シュガースクラブのおすすめ15選!シュガースクラブの使いかた

シュガースクラブは最近注目の角質ケアアイテムです。毛穴やくすみケアだけでなく保湿効果も期待できるシュガースクラブの使い方とおすすめのシュガースクラブを紹介します。甘くておいしいだけでなく、お肌にもよい砂糖を使ったシュガースクラブをスキンケアに取り入れてみましょう。

ここでは、

についてまとめました。

シュガースクラブってどういうもの?


シュガースクラブは一般的なスクラブケアと同じように角質ケアを行なえるアイテムです。塩を使ったソルトスクラブよりもお肌に優しいといわれています。新しいスクラブとしてどんなものかチェックしてみましょう。

砂糖でお肌の角質を落とすもの

シュガースクラブは、文字どおり砂糖を使ったスクラブです。一般的には塩を使ったスクラブが多く、発汗作用と毛穴ケアのために利用する人が多くなります。砂糖には発汗作用はないため、ダイエットやデトックス目的には向きませんが、お肌のケアとしては塩以上のメリットがあるようです。

配合によって唇にも顔にも身体にも使える

シュガースクラブは自分で作ることも簡単にできて、配合によっては顔のスキンケアにもボディケアにも使えるものにできます。顔のケアとしては、デリケートな唇に使っても問題ありません。カサカサで皮剥けした唇をきれいにつるんと仕上げられるでしょう。

砂糖の保湿効果から肌にやさしく赤ちゃんにも使える

シュガースクラブは、溜まった毛穴の汚れや古い角質を落とすだけでなく、保湿にも効果的です。砂糖は塩よりも高い保湿効果が期待でき、さらにお肌を柔らかくする作用もあるといわれています。塩と違って傷にしみたりもせず、赤ちゃんにも使えるほど優しい使い心地です。

ソルトスクラブと違って肌への負担が少ない


シュガースクラブは、ソルトスクラブとは違って、肌への負担が少なくなっています。ソルトスクラブに使われる塩と比較して砂糖は水に溶けやすいため、スクラブとしても優しい使い心地です。また、砂糖には傷の治りを早めてくれる作用もあるといわれており、荒れたお肌にも使いやすそうです。

手作りのシュガースクラブの使い方


シュガースクラブは、市販品だけでなく手作りして使うのもおすすめです。手作りのシュガースクラブであれば、材料も自分で把握でき、余計な添加物などの心配もせずに使えます。自作のシュガースクラブの作り方、使い方を見てみましょう。

基本は砂糖とオイルを1:1

シュガースクラブの基本の材料は、砂糖とオイルです。1:1の同量を混ぜ合わせて作ります。オイルはキャリアオイルとして使うココナッツオイルやホホバオイルなどを使います。また、食用のオリーブオイルを使っても問題ありません。そこにお好みで精油を入れて香りを楽しんだり、はちみつで保湿力をアップさせたりします。

メイクは落としておくこと

シュガースクラブをする前には、顔であればメイクは落としておきます。洗顔後の顔の濡れた状態で行なうのが基本です。濡れていないと砂糖が溶けず、シュガースクラブの刺激が強すぎてしまいます。できればぬるま湯洗顔がよいでしょう。ボディや唇に使う時も濡れた状態が基本となります。

軽く円を描くように優しくマッサージをする


シュガースクラブをお肌に塗ったら、優しくマッサージします。軽く円を描くようにクルクルと滑らせて、角質を優しく落とします。砂糖が溶けるまでマッサージをしていきます。小鼻や口元など、凹みや狭い部位も指先を使ってしっかりとマッサージしましょう。

2~3分パックをすると保湿効果がある

シュガースクラブには、ソルトスクラブのような発汗作用はありませんが、高い保湿効果が期待できます。そのため、お肌全体にマッサージで馴染ませた後は2~3分、パックのように置いておくとお肌がしっとり仕上がりそうです。

しっかりと洗い流すこと

お肌にシュガースクラブを馴染ませて保湿したら、最後はしっかりと洗い流しましょう。ぬるま湯で十分にすすいでから、タオルで優しく押さえるように、水分を拭き取ります。あとはいつものスキンケアアイテムでお肌を保湿しておきましょう。

洗顔のたびに行っても肌への負担はほぼなし


シュガースクラブは、水に溶けやすい砂糖を使ったスクラブで、お肌への負担が少なくなっています。また、砂糖にはお肌の保湿効果や傷を癒す作用もあると言われています。そのため、頻繁に利用してもお肌への負担の心配がありません。一般的なスクラブ洗顔のようにスペシャルケアとして使うのではなく、日常の洗顔と一緒にすることもできそうです。

身体に使うときはオイルで滑りやすくなるので注意が必要

シュガースクラブは、砂糖とココナッツオイルなどの植物オイルを使って作られています。オイルはお肌の保湿に役立ちますが、床に流れると滑りやすくなり危険なこともあります。特にボディはお風呂場で使うことも多いので、シャワーなどで流した後は足元の滑りやすさに注意が必要です。

日持ちはしないので長期の作り置きはしないこと

手作りしたシュガースクラブは、保存料などが入っておらずシンプルです。素材を把握できる安心感はありますが、その反面、日持ちはしません。そのため、シュガースクラブを手作りする場合には、少量ずつ作るようにして、長期の作り置きは避けましょう。使う時に使う分だけの砂糖を手に取り、手元でオイルを混ぜて使うようにしてもよさそうです。

リップ用♡シュガースクラブおすすめ5選


シュガースクラブは手作りもできるけど、手軽に使える市販のものもあります。おしゃれでかわいく手軽に使えるリップ用のシュガースクラブのおすすめ5選をチェックしてみましょう。

トニーモリー キスキスリップスクラブ+エッセンスバーム 2類セット

リップスクラブとエッセンスバーム(リップクリーム)のセットです。リップスクラブでカサカサの皮剥けをケアしてから、バームで保湿する一連のケアができるセット。かわいい唇の形をしたケースが特徴的で、インパクトがあります。香りがあるので好みが分かれますが、プチプラで気軽に試せそうです。

トレンドホリック リップピーリング


ハチミツ入りのリップ専用ピーリング剤です。シュガースクラブとハチミツが、かさつきや皮剥けの唇をプルプルにして保湿してくれそうです。ケースはかさばりにくい小さめのジャータイプ。レモンパイの香りがついています。

ブビブビリップ(Bubi Bubi Lip. by unpa.)リップスクラブ


今注目の韓国コスメブランド「unpa.(オンパ)」のリップスクラブです。人気の高い韓国コスメのうち、SNSでも注目度の高いアイテム。天然成分が使われています。唇に塗ると発泡し、擦って角質を落とすタイプです。また、角質ケアと同時にクレンジングもできます。

Kパレット リップシュガースクラブモイスト 02


シュガースクラブの入った角質ケアもできるリップクリームです。シュガースクラブは塗ると体温で溶けるため、洗い流さずに使えます。塗って角質ケアをして、そのままシュガー成分が溶けたら保湿へ。同時に二つの作用を得られて、手軽に使えるアイテムです。

ビーリップル


ビーリップルははちみつ保湿成分入りのシュガースクラブです。唇の薄皮をきれいにしてくれて、しっとり潤いを与えます。夜の唇ケアとして、マッサージしていくとスクラブが溶けてなくなり、そのまま就寝できます。保湿効果が高く、朝のメイクも快適です。

フェイス用♡シュガースクラブおすすめ5選


スクラブのフェイスケアは気づいたときに手軽にしたいから、すぐに使える市販品が快適です。手軽に使えて、おすすめのフェイス用シュガースクラブを紹介します。

BOTANIST ボタニスト ボタニカル シュガー&バタースクラブ


ボタニカルシュガー&バタースクラブは、ピュアオリーブオイルとボタニカルバターミルク配合で、高い保湿効果と優しい肌あたりが特徴のボディスクラブです。溶け方の違う2種類の植物由来シュガースクラブが古い角質を無理なく落とし、保湿成分がしっとりハリのある肌を作ります。

エコットコスメ オーガニック フェイススクラブ 酒粕

栃木県産の酒粕エキスとマンナンスクラブ配合のフェイス用スクラブマッサージ料です。日本伝統の成分である酒かすがお肌を整えて、こんにゃくのスクラブが優しく古い角質や汚れをケアします。フェイスケアだけでなく、首やデコルテにもおすすめです。

スキンフード (SKINFOOD) ライスマスク ウォッシュオフ

お米のようなツヤ肌にしてくれるというフェイスマスクです。つぶつぶはありますが、ザラザラしないマイルドなタイプなので、スクラブの刺激が心配な人にも使いやすくなっています。マッサージをしてから洗い流すだけで、肌のトーンが明るくなるようです。

ニールズヤード レメディーズ ハニー&オレンジスクラブ


フェイスとボディ用として使えるスクラブ剤です。コメ粉など食べられる素材で作った天然のスクラブで、肌に負担をかけにくくなっています。優しい使い心地で古い角質を落として、ハチミツ配合で肌を柔らかくする効果も期待できます。爽やかなオレンジの香りです。

[スキンフード] SKINFOOD ブラックシュガー ハニーマスク ウォッシュオフ

オーガニックブラックシュガーと2種類の濃厚なハチミツを使ったシュガースクラブです。しっとりモチモチのお肌にしてくれる保湿力高めの仕上がりになっています。おしゃれなジャーとブラックシュガーの黒っぽいつぶつぶのクリームが特徴的です。

ボディ用♡シュガースクラブおすすめ5選


シュガースクラブをボディに使うなら、たっぷり使えてバスタイムが楽しくなるものがおすすめ。ボディ用として使いたいおすすめのシュガースクラブ5選を紹介します。

【ジョバンニ(ジョヴァンニ)】シュガー ボディスクラブ


オーガニックシュガーと細かく砕いたクルミの殻を配合したボディスクラブです。スクラブがボディの角質をケアして、アロマとハチミツが肌の潤いを守ります。肌をなめらかに整えるククイナッツのオイルとシアバターも配合です。カカオバターの香りでバスタイムを彩ります。

リーフ&ボタニクス ボディスクラブ シュガー


保湿成分であるグリセリンをベースにしたシュガースクラブです。スクラブには2種類の砂糖を使っています。マッサージをすることで、ボディの古い角質を取り除いて、肌をしっとりとさせる効果が期待できるマッサージスクラブです。天然精油のラベンダー油とレモングラス油が香ります。

プライモールエレメンツ シュガーホイップ/タヒチアンバニラ ボディスクラブ

サトウキビからできた砂糖を使ったクリームスクラブ成分が特徴の優しいボデイスクラブです。マッサージをしていくと泡立ち、泡が角質や汚れを包み込むというちょっと変わった使用感。洗顔にも使えて、しっとりハリと潤いのある仕上がりに。保湿効果の高さも感じられるでしょう。

KOSE コーセー ローズオブヘブン ボディスクラブ


ブルガリアンダマスクローズハニーと有機栽培で育てた植物由来の原料で作られたボディスクラブジェルです。贅沢に使われたローズが香り、優しいシュガースクラブが肌を柔らかく。粒が細かいため、肌に優しく、痛くない使い心地になります。パッケージやジェルも女性らしいピンクベースです。

ANGELICAハーバルリッチスクラブ


保湿成分としてハチミツ、アロエフェロックス葉エキス、ワレモコウエキスなどを配合したシュガースクラブジェルです。とうもろこしの穂軸やアンズ種子などのスクラブも使っています。優しい仕様でデリケートゾーンにも使いやすい角質ケアです。女性の気持ちを高めるローズの香りとピンクのジェルです。

まとめ

シュガースクラブは新しいスクラブとして優しく角質ケアできる特徴を持っています。ソルトスクラブが苦手な人も、優しく汚れを落として保湿力も高いシュガースクラブを試してみましょう。自宅にあるオイルや砂糖を使って簡単に手作りもできますし、手軽に使える市販品もあります。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。