男性の理想の「彼女としたいこと」10選!彼の願いを叶えてあげるには?

念願の彼女をゲットした男性が彼女とどんなことをしたいと思っているか、考えたことがありますか。カップルだからこそ一緒にできることは数多くあります。しかし、男性と女性の一緒にやりたいことにはギャップもあるようです。

ここでは、

  • 男性が彼女としたいこと
  • 男性が実はあんまり気が乗らないこと
  • 彼が一緒にしたいと思っていることを叶えてあげるためには?

についてまとめてみました。

男性が彼女としたいことってなに?理想を覗いちゃおう!


男性は女性と付き合う前からカップルになったら「あれがしたい」「これがしたい」とさまざまなシチュエーションを描くものです。男性がどんなことを彼女と一緒にしたいと思っているのか、その理想を覗いてみましょう。

一緒に旅行に行きたい

カップルになって男性が彼女と一緒にしたいことに旅行があります。付き合い始めたばかりのカップルが泊付きの旅行をするのはなかなかハードルが高いことです。しかし、日中のデートだけでは物足りず夜の時間もたっぷりと一緒に過ごしたいと考えているようです。

一緒に旅行することで素の顔がみられること、体の関係へと発展できることなども理由として考えられるでしょう。

二人でデートをしたい

彼女ができる前から男性がさまざまなシチュエーションを妄想して楽しむのがデートです。彼女と一緒に楽しむために、さまざまなデートプランやコースを考えていることでしょう。デートの定番、映画でも薄暗がりのなか、二人掛けカップルシートで周りを気にせずにイチャイチャしながら愛を深めたいと考えています。

一日中のんびり二人で過ごしたい


男性のほとんどはカップルになったら二人で一日中のんびりと過ごしたいと考えています。デートでどこに行くかなどが目的ではなく二人で一緒にいることが目的なので、自宅で何もせずにまったりとした時間を過ごしたいのです。すぐ近くに彼女を感じながら満ち足りた至福の時間を過ごすことに男性は強い憧れを抱きます。

どこにも行かないで二人でのんびり過ごすことがどんなに幸せな時間であるかを実感したいのでしょう。

美味しいものを食べに行きたい

彼女と一緒に美味しいものを食べに行くことも男性が憧れるシチュエーションです。どんなに美味しい料理でも一人で食べれば味気ないもの。逆にファストフードであっても二人で食べればとても美味しく感じられます。彼女のために選んだお店でスペシャルなメニューをオーダーすれば最高の食事ができるでしょう。

料理についてあれこれ感想を言い合いながら食べるシチュエーションにも憧れています。

ドライブに行きたい

彼女と二人きりのドライブデートも男性が憧れる定番です。二人きりの空間で景色を楽しみながら目的地に到着。行先を決めずに自由気ままにドライブするのもいいでしょう。車のなかで十分に会話が弾んだ後は、きれいな夜景を見ながらロマンティックな時間を過ごすことができます。

最高のビュースポットであればキスをすることへの抵抗もなくなるでしょう。

テーマパークなどで一緒に楽しみたい


デートスポットの定番、テーマパークのデートは男性が彼女ができたら一緒に楽しみたいことのなかでもダントツ人気。遊園地や動物園、水族館などは一人きりや男同志ではなかなか行けないものです。さまざまなテーマパークを巡りながら2人の思い出をつくりたいと思っている男性は多いでしょう。

ロマンティックなスポットや夜のイルミネーションも彼女とのデートが初となるのかもしれません。

イベントや記念日を一緒に過ごしたい

独り身の男性にとってバレンタインデーやクリスマスなどのカップルが盛り上がるイベントは辛いもの。彼女ができたら思い切りイベントを楽しみたい気持ちは強いでしょう。出会って半年、一周年、などのカップルならではの記念日にも憧れがあります。

二人だけで過ごすイベントや記念日がどんなに幸福な時間になるのか、想像するだけでニヤニヤしてしまう男性は少なくないでしょう。

ペアの物をそばに置きたい

ペアの物を置きたい、揃えたいことも彼女ができたらやってみたいことの1つでしょう。ペアグッズはカップルであることを象徴するアイテムであり男性にとっても憧れが強いものです。食卓に並ぶペアマグカップ、ペアのお皿、などグッズにはこだわりません。

ペアグッズを2人で選ぶ時間もとても貴重な思い出になります。彼女がいない部屋でもペアグッズを見るたびに満たされた気持ちになれるでしょう。

彼女の手料理で一緒に食事したい


「彼女の手料理が食べたい」は男性が描く彼女としたいことのなかでも定番中の定番です。自宅や彼女の部屋で彼女が手料理を振る舞ってくれる姿を見るだけでキュンキュンします。
手料理を口実に付き合い始めた時期としてはハードルの高い部屋に呼ぶミッションもクリアできます。

味が薄くても濃くてもそんなことお構いなしに彼女の愛情が詰まった手料理を食べられるだけで嬉しいのです。

服を選んでもらいたい

普段から特におしゃれに気を遣っていない男性でも、彼女ができたら一緒にショッピングして自分に合う服を選んでもらいたいと思っています。自分にどんな服が合うか教えて欲しい気持ちもありますが、何より彼女の見立てで彼女が選んでくれた服を着ることができる喜びが強いのでしょう。

彼女のお気に入りの服なら自信を持ってデートを楽しむことができます。

勘違いしがち?!男性が実はあんまり気が乗らないこと


女性にも彼氏と一緒にしたいことがあります。しかし、女性は男性が喜んでくれると思っていても実は男性は苦手なこともあるのです。女性が勘違いしがちな男性は実はあまり乗り気でないこととはどんなことでしょうか。

行き過ぎたペアルック

女性は愛し合うカップルであることを周囲にもアピールできるようにペアルックを好む傾向があります。色違いのシャツや男女ペアの時計など、一見してペアとわかりにくいものであれば彼氏も喜ぶでしょう。

しかし、彼氏はあからさまにカップルであることを強調する度が過ぎたペアルックには強い抵抗を感じます。さりげなくペア感が出せるものを選ぶようにするといいでしょう。

ショッピングデート


彼女は彼氏と一緒にウインドウショッピングするのが大好きです。しかし、ショッピングに対する感覚は男女間にギャップがあるもの。男性は目的を決めてなるべく時間をかけずに選びますが、女性はこれといった目的もなく長時間見て回るのが好きです。

女性向けの服やグッズ売り場で延々と歩きまわるのは男性にとっては苦痛であることを理解しておく必要があります。

ダブルデート

2人だけでなく2組のカップルで楽しむダブルデートは、付き合い始めの頃ではなくある程度時間が経過してからすることが多いものです。しかし、男性にとっては彼女だけでなく別のカップルにも気を遣わなければならず負担を感じます。

彼女は人数が多くてワイワイできるデートも楽しいと考えているのでしょうが、彼氏はやはり二人きりのデートがいいのです。

彼が一緒にしたいと思っていることを叶えてあげるためには?


男性は彼女ができたら前から一緒にやってみたいと思っていることがたくさんあります。長年の彼氏の夢や憧れを実現してあげればとても喜んでくれるでしょう。彼が一緒にしたいと思っていることを叶えるにはどんなことに注意すればいいのでしょうか。

特別な日には二人で過ごせるようにする

これまで彼女がいなかった彼氏にとって恋人たちが盛り上がるイベントや記念日には並々ならぬ憧れや想いがあります。お互いの誕生日やクリスマス、バレンタインなどは、どんなに仕事が忙しくても二人きりで過ごすことができるようにしてあげることが大切です。

職場の同僚や昔からの友人との付き合いも大切ですが、できるだけ早くから計画してダブルブッキングは避けるようにしましょう。

手料理で喜ばせたいなら彼の好みを知っておく

彼女ができたら手料理を食べたいと思う男性は少なくありません。味や盛り付けに難があっても彼女がつくってくれただけで嬉しいもの。しかし、彼氏の理想を壊さないためには彼女の努力も必要です。

事前に彼の好みを聞いて好物をつくってあげることや多少なりとも料理の腕を磨くことはとても大切です。せっかく作った料理に幻滅されないよう、最大限の努力をしましょう。

自分から旅行に誘ってみるのも◎


男性はカップルになったら彼女と一緒に旅行したい気持ちが強いものです。しかし、自分から旅行に誘うと彼女に拒否されてしまうかもしれないと言い出せないこともあります。

一緒に旅行したいのに言い出せない、そんな彼氏の気持ちを汲んで彼女の方から誘ってみるのもいいでしょう。彼氏から誘う場合はOKがとれるかどうかドキドキですが、彼女から誘ってもらえれば幸せの絶頂の瞬間を味わうことができます。

どんなに彼を喜ばせたくても無理は禁物

彼氏が喜ぶからといって彼女からグイグイ攻めすぎると引かれてしまいます。男性は、二人きりではない公の場でイチャイチャしたり、ペアルックを強要したりされることを嫌います。また、好きと何度も繰り返し言わされるのも苦手です。

また、彼氏を喜ばせるために大きな負担がかかってしまうようなことも避けないと彼女の方が疲れてしまうこともあります。ゆっくり焦らずに2人の愛を育めるようにしましょう。

まとめ

男性にはカップルになったらぜひ彼女と一緒にやってみたいことがあります。デートや旅行、ドライブなど、女性がやってみたいこととの共通点も少なくありません。しかし、女性は男性が喜ぶと思っていることでも乗り気になれないものもあるので注意が必要です。男性が思い描いている理想のやりたいことをできるだけ叶えてあげましょう。

- 1 / 1ページ -