身長差カップルの特徴と上手にお付き合いする方法

彼氏との身長差はどれくらいあるか知っているでしょうか。彼氏と彼女の身長に差がある身長差カップルは珍しくなく逆に同じ身長であることの方が少ないようです。腕を組んだりキスをしたりするのに理想的な身長差はどれくらいなのでしょうか。

ここでは、

についてまとめてみました。

身長差カップルの身長差はどのくらい?


彼女よりも彼氏の身長が高い身長差カップルは少なくなく、女性は自分よりも背の高い男性を好む傾向があります。身長差が数センチではとりたてて身長差カップルと言われることはないようです。身長差カップルの身長差とはどのくらいをいうのでしょうか。

カップルの理想の身長差は15センチくらい

カップルでは一般的に男性が女性よりも15センチほど高い身長差が理想だといわれています。15センチの身長差だと彼女のおでこが彼氏の口元の位置くらいになり、彼が自然におでこにキスするのにもぴったりです。

彼女が脚長効果をねらってヒールを履いて少し背伸びしてもまだ彼氏の方が身長が高いため、彼女はいつも守られているような安心感を得ることができるでしょう。

身長差カップルの身長差定義は20センチくらい

周囲に身長差カップルとして最も認識されるのは身長差が20センチ程度です。彼女の頭が彼氏の胸の位置程度になり、かなり身長に差があることを意識する身長差となります。男性が「萌え身長差」と呼ぶことがある憧れの身長差でもあり、抱きしめると彼女をすっぽりと包み込むことができます。

彼女も見上げればいつも彼氏の顔が見えて安心できるだけでなく、自分が小さく可愛らしくみえることに満足感が得られるようです。

身長差カップルの特徴


数センチの身長差だとそれほど注目されることもなく、手をつないだり抱きしめたりするのにも何の問題も感じません。一方で、ある程度の身長差があるカップルには身長差カップルならではのあるあるがあるようです。身長差カップルの特徴をまとめました。

デート中に見ている景色がだいぶ違う

身長差カップルで身長の差が15センチ、20センチぐらいになると目線の高さが明らかに異なります。2人でデート中に街中や公園などを歩いていても実際に見えている景色に違いが感じられるでしょう。背の高い彼氏は並木の上の方や遠くに見える高い建物などが普通に見えますが彼女には見えません。

彼氏が先に目的物を発見しても彼女がキョトンとしたままでいることも少なくないでしょう。

歩きながら話すと顔の距離が遠く声を聞き取りにくい

身長差カップルは身長差があるために彼氏と彼女の目、口、耳など顔の部位に高低差があります。特に話をする口元とそれを聞くための耳の高さが異なることから、歩きながら話をすると声を聞き取ることが難しくなります。

女性が背伸びしても耳元に口を寄せることが難しいことも多く、男性がしゃがみこんで「何?」と聞き返すことが多くなることでしょう。

立っていると自然な体勢でキスができない


身長差カップルでは15センチの差で彼女のおでこが彼氏の口元ぐらい、20センチの差になると彼女の顔は完全に彼氏の胸に埋もれてしまいます。したがって、2人が自然な状態で立ったままではキスをすることができません。

女性が高いヒールを履いて背伸びし、男性が少しうつむいてやっとキスできることも珍しくなくキスするたびに苦労するのが日常茶飯事となります。

身長差がありすぎるとカップルにみられない

彼氏と彼女の身長差が15センチ程度なら身長差カップルとして見られます。しかし、それ以上になると凸凹コンビが顕著に目立つため、カップルとしてみられないことも少なくありません。

兄妹ならまだしも年の離れた先輩、後輩、親子などに間違われることもあるため不愉快な思いをすることもあるでしょう。

足の長さが極端に違うため男性の歩くスピードが速くなる

身長の高い男性は胴が長いだけでなく足が長いため一歩の歩幅が広く歩くスピードも自然と速くなります。背の低い女性が並んで普通に歩いていると追いつけなくて遅れてしまうことも少なくありません。

男性は普通に歩いていても女性は競歩のような苦しい歩き方になり、疲れてしまうこともあるでしょう。男性が女性の歩幅を考えてゆっくり歩いてあげることが不可欠となります。

身長差カップル!身長差別のメリット


身長差カップルは背の高い男性が女性をいつも守っているようにみえるため理想的なカップルとしてみられることも少なくありません。また、身長差がありすぎても普通のカップルでは感じられないメリットもあります。身長差カップルのメリットをみてみましょう。

身長差がない場合は手をつなぎやすく会話もスムーズ

身長差が全くなければ目の高さ、頭の位置などもほぼ同じなので不便を感じることはないでしょう。自然に手をつないだり抱き合ったりすることができるため、どちらかが不自由な思いをすることはありません。

顔の位置もほぼ同じ高さになるため、並んで歩いて会話をしていても聞き取りにくいと感じることもないでしょう。

身長差が10センチ以下は腕を組みやすく密着感があり安心できる

身長差が10センチ以下の場合もほぼ同じ身長といえるので、自然に腕を組んだり抱き合ったりすることができます。少しだけ男性の身体の位置が高いだけで密着度が低くなることもありません。

何をするにもどちらかが無理な姿勢を取る必要もないので体が痛くなることもないでしょう。性が高いヒールを履く際には身長差が逆転する可能性もあります。

身長差が10~20センチは彼が肩に腕を回しやすく胸に顔をうずめやすい


彼氏と彼女の身長差が10~20センチ程度だと彼が自然に肩に腕を回すことができます。体勢を崩すことなく自然な流れでできるためバツの悪い間が空くこともありません。彼女が正面から顔をうずめればちょうど彼氏の胸の位置になるのですっぽりと包まれます。

並んで歩いていてもシルエットがきれいに見え、彼女が少し高めのヒールを履いても身長差が崩れることがありません。

身長差が20センチ以上は守られている感があり居心地がよい

身長差が20センチ以上になると顔の高さの違いがはっきりします。そのままの姿勢で見つめ合うことは難しいですが、彼女が見上げるといつも彼が上から見守っているような気分を味わうことができるでしょう。

ハグされた際にもすっぽりと包まれることができ、彼女は彼が全ての物から守ってくれているような気分にもなります。

身長差カップル!身長差別のデメリット


彼氏の方が彼女よりも背が高い身長差カップルは見た目にも微笑ましく理想的なカップルといえます。彼女が華奢で可愛く見えるとともに彼氏に頼りがいがありそうにみえるのもメリットです。しかし、その一方で身長差があることによるデメリットもあります。

身長差がない場合は彼女がヒールを履くと彼氏の背より高くなる

彼氏と彼女の身長差がない場合は一緒に並んでも何の違和感もありません。何をするにもどちらか一方に対する特別な配慮が必要ないのでストレスなくデートすることができるでしょう。

しかし、その一方で彼女がヒールを履くと彼氏の身長よりも高くなってしまいます。微妙な身長差であっても特に彼氏の方が気にするので彼女が履く靴の高さに気を配らなければなりません

身長差が10センチ以下は彼氏の胸にとびこんで甘えることが難しい

彼氏と彼女の身長差が10センチ以下の場合は、身長差カップルといってもほとんど背の高さに差がない状態です。ピッタリ合うわけでもなく、かといって身長差が大きいわけではないため微妙な感じになってしまうことが多いでしょう。

彼女がそのまま彼氏の胸に飛び込もうと思っても頭が彼氏の顔に当たって邪魔になります。可愛く甘えようとすると彼女が少しかがまなくてはならないため気を遣います。

身長差が10~20センチは長時間手をつないで歩くのが大変


身長差が10~20センチは理想的なカップルと言われており見た目のバランスは悪くありません。しかし、彼氏から手をつなごうとすると体を斜めに傾けなければつなぎにくくなります。反対に彼女からつなごうとすると手を少し上の位置まで持っていく必要があります。

どちらにせよ無理な体勢をとることになるため、デートなどで長時間手をつないで歩くことは大変で疲れてしまう原因となることもあるでしょう。

身長差が20センチ以上の場合はキスするのも大変になる

身長差が20センチ以上になるともはや視界が全く別物になります。また、キスをする際にも15センチまでの身長差とはまた違った苦労があります。

同じ身長のカップルがそのままキスするより少し背の低い彼女がつま先立ちしてキスする姿は可愛いものです。しかし、20センチ以上の差がある場合、彼氏が体を大きくかがめたり、彼女が精一杯背伸びしたりする必要がありキスするのが大変です。

身長差が少ないカップルが上手にお付き合いする方法


身長差が少ないカップルはお互いに気を遣わなくても自然に接していて不便を感じることはないでしょう。振り向くと同じ高さに相手の顔があるのでキスをしたり、手をつないだりすることにも困りません。身長差がほとんどないカップルの付き合い方をみてみましょう。

お揃いのスニーカーなどでコーディネートを楽しむ

身長差がほとんどないカップルでは女性が俗にいうベタ靴を履けばそのままの身長差をキープすることができます。彼氏とおそろいのスニーカーなどでコーディネートできるのも魅力といえます。

スニーカー以外でもミュールや高さがほとんどないパンプスなど、彼氏の身長を超えないように配慮してデートを楽しむ必要があります。

ヒールを履きたいときは彼氏に確認してみる

ハイヒールは足が長く細く見えるため少々歩きにくさはあっても履いている女性が多いようです。しかし、なかにはヒールの高さが10センチを超えるものもあり実際の身長よりもかなり背が高くなってしまいます。

彼氏との身長差がほとんどない場合はヒールの高さの分、彼女の身長が高くなってしまうため、デートで履く場合は事前に彼氏に確認するようにしましょう。

身長差が大きいカップルが上手にお付き合いする方法


身長差カップルの理想とされる15センチを超える場合は、彼女が彼氏に守られている感は大きくなるものの体の部位の高さがことごとく異なるので不便なことも少なくありません。身長差が大きいカップルが上手に付き合うためのポイントを紹介します。

手をつなぐのが難しい場合は、腕を組んで密着感を高める

身長差が大きいと彼氏が体を斜めに傾けるか、彼女の手の位置が常に高くなるかしないと手をつなぐことができません。手をつなぐことはできても無理な体勢になるため、遊園地などで長時間手をつなぐことは難しいでしょう。

そのような場合は手ではなく腕を組むことで密着度を高めるようにしましょう。彼女が彼氏の腕にぶらさがるような可愛さを演出することもできます。

ハグやキスは腰かけた状態や階段を利用してみる

身長差がありすぎると彼女の顔が胸の中にすっぽりとうずまってしまい普通のハグがなかなかできません。また、キスをする際は彼女が精一杯背伸びして、かつ彼氏が背中を曲げてかがんで無理な姿勢でしなければできないこともあるでしょう。

身長差を気にしたくないのであれば腰かけた状態や階段などの段差を活用すると自然な形でできます。

身長差カップルにおすすめ!ハグやキスのシチュエーション


カップルであれば愛情表現としては頻繁にハグやキスをするものでしょう。しかし、身長差カップルだと2人の身長にあまりにも違いがあると無理な体勢をとることになります。身長差カップルでも無理なくハグやキスができるおすすめのシチュエーションを紹介します。

彼氏の膝のうえでハグやキス

身長差がありすぎるカップルでも立ったままと座った状態では身長差の感じ方に違いがあります。起立したままの姿勢でハグやキスをするのは大変でしょう。

座った状態でも多少座高に差がありますが、彼女が彼氏の膝のうえにのるとちょうどよい高さになります。思い切り甘えてハグやキスができるシチュエーションといえるでしょう。

上目づかいがかわいい背伸びキス

女性の上目づかいは何もしなくても甘えたような表情になるため男性をキュンとさせるものです。身長差をカバーしようと彼女が精一杯背伸びしてキスする姿は特に萌えキュンとなるでしょう。

恋愛漫画などでも彼女が上目づかいで背伸びして彼氏が首を曲げてキスをするシーンはよく描かれています。女性なら誰もが憧れる理想の身長差カップルキスといえるでしょう。

身長差があるからバランスがよいお姫様抱っこをしてハグ


女性ならだれもが一度は憧れるお姫様だっこ。しかし、身長が同じくらいだとバランスが悪く抱かれている女性もかわいくみえないことがあります。身長差カップルなら大きな彼氏が小さな彼女を軽々と抱きかかえる絵になり理想的なお姫様だっこになります。

お姫様だっこからハグすれば彼女が無理をしなくても彼氏の顔のすぐ近くまで顔を寄せることが可能です。首に両手をかけてキスするのもかわいいでしょう。

まとめ

身長差カップルの理想的とされる身長差は15センチ程度。彼氏が彼女を守ったり、彼女が華奢で可愛く見えたりするイメージがあります。極端に身長差があると手をつないだりハグしたりすることが難しくなることもありますが、シチュエーションを工夫することで特別なハグやキスができます。身長差を賢く活かしてラブラブなカップルになりましょう。

- 1 / 1ページ -