頬肉を落とすには?原因を知って対策を立てよう♡

シュッと引き締まった美人顔は女性の憧れです。顔のパーツはある程度メイクで整ってもフェイスラインはごまかすのが難しいでしょう。せっかくダイエットしたのになんとなく顔があか抜けないという場合は頬肉が原因かもしれません。

そこで、ここでは

について紹介します。

頬肉がついてしまう原因


頬についた肉はダイエットしてもなかなか落ちません。体はスラっとして痩せているのに頬肉はたっぷりついているという人もいるでしょう。頬肉がついてしまうのには、頬肉特有の原因があるのです。

むくみ

頬肉が目立つ原因として初めに疑っていただきたいのがむくみです。むくみとは身体に余計な水分や老廃物が溜まってしまう現象。見た目や触り心地もブヨブヨとしています。焼き肉や飲み会に行った次の日の朝に顔がパンパンにむくんだことはないでしょうか。これは水分を摂取し過ぎたり、塩分を取りすぎたりすることで水分が溜まった状態です。また冷え性や筋肉量の低下を原因として血流が悪化することでもむくみが発生します。

脂肪

身体全体がぽっちゃりしていて頬にも肉がついている場合は、頬についた脂肪が原因と考えていいでしょう。身体に脂肪がついていれば、自然と頬にも脂肪がつきます。頬は脂肪がつくと目立ちやすいパーツです。ちょっと太っただけでも頬肉が目立ってしまうことがあります。脂肪で頬肉が目立ってしまう場合はまずダイエットをスタートしましょう。身体の脂肪が落ちると併せて顔の脂肪もスッキリと落ちると考えられます。

たるみ


加齢とともに頬肉が目立つようになったという人はたるみが原因かもしれません。加齢とともに筋力が低下して、肌もハリを失って重力に逆らえなくなっていきます。すると頬肉が下がってほうれい線もはっきり出るようになるでしょう。顔には約30種類もの表情筋がありますが、実際には半分以上が使われていないと言われています。使われない筋肉は次第に衰えていくでしょう。その結果がたるみやシワとして表れてしまうのです。

骨格

頬肉や顔のお肉が目立ってしまうのには骨格も関係しています。エラや頬骨が出っ張っている場合は脂肪やむくみを取ったとしてもどうしても頬肉が目立ってしまいます。エラや頬骨が出ていると顔も大きく見えてしまうでしょう。顔の骨はジグソーパズルのように小さな骨が組み合わさってできています。猫背や脚をクロスさせる癖がある人は要注意です。悪い姿勢が原因で骨格がゆがむと、エラや頬骨にも影響し頬肉のたるみの原因にもなります。

むくんだ頬肉を改善したい


むくみはきちんと対処すれば解消することができます。特に不摂生が続いている人はむくみが常態化しているのかもしれません。むくんだ頬肉を改善するための対処法をまとめました。

血行を良くするマッサージ


むくみを解消するマッサージを試してみましょう。初めに鎖骨リンパ節と耳下腺リンパ節、こめかみをほぐしていきます。指で鎖骨を押しながらほぐしてください。耳下リンパ節は、指で耳を挟むようにして回します。こめかみも押しながらくるくると回しましょう。次にアゴ下リンパ節から耳下腺リンパ節に流します。顎先から耳に向かって押しましょう。最後に口角と小鼻から耳下へ、眉下・額の中心からこめかみに向かって優しくマッサージしてください。

お酒や睡眠時間などの生活習慣を見直す

常にむくんでいるという人は生活習慣の見直しもおこなってください。例えば塩分を取りすぎてしまうと身体はバランスを取るために水分を溜め込みます。アルコールも同様です。また睡眠時間やライフサイクルが乱れているという人はこれも見直してください。むくみは血行やリンパの流れが悪化することで起こります。そのままにしておくとさらに脂肪までついてしまうので早めに対処しましょう。

脂肪がついた頬肉を落としたい

肌のくすみを改善するスキンケア方法
脂肪が頬肉についてしまっている場合は、身体全体の脂肪を落とすことが解決法となります。また顔痩せエクササイズも並行しておこないましょう。頬についた脂肪の対処法を紹介します。

小顔エクササイズ


頬肉が目立つ人に初めに試していただきたいのが顔痩せするエクササイズです。初めに舌を顎先に延ばすようにします。そのままで10秒キープしましょう。続いて口元はそのままにして、目を大きく開いてから視線を上に向けてまた10秒キープします。これを5セット繰り返しましょう。このエクササイズは顔を触らないため化粧していてもおこなうことができます。ちょっとした家事の合間や休憩時間など時間を見つけてこまめにエクササイズしましょう。

食生活を見直しながらダイエットをする

脂肪が原因で頬肉がついてしまう場合は、ダイエットも欠かすことができません。顔のエクササイズと併せてダイエットもしてください。間食や普段の食生活を見直して、改善しましょう。普段柔らかいものばかり食べているという場合は固いものを食べるようにします。噛む回数が増えて顎や口周りの筋肉が鍛えられるとともに、噛むことで満腹中枢が刺激されるため少量でも満足感が得られるはずです。普段食べているものを見直して小顔を目指しましょう。

たるんだ頬肉を落としたい


鏡や写真を見てほうれい線が気になるようになったという人は頬肉のたるみが原因かもしれません。加齢によって筋肉が衰えるとともに、肌もハリを失ってしまいます。たるみは早期改善がキモです。今はあまり目立っていないという人も早めに頬肉をケアするようにしましょう。頬肉のたるみを解消する方法を探しました。

リフトアップ効果のあるマッサージ


たるみにはリフトアップ効果があるマッサージを試してください。たっぷりとクリームを塗ってから額の真ん中から耳の前まで指を滑らすように圧力をかけます。そのまま首、鎖骨まで下ろしていきます。次に目の周り、口の周りと小鼻を優しく押しましょう。口角から小鼻、目頭に向かって手の平でしっかり肉を持ちあげてから耳下、首筋に流します。次にほうれい線から肉を持ちあげてまた流します。手の平や手の付け根をしっかり使って老廃物を流しましょう。

頬を上げるための顔筋トレ


頬を持ちあげるためには筋トレを試してみてください。頬は大きく膨らませてから、そのまま10秒キープします。ゆっくりと顔を戻します。次に片方の頬を膨らませて5秒間キープします。反対側も同様におこないます。その後上唇の部分を膨らませて5秒間、下唇の部分を膨らませて5秒間キープします。最後に口をすぼませてから5秒間、ゆっくり膨らませて5秒間キープします。口の空気を出して終わりです。これを3セットおこないましょう。

骨格により目立つ頬肉を目立たなくするには


骨格によって目立つ頬骨は多くの人が悩んでいます。ダイエットやマッサージでも頬肉が改善しない場合はどのような対処法があるのでしょうか。外見から対処する方法、身体の内部から改善する方法、それぞれのアプローチを紹介します。

小顔メイクでカバー

頬骨が改善しない場合はメイクでカバーしてみましょう。エラや頬骨が目立つ人は顔の余白を埋めるようにシェーディングを入れます。おでこの生え際までシェーディングしてください。顔の外側に影を作ることで輪郭が引き締まって立体感が生まれます。もみあげからエラ、顎先にも影を作りましょう。チークは顔の外側が濃くなるようにもみあげから黒目の外側まで三角形に入れます。

コルギで骨格矯正

コルギ(骨気)とは韓国で生まれた民間療法。骨と筋肉に圧力をかけて骨の位置を矯正する美容法です。顔の血流も良くなるため、吹き出物が改善したり顔が引き締まったりする効果が期待できます。顔全体の老廃物をしっかり流すため、目元や首元に疲労がたまっている人にもおすすめです。コルギは専門店のほか、エステサロンなどで受けられます。近くに店舗がないか調べてみましょう。

まとめ

頬肉が目立つからといって、極端なダイエットをしたり、肌の負担になるようなマッサージを繰り返すことはおすすめできません。まず、頬肉が目立ってしまう原因を突き止めて対処法を探しましょう。即効性がある対処法もありますが、大切なのは続けることです。ケアを継続してスッキリと引き締まった顔を手に入れましょう。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。