そばかすを消したいかた必見!そばかすの原因と消す方法

ソウルナンバー1の特長と性格傾向・恋愛傾向や他ナンバーとの相性も

ソウルナンバー1は、リーダータイプで明るく、コミュニケーション能力に長けたタイプが多くなります。その反面、ちょっと強引で頑固なこともあり、人間関係がうまく行かないことも。

ここでは、

についてまとめてみました。他ナンバーとの相性も合わせてチェックして、良い関係を築くヒントを探してみましょう。

ソウルナンバー1の性格傾向


ソウルナンバー1の性格の傾向は、明るく突き進むリーダータイプ。それでも時には周りが見えなくなり、周囲から就いていけないと思われることもあります。まずはソウルナンバー1の性格の特徴を詳しく見てみましょう。

思い立ったら即行動

ソウルナンバー1は、行動力があり、何かしていないと落ち着かない行動派のタイプです。他のナンバーと比べても、群を抜いて行動力を持っている方であり、スピーディに行動に移します。ただし行動が速すぎて周りが置いてきぼりになってしまうこともあります。

カリスマ性のあるリーダータイプ

1の人は、カリスマ性があり、洞察力と行動力もあるので、周りの人からの信頼も厚く、リーダーに向いているタイプです。周囲を引っ張っていくパワーを持ち、周囲から一目置かれる存在となるでしょう。ただし、他人を自分の基準で判断するため周囲に対して厳し過ぎることもあります。

明朗快活


ソウルナンバー1の人は、活発で明るく、楽しいことが大好きなタイプが多くなります。誰とでも気兼ねなく話すことができるので、慕われることも多いでしょう。周囲にもパワーを与えることができ、プライベートも仕事でも力を発揮します。

頭の回転が早く洞察力がある

頭の回転が速く、洞察力があるため、物事の本質をスピーディに見抜いて行動できるタイプです。チャレンジ精神も旺盛で、常に何かに打ち込んでいます。そのため、周囲から信頼されることも多くなりますが、その洞察力ゆえに臆病になる面も持ち合わせている人です。

コミュニケーション能力が優れている

ソウルナンバー1の人は、その洞察力を活かして、上手にコミュニケーションを取ることもできます。空気を読むことに長けているため、誰とでも話を合わせられます。また、落ち込んでいる人に対して望む言葉をかけてあげたり、相談に乗ったりすることも多いようです。

正義感が強い


ソウルナンバー1の人は、基本的に真面目な性格で、不正やお調子者が嫌いなタイプが多くなります。正義感が強く、たとえ自分が不利になる状態であっても、間違いはきちんと指摘するタイプです。相手がたとえ上司であっても堂々と指摘します。

自己中心的

ソウルナンバー1の悪い特徴の1つとして、時に自己中心的になってしまうことがあります。周囲に支えられていることを忘れて「全て自分一人でやっている」と自負しがちです。そうなると、周りの行動の遅さに感情的になり、周囲が見えなくなる面も出てしまいます。

経営者や実業家が適職

ソウルナンバー1が仕事に就くなら、サラリーマンよりも、経営者や実業家など、リーダーシップを発揮できることに向いているでしょう。コミュニケーション能力を活かして人脈を広げることで、信頼できる経営者になれる資質がありそうです。

ソウルナンバー1の恋愛傾向・結婚観


ソウルナンバー1は、恋愛においても積極的な性格が前面に出る肉食系になりそうです。自由を好みながらも浮気をしない誠実さがあります。ソウルナンバー1の恋愛傾向を見てみましょう。

行動力のある肉食系

ソウルナンバー1は、恋愛においても行動力を発揮し、まっすぐパワフルにアプローチするタイプです。意中の相手には、たとえライバルがいても積極的にアプローチして、納得いくまで頑張ります。好きと思ったら一直線の肉食系のタイプです。

信頼関係を重視・浮気はしない

ソウルナンバー1のまじめさや正義感は、恋愛関係においても発揮されそうです。一度信頼関係が構築されれば、浮気はしないし、相手にもさせない関係を望みます。ただし、べたべたする関係は好まず、お互いに尊重し合える大人な関係が合うようです。

束縛を嫌う自由人


ソウルナンバー1の人は、恋人関係でも夫婦関係でもベタベタした関係が苦手なので、自立した関係でいたいと思うことが多いでしょう。お互いに自立した関係で、自分の世界を尊重し合い、恋愛中や結婚してからものびのびしたいと考えます。

主導権を握りたい

ソウルナンバー1の人は、男女に関係なく、常に主導権を握りたいと感じることが多くなります。これはソウルナンバー1の持つリーダーシップゆえであり、相手には自分に合わせて貰いたいと願います。わがままな面が出てしまい、従わないと態度を変えることもあるようです。

去る者追わず

どんなに好きな相手でも、ソウルナンバー1の人は、相手からの拒絶の意志が分かった瞬間に追うのをやめる傾向が強くなります。逃げても追わない去るもの追わずのタイプです。過去は振り返らず未来を見て、切り替えも早い傾向があります。

結婚後も生活感を出さないのでモテる


ソウルナンバー1は、結婚後も周囲に対して家庭を感じさせず、生活感を出しません。そのため、モテる人が多く、家庭を窮屈に感じたら離婚もためらわない傾向です。結婚するならば1の自由を好む面を理解してくれる人がよさそうです。

ソウルナンバー1と他のナンバーの相性


ソウルナンバー1の性格や恋愛傾向から、うまく人間関係を築けるナンバーを考えてみましょう。リーダーシップなどの面をうまく行かせる相手はどんな人でしょうか?

1同士:友人として相性がいい

ソウルナンバー1同士は、同じような性格や傾向を持っているため、友人としては相性が良くなっています。ぶつかり合うこともありますが、分かり合えることも多いでしょう。ただし、結婚相手としてはあまり向いていません。最初は良くても、徐々に相手の悪い部分が目につきやすくなります。

2:結婚相手として相性抜群

ソウルナンバー2とは、友人関係にも向いていますが、特に結婚相手として相性の良い関係です。お互いの短所を補い合い、理解し合える良きパートナーとなるでしょう。また、お互いに正義感が強く、さっぱりとした性格も付き合いやすいと感じられそうです。

3:友人又は恋人としては相性がいい


ソウルナンバー3は、長時間一緒にいることでストレスを感じやすい相性です。そのため、結婚相手としては相性が悪くなります。友人や恋人としてはどちらも積極的なので、楽しく過ごせるでしょう。恋人関係でもどちらかというと友達のような関係で楽しめます。

4:心がけ次第で夫婦の相性が良くも悪くもなる

ソウルナンバー4との相性は、心がけ次第で良くもなるし悪くもなるという不思議な相性です。二人が協力し合うように心がければ、同志のような最良の夫婦関係になれるでしょう。友人としては、切磋琢磨し合い、成長し合える関係です。

5:友人として相性がいい

恋愛関係や結婚では、1が5に振り回されてしまうためあまり良い相性とは言えません。ソウルナンバー5とは、友人関係として付き合うと良いでしょう。友人としてはとても相性が良く、仲良くなれそうです。

6:全てのナンバーの中でベストな相性


ソウルナンバー6は、1と友人でも結婚でも良い関係といえるでしょう。すべてのナンバーの中でもベストが相性です。お互いをフォローし合える関係で、1が得意のリーダーシップをとり6がサポートをするというそれぞれがもっとも自然な形で役割分担できます。

7:友人としては普通、恋愛&結婚は悪い

ソウルナンバー7は、本質的な価値観が違うため互いを理解できず、恋愛や結婚相手としてはあまり相性の良くない相手です。そもそもタイプが真逆なので、イライラしてしまい、お互いに傷つけ合ったりする可能性が高くなります。

8:情熱的だが我慢が必要な恋愛関係

ソウルナンバー8と1は、どちらも主導権が握りたいタイプです。そのため、常にどちらかが我慢していることになり、どちらかが冷めていくでしょう。はじめは情熱的に恋愛できますが、長続きは難しそうです。友人としては、普通の相性となります。

9:男性が1・女性が9の場合は相性がいい


ソウルナンバー9とは、一緒にいることに喜びを感じることができ、常に楽しい関係でいられる良い相性です。ただし、それは男性が1で女性が9の場合のみとなります。女性が1の場合には相性は良くないのに、なぜか関係が続くという不思議な関係になります。一応結婚には向いているようです。

11:衝突しやすい相性

ソウルナンバー11は、ソウルナンバー1と友人としても恋愛でも衝突しやすい関係となります。当然、信頼し合うことが難しく、あまりおすすめできない相性です。恋愛しても信頼できないため束縛してしまい、それによって自由な1が苦しくなるでしょう。

22:恋人・結婚相手として相性が良い

ソウルナンバー22は、恋人や結婚相手として相性の良い相手です。刺激的な経験を築くこともでき、自立した関係を好むため自然でいられそうです。お互いを尊敬し合える関係となれるでしょう

33:恋人・結婚相手として相性が最高


ソウルナンバー33は、恋人としても結婚相手としても最高の相性となります。長く付き合ってもマンネリがなく、何年たっても関係性が変わりません。また、二人が一緒にいることで、周囲の人にも優しさを分けることができ、いい影響を与えることができそうです。

まとめ

ソウルナンバー1は、カリスマ性のあるリーダータイプで、自分勝手になることもありますが、パワフルで周りを引っ張っていくことができます。そんな性質から、他のナンバーとの人間関係でも、リーダーシップを発揮できる相手との相性が良く、自立した関係でいられる相手を望む傾向があるようです。