないのに噂が広がって相手に迷惑をかけて終わりになりたくない気持ちが強いのでしょう。

相手を好きなことが言動に表れやすい人ほど周囲に恋愛感情を見抜かれてしまいます。恋愛に何の進展もないのに噂が広まってギクシャクした関係になるのだけは避けたいと思うでしょう。職場に広くバレてしまったら今後の仕事もやりにくくなってしまいます。

公私混同はしたくない

真面目な人ほど職場とプライベートの区別はしっかりしたいと考えています。仕事をすることを目的としている職場で、私情である自分の好意を全面に押し出して好きな人に接することはよくないと思っているのでしょう。

職場恋愛が禁止されているような時代錯誤は今の時代にはないでしょうが、それでも仕事が疎かになるとして快く思われないことはあります。職場では仕事第一に考えて節度ある行動に努めなければならない、人間関係を壊してはいけない、そんなプレシャーを自分で書けている可能性も考えられます。

好き避け女性の行動パターン


職場だけでなくプライベートの時間でも好き避けをしてしまう女性は少なくありません。相手を好きな気持ちを知られたくない気持ちが強いのでしょうが、周囲から不自然にとらえられることもあります。好き避け女性によくみられる行動パターンをみてみましょう。

話しかけると妙な間が空く

気になっている人から突然話しかけられると一瞬妙な間が空くことがあります。予想外の出来事にパニックになって驚きと緊張によって体が固まってしまうだけでなく、頭の回転も一時停止してしまうのでしょう。事前に受け答えを想定してイメージトレーニングしていればスムーズに会話できるでしょうが、好き避けする女性にはそんな余裕もありません。

一旦妙な間が空いてしまうとそれを取り戻そうと焦れば焦るほどドツボにはまります。妙な間から抜け出すことができずに、結局相手にとっては無視したような状態になることも珍しくありません。

不意に目が合うことがよくある

好き避けをしている女性はいざとなると無視しているかのように避けるのに、気になる男性と不意に目が合うことがよくあります。面と向かって話をすることはもちろん、自ら近づくこともできないない女性は、遠くからいつもこっそりと好きな男性を観察しています。無意識に目で追っていることも多いので、そんなとき不意に目が合うことが多いのでしょう。

男性はたまたま目が合ったと思って特に気にしないことが多いのですが、意識しすぎの女性は目が合った瞬間に恥ずかしくてすぐにそらしてしまいます。場合によっては相手に不快な思いをさせることもあるでしょう。

飲み会では近くに座るのに話はあまりしない


好き避けする女性は恥ずかしがり屋ではありますが職場の飲み会には必ず参加します。好きな男性のすぐ隣に座る勇気はありませんが1つ隣の席や斜め向かい側の席など、好きな相手が良く見える席を確保するのに必死です。

すぐ近くには座っているのに積極的な会話を楽しもうとはしません。あまりに相手のことが好きすぎて会話にならないことを自覚しているのでしょう。周囲の話題のなかに何となくいて好きな相手の話に相槌を打つだけで精一杯の状態です。ふとした瞬間に目が合うといたたまれなくなってトイレに駆け込むこともあるでしょう。

話してても目を合わせてくれない

好き避けをする女性にとって好きな相手と会話をすることは非常にハードルの高いミッションとなります。近くを通るだけでドキドキが止まらないのに1対1で会話する心の余裕は全くありません。職場では相手のことが観察できるような位置にはいますが、決して自分から近づくことはないでしょう。

仕事上のことで会話する際には、極力目を合わさないようにしています。目を見ると顔が真っ赤になってしまうだけでなく自分の好きな気持ちがすぐにバレてしまうと思っているのでしょう。男性からは目も合わせてくれないそっけない女性と思われることもあります。

好き避け女子への対応の仕方


好き避け女子がなぜ特定な異性に特異な言動をとってしまうのか、その理由を理解していなければその態度に不快感を覚えることもあります。好き避け女子に好かれてしまった男性が相手を傷つけずに対応するにはどうすればいいのでしょうか。

周囲に人がいないときに話しかける

好き避け女子はとにかく周囲の目を気にします。好きであることが周囲にバレることが最も恐れていることなのでどんなに好きな相手であっても話しかけられて普通に対応することができません。言葉や態度に好きな気持ちが出てしまうことで周りに悟られることを極端に嫌います。

したがって、好き避け女子に話しかける際には周囲に人がいない2人切りのタイミングを見計らうことが大切です。周囲に気を遣う必要がなければ好き避け女子の態度も幾分軟化する可能性があるでしょう。1回でも2人での会話が成立すれば、その後そっけない対応が変化することが考えられます。

間接的に褒める

好き避け女子は自分に自信がないこともあって好きな人の前で冷静にいられないことも考えられます。そんな女子に自信をつけるには褒めるのが一番です。しかし、好きな人と直接会話することが難しい好き避け女子に面と向かって褒めることは難しいでしょう。もし、褒めることができたとしても冗談だと思って信じてくれないことも考えられます。

最も効果的なのは好き避け女子の友人に「○○さんはて真面目で人に媚びないところがいいよね」などと間接的に褒めることです。直接褒められるよりも人づてに褒めていたことが伝えられた方がより喜びが増すでしょう。

相手の行動に困ったときは周囲の人に相談


好き避け女子は本心とは裏腹な言動が多いため男性からみれば面食らってしまうことも多いものです。完全に無視されたり、怒ったような態度を取られたりすることが続けば不愉快で精神的にも疲れてしまうこともあるでしょう。なかにはあまのじゃくのように強い口調や失礼な態度でしか接することができない女子もいます。

そんなときは好き避け女子の友人などに相談してみるといいでしょう。信頼している友人から行き過ぎた行為について忠告してまることで、好き避け行動を控えようと意識するようになるでしょう。

まとめ

職場であからさまに特定の男性に他の男性とは違った態度をとってしまう好き避け女子。恥ずかしがり屋で自信のない女性に多くみられる傾向がありますが、相手の男性からみれば気持ちと言動が一致しないことに混乱してしまう場合もあります。男性が好き避け女子と付き合う方法を理解するとともに自信を持って好き避けを控えるよう努力しましょう。