彼女と連絡する頻度の理想的な回数とは?理想の連絡頻度で付き合うコツ

20代・30代のカップルはフレッシュな関係で、まだまだラブラブな時期だという人も多いでしょうね。ただ、お互いにバリバリ仕事をする人たちも多く、連絡の頻度がどれくらいなのかは人によって違ってきます。

ここでは、

についてまとめてみました。

20代・30代のカップルが連絡する理想の頻度


20代・30代のカップルが連絡をする時、やはり人によっては1日に何度も何度も連絡するということもあれば、逆に数日に1回ということもあるでしょうね。そこはカップルごとに違います。そこで、ここからはまずは理想の頻度について紹介します。

LINEは1日に4回程度

LINEは1日に4回程度が一番負担もなく、ちょうど良い回数だと言えるでしょう。もちろん大切な連絡などは何度もやり取りすることになりますし、何か計画や予定を決める時には、スケジュール確認のために連絡も多くなることが多いです。

ただ、日常会話くらいのものであれば、1日に4回前後が理想だと言えるでしょう。それ以上となるとやはり面倒だったり手間だったりすることもあります。それにいくらLINEとは言ってもお互いにプライベートがあるので、そこはあまり介入しすぎないことが重要です。

長電話は1週間に1度程度

ラブラブなうちは毎日電話するということもあると思いますが、現代のライフスタイルだと毎日電話するのは無理があります。そこで、電話は数日に1回で十分なのではないでしょうか。声を聞きたいというのはあるかもしれませんが、そこは無理に電話する必要もありません。

長電話になる時には1週間に1回程度で十分です。あまりにも長い電話を毎日のようにしていると、正直飽きてしまうこともあるでしょう。そもそもそんなに会話の内容がないということもあるので、できれば話題がちょうど溜まってくる1週間前後に1回が理想の頻度と言えるでしょうね。

彼女と連絡する頻度が少なすぎると


彼女と連絡する頻度が少ないという人もいることはいます。ただ、ほとんど連絡をしないというと、あまり良い結果にならないことが多いです。そこで、ここでは連絡をあまりしない人が陥ってしまう状況について紹介させていただきます。

相手との距離を遠く感じてしまう

彼女によっては、彼氏と毎日のように何かしらで繋がっていないと思うことが多いです。そのため、彼氏の方から連絡をしてあげるというのが良いでしょう。逆に全然連絡していないと、相手との距離を遠く感じられてしまうかもしれません。

男性は気にならないかもしれませんが、女性は日々悶々と考えてしまうこともあります。「なんで連絡をくれないんだろう」という気持ちは、ちょっとくらいあった方が良いと言えることもあります。ただ、適度に連絡してあげて相手に心労を与えないようにしてあげるのも彼氏の役目なのではないでしょうか。その方が彼女も安心してくれるはずです。

愛情が冷めてしまう


ずっと連絡をしていないと、当然彼女の方も彼氏のことを意識することが少なくなります。そうなるとどうなるのかと言えば、当然意識の外に追いやってしまうので、最終的には愛情が冷めてしまうということも多いのではないでしょうか。

基本的に愛情に関しては、冷めてしまうともう取り戻すことはできません。女性は特に一度冷めるとそこから再熱するということは少ないです。もう一度熱することができるなら良いですが、できなくて自然消滅する方が多いでしょうね。愛情には燃料を常に与えることが重要です。その燃料になるのが日々の連絡なのです。

相手がいなくても大丈夫な状況ができてしまう

恋人は相手がいてこそ心が充実するものです。しかし趣味に溢れた現代では、彼氏がいなくても生きていける彼女も多いです。連絡をしていないと、相手も自分で楽しめることを見つけてしまい、最終的には自分だけで良いと判断してしまうことも多いです。

生活の中に彼氏を求めなくなるので、結果的には別れに繋がることも多いです。毎日のように連絡をしないということが続けば、彼女も自分の生活を充実させるしかなくなりますよね。相手にとって必要不可欠な存在であるためにも、連絡を心のオアシスにしてあげることが重要と言えるでしょうね。

彼女と連絡する頻度が多すぎると


彼女との連絡が多すぎてもダメです。正直、連絡をする頻度は少なすぎてもダメなのですが、多すぎてもダメになることが多かったりします。そこで、ここからは逆に連絡をしすぎてしまう人が気をつけておきたいことについて紹介します。

刺激の少ない付き合いになってしまう

毎日しっかり連絡してしまうと、それが普通になってしまいます。最初は相手から入ってくる連絡が嬉しくて、「返事が来ないかな」なんて待っている時間も楽しかったりするでしょう。しかし、連絡が多いと当然刺激も少なくなってきてしまいます。

ちょっと焦らすくらいが恋愛ではちょうど良いと言えるでしょう。それこそたまに連絡をするからこそ話す内容とかも生まれて、リズムよく会話することができるようになります。連絡は楽しみの1つですが、毎日のように連絡していると飽きてしまうこともあるので注意が必要です。

仕事などに支障が出てしまう


連絡を頻繁にしすぎると、お互いの仕事に支障が出てしまうこともあります。今では女性も男性も働いている人が多いので、仕事中に連絡が来ると逆に迷惑ということもあるでしょう。LINEなどであればまだ良いですが、仕事中に電話などをしようものなら「TPOを考えて」と言われてしまうかもしれません。

仕事もそれぞれ違うので、休日などが違ってくる人もいるでしょう。連絡をする時には、相手の状況も考えておくことが必要です。特に朝や夜は良いかもしれませんが、昼に何度も連絡すると迷惑でしかありません。そこも気をつけておくべきでしょうね。

ありがたみがなくなってしまう

日々、連絡をくれる人がいるというのは、とてもありがたいことなのではないでしょうか。でも、毎日連絡していると、そのありがたみも感じることがなくなります。連絡をしている時間がニュートラルになるので、それがもう生活の一部になってしまうのです。

中には自分が連絡することを義務だと思ってしまうこともあり、相手もそれに返信するのが義務になってしまうということもあるでしょう。そこは避けておくことが必要となるのではないでしょうか。事実、ありがたみがなくなると関係も冷え切ってしまうことがあります。

返信が面倒だと思うようになってしまう

最初は相手のことが知りたくて返信をしていても、だんだんと連絡をずっとしていると面倒になってくることもあります。電話でもLINEでも、毎日のようにしていると手間になるので、本当に必要な時だけ連絡を入れるようにしたいですね。

回数を重ねていくと「もうちょっとしてからで良いか」と返信を先送りにして、最終的には数日後に「忘れてた」と返信をすることも多くなります。そういう生活が続くと、結局は返信も何もすることがなくなり、最終的には関係も終わってしまうことがあるのです。

少ない連絡頻度でも上手に付き合いを続けるコツ


少ない連絡頻度でも、上手に付き合い続けることは可能です。理想としては少なすぎず、多すぎない連絡のやり取りが重要となるでしょう。そこで、ここからは上手に付き合いを続けていくために知っておきたいコツについて紹介します。

ポジティブな発言を心がける

毎日のようにネガティブな発言が送られてきたら、読むのも億劫になるでしょうね。そうではなく、連絡するのならポジティブな発言が多くなるようにしましょう。愚痴を言ったりするのもカップルでは大切ですが、愚痴ばかりのLINEや電話はうんざりすることも多いです。そこは楽しめるように工夫することが必要ですね。

聞き上手になるように心がける

聞き上手になることも重要です。相手が話したいことを聞いてあげて、相手のストレスを発散させてあげるのも彼氏の役目ですからね。彼女に対しては、そうやって包み込むくらいの器の大きさを示すと良いです。リアクションなども大きめにするようにして、より相手が楽しく話せるようにしましょう。

相手の状況を理解した発言を心がける


相手が悩んでいる時や困っている時には、その心を理解してあげてください。相手を批判したり否定したりするのではなく、「そういうこともあるよね」と寄り添うことが重要です。また、相手によっては仕事していたり、プライベートを楽しんでいたりすることもあるので、連絡の強要などはやめてあげるのが正解と言えます。

まとめ

20代・30代のカップルとなると、毎日のように連絡することもあるでしょう。ただ、少ないとは言わずとも適度な連絡の頻度で上手くやっているカップルも多いです。ここで紹介いた情報を参考に、少ない連絡頻度でも楽しく付き合っていけるようにしましょう。

- 1 / 1ページ -