もしかしてメンヘラ彼氏なのでは!?メンヘラ男性の特徴と対処法

付き合っている彼氏の様子が何となくおかしくて「もしかしてメンヘラでは?」と疑ったことはないでしょうか。メンヘラ彼氏は情緒不安定で依存性が高く、彼女を振り回すことが多くなります。

ここでは、

についてまとめてみました。

彼氏のこんな行動はメンヘラの可能性あり?メンヘラ彼氏の特徴


付き合ってみて初めて気づく彼氏の異常行動の数々。もしかしたらメンヘラの可能性があるのかと心配になることもあるでしょう。メンヘラの特徴をよく理解すればメンヘラ彼氏なのかどうかを知ることができます。

ネガティブ発言が多い

「でも」「だって」「どうせ」などの聞いていてイライラしそうなネガティブ発言が多いのもメンヘラ彼氏の特徴です。物事を前向きにとらえることがなくいつも後ろ向きなので彼女の方もエネルギーを吸い取られるような気分になるでしょう。はつらつとした男らしさが感じられないのも問題です。

自意識過剰

メンヘラ彼氏は何を根拠にしているのかよくわからない自信があります。客観的に判断して特に優れているわけでもないのに人よりも秀でていると思い込みそれが言動に表れてしまいます。自意識過剰で誰にも認められていなくても「自分はすごい」と人にアピールして引かれてしまうことも多いでしょう。

連絡が頻繁


特に用事もないのに頻繁に電話やメールなどで連絡をしてくるのもメンヘラ彼氏の特徴の1つです。「今何してる?」「忙しい?」など仕事中でも関係なくどうでもいい連絡をしてくるのでイライラすることがあるでしょう。連絡を無視すると返信があるまで連続して連絡を続けることもよくあります。

気分の浮き沈みが激しい

満面の笑顔で別れた次の日にまるでこの世の終わりかのように落ち込むことがあります。情緒不安定で気分の浮き沈みが激しいのが特徴です。何がスイッチになって感情が変化するのかその原因がよくわからないので彼女は対応に苦慮します。いちいち感情の変化につきあっていると彼女の方までおかしくなってしまうでしょう。

恋愛の駆け引きを異常にする

恋愛には駆け引きがつきものでそのテクニックが大きく影響することがあります。しかし、メンヘラ彼氏の恋愛の駆け引きは異常過ぎて引いてしまうほどです。体が触れるほど距離が近いかと思えば次の日は意味がわからない冷たい視線。自分では駆け引きのつもりでも両極端過ぎて女性はなびくどころか距離をおきたくなります

嫉妬深い


他の男性と親しくしていて嫉妬する男性は珍しくありません。しかし、メンヘラ彼氏は後から2人になったときに「あの男誰?」と聞くのではなく、話をしている最中に平気で割り込んできます。職場の友人であろうと相手にあからさまにわかってしまう会話の妨害をして2人を引き裂こうとすることもあるでしょう。

過去の恋愛を引きずる

メンヘラ彼氏は、元カノと一緒に訪れたレストランや一緒に見たテレビ番組など、いつ、どこでスイッチが入るかわかりません。急に顔が暗くなり過去のトラウマを延々と話したり、大きなため息をついたりします。目の前に彼女がいることさえ忘れたように過去の時間に浸ってしまい辟易してしまいます。

コンプレックスが多い

誰にもコンプレックスはあるものですが、それをいちいち気にしていたら生きていけません。メンヘラ彼氏はまずコンプレックスの数が尋常でなく、挙げだしたらきりがありません。コンプレックスを克服する具体的な行動はとらないのに、いつもコンプレックスがあることを自慢するかのように話します。

SNSの更新が頻繁


メンヘラ彼氏は異常なほど頻繁にSNSを更新します。毎日更新は普通で場合によっては数時間おきに更新することも珍しくありません。それほど特別なネタや映え画像があるわけでもないのに自信を持ってアップするところにメンヘラを感じてしまうことでしょう。彼女の画像を無断で掲載することもあって困ります。

LINEやメールが長文

恋人同士ならLINEやメールで連絡を取り合うのが普通です。一般的に「今ヒマ?」「○○に何時集合で!」など短めのメッセージのやりとりが多いでしょう。しかし、メンヘラ彼氏のLINEやメールはいつも長文。スマホをスクロールしなくては全文を読めないこともあるでしょう。特に重要でもない内容が延々と書かれているだけでげんなりしてしまいます。

ブランドが好き

メンヘラ彼氏のブランド好きも度を超えています。一点豪華主義ではなく頭からつま先までブランドづくめでデートに登場することもしばしば。自分に自信が持てないのでブランドの鎧で身を固めて安心しているのでしょう。合わせなくてはならない彼女は服装選びにも苦労します。

自分が大好き


自分に対するコンプレックスは数多く抱えているのにも関わらず自分が大好きなこともメンヘラ彼氏の特徴です。いつも自分を最優先に考えるので会話していても自分の話ばかり。見た目のチェックも怠らないナルシスティックな面もみられます。自信過剰過ぎて周りから痛い人だと認識されてしまうこともあるでしょう。

ヤキモチを焼かせようとする

メンヘラ彼氏はわざと彼女にヤキモチを焼かせようとすることがあります。特に興味もない女性に近づいてわざわざ目の前でいちゃついて見せたり、女性からのメールを自慢げに見せたりすることもあるでしょう。必死なのはわかりますが彼女には全て見抜かれているため効果は全くありません

自分が特別だと思っている


人と違って特別な存在になりたいと思うことはあるでしょう。しかし、メンヘラ彼氏は特別な存在になるための努力をしようとはせずに、もともと自分が特別だと勘違いします。仕事ができないのに「この仕事は自分には合わない」「俺がすべきことではない」などと思い込む傾向が顕著にみられるでしょう。

繊細・傷つきやすい心の持ち主

メンヘラ彼氏には感受性が豊かで繊細、ちょっとした言葉に傷付いてしまうナイーブな面もあります。人の言葉を勝手に自分なりに解釈して落ち込んでしまうことも少なくありません。落ち込む度合いや期間が度を過ぎているので相手をするのが嫌になることもあるでしょう。

メンヘラ彼氏との付き合い方・対処法


付き合ってから初めてメンヘラ彼氏であることに気付くことも珍しくありません。しかし、メンヘラ彼氏であっても惹かれるところがあったからこそ彼氏として選んだのでしょう。否定するのではなくメンヘラ彼氏とどう付き合えばいいか対処法を知ることが大切です。

無理にメンヘラ彼氏に合わせない

メンヘラ彼氏であっても好きになった相手なのでなるべく合わせるように無理するでしょう。しかし、メンヘラ彼氏は言動に一貫性がなかったり、感情の起伏が激し過ぎて理解できなかったりするため、合わせようと無理をすると彼女の方がメンタルをやられてしまいます。自分を失わないようにメンヘラ彼氏に合わせ過ぎないようにしましょう。

話は適度に聞き流す

メンヘラ彼氏は気分がいいときは自分の自慢話が中心、落ち込んだときは愚痴や自己否定の話が延々と続きます。脈絡のない話を何度も繰り返して堂々巡りになることも珍しくありません。まともに聞いて受け答えしても納得しないことも多いので、話半分程度に聞いてあとは聞き流すようにすると疲れません。

共感しない


メンヘラ彼氏は情緒が不安定になってくるとネガティブ発言を連発するようになります。自分を否定して生きていく価値がないと言うこともあるでしょう。ある程度愚痴や悩みを聞いてスッキリさせることは大切ですが、決して共感してメンヘラ彼氏の偏った考え方や生き方を肯定しないようにしましょう。

メンヘラ彼氏を否定しない

メンヘラ彼氏であっても選んだのは彼女の方であるため、全面的に否定しても何もいいことはありません。メンヘラ彼氏はナイーブで傷つきやすい反面、感情表現がストレートで一生懸命なところもあります。悪い所だけを見るのではなく良い所をみつけて褒めてあげることで良好な関係を維持することができるでしょう。

感謝や好意を伝える

メンヘラ彼氏は自分が大好きで自意識過剰なところはありますが、基本的に自分に自信が持てない面があります。他人からプラスの評価をされる機会も少ないので何かしてあげる喜びも知らないのでしょう。少しオーバーなくらい感謝の気持ちや好意を伝えると喜ぶだけでなく情緒が安定します。

NGラインをきっぱり伝える


メンヘラ彼氏は自分中心に世界が回っていると思い込むところがあります。恋人同士であっても触れられたくない面がありますが、平気で土足で踏み込んでくることもあるでしょう。「ここから先はダメ」とNGラインを明確にするとともにそれを言葉にしてしっかりと伝えることが必要です。

一緒に居る時間を短くする

メンヘラ彼氏の感情の起伏の幅はとても大きく、何がきっかけでスイッチが入るか予測不能です。いちいち合わせていたら彼女の方の身が持ちません。そんなときは、なるべく一緒に居る時間を短くするようにしましょう。午前中のみや夜遅くのデートなど数時間で切り上げられる時間帯を選ぶように工夫する必要があります。

まとめ

付き合い始めて彼氏の言動に違和感を覚えてメンヘラを疑うこともあるでしょう。メンヘラ彼氏には面倒くさいさまざまな特徴があります。しかし、メンヘラ彼氏を選んだのは彼女です。全否定したり逃げたりするのではなくメンヘラ彼氏と上手く付き合うための方法を理解しましょう。

- 1 / 1ページ -