男性は失恋をひきずりやすい!アプローチするための5つの方法

気になる男性が失恋したらしい・・・・その男性を狙っている人からしたらこれはチャンスかもしれません。ですが、男性の方が女性よりも失恋を引きずりやすく、そこをわからずにアプローチをしても成功する可能性は少ないです。

ここでは、

  • 失恋した男性の心理状態
  • 女性よりも男性が失恋をひきずりやすい理由
  • 失恋した男性を元気づける方法
  • 気になる男性が失恋したときのアプローチ方法

についてまとめてみました。

失恋した男性の心理状態


失恋した男性を狙うのであれば、まず失恋した男性の心理状態を知ることから始めましょう。特に失恋したばかりだと前の恋愛を思い出したり、付き合っている期間が長ければ長いほど傷も残るものです。相手が何を考え、失恋した恋をどうとらえているかについて、知っておくとよいでしょう。

さみしさのあまり人恋しく感じている

失恋した男性は、さみしさのあまり人恋しく感じていることがあります。失恋したことで心にぽっかりと穴が開いてしまい、どうしてもネガティブ思考になってしまいます。暗い気分でいると、誰でもいいから一緒にいたい、と思う人もいます

今後の自分の人生に希望をみいだせない


女性に比べて男性は切り替えが上手じゃないので、失恋したことが仕事や私生活にも大きく影響してしまいます。失恋したことで今後の人生に希望を見いだせず、人によっては死にたいとまで思ってしまうこともあるかもしれません。特に付き合っている期間が長かったり一方的にフラれてしまったりすると、余計につらいという思いは消えることがありません。

新しい彼女をつくろうと考えながらも元カノが忘れられない

失恋を忘れるために新しい彼女を作ろうと考えている男性は少なくありません。しかし、気になる人がいてもすぐ元カノと比較してしまったり、元カノを思い出したりしてうまくいかないこともあります。新しい彼女を作ろうと頭では考えていても、心の中は元カノが占める割合が大きく、元カノのことを忘れることができないのです。

女性よりも男性が失恋をひきずりやすい理由


失恋したときには、男性であれ女性であれ、失恋したことをひきずりがちです。しかし、失恋を引きずる期間やどのくらい重症なのかという点においては、男性は女性よりも圧倒的に深刻な状況になりやすいです。なぜ女性よりもん男性の方が失恋を引きずりやすいのか、知っておきましょう。

女性よりも復縁を考える男性が多い

あきらめの早い女性に対し、女性にフラれた男性のほとんどは復縁を考えるものです。彼女から連絡が来て復縁をしてほしい、と願っている男性が多いです。しかしながら男性はプライドがあるのでなかなか自分から復縁を申し出ることができません。
なかには、そんな自分に酔ってしまいポエムっぽいメッセージを送ったり、SNSを付け回すかのように見る男性もいます。

女性よりも別れた相手のことを美化して思い出す


失恋が忘れられない時に相手を思い出すのは至極当たり前のことですが、男性は女性よりも分かれた相手を美化して思い出す傾向があるようです。彼女のわがままや容姿でちょっと気に入らないところがあったとしても、そういった負の部分は思い出さず思い出を美化して余計に落ち込んでしまうことも珍しいことではありません

女性よりも悲しい思いを我慢する傾向にある

女性は悲しい思いをしても上手に発散する人が多いのに対し、男性は失恋してもその悲しい思いを我慢する傾向にあります。女性が失恋したとき、パーッと買い物をしたり女友達と元カレの悪口を言いながら発散するのに対し、男性はどうしても自分一人で乗り越えようとします。プライドが高く弱みを見せられないので、それが結果的に失恋を長く引きずることにつながってしまうのです。

失恋した男性を元気づける方法


失恋した男性が気になる、はやく立ち直ってほしい、そんなときには失恋した男性をさりげなく元気づけましょう。しつこくなったり逆効果にならないような、失恋した男性を元気づける方法について知っておきましょう。

ひとりでさみしくならないように遊びに誘う

普段は失恋のことを気にしないようにふるまっていても、一人でいるとどうしても寂しさがこみあげてくるものです。そのようなとき、一人でさみしくないように誘うことで相手も心を開いてくれます。

一緒に遊んで笑いあうことが、男性の心をいやすのにもつながっていきます。食事や飲みに誘うのも良いのですが、自然が癒してくれるアウトドアや夢中になって失恋を忘れられるスポーツ観戦やゲームなどもおすすめです。

気持ちの整理がつけられるように話を聞いてあげる

失恋した男性が気持ちを立て直すには、失恋した話をたくさん聞いてあげるのが良いです。男性も女性も気持ちを吐き出すことで自分に整理がつき、新しい恋愛へと前へ進むこともできます。しかし、男性は女性に比べてそういう場が圧倒的に少ないので、率先して話を聞いてあげるのが良いです。

失恋について考える時間を減らすためスポーツに誘う


失恋から男性が立ち直れないのは、失恋したことについてあれこれと未練がましく考えているからです。失恋について考える物理的な時間を減らすのであれば、スポーツをするのがおすすめです。身体を動かすことで失恋について考える時間が減り、そして心身のリフレッシュにつながるからです。

同僚であれば失恋で悩む暇がないよう仕事を頼む

もし気になる男性が同僚ならば、失恋で悩むことがないように仕事を頼むのがよいでしょう。同僚でなくても相談事を持ちかけるなど、失恋についてあれこれ考える時間をへえラストよいでしょう。熱中するほかのことがある、頼りにされることなどで自然と前へ進むことができるようになります

何か夢中になれるものを一緒に探す

失恋した男性は、フラれた彼女のことばかり考えて前へ進められません。その時には何か夢中になれるものを一緒に探すとよいでしょう。趣味でもよいし、スポーツでもよいです。復縁の可能性に縋りつかないように、ほかに夢中になることを見つければよいです。

気になる男性が失恋したときのアプローチ方法


気になる男性が失恋したとき、アプローチをしたいのは当然のことでしょう。しかしアプローチの方法を間違ったら逆効果になるので、気になる男性が失恋したときのアプローチ法について知っておきましょう。

失恋直後は元カノと比較されるので告白はしない

失恋直後は、どうしても頭のことが元カノのことばかりになってしまいます。仮に告白を受け入れてくれて彼女になれたとしても、どうしても元カノと比較されてしまいます。すぐには告白しないほうがよく、告白には時間を置きましょう

ゆっくりと話を聞いて心の傷が癒えるのを待つ

失恋した男性の話はとにかくゆっくりと聞いてあげましょう。時には切り替えの遅さにイライラすることもあったり自分のことをもっと考えてほしいと思うかもしれませんが、心に傷を持っているのでその傷がいえるにはそれ相応の時間を要します。じっくりと話を聞いてあげて前向きになるのを待ちましょう

失恋後3ヶ月から半年は遊ぶだけにする


失恋から立ち直るのに1年くらいかかる男性は決して少なくなく、たとえ新たな出会いがあっても、3か月から半年くらい立ち直りにはかかりそうです。そのため
失恋を経験してから3か月くらいは、遊びに誘う、話を聞く程度にとどめておきます。

3ヶ月から半年たって彼の心が落ち着いたらアプローチする

失恋を経験してから3か月もしくは半年くらいたって、彼の心が落ち着いてから告白するとよいでしょう。もういいや、という気分になっていたり彼女を思い出す時間が少なくなってきたりすると心の傷がいえたサインでしょう。その頃になって初めて新しい恋愛を考えられるのでアプローチはそれからにします。

失恋直後は人恋しいだけなので手をだされないように注意

失恋してからとんとん拍子で彼にアプローチをされて肉体関係を結ぶことが、もしかしたらあるかもしれません。しかしそのようなお手軽な関係の場合、単に好きなのではなくて人恋しさからということも考えられます。そのため、手を出されないように注意しましょう。

まとめ

男性は失恋すると女性より痛手が深く、失恋を引きずりやすい傾向があります。そのため、好きな人が失恋したからといってすぐに狙うのは考え物です。失恋した男性は痛手が深いので、遊びに誘ったり話を聞いてあげたりしながら徐々に距離を詰めていけばよいでしょう。

- 1 / 1ページ -