ガッテン塗りでスキンケア!ガッテン塗りにおすすめの保湿クリーム7選

ガッテン塗りは、以前テレビ番組で紹介されたことのある意外なスキンケア方法です。時短にもなり、コスメ代のカットにも生かせて、忙しい女子の大きな味方となるでしょう。

そんなガッテン塗りについて

  • ガッテン塗りとは?
  • ガッテン塗りのメリット
  • ガッテン塗りで気をつけたいこと
  • ガッテン塗りにおすすめの保湿クリーム7選

を紹介します。基本の使い方やメリット、注意点などもチェックして、スキンケアに取り入れてみましょう。

ガッテン塗りとは?


ガッテン塗りとは、テレビの情報番組で紹介されたスキンケア方法です。非常に簡単にできますが、一般的なスキンケアとはかけ離れています。まずは、ガッテン塗りとは何か、チェックしてみましょう。

洗顔後に直接クリームだけを塗るスキンケアのこと

ガッテン塗りとは、洗顔後にクリームを塗るだけのスキンケア方法です。一般的には、洗顔後のスキンケアには化粧水や乳液、美容液、その後にクリームを使うことが多くなります。

そんな一連のケアをやめて、化粧水さえも使わずに直接クリームだけを塗るスタイルです。ワンステップで終わる簡単なケア方法であり、オールインワンジェルのような専用のコスメも要りません。

肌の水分が残った状態にクリームを乗せるのがポイント

ガッテン塗りでは、どのようなクリームでも自分が気に入ったものを使うことができます。使い方のポイントとして、肌の水分が残った状態で塗ることだけを守ればOKです。

洗顔後、お肌からはすぐに水分蒸発が始まっています。そのため、その水分を逃す前にクリームでふたをしてしまおうというのです。水分は肌表面に残っているから、化粧水による水分補給は要らないという考え方になります。

クリームを塗る際には肌をこすらないこと


ガッテン塗りでは、クリームを塗る時に肌をこすらないことも大切なポイントです。スキンケアは、お肌に良い成分を与えてお肌の状態を良くしようとして行われます。それなのに、実際には化粧品を塗る時にこすってしまい、それがお肌への負担になっていることも多いもの。その摩擦を防ぐためには、こすらずにクリームを塗ることが大切です。

ガッテン塗りのメリット


ガッテン塗りは、簡単にできるというだけでなく、肌にも良い影響を与え、生活の助けにもなるようです。多くのメリットを持つガッテン塗り。代表的なメリットをチェックしてみましょう。

肌を甘やかさないので肌本来の力を引き出せる

ガッテン塗りの簡単さ、シンプルさは、スキンケアが楽になるだけでなく、お肌にも良い影響を与えているようです。シンプルケアで与えすぎないため、お肌を甘やかすことなく、肌本来の力を引き出せるといわれています。

肌はたっぷりの美容成分を与えられなくても、本来持っているバリア機能でうるおいを守ることができるもの。化粧水の水分も、与えすぎると余計に乾燥を引き起こすことがあります。

手順が少ないのでスキンケアの時間を短縮できる

ガッテン塗りのスキンケアは、洗顔後にワンステップで終わるため、忙しい朝の支度や子育て中でスキンケアに時間を掛けられない人にも安心です。毎日、化粧水から乳液、美容液、シートマスクやパックなど、時間を掛けてケアしていても、それが余計なケアになっている人もいます。ガッテン塗りであれば、過不足ないケアで時短もできて、良いこと尽くしです。

使うアイテムが限られるのでコスパも高い


ガッテン塗りのメリットとしては、金銭面の負担が少ないことも大きくなります。お小遣いが少ない人やコスメにお金を掛けたくない人にも安心です。ガッテン塗りをするのに、必要なものはクリームだけ。しかもそのクリーム自体も、リーズナブルな価格のもので良いのです。

実際にドラッグストアやネットショッピングなどで手に入る一般的な保湿クリームでガッテン塗りしている人がネット上でも多く見られます。

ガッテン塗りで気をつけたいこと


ガッテン塗りは、良いこと尽くしのように見えますが、ただやみくもに行ってうまく行くものではありません。また、人によっては逆効果になることもあるようです。自分に向いているかどうか、ガッテン塗りで注意したいこともチェックしておきましょう。

肌の調子によっては荒れやすくなる

ガッテン塗りは肌の調子や肌質によっては合わない人もいます。肌本来の力を引き出すためのシンプケアであり、そのシンプルさゆえに、お肌への摩擦を減らして保湿ができますが、肌によってはそれだけでは足りないことも。お肌の調子や肌質には個人差があります。やってみたけど、肌が荒れてしまい、やはり化粧水をプラスしたという人もいるようです。

油分の多いクリームだとニキビのもとになることも

ガッテン塗りで直接塗ったクリームの油分が皮脂と結びつき、ニキビが出来やすくなったという人もいます。特にオイリー肌の人などは、油分たっぷりのクリームを選んでしまうと油分過剰になるかも知れません。

また、女性は生理周期などでお肌がオイリーに傾くこともあるため、そんな時期には乾燥の気になる部分だけたっぷり塗って、他は控えめにするなどの工夫も必要となりそうです。

美白や透明感は期待できない!あくまでも保湿だけ


ガッテン塗りでは、シンプルにクリームだけを塗りますが、期待できる効果はあくまでも保湿メインです。洗顔後の水分を油分で閉じ込めることを目指しています。

そのため、美白ケアやエイジングケアなどをしたい人には物足りなく感じるかも知れません。ガッテン塗りはあくまでも最低限の保湿ケアと考え、他のスキンケア効果が欲しいなら別途対策した方が良さそうです。

ガッテン塗りにおすすめの保湿クリーム7選


ガッテン塗りを伝えたテレビ番組では、特に使ってほしいクリームの紹介はありませんでしたが、口コミなどで相性の良いクリームを紹介する声があるようです。ガッテン塗りに向いていると話題のおすすめ保湿クリームを紹介します。

ニベア クリーム


テレビで具体的にクリームの紹介をしたわけではないものの、これではないかという噂が絶えないニベアクリームの青缶。たっぷり使えてリーズナブルな価格なのに、高級クリームと同じ成分が入っていると人気になりました。

クリームは少し固めで、香り付きなので、使用感の好みは分かれそうですが、大人から子どもまで全身に使える便利さは魅力です。

ニベア ソフト スキンケアクリーム


ニベアソフトスキンケアクリームは、ニベア青缶のソフトバージョンの保湿クリームです。期待でいる効果や用途は青缶と同じですが、柔らかいテクスチャ―で伸びが良く、こちらの方が良いという人も増えています。保湿力は青缶の方が高いと感じる人もいたので、どちらを選ぶか好みや肌質に合わせて考えると良さそうです。

キュレル クリーム


弱酸性で無香料、無着色、アルコールフリーの、赤ちゃんにも使えるというキュレルクリーム。こちらもニベア同様に定番のスキンケアクリームです。キュレルはバリア機能の重要な役割を果たしているセラミドに着目していて、潤浸保湿セラミド機能成分を配合しています。クリーム一つのガッテン塗りにも安心して使えそうです。

ヴァセリン ピュアスキンジェリー


アメリカ発、世界90か国以上で親しまれているスキンケアブランド。1870年から展開されているロングセラーブランドの代表格の商品なのが、ピュアスキンジェリーです。防腐剤無添加、無着色、無香料でほとんどピュアなワセリンで作られています。

ワセリンの保湿剤の中でも高い保湿力があると口コミ評価も高いアイテムです。シンプルなクリームでガッテン塗りにも安心して使えるでしょう。

ピジョン 無添加 ワセリン


無香料・無着色、パラベンフリーの添加物をいれていない100%のワセリンです。赤ちゃん用品でも知られているピジョンの商品で、大人から赤ちゃんまで、フェイシャルケアだけでなく、全身に使えます。大容量でコスパも良いアイテムです。チューブタイプなのも出しやすく、持ち運びにも便利と高い評価を得ています。

みそのつるつるクリームN


ワセリンとヒアルロン酸を保湿成分として配合した肌荒れ対策のクリームです。独自の調合技術を使い、温度や湿度で練り方を変える手作りが特徴となっています。主にハンドクリームとして使っている人が多いようですが、保湿効果が高く、ガサガサの肌荒れが改善されたという声も多く聞かれます。ガッテン塗りにもその高い保湿力を活かせそうです。

ソンバーユ No.7


馬油もガッテン塗りに向いているといわれています。ソンバーユ No.7はちょっとお値段高めですが、馬油の中でも特に比重の重い部分を取り出したという最上級の品質です。100%国内産の馬脂を使用して、薬品を使わずに精製しています。スタンダードなソンバーユよりも柔らかいテクスチャーで、浸透も早め。しっとりとお肌になじんで保湿してくれます。

まとめ

ガッテン塗りは、シンプルなスキンケアとしてテレビで取り上げられて以降、口コミでも長く話題になってきました。興味がある人は、正しい方法や肌質の向き不向きなどを知り、自分の合うクリームで試してみましょう。リーズナブルなクリームでも使えて、お財布にも安心なので、気軽に始められます。