褒め上手になる6つのコツ!褒め上手になって人生の質を上げよう

褒め上手な人は、周囲からの信頼が厚いケースも多いです。人を単純に褒めるだけでなく、相手の立場になって言葉を発せられる人が褒め上手になります。では、褒め上手になるためにはどうすれば良いでしょうか。

ここでは、

  • 褒め上手な人の特徴
  • 褒め上手になるメリット
  • 褒め上手になる方法
  • 褒め上手になるために注意したいポイント

についてまとめてみました。

褒め上手な人の特徴


褒め上手な人は、細かいことによく気付き、さりげない気遣いが上手です。また、言葉のチョイスが秀逸なことや的確な表現ができます。ここでは、褒め上手な人の特徴を見ていきましょう。

細かいことにもよく気が付く

褒め上手な人は、細かいことによく気が付きます。普段から人を見て、困っていることや、出来ることがないかを探しているからです。また、喜んでもらいたい気持ちもあるので、変化に気付こうとする努力もします。

また、褒められる細かい部分は、他人に指摘されにくい部分です。褒められる人も、気付いてもらえたこと自体が嬉しく感じます。普段から細かいところを見る習慣をつけましょう。

さりげない気遣いが上手

さりげない気遣いが上手にできるのも、褒め上手な人の特徴です。褒め上手な人は相手の立場になって物事を考えています。「自分ならこんなことをされたら喜ぶ」と考えながら人と接するので、自然な気遣いができるのです。

また、上辺だけでなく心から相手のことを考えるので、相手も自然な感じで言葉や態度を受け取れます。調子の良い人と違い、気遣いにいやらしさがありません。

言葉のチョイスが秀逸


褒め上手な人は、言葉のチョイスが秀逸です。漠然と褒めるのではなく、具体的に言葉で褒めます。たとえば、「すごい」「かっこいい」と褒めるのではなく、「○○ができるなんてすごい」「○○している姿がかっこいい」などです。

具体性があればあるほどお世辞であると疑われず、相手の心に響きます。単純に褒めるだけでなく、言葉のチョイスも意識してみましょう。

表現が的確

表現が的確に出来る人は、褒め上手に多く見られる共通点です。いいなと思うことがあっても、的確な表現ができないと相手に伝わりません。相手のイメージに相応しい言葉を見つけてきて、しっかり伝えることができます。

たとえば、「優しいですね」という褒め言葉を言うのと、「人が困っているときにすぐ動けて優しいですね」では、受け取り方が違います。後者の方が、自分のことをよく見てくれている気がするはずです。どんなことを言われたら嬉しいか、自分に置き換えてから褒めると良いでしょう。

異性だけでなく同性からもモテる


褒め上手な人は、異性だけでなく同性からもモテます。異性でも同性でも平等に接しているからです。逆に異性から好かれて同性から嫌われる人は、褒め上手とは言えません。媚を売っているイメージや、人によって態度を変えるなど負のイメージが持たれます。

的確に褒められる人は、言い換えると賢い人です。特定の人ばかりを褒めていることが、自分にとってデメリットが大きいことも知っています。男女問わず、人の良いところを見つけるのが上手な人が褒め上手なのです。異性だけでなく、同性からも人望が厚い人をチェックしましょう。

褒め上手になるメリット


褒め上手になることで、相手を喜ばせるだけでなく、自分自身にもさまざまな形でメリットがあります。ここでは、褒め上手になるメリットを見ていきましょう。

コミュ力が向上する

褒め上手になることで、コミュ力の向上につながります。褒められた側は、自分の良いところや得意とする分野に気付いてもらえた嬉しさから、褒めてくれた人に心を開きがちです。

自分からも話すようになり、自然と会話が増えます。褒め上手な人は会話する機会が多く、どんどん会話を積み重ねて、さらにコミュ力をアップさせるプラスの循環が生じるでしょう。コミュ力が上がると、プライベートでもビジネスでもメリットばかりです。

自然と相手を思いやる気持ちが持てる

褒め上手な人は、自然と相手を思いやる気持ちが持てます。常に他人のことを考えているためで、相手の辛さや苦しみなどの感情も自然と受け入れようするからです。人の気持ちを知ろうとする優しい気持ちは、周りの人にも伝わっていきます。

相手を思いやる気持ちを持っていると、相手からも信頼されるようになります。褒める場合も、その言葉に重みがあり、嘘くささがありません。褒め上手な人は、相手をきちんと見て褒めることができる人です

場の空気をポジティブにできる


褒め上手な人は、その場の空気をポジティブにできます。職場であれば全体で頑張ろうという雰囲気を作り出すでしょう。良い意味で空気を変えることができるのも、褒め上手の特徴です。

また、褒めることによって相手のモチベーションを高めます。「この人に付いていきたい!もっと頑張りたい!」と気持ちを奮い立たせることにもつながるでしょう。

良好な人間関係を築くことができる

褒め上手な人は、良好な人間関係を築くことができます。相手を褒めることによって、相手から信頼されるようになり、相互に安心感を持つからです。褒められた人は嬉しい気持ちが生まれ、褒めてくれた人も好意的に見るようになります

人間関係が円滑になることで、同性なら友達としての仲が深まり、異性なら恋愛関係に発展し、職場なら楽しい雰囲気の職場になるなど、メリットしかありません。

ストレスが軽減される

褒められる嬉しい気持ちが湧いてストレスが軽減されますが、褒め上手の人もストレスは軽減されるものです。人を褒める行為は、一見すると相手のための行為に感じるかもしれません。

しかし、実際には褒めた側も幸福感があることも多く、褒める側のストレスも軽減されます。恥ずかしがって褒めない人もいますが、言葉に出して褒める方が自分のためにもなるでしょう。

睡眠の質が向上する


褒め上手になることで、睡眠の質が向上する効果が期待できます。これは、人を褒めることによって幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されるためです。

オキシトシンは精神面でも健康面でもさまざまなメリットがあり、自律神経のバランスを整えることで、睡眠の質向上になります。また、褒められた方もオキシトシンが分泌されるため、睡眠の質が上がる効果が期待できるでしょう。

褒め上手になる方法


褒め上手になるためには、色々な人と会話することや周囲を観察する必要があります。具体的に褒めることや、笑顔を作ることも欠かせません。ここでは、褒め上手になる方法を紹介します。

周りをよく観察する

褒め上手になる方法は、周囲をよく観察することです。相手がどんなことを考えているのか把握する必要があります。表面上で褒めることはいくらでも出来ますが、それでは褒め上手になれません。

他の人が気付かない部分を褒められるのが褒め上手です。些細なことでも良いので、普段どんな行動をしているのか軽くチェックしてみましょう。注意して見ていると、人間性が見えてきます。

色々な人と会話する

色々な人と会話することも、褒め上手になるために欠かせないことです。褒めたい気持ちがあっても、それを上手く伝える言葉が出ないと意味がありません。会話は頭で考えて出来るものではなく、実際に人と話すことで会話力も上がります

また、話す相手が増えることによって、他の人との違いも見えてくるでしょう。他の人にはない部分も、褒める対象になりやすいです。色々な人と会話することを普段から心がけてください。

具体的に褒める


相手を褒めるときは、具体的に褒めましょう。漠然と褒めてばかりいると、調子が良い人と思われてしまう可能性があります。「○○が○○なので、すごい!」と言った感じで、褒めるときは一言で終わらせないようにしましょう。

また、ネガティブなことでも言い方によってはポジティブになります。たとえば、太っている外見でも、「やわらかい雰囲気で落ち着く」と褒めると、具体性があって相手も嫌な気持ちがしないはずです。

容姿よりも内面を褒める

褒め上手になるためには、容姿よりも内面を褒めましょう。見た目も人によっては褒められて嬉しいですが、誰もが気付いている部分です。特にルックスが良い人なら、普段から言われ慣れているので心に響きません。

内面は褒めるポイントがたくさんあります。また、自分で努力していても気付かれにくい部分があるので、褒められると嬉しさも倍増です。外面を褒めるときも、「優しくてカッコいい」など、内面の良さもプラスして伝えると良いでしょう。

笑顔で褒める

笑顔で褒めることも、褒め上手になるためのポイントです。笑顔は相手を安心させる働きがあります。相手から敵対されることもなく、自然な感じで伝えられるでしょう。

また、笑顔で褒めることは照れ隠しにもなり、ちょっと恥ずかしいと思っていることでも伝えやすいメリットがあります。また、褒めた後にニコッと笑顔を作るのも忘れないでください。柔らかい笑顔があれば安心するものです。

褒め上手になるために注意したいポイント


褒め上手になるために、注意しておきたいポイントは大きく二つです。ここでは、褒め上手に憧れる人がやりがちなミスや注意点について紹介します。

嘘を付いてまで褒めるのはNG

褒め上手になりたいために、嘘を付いてまで褒めるのはNGです。褒められる側も明らかに嘘だと分かってしまうと、調子が良い人のイメージをもたれます。また、咄嗟についてしまった嘘は後から忘れてしまうことも多く、後につじつまが合わなくなるケースも少なくありません。

また、同じような理由で過剰に褒めるのも要注意です。褒めすぎると相手が慣れてしまい、逆に鬱陶しいと思われてしまうかもしれません。褒めるときは、正直に少ない言葉で伝えるのがポイントになります。

相手の立場を考慮して褒める


褒めるときは、相手の立場を考慮しましょう。相手と自分の立ち位置を同じにして、上から目線で相手を見ないことが大切です。たとえば、「頑張ってるね」と褒める場合、言われた側は上から見られている気がします。

このような場合は、「○○さんが頑張っている姿を見て、自分自身も元気をもらっています」など、相手を立てて褒めるのがポイントです。また、相手が目下の場合でも謙虚な気持ちや敬う気持ちを持って接するようにしましょう

まとめ

褒め上手になることで、自分も周囲もハッピーになります。ただ褒めるだけでは効果がなく、相手が喜ぶポイントを褒めることが大切です。また、同じ褒め方でも言い方によって受け取り方はまったく違ってきます。相手がどんな言葉で喜んでくれるのか、イメージすることも大切です。相手の細かいところを見て、人を褒められる人になりましょう。

- 1 / 1ページ -