告白の返事が保留になったら!?OKの可能性を増やす5つの方法

勇気をもって告白したのに、オッケーでもダメでもなく保留、という返事をもらうことがあります。保留という返事は想定していないので、戸惑うこともあるでしょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

告白したけど返事を保留にされた!原因は?


そもそも、勇気を出して告白したのに「保留」というのはどのような理由からでしょうか。告白を保留した、といってもさまざまな理由があります。告白を保留にした理由についても知っておきましょう。

よく知らないので知る時間が欲しいから

好きだから付き合う、好きでないから振る、といった単純なことではなく、純粋に相手のことを知らないこともあります。特に慎重に考える女性であれば、付き合ってから考えたい、ではなく自分と会うタイプの人と付き合いたいと考える人が多いからです。そのため、仕事の同僚とかあまり交流のない学校の同級生といった関係であると、知る時間が欲しいと思ってしまうのです。

今までの関係でよいと思っていたので戸惑っている

友達だと思って接していたのに、彼氏と彼女になるとまた関係性が違ってきたり、振ってしまうことによって今までと同じような付き合いができないと思って保留することもあります。特に友人としてしか見ておらず、異性としてみていないときは突然の告白に戸惑うかもしれません。それゆえに、返事を保留にしてしまうのです。

現在忙しいので付き合うことを考える余裕がない


特に仕事が忙しくて、恋愛などを考えている余裕がないこともあります。多くのことを同時に考えるのが苦手な人もいるからです。かといって、告白されてすぐに振ってしまうほど相手のことが嫌い、ということではありません。どうしても今は恋愛をしている余裕がないため返事が保留になってしまうのです。

今現在付き合っている人がいる

現在付き合っている人がいるので保留しているという人もいます。今の彼氏や彼女とラブラブだったら保留にするまでもなくフラれるのですが、たとえば今のパートナーと関係が微妙だったとき、保留にしてどうしようか考える人もいるのです。

別れたばかりで次の恋愛を考えられない

たとえパートナーがいなくても、失恋したばかりで次の恋を考えられない、という人もいます。失恋をどれくらい引きずるかは個人差がありますし、失恋をしたからといってすぐに次の恋を始められない人もいます。そういった人が、告白してきた相手を好きとか嫌いとかではなく、返事を保留にするのです。

仕事でミスをしたり人間関係がうまくいかず落ち込んでいる


プライベートが充実していないと、恋愛をする気になれない人もいます。たとえば、仕事でミスをしたり何らかの理由で人間関係がうまくいかない、ペットロスや親族の不幸など、今は到底恋愛をしている時期ではないという心境の人もいるでしょう。こういった人も付き合う、付き合えないではなく保留という返事にするのです。

本当はすぐにOKしたいけど軽い人と思われたくないから

告白されて自分も大好きだと思っているけれど保留をするケースもあります。本当に好きな相手だからこそ、軽々しくオッケーして異性関係が派手な人、すぐに付き合う軽い人だと思われたくないという心境が働くからです。

付き合ってうまくやっていけるか考えている

付き合ってもうまくやっていけるかどうかわからないと考えている人も、即座に返事は出しにくいです。特に適齢期を迎えた人のなかには、次に付き合う人とは結婚したいと思っている人もいます。失敗が許されない恋愛だからこそ、付き合う前に慎重に考えたいという人もいるのです。

保留にされたけどOKの可能性が高い相手の反応


告白したけれど保留にされた理由はさまざまです。しかし、告白されて保留にしたけれど、限りなくオッケーに近い可能性の場合もあります。どういったときに告白が成功する、よい返事が来るのか傾向を見ておきましょう。

相手が笑顔だった

保留したけれど相手が笑顔だったり、うれしそうな様子であれば、保留の後に良い返事がもらえることがあるでしょう。告白をしたときは、相手の顔や表情を見逃さないようにしましょう。

相手が照れていた


告白されたときに同じく相手の表情を見ることは大切です。笑顔とまでは行かなくても告白されたことに照れているのであれば、照れ隠しですぐに返答できないのかもしれません。そういった場合はOKの可能性も高いです。

告白したことに対して相手からお礼を言われた

告白してすぐに返事はもらえなかったとしても、告白したことに対して相手から「ありがとう」と言われたときは良い返事をもらえる可能性が高いです。相手のことを悪く思っていないからこそお礼が言えるからです。そういった場合は急かさずに返事を待ちましょう。

こんな場合は脈ナシかも…


一方で、告白の返事を保留されたけれども色よい返事が来ない可能性の高いケースもあります。脈なしである可能性の高い行動を知っておきましょう。

告白したとき相手が困った顔をしていた

告白してきたときのリアクションである程度返事がわかります。告白したときに相手が困っているリアクションをしていたら、好意を持たれても困る、ということかもしれません。このような場合、OKと返事がもらえる可能性は低いでしょう。

返事は直接ではなくメールかLINEですると言われた

告白された返事がメールやLINEで、と言われたときは断られる確率が高いでしょう。直接面と向かっては断りにくいけれど、メールやLINEでは断りの文句も言いやすいからです。保留としたのは、もしかしたらどのようにあとくされなく断ろうか考えているからかもしれません。

保留の期間が長い


保留をしたけれど色よい返事を予定しているのであれば、すぐにでも返信するでしょう。それができない場合、もしかしたら断るつもりかもしれません。保留期間が長めな場合は、相手がよく思っていない可能性が高いので、それなりの覚悟をしておいたほうがよいかもしれません。

相手との関係が気まずくなってよそよそしくなってしまった

会社や学校、サークルなど今後も付き合いがあるケースに限られるのですが、すぐに断ってしまうと関係が悪化してしまうと思って本当は告白を断りたいけど保留にする、というパターンもあります。これは残念ながら断られるでしょう。

保留された後OKにつなげるには?


相手が告白されてどうしようかな、考えているうちは自分の行動次第でOKになることもあります。告白した相手に保留という返事をもらった場合、OKにつなげるためにはどのようにすればよいか考えておきましょう。

返事をせかさずゆっくりでいいと伝える

告白の返事を保留にするということは、考える時間が欲しいと相手は思っていることです。そのため、相手のためにも考える時間をあげるようにします。返事はゆっくりでもいい、ということで相手のことを考えている思いやりを伝えられるからです。

相手に対していつも通り接する

相手に対して返事は気になることを隠し、ことさらいつも通り振舞うようにします。連絡だけはいつもどおり取るとよいでしょう。特に話を聞いてあげるようにすることで、何でも話しやすい相手だと思ってもらえるようになれれば、OKの返事へとつながるかもしれないからです。

二人きりになる場面はなるべく避けるようにする


保留の返事をもらったとき、すなわち返事待ちの時間には二人きりになるのはなるべく避けるようにします。なぜなら、二人きりの時間があることで、こちらにそのつもりがなくても、まるで返事を催促されたかのように感じるからです。

保留されている間も自分を磨いて相手に良く思ってもらえる努力をする

保留されている間に返事を待つことだけ考えると、相手に対して催促するなどのNG行動をしてしまいがちです。そんなときには、自分の良さを見せられるように、自分磨きをするのがよいでしょう。趣味を充実させたり、身体を鍛えたりすることが大切です。

相手に対して自分といることがメリットとなるような行動をする

特に告白の返事待ちの期間は、相手のメリットになるような行動をそれとなくしていくことがよいです。たとえば相手が知りたがっていることの情報を提供したり、車で送ってあげたりすることです。下心が相手に見えるのはNGですが、そうでなければ相手にとって必要な人と思われるメリットがあるからです。

保留されている間は避けた方が良い行動とは?


告白の返事が保留されている間に、相手に悪く思われるような行動はとるべきではありません。告白され保留されている間のNG行動を知っておきましょう。

告白した相手にしつこく連絡をする

相手にしつこく返事を迫るのは、強引な人、自分本位な人と思われます。保留された相手は自分でじっくりと考える時間が欲しいわけですから、しつこい最速はやめましょう。

違う異性と二人きりで出かける

自分が告白されて返事を迷っているのに、違う異性と二人きりになることは自分のことをそれほど好きではないのか、と悪く思われます。そうでなくても軽い人、異性関係にだらしがない人と思われます。

周りの人に告白したことや内容をペラペラ話す


告白された内容や相手の返事は、秘密にしてほしいと思うのが普通です。それでなくてもペラペラしゃべるのは、軽い人だと思われてマイナス評価につながります。保留にされても人に相談したりはやめておいたほうがよいです。

告白の返事を考えこみすぎて悩んでしまう

告白の返事がどうなるか、ばかり考えて他のことは手につかない、そうするとフラれたときのダメージもかなり大きくなります。告白の返事のことはあまり考えず、自分磨きなどに力を入れるようにするとよいでしょう。

相手からの連絡が気になってしまいスマホやメールチェックばかりしてしまう


相手からの連絡が気になるのもわかりますが、そればかり気にしてスマホが手放せない、LINEやメールのチェックばかりしてしまうというのも考え物です。趣味や仕事に注力して、自分磨きをして立派な人と相手にも思ってもらえるようにするとよいでしょう。

まとめ

告白されて、保留という返事をもらうと本当に告白が成功するのかどうか心配になってしまうこともあるでしょう。告白した相手が笑顔だったり告白への感謝を述べたら返事OKの確率も高いですが、困った顔をしたり、メールやLINEで返事すると言われたときはNGの場合が高いです。いずれにせよ、返事を催促したり他の異性に目を向けることは無く、保留の期間は相手といつも通り接することが大切です。相手の話を聞いてあげたり自分磨きをしてより魅力的になるのもよいでしょう。OKをもらえる確率が上がるからです。