お肌のコラーゲンを増やす方法

顔の肉を落とす方法まとめ!気になる頬と顎の肉を撃退して小顔になろう

ダイエットしたはずなのに、なんとなくぽっちゃりしている、年を重ねるにつれて全体がぼんやりとした印象になってきた、そんな悩みを持つ人は少なくありません。その原因の一つと考えられるのが顔についた肉です。ダイエットしても顔の肉はなかなか落ちません。

そこで、ここでは

についてまとめました。

顔の肉がついてしまう理由


初めに顔に肉がついてしまう原因を考えてみましょう。見た目には痩せているのに顔周りだけお肉がつきやすい人、逆に顔に肉がつきにくい人それぞれどのような理由があるのでしょうか。

脂肪

顔にお肉がついてしまったとき、初めに考えるのは太ってしまったという理由でしょう。確かに身体に脂肪がついてしまうと、他の部位同様に顔にも脂肪がついてしまいます。しかし、痩せていたとしても顔が二重顎になってしまうこともあります。体重や体型に変化がないのに顔に肉がついてしまっている場合は、単純に太った以外に理由があると考えた方が良いでしょう。

むくみ

太っていないのに急に顔に肉がついた場合の原因として考えられるのがむくみです。飲み会でお酒を飲み過ぎた時や焼き肉やしょっぱいものをたくさん食べた時など、次の日に顔がパンパンになってしまった経験はないでしょうか。これは水分が溜まって起こる現象です。また、むくみの原因となるのは食品だけではありません。筋力が低下したり、姿勢が悪くなることで血流が悪化してリンパの流れが滞ります。

たるみ


加齢とともに顔の周りの筋肉は衰えていきます。衰えた筋肉は垂れさがって重力に逆らえずにたるみとなるのです。硬いものを食べることでも顔周りの筋肉を鍛えることができますが、昔に比べると硬いものを食べる機会は減少しています。もともと日本人は会話の時にあまり顔の筋肉を使いません。顔の表情を大きく変えずに、控えめに表現するため筋肉が使われていないのです。そのため加齢とともに顔周りの筋肉が衰えやすいと言えます。

顔の肉が気になる部位は?


簡単に顔に肉がつくといっても、人によって気になる部位は様々です。また顔のどの部分に肉がついているかによって、ある程度は原因も推定することができるでしょう。どのような部位に肉がつくのでしょうか。

頬の肉

顔に肉がつくのには骨格も関係します。特に丸顔の人などは頬の肉がついていて顔が大きく見えると悩むことも多いでしょう。頬の肉は脂肪がつくと特に目立ちやすい部位です。太るとまず顔から肉がつくという人は、むくみや筋力不足を補うために必要なケアをおこなうとともに、脂肪を落とすように努力が必要なケースもあります。

顎の肉

顎の肉は痩せているのに二重顎という人も多いでしょう。面長でほっそりした顔の人でも顎にだけ肉がついてしまうことがあります。昔はスッキリとした顎のラインだったのに、年齢とともにたるんできたと感じる人もいるでしょう。このように顎の肉だけが目立ってしまうという人は、マッサージなどで血流を良くするとともにエクササイズによって顔周りの筋肉を鍛える必要があります。

顎の肉を落とす方法


顎の肉を落とすためにはいろいろな方法があります。中でも肉を効率よく落とすために代表的なケアやエクササイズ方法を紹介します。

顎のラインをマッサージする

スキンケアとともにできるのが顎のラインのリンパマッサージです。クリームや美容液をつけて滑りを良くした肌をなでるようにマッサージします。顎を親指と人差し指で挟むようにして顎先から耳までスライドさせてみてください。耳の下のリンパも気持ちがいい程度の強さで押していきます。その後、左右の手をクロスさせて首筋を鎖骨に向かってなぞりましょう。鎖骨の下も押すようにして刺激します。

顔エクササイズ「あいうえお」

顔の血流を改善するとともに筋力低下にも効果的と言われているのが顔エクササイズです。顔エクササイズのやり方は簡単です。大きく口を開けて「あいうえお」というだけ。ただし、それぞれの文字を筋肉を動かすことを意識して言うようにしましょう。「あ」は顎の筋肉を伸ばすように、「え」の時には舌を出して顎から首の筋肉を引っ張ります。最初はつらいので徐々に回数を増やすようにしましょう。

オトガイ筋を鍛えるエクササイズ


顎先にあるオトガイ筋はたるむことでフェイスラインのたるみの原因となります。オトガイ筋を鍛えるには口を大きく開けて上下の唇を口に巻き込むようにします。その状態のままで口角を引き上げます。キープしながら人差し指を顎先に当てて巻き込んだ唇を戻して、再度巻き込むように動かします。これを10回以上繰り返してから静止します。長く続けることで効果があらわれるため気長におこないましょう。

頬の肉を落とす方法


ダイエットしてもなかなか手ごわいと言われているのが頬の肉です。ダイエットしても顔周りがすっきりしないと効果が見た目にはっきりわからないかもしれません。ダイエットとともに頬の肉を落とすようにしましょう。

マッサージでむくみを取る

顔がむくんでいる場合はマッサージだけでも効果があらわれることもあります。初めに耳の下と顔の間にあるくぼみをゆっくりと押しましょう。エラからこめかみ、髪の生え際まで円を細かく描くようにマッサージしてください。最後に鼻と口を両手で覆って開くようにマッサージします。むくみはむくまないように生活を正すことが大切です。マッサージも習慣として取り入れましょう。

舌で押しながら頬の内側からもマッサージ

マッサージは顔の表面から手でおこなうものだけではありません。頬の内側からも舌でマッサージすることができます。上下の前歯を隠すようにして「ほ」の字の口を作ります。その状態のままで舌を使って内側の頬を押しましょう。左右5回繰り返します。マッサージ効果とともに下の筋肉を鍛える効果も期待できます。顔をこすらないため化粧したままでもできるマッサージなのでこまめに鍛えるようにしましょう。

割り箸をくわえてエクササイズ


頬肉がつくことでほうれい線も目立つようになります。そこで対策としておすすめしたいのが割り箸を使ったエクササイズです。割り箸を前歯で噛んだ状態で口を閉じたまま口角を横に引っ張りましょう。そのまま5秒間静止します。次に噛んだまま上に引っ張り上げます。同じようにキープしてください。最後は割り箸をくわえたまま歯を見せるようにしてキープしましょう。それぞれ10セットが目標です。

顔の肉を落とすためのグッズ


顔についた肉はマッサージやトレーニングでケアすることができますが、専用のケアグッズも販売されています。どのようなものが販売されているのか紹介していきます。

Sepoveda Y字型美容ローラー


Sepoveda Y字型美容ローラーはY字になったローラーを顔の上で転がすようにして使う美顔ローラーです。突起が付いていることで顔に刺激を与えてしっかりとリフトアップするとともに血行を改善する効果が期待できます。口角から頬骨までのフェイスラインから口角から鼻横、肩から首までと幅広くケアすることができます。さらにの二の腕やバスト、ウエストなどのマッサージにも使うことができる優秀なアイテムです。

PLEASING SAN フェイス マスク

PLEASING SAN フェイス マスクは家事や育児をしながらでもフェイスラインケアができるサウナマスクです。顎をすっぽり覆うマスクで、フェイスラインのたるみをキュッと引き締めます。ベルトを装着するだけで小顔マッサージすることができるため、お風呂に入りながら雑誌を読みながらでも使うことができます。熱を逃さない5層構造になっているため高い発汗作用も期待できるでしょう。

MTG フェイシャルフィットネス PAO(パオ)

MTG フェイシャルフィットネス PAO(パオ)は顔の土台となる表情筋をトレーニングすることができるアイテムです。使用方法はMTG フェイシャルフィットネス PAO(パオ)をくわえて上下に振るだけ。1回30秒程度のトレーニングで、年齢が目立ちやすい口元をケアすることができます。小さな力でも大きく負荷をかけることができるため短時間のトレーニングでも高い効果が期待できます。

まとめ

スッキリとしたフェイスラインや顎は若々しさ、フレッシュさを演出するために欠かすことができません。今までしていた化粧やファッションが似合わなくなったと感じた時には、顔に肉がついていないかチェックしてみてください。美は習慣で作られます。エクササイズやマッサージを習慣化してスッキリと引き締まった顔を手に入れましょう。

- 1 / 1ページ -