彼氏ができた報告の仕方と気をつけたいこと9つ!

彼氏ができると世界観や人生観まで変わってバラ色の世界にいるような気持ちになるでしょう。できるだけ多くの人に彼氏ができた喜びを報告したくなるのも当然です。しかし、報告の仕方によっては彼氏や友人を傷つけるおそれもあります。

ここでは、

についてまとめてみました。

彼氏ができた報告はどうしたらよい?


やっと彼氏ができた喜びはひとしおで1人でも多くの人に報告したい気分になるものです。しかし、嬉し過ぎて舞い上がった状態で報告すると彼氏や周囲の人を嫌な気持ちにさせる可能性もあります。彼氏ができた報告でどんなことに注意すればいいのでしょうか。

SNSでの報告は公開範囲で制限する

一度に多くの人にメッセージを発信できるSNSはとても便利です。一度メッセージを作成すれば拡散されてそれだけで広く情報を共有することができます。彼氏ができた報告をSNSで簡単に済ませたい人もいるでしょう。しかし、本来は報告しないでもいい相手にまで知られてしまう可能性もあります。

SNSで報告する場合にはあらかじめ公開範囲を制限するなど、報告したい人だけに届くように配慮することが必要です。なかには快く思わない人もいるため、場合によっては誹謗、中傷の的になってしまうこともあります。

彼氏と話し合ってから報告する

彼氏ができて嬉しくてたまらない気持ちはよくわかりますが、自分の感情や気持ちの高まりだけで暴走すると後悔することになる恐れもあります。少しでも早く自分に彼氏ができたことを報告したいでしょうが、その前に彼氏としっかりと話し合ってから報告するようにしましょう。

報告しても構わない彼氏もいればもう少し交際が安定するまで報告は待って欲しいとする彼氏もいます。彼氏がどんなタイプなのかを見極めずに勝手に報告するとせっかく築いた関係が崩れることにもなりかねません

彼氏がいない女友達に自慢に聞こえないようにする


彼氏ができたことを真っ先に報告したいのは日頃から仲の良い女友達でしょう。なかにはこれまでいろいろとアシストしてくれた友人もいるため、一緒に喜んで欲しい気持ちが強いのはよくわかります。しかし、彼氏ができたことをアピールしまくると特に彼氏がいない女友達には自慢を越えて嫌味に聞こえてしまいます。

聞いてもいない彼氏の自慢話ばかりされると辟易するのは当然です。また、無意識に彼氏がいない女友達を下にみるような発言をしないように注意することも必要でしょう。

浮かれた調子にならないように気をつける

初めて彼氏ができた場合や数年ぶり、久しぶりに彼氏ができた場合は幸福の絶頂を迎えて気分が盛り上がりっぱなしになることでしょう。満面の笑みで「彼氏ができました」と報告したい気持ちはよく理解できます。しかし、あまりにも浮かれた調子で報告すると特に同性の友人からは反感を買いやすくなります

彼氏がいない友人からだけでなく現在順調に交際が進んでいる友人からも「浮かれすぎ、うざい」とバッシングされることもあるでしょう。感情をコントロールして周囲が祝福してくれるような言い方を心がけることが大切です。

彼氏ができた女性が気をつけたい9つのこと


彼氏ができた喜びを多くの人に伝えたい気持ちはわかります。しかし、注意しないと周囲を傷つけたり不快な思いにしたりする可能性もあります。彼氏ができた女性が気を付けるべき9つの点についてまとめました。

SNSで彼氏との写真を連続投稿するのは控えめに

彼氏ができたばかりで日頃からSNSにハマっている女性はSNSとの付き合い方を考える必要があります。大好きな彼氏とのツーショットの写真を彼氏の許可を得て掲載するのは問題ありませんが連続投稿になるのは考え物です。

彼氏に夢中で舞い上がった気持ちでSNSに投稿し続けるとのろけが過ぎると快く思わない人もいます。仲間内限定で公開した画像や動画でもすぐに拡散される可能性もあります。幸せな気分で投稿した画像がトラブルの原因にならないとも限りません。アップする前に冷静に考えて判断しましょう

友達に自慢しすぎると嫌われるので注意する

彼氏ができたことが嬉し過ぎて誰にでも話したくなる気持ちになるのは当然でしょう。特に日頃から悩みや愚痴を聞いてくれる友人には一刻も早く伝えたくなります。シンプルに彼氏ができて嬉しいことを報告することは問題ありません。しかし、会うたびに彼氏のことを自慢されては友達もたまりません。

幸せアピールや幸せ自慢は聞いている側は辛いものです。嬉しい自分の気持ちだけでなく周囲の人たちの気持ちも考えた言動を心がけることが大切です。

自分の彼氏と友達の彼氏を比べてマウンティングしない


彼氏ができると彼氏のことが好きすぎていつも頭のなかは彼氏のことでいっぱい。理性でコントロールしないと思わぬ暴走をしてしまう危険があります。友達が彼氏と一緒だとすぐに自分の彼氏と比較してしまうマウンティングは女性にありがちな行動です。

自分の彼氏が一番だと思いたい気持ちは理解できますが、いちいち細かいことまで比較して「勝った!」と思っても自己満足にしか過ぎません。心に余裕をもちおおらかな気持ちで接しないと友達からも敬遠されてしまうことになりかねません。

自分の友人を強引に彼氏と会わせない

彼氏ができると嬉しさのあまり彼氏ができたことをいろいろな人に報告したくなるでしょう。なかでも日頃から仲の良い友人はこれまで彼氏がいない愚痴を聞いてくれたこともあり、一番に彼氏を紹介したいと思うのも無理はありません。

しかし、自分にとっては仲の良い友人であっても彼氏にとっては初対面の他人です。強引に引き合わせて彼氏がバツの悪い思いをすることもあるでしょう。自分の友人に紹介したいときは事前に許可をとることが大切です。

彼氏を優先しすぎて友人をないがしろにしない

彼氏ができて舞い上がってしまった状態の女性がやってしまうことの1つに彼氏を優先して友人をないがしろにすることがあげられます。彼氏といつも一緒に居たいのでほとんどの時間が彼氏のために割かれてしまうのは仕方ありません。しかし、これまで彼氏ができるように応援してくれた友人を軽視した行動は人間性が疑われることになりかねません。

彼氏を優先し過ぎることで一生の友人を失ってしまわないように、友人と過ごす時間も大切にしましょう

彼氏に相談なく親に紹介しない


彼氏ができたばかりの女性にありがちな行動の1つに親への紹介があります。しかし、彼氏に事前に相談もなくデートの帰りに勝手に自宅に連れて行って親に紹介する行為は常識ある大人の女性がとるものではないでしょう。

交際期間がある程度長くなり安定した関係になれば、彼氏の方から「両親に紹介してくれない?」と言ってくるはずです。出し抜けに勝手に紹介すると彼氏の心の準備ができていないだけでなくまだその段階ではないと思っているかもしれません。彼氏に相談なしの紹介は慎むようにしましょう。

付き合ったばかりで結婚の話をしない

彼氏ができて付き合い始めたばかりの頃の女性がついやってしまうことの1つに彼氏に結婚話を持ちだすことがあげられます。しかし、まだお互いのこともよく理解しきっていない状態で結婚をちらつかせるのは現実からかけ離れているといえるでしょう。

男性は恋愛関係が始まったばかりなのに結婚の話をする女性は重いと感じるものです。また、安易な気持ちですぐに結婚話をする彼女の人格に疑問を抱くこともあるでしょう。結婚はタイミングであり時期が熟するまでじっくりと待つことが大切です。

元カノと自分を比べることや仲の良い女友達に嫉妬しない

彼氏ができたばかりの時期はとにかく彼氏のことが気になって仕方がないでしょう。交際が順調に長く続くことを願いながらも彼氏にとって自分が一番の存在でいたいと必死になります。彼氏に元カノのことを問い詰めて1つ1つ比較して自分が優れていることをアピールすることが繰り返されれば彼氏は不快感や不信感が募ります。

また、彼氏が女友達と少しでも親しくすると嫉妬するのもやめた方がいいでしょう。まだつきあい始めたばかりで自分に自信が持てないのは理解できますが、感情的に自分を過度にアピールすることは逆効果となります

いくら大好きでも依存しすぎないようにする

彼氏ができたばかりで彼氏のことが大好きなピークであることは仕方がありません。しかし、いくら大好きであっても何でもかんでも彼氏に頼りすぎるのは問題です。仕事や友人関係などこまごまとした悩みを逐一彼氏に報告して判断を仰いだり慰められたりすることを求めていては彼氏が疲れてしまいます。

そればかりか自分では何も決められない、解決できない人間になってしまう可能性もあります。お互いに1人の時間を尊重して精神的に自立してこそ、共に成長できる理想的な関係を築くことができるでしょう。

まとめ

彼氏ができると嬉しさと彼氏を大好きでたまらない気持ちがいっぱいでつい浮かれてしまうものです。彼氏ができたことを1人でも多くの人に報告したくなる気持ちはわかります。しかし、テンションが上がりすぎると周りを見失って彼氏や友人を不快な気持ちにさせる可能性もあります。どんなに幸せでも理性的な言動を心がけるようにしましょう。

- 1 / 1ページ -