両思いになりたい人におすすめ!思いが成就する9つの方法

恋愛はするのにいつも片思いばかりでなかなか両思いまで発展しない人はいませんか。好きになった相手と両思いになれる人とそうでない人には決定的な違いがあります。

ここでは、

両思いになれない人の共通点


片思いの状態から両思いに人となれない人の間には性格や考え方などに大きな違いがみられます。両思いになれないひとはまず片思いから一歩前に踏み出すことを躊躇する傾向があるようです。両思いになれない人の共通点とは何でしょうか。

自分に自信がない

両思いになれない人の中には自分に自信がなくて本気で人を好きになれない人もいます。ルックスや性格だけでなく自分自身の考え方や生き方に自信がなくて好きになった人に真正面から向き合うことができないこともあるでしょう。

どんなに好きになっても「どうせ自分なんか相手にされることはない」と初めから諦めて積極的にアピールすることをしません。このような場合は人を好きになる前にまず自分に対する自信を回復することが優先されます。何か1つでも自信が持てるものを見つけることから始めましょう。

プライドが高い

プライドが高すぎて両思いになれない人もいます。相手のことが好きでも自分からアピールしたり、告白したりすることはプライドが許しません。告白前に自分の気持ちが相手にバレてしまうのも嫌うので、わざと冷たくすることもあるでしょう。素直に気持ちを表現することができないため相手からは誤解されてばかりとなります。

結局自分から告白することはせずに待ちの姿勢を貫き、完全にタイミングを逃してしまうことになるでしょう。変なプライドは恋愛の邪魔となることを理解する必要があります。

消極的


人を好きになると初めのうちはその人の顔を見るだけ、行動を目で追うだけでとても幸せな気分になれます。しかし、いつまでも消極的な態度だと片思いは募っても両思いになる可能性がありません。

片思いから一方前に進むには何らかのアクションを起こすことが必要です。自分が消極的な性格であると自覚しているのであれば、なおさら勇気を出して何らかのアプローチをする必要があります。挨拶をしたり、自分から話しかけたりするだけで心臓がバクバクするかもしれませんが確実に前に進むことができます。

必要以上に傷付くことを恐れている

片思いの状態から脱却するためには相手に自分の想いを伝えなければなりません。もちろん、告白がうまくいく保証はないため振られる可能性もあります。しかし、だからといって必要以上に失敗して傷付くことを恐れていても事態は進展しません

ずっと悶々とした片思いでいつづけるか、明暗どちらに転んでも思いを伝えてスッキリするかは本人次第です。2分の1の確率で両思いになれる可能性があるのであれば、現状を打破するためにも告白した方がいいでしょう。悪い結果になったとしてもそれで人生が終わるわけではありません。

両思いになれない理由


両思いになれない人には消極的な性格やプライドの高さ、告白することへの不安などさまざまな原因が考えらえます。日常生活のシーンなどで顕著にみられる両思いになれない人に共通する理由についてみてみましょう。

会話などアピールが足りない

どんなに相手に対する想いが強くてもそれが相手に伝わらなければいつまでも独り相撲を取り続けているだけの状態となります。密かに思っていれば幸せと片思いを楽しめる人であれば別ですが、そうではない場合は相手に積極的にアピールする必要があります。

両思いになれない人は自分から話しかけたり、話題を提供して会話を盛り上げたりするなどの努力が足りないと考えられます。自分の存在を知ってもらうだけでなくどんな人間かを理解してもらわないと先に進むことはできません

相手の好みに寄せることができない

片思いをしている期間が長ければ当然好きな相手の好みやタイプなどの情報はリサーチしていなければなりません。最も単純な攻略法は相手の好みに自分を寄せていくことです。

例えば、ロングヘア、フェミニンなスタイルを好むことがわかっていれば、それまでボーイッシュであったとしてもそのスタイルに寄せていく必要があります。自分の趣味や好み、ポリシーを捨てられなくて相手に合わせることができなければ、相手に好まれることはないでしょう。

ファッションやメイクなどがおざなり


好きな人の前ではきれいでいたいのが当然ですが、ファッションやメイクがいつもおざなりでいい加減であれば一般の男性からも振り向いてもらえないでしょう。好きな人への想いが具体的な努力として形になっていなければ上手くいかなくて当然です。

ファッションやメイクは相手に与える印象を決定づけるものであり、その人の性格や生き方さえも感じさせるものとなります。好きな相手の好みのファッションやメイクを研究するのは両思いのための必須条件といえるでしょう。

最初からあきらめてしまっている

相手を想う気持ちは日々募っていくのに両思いになることを最初からあきらめてしまっている人もいます。好きな相手が異性からだけでなく同性からも好かれる人気のある人であれば、当然恋愛の競争率も高くなります。

それでもその人のことが本当に好きであればあきらめずに、さまざまな努力をしてアプローチするでしょう。最初からあきらめてしまう恋ならばしない方がましです。自分の気持ちに嘘がないのであれば自分磨きに努めて果敢にチャレンジするしかありません

両思いになる可能性をアップする方法9選


なかなか両思いになれない人は考え方や生き方、ファッションなど見直すべき点は数多くあるでしょう。しかし、それだけでなく両思いになるための効果的な方法を積極的に取り入れることも必要です。両思いになる可能性をアップするための方法9選を紹介します。

メールやLINEなどでこまめに連絡を取る

両思いに発展させるにはとにかく好きな相手に自分の存在や想いを伝えることが必要です。したがって、職場やその他の場所で頻繁に会う機会がない場合はメールやLINEなど、他の手段を使ってアピールする必要があります

こまめに連絡をとることで何度も顔を合わせるのと同じ効果があり、相手に好印象を与えることができます。面と向かって言えないことでもメッセージなら堂々と言えることもあるでしょう。ただし、連絡する時間帯や頻度は配慮してしつこいと思われないようにすることも大切です。

相手の話をしっかりと聞く聞き上手になる

相手にアピールして会話ができるような距離まで近づくようになることは最初のステップです。それがクリアできたら会話を通して自分がどんなに魅力がある女性かをアピールしなければなりません。

しかし、自分のことばかり一方的に話す女性に辟易する男性は少なくありません。男性が好印象を抱くのは自分の話をしっかりと聞いてくれる女性です。じっと目を見つめてうなずいたり相槌をいれたりしながら話を聞いてくれる女性に心地よさを感じることでしょう。

相手の趣味を研究して共通の趣味を持つ


両思いになるためには相手のことをよく理解するだけでなく相手と同じ思考や価値観を持つことも大切です。相手の趣味を徹底的に研究して、自分にもチャレンジできそうなことを洗い出し共通の趣味を持てるように努力しましょう

共通の趣味ができれば無理をしなくても自然に会話が弾みます。それだけでなく共通の趣味を一緒にできることから会う機会が増え2人の距離が急速に縮められるでしょう。相手に無理していることがわかると引かれてしまうこともあるので、自分が本気でのめり込める趣味を見出す努力をしましょう。

目が合ったら微笑む

好きな人と目が合ったらにっこりとほほ笑んでみましょう。片思い中に無意識に目で追っている相手と目が合いドギマギすることもあります。ここで両思いになれない人に多くみられるパターンが目をそらしてしまうことでしょう。

相手は目が合ったことに気付いて反応をみているので、目をそらせば関心がないか嫌われていると誤解することもあります。ドキドキする気持ちを抑えて少しでも微笑むことができれば相手に対して好感を持っていることが伝わりやすくなります。相手が微笑み返してくれればそこから急速に関係が良くなることもあるでしょう。

つり橋効果を利用する

「恋のつり橋効果」は誰でも知っている有名な話ですが実際に活用する人は意外に少ないものです。恐怖や驚き、興奮でドキドキしているのに恋愛でドキドキしていると錯覚するつり橋効果は両思いになりたい人にピッタリのテクニックと言えるでしょう。

遊園地や映画、スポーツなどつり橋効果が活用できる場所はたくさんあります。デートに誘うときは意図的にドキドキできる場所を選ぶようにするといいでしょう。

ザイアンス効果を上手に活用する


ザイアンス効果とはアメリカの心理学者が論文発表した「単純接触効果」とも呼ばれるもので、繰り返し接触することで好意度や印象が高まる効果です。恋愛テクニックとしても効果的で毎日、少しの時間でもいいので繰り返し接することで相手の気持ちを高めることができます

たまに会って長く会話をするよりも短い時間で何度も会うことで親近感が増します。偶然を装って意図的に出会う回数を増やしましょう。

仕事やプライベートを充実させる

片思いからなかなか両思いになれなくて悶々とした毎日が続いているのであれば、仕事やプライベートを充実させることに没頭してみましょう。恋愛のことだけで頭がいっぱいになると他の事が手につかない状態になるだけでなく顔から明るさや覇気が奪われてしまうことも少なくありません。

仕事やプライベートを充実させようと集中すると知らない間に輝きを取り戻し魅力が増します。自身を持てるようになるだけでなく、プライベートの充実によって心に余裕もでき、肩の力を抜いて恋愛に向き合えるようになるでしょう。

自分に自信が持てるようにダイエットなどを始める

鏡を見て体型が気になるようならダイエットを始めましょう。ダイエットは一時的に体重や体脂肪を落とすのではなく、太りにくい体質にすることを目的として行います。ダイエットはコンプレックスを克服できるだけでなくメンタルのトレーニングにもなるので勇気をもって一歩前に進むことができるようになるでしょう。

自分磨きをして臨んでも相手の好みでなかった場合は両思いになれないこともあります。しかし、自分にコンプレックスがある状態で自信を持ってアプローチすることはできないでしょう。

ニックネームで呼ぶ


2人の距離をより近づけるためにニックネームで呼ぶようにしてみましょう。自分から挨拶をしたり、話しかけたりすることができるようになって一歩親しくなったのに、そこからなかなか距離が縮まらないことがあります。

お互いに一線を引いている状態ですが、そのままの状態が長く続くと完全な「良いお友達」になってしまう可能性もあります。相手にピッタリのユニークなニックネームで呼ぶことによって、苗字や名前で○○君と呼ぶときのよそよそしさから解放されるでしょう。

まとめ

恋愛をしても両思いになれる人とそうでない人がおり、その間には考え方や行動パターンなどにおいてさまざまな違いがあります。どんなに長い間相手のことを想っていても片思いから一歩前に進まないと状況は変わりません。想いが成就するためのテクニックを上手に活用して両思いを目指しましょう。

- 1 / 1ページ -