眉間にシワ!改善するための5つのポイントとおすすめケアアイテム

眉間にシワができると、何となく不機嫌そうだったり、老けて見えたりするものです。明るく若々しい印象の女性になりたいなら、眉間のシワを予防、改善して、明るい表情を目指しましょう。眉間のシワの改善は難しいといわれていますが、できることはまだまだあります。

ここでは、

についてまとめてみました。

眉間にシワができる原因


眉間のシワができる原因には、顔の動きやお肌の状態の悪化など、いくつかの原因が関係しています。まずは眉間にシワができる原因を知り、予防や改善対策のヒントを探りましょう。

目を見開いたり眉を上げたりする癖がある

眉間のシワができる原因のひとつとしては、目や眉の普段の動きが関係しています。目を見開いたり、眉を上げたりといった顔の動きは、眉の周りの皮膚に負担をかける恐れのあるものです。そのため、このような動作が癖になっていて、普段から頻繁に行っていると、いつのまにか跡が残ってしまい、それがシワになると考えられます。

目を細めて物を見る癖がある

目を細めて物を見る癖も、目の周りに余計な力が加わり、お肌にシワがよる原因になりかねません。女性の場合には、メイクをする時にも眉間にシワが寄っていることがあります。特にアイメイクをする際に、目を細めたりしていないか、注意したいところです。また、コンタクトや眼鏡の度数が合っていないことでも目を細める癖がつくことがあります。

ストレスで常に力んだ状態が続いている


ストレスも、気づかないうちに眉間にシワを寄せている原因の一つとして注意したいものです。ストレスを感じると、自然に眉間に力が入ってしまい、それがたびたび起こると皮膚に癖がついてシワとして残ってしまいます。気になる人は、考え事や困った時に眉間にシワを寄せていないか、確認しておくと良いでしょう。

紫外線対策が不足していた

眉間のシワの原因には、お肌の衰えも関係しています。お肌が衰える原因としては紫外線対策の不足も注意が必要です。紫外線は肌を黒くするだけでなく、コラーゲンを減らしてお肌の老化を進める原因にもなると考えられています。

紫外線は、暑い夏だけでなく一年中、お肌に届いているもの。そのため、冬でも紫外線対策を忘れずに行っておくことが大切です。

加齢によるお肌の水分不足

眉間のシワは、お肌の水分不足でも起こりやすくなっています。お肌は年齢が進むにつれて、水分を保持する機能が低下していくものです。そのため、乾燥もしやすくなり、そのせいでシワを寄せると元に戻りにくくなります。また、加齢とともに起こるのは、乾燥だけでなくハリや弾力の衰えも。ハリのない肌もシワが定着しやすくなり深くなる原因となります。

眉間にシワがあると損することがたくさん

目の下のシワに効果的なシワとりグッズ
眉間のシワは、加齢とともにできやすくなりますが、眉間のシワがあることで老けて見えやすくなります。また、不機嫌そうに見えるなど、良い印象を持たれないため、損することも多いようです。

常に不機嫌なイメージを持たれてしまう

眉間のシワが目立つ人は、いつも不機嫌そうなイメージを持たれやすくなります。そもそも眉間にしわを寄せるタイミングというのが、不機嫌だったり考え込んだりした時なので、シワが眉間に残っているだけで不機嫌に見えやすいのです。

また、実際に眉間にシワが残るほど頻繁にしかめっ面をしていることで、自分は気づかなくても普段から周りに不機嫌な印象を与えているかも知れません。

年齢よりも老けて見られることも

眉間に寄った深いシワは、頑固な老人のようなイメージを与えてしまいがちです。そのため、眉間にシワがある人は、実際の年齢よりも老けて見られることがあります。どんなシワであろうと、シワは老いのイメージが強いものですが、眉間のシワは顔の中心で目立つため余計に印象を強めそうです。若い人でも普段の生活でシワができることはあるため、注意が必要となるでしょう。

どうしたら目立たなくなる?普段の生活で気を付けたいこと


眉間のシワを予防したい、目立たなくしたいという人は、普段の生活の中でのケアや対策が必要です。毎日の積み重ねでシワは作られるため、予防としては作らないような行動を積み重ねていきましょう。

保湿を十分にする

眉間のシワの対策としては、お肌にシワをよりにくくすることが大切です。シワができない肌は、潤いのあるみずみずしい肌です。加齢によってお肌は潤いを保ちにくくなるため、年齢が進むにつれて十分なケアが必要となってくるでしょう。

まずは、毎日の正しいスキンケアから。化粧水によって水分を与えたら、しっかりと乳液やクリームなどの油分でふたをして、水分を閉じ込めます。

紫外線による肌への影響を防ぐ紫外線対策

紫外線対策も、お肌の老化を遅らせて、シワを抑える予防策となります。紫外線対策としては、日ごろからのUVケアが大切です。外出する際には、冬でも日焼け止めを塗るようにして、帽子や日傘なども用いて紫外線から肌を守りましょう。紫外線を予防することで、肌のハリを保つ、コラーゲンやエラスチンなどが減少するのを抑えやすくなります。

頭皮マッサージで肌をリラックスさせる


頭皮は顔の皮膚とつながっていて、頭皮をマッサージすることで顔の肌にも良い影響が得られそうです。頭皮をマッサージすることで、血行が促進し、肌をリラックスさせましょう。直接顔の肌をマッサージするよりもリスクがありません。

頭皮マッサージでは、強すぎる力は皮膚を傷めるため、イタ気持ちいいと感じるくらいの力で行います。また、爪を立てたり頭皮をこすってはいけません。

眼の周りの筋肉をほぐして疲れ目を防ぐ

目の周りの筋肉をほぐすことで、疲れ目を防ぐのも眉間のシワの対策になります。顔のシワの原因には、筋肉の緊張や疲れも関係してるものです。眉間のシワの原因にも目の周りの筋肉の緊張や疲れが関係していて、ほぐしてあげることが役立ちます。

マッサージをする時は、肌を傷つけないように、保護クリームを使い、優しくこすらず行いましょう。マッサージの他に、ホットアイマスクなどで温めるのも効果的です。

表情の癖を気にするだけでもシワを防ぐことはできる

眉間のシワは、普段の表情の癖を直すことでも予防、改善につなげることができそうです。自然に身についてしまった癖を直すのは大変ですが、優しく明るい表情と若々しい印象のために頑張りましょう。困った時や考え事をしている時に、気づいたら鏡を見てチェックするようにします。また、メイクのときにシワを寄せていないか確認することも大切です。

こんなスペシャルケアもあり!おすすめケアアイテム


眉間のシワの対策として、便利なケアアイテムを導入するのもおすすめです。アイテムのサポートによって、もっと予防や改善がしやすくなるでしょう。おすすめのスペシャルケアアイテムを紹介します。

MAGiE LAB.(マジラボ) 一点集中カバー お休み中のしわ伸ばしテープ No.2.ポイントタイプ


就寝中にシワを伸ばしてくれる、貼って寝るだけのシワ伸ばしテープです。医療用テープを使って、表情筋を固定し、シワの原因となるお肌の撚れを防ぎます。医療用テープはほどよく堅いため、しっかりケアが期待できます。眉間のシワはもちろんのこと、目じりやほうれい線など、あちこちの集中ケアにも使えそうです。

フラウニーズ(額・眉間用)


ハリウッドの有名人もセレブも使っているというアメリカのシワ伸ばし用トレーニングシートです。世界でもベストセラーとなっているアイテムで、ロングセラーの安心感。無漂泊のバージンパルプを使ったシートに、FDA認証の野菜から作られた粘着剤を使っています。日本でも豊富な販売実績がある商品です。眉間と額用なので、二つ同時にケアしたい人にもおすすめです。

美ハリおやすみ眉間シート


こちらも貼って寝るだけで眉間のシワに働きかけてくれるというシートです。眉間のシワをテープが伸ばすとともに、シートに含まれた美容成分がケアします。皮膚を伸ばしてシワを平らにするというだけでなく、美容成分の働きかけも期待できるアイテムです。子のアイテムは、眉間専用のシートとなります。

【BLESS】 しわ 対策用 エイジング リペアクリーム


口元や目元、額や頬など、気になる部分のシワに働きかけるリペアクリームです。美容成分を90%配合したゼイタクで濃厚なエイジングクリームとなっています。天然成分を中心に、肌に活力を与えて、エネルギッシュなハリと弾力のある肌を目指します。保水力を高めるヒアルロン酸の力にもこだわっているクリームです。朝晩のスキンケアに加えて使用します。

まとめ

眉間のシワは、不機嫌そうで年を取った印象にしてしまう原因となります。顔の表情が気になったら、眉間のシワを予防、改善する対策をして、若々しく明るい印象を取り戻しましょう。効果アップのためには、日常の中でできる対策と合わせて、便利なシワ取りグッズも取り入れることをおすすめします。