【夢占い】妊婦が夢に出てくる!自分や友達が妊婦になったときの意味とは?

夢占いでは妊婦が出てくる夢は基本的に良い暗示であることが多いと考えられています。ただし、夢の印象や感じた気持ちによっては今の自分の状況を表していることもあるようです。自分以外の人が妊婦になるケースもあります。

ここでは、

  • 妊婦が夢に出てくる意味とは
  • 誰が妊婦で出てくるのかで意味が変わる
  • 妊娠の様子で変わる夢占い
  • 妊娠の状態で占う夢占い
  • 妊婦の体調についての夢

についてまとめてみました。

妊婦が夢に出てくる意味とは


妊婦が出てくる夢を見た時には、誰が妊娠したか、誰の子か、周期は、など色々な状況がありますが、基本的には非常に悪い夢は少ないようです。ただし、妊婦の夢がすべて吉夢と言うわけではないため、意味の良し悪しを見分ける基本を抑えておきましょう。

嬉しい印象の夢:能力を発揮できる予感

妊婦が出てくる夢のうち、うれしいなどの前向きで明るい感情を持った夢は吉夢となる可能性が高くなります。妊娠や出産は基本的に、ラッキーなことを示す吉夢です。妊娠自体が明るく前向きな出来事であることが多いのですが、夢占いではあらゆる運のアップや夢の実現などを示しています

特に妊婦の夢で嬉しい気持ちを感じたら、能力を発揮して夢を叶えられる、長年の努力が実るといったラッキーの兆しです。

悲しい印象の夢:精神的な負担


妊娠や出産は喜びだけでなく、子どもを持つ責任やちゃんと育つかという不安を感じることでもあります。そのため、妊娠や妊婦の夢を見た時に悲しい、辛いといったマイナスの感情になることもあるようです。

こうしたマイナスのイメージを感じた妊婦の夢は、吉夢ではなく自分が精神的なストレスを感じていることの暗示かも知れません。不安や心配ごとがある人が見ることもあります。

誰が妊婦で出てくるのかで意味が変わる


妊婦の夢と一概に言っても、自分が妊婦のケースから他の人が妊娠しているのを見るなど、さまざまなケースが考えられます。こうした誰が妊婦となるかで変わる夢の意味をチェックしてみましょう。

自分が妊婦の場合:大きな幸せが舞い込んでくる

自分が妊娠して妊婦になる夢の意味はストレートに、自分に大きな幸せが舞い込んでくるという暗示です。金運や恋愛運、仕事運など、いろいろな運勢のアップが期待できます。妊娠して出産することは、新しい始まりでもありこれまでの集大成でもあることです。

そのため、がんばっている人が見る傾向があり、その強い思いから夢を見て、それが好調の兆しとなることも。油断せずに前進することで幸運が長続きしそうです。

友だちが妊婦の場合:よき理解者が表れる


友達が妊婦になる夢は、良き理解者が現れる暗示と考えられています。その夢に登場した妊婦の友人が良き理解者だということもあります。今現在、自分自身を分かってもらえず、もやもやを抱えていたり、モチベーションが下がったりしている人にとって、良い夢です。

自分を分かってもらえないという時に見る夢でもあるため、この夢を見たら自分と分かり合える人を探して友達になっておくことも大切です。

自分でない誰かが妊婦の場合:自分を助けてくれる人

妊婦が自分以外で、遠目に見るだけだったり面識のない人だったりするケースでも、良い夢のことが多くなります。こうした夢を見た場合には、自分を助けてくれる人がやってくる、出会えるという暗示です。

対人関係の改善を示すこともあり、現状がやや苦しい人は改善へと向かうことが期待できそうです。ただし、ストレスがたまっているサインの場合もあります。

妊娠の様子で変わる夢占い


妊娠の様子や夢の中での妊娠や出産などのタイミングによって夢占いの意味は変わります。良い夢が吉夢であることは多いものですが、嫌な夢でもそれほど悲観する必要はありません。妊娠の様子によって違う夢の意味をチェックしましょう。

好きではない人の子どもを妊娠:未知なる可能性がある

好きではない人の子供を妊娠する夢は、なかなかショッキングかも知れませんが、悪い夢ではありません。これまで考えたことのない能力や可能性を見つけ、発揮できるチャンスが訪れる暗示となります。

ただし、人ではない妖怪や怪物の子の場合には自分の現実とかけ離れた思考や願望に傾きすぎているという警告夢になることもあります。

嫌いな人の子どもを妊娠:精神的に厳しい状況

嫌いな相手や苦手な人との間に子どもができることは、基本的にはありえないことで、そうした夢を見た時にはトラブルや問題が起こる可能性があります。不本意なことが起こり、精神的にも厳しい状況となる暗示です。特に、本当に妊娠している女性が嫌いな人の子供を妊娠した夢を見た時は、出産への不安や恐怖、焦りなどを持っているのかも知れません。

双子を妊娠:嬉しい場合は潜在能力が上がる


双子の妊娠は、大変な面もありますが、喜ばしいことでもあります。もしも夢の中で双子妊娠が発覚して、その時の感情がうれしいといった前向きのものであったら、吉夢となりそうです。

双子を妊娠する夢で明るい印象のものは、予想外の新たな可能性や潜在能力が見つかったり上がったりする暗示となります。潜在能力が高まって、成功へ一歩近づけるかも知れません。

妊娠の状態で占う夢占い


妊娠中にはいろいろな段階があり、その段階ごとの状態によっても夢占いの意味は違います。健康的な妊娠期間をはじめ、そうでない場合まで、それぞれの妊娠の状態による夢の持つ意味をチェックしてみましょう。

臨月:新たな可能性を試すチャンス

臨月の夢は、これからやってくる新しい可能性を試すチャンスを意味しているものです。臨月の状態は、妊娠期間を経て、もうすぐ出産という大きな変化の前段階となります。そこから、臨月の夢が暗示することは、これから近い時期に来る何かの大きな変化に関することになります。

また、実際の妊婦さんがこれからの出産を意識してみる夢でもあり、その場合にはリラックスするようにとの体からのメッセージでしょう。

早産:好機を逃す

早産の夢は、焦り過ぎのあまりに好機を逃すことを示していることがあります。早産は、予定日よりも早く赤ちゃんが生まれてしまうことであり、そのせいで赤ちゃんにも良くない影響を与えることがあります。そのことから早産は焦りを象徴するものです。

せっかちな性格だったり焦っていたりする時に見やすいため、夢を見たら今現在焦っていることがないか自分に問いかけてみると良いでしょう。

中絶:諦め・負担を感じなくなる


妊娠したけれど、中絶を選ぶという夢もあります。中絶の夢は重要な選択を迫られることや不本意な決断として諦めを選ばなければいけない状態の暗示です。中絶すること自体も、女性にとっては心身に大きな負担を与えますが、夢でもそうした苦しい状況を示しています。

ただし、中絶をして解放された気分になった場合には、諦めることで負担が軽くなり、運気が上がるという暗示となります。

陣痛:新たな歩み

妊婦が陣痛を起こしている夢は、新しいスタートの一歩を示していることが考えられます。陣痛は苦しいものですが、それは生みの苦しみであり、その次のステップには赤ちゃんの誕生という喜びが待っているものです。そのことから、陣痛の夢は、結果が出るまでの過程であり、新しい一歩を踏み出そうとしていることを示します。
また、苦しい陣痛が現状への違和感や不安などのマイナスの感情を表すこともあります。

妊婦の体調についての夢


妊婦さんは現実的に、体調が変わりやすく、体調の変化の仕方によっては赤ちゃんに大きな影響を与えることがあります。そのことから、妊婦の夢では体調によっても持つ意味が大きく変わりやすいものです。妊婦の体調に関する夢の意味をチェックしてみましょう。

お腹が痛い:ストレスを感じている

妊娠中にお腹が痛くなるのは、緊急な対応が必要であり、油断ができない状況です。そのことから夢占いではお腹の痛みは仕事や勉強に行き詰まっていて、ストレスや焦り、不安などを感じている暗示となります。

痛みだけでなく、お腹のハリを感じた夢も同様です。痛みやハリがひどければひどいほど、ストレスや不安は大きいということとなります。自分だけではどうにもならない問題を抱えているなら、誰かの助けを借りましょう。

鮮血を出血:環境の変化が気になる

妊婦が出血する時は、流産の恐れなどあまり良い兆しとは言えません。ところが、夢占いではそれほど悪い意味にはならないこともあります。

特に、出ている血液が鮮血の場合には、環境の変化が気にはなっていますが、それは悪いものが排除されて良い変化になることも多いものです。妊娠中の人がこの夢を見た時も、悪い暗示ではありません。

黒ずんだ血を出血:気分を害している


黒ずんだ血液の夢は、心身に何らかの問題がある、トラブルの暗示です。病気になったりトラブルが起こったりする可能性があるため、注意が必要となります。悪臭を放っている、にごっているなどの血液の夢もあまり良いものではありません。

また、鮮血ではあっても嫌な印象を受けた場合には生命力が低下していることがあります。

まとめ

妊婦さんや妊娠している夢は、基本的には良い意味をあらわす吉夢が多くなります。ただし、夢の中で感じた気持ちや夢の印象が悪いものには、悪いことの暗示もあるため注意が必要です。心身の調子や疲れなどを見つめ直し、夢の暗示を活かして体調を整えましょう。

- 1 / 1ページ -