老けない人の生活習慣♡体の内からも外からも老けない体つくり!

確かに年齢を重ねているはずなのに、全然老けない人、あなたの周りにもいませんか?できることなら、自分もいつまでも若々しく老けない人を目指したいですよね。老けない生活習慣を身につけて、いつまでも老けない人を目指しましょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

老けない人の特徴


老けない人には、共通の特徴があります。いつまでも若々しく老けないようにするために、まずは老けない人の特徴を抑えましょう。

肌にハリ・髪にツヤがある

年齢は、お肌や髪に出るとよく言いますよね。そのため、いつまでも若々しく老けない人は、お肌にハリがあってしわやたるみが少なく、さらにシミやそばかすも少ない方が多いです。

そして髪もツヤがあることで、若々しい印象を与えます。また、髪はツヤだけでなく、毛の太さや毛全体の量も大切です。毛が1本1本しっかりと太さがあり、髪の量もしっかりある方は、老けた印象を与えません。

スタイルがよい


若い頃細くスタイルがよくても、年齢を重ねるごとに太ってしまったり、スタイルが崩れてしまう方も多いです。そんな中、年齢を重ねても良いスタイルをキープしている方は、老けて見えません。

年齢を重ねてもスタイルをキープするためには、適度な運動やバランスの良い食生活、そして体幹を鍛えることなどが大切です。老けない人でスタイルが良い方は、日頃からスタイルキープの努力をしているのでしょう。

美しい明るい声

年齢とともに変わるのは、お肌や体だけではありません。実は声にも変化が起こり、若い頃には出ていた高音が出づらくなってきます。

そんな中、美しく明るいハリのある声を出せる方は、年齢を感じさせません。声が明るいことで、その人自身の雰囲気も明るくなり、内面からも若々しさが出るのです。いつまでも美しく明るい声を出すためには、ボイストレーニングを行ったり、カラオケに行って思いっきり歌を歌ったりするのがおすすめです。

老けないために!やってはいけないこと


ここからは、老けないためにやってはいけない習慣をご紹介します。意外とやってしまうことが多い習慣なので、あなたも今日から気をつけてみてください。ちょっとした意識の違いで、老けない人になれるかなれないかが変わります。

スマホを見る時の姿勢に注意!下を向きすぎない

スマホを見るとき、ついつい背中を丸くして、下を向きすぎてはいませんか?スマホを見るときに最も楽な姿勢ですが、この姿勢は肩がゆがみ、さらに全身のリンパ、血液の循環が悪くなってしまいます。そのことが原因で、顔に老廃物が溜まってしまうのです

顔に老廃物が溜まると、顔の皮下脂肪がどんどん増えてしまい、お肌がたるんだり、二重顎の原因にもなります。

猫背にならない


スマホをいじる時間が多かったり、デスクワークの仕事をしていて、ついつい猫背になってしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、猫背のままでいると、実年齢よりかなり老けて見えてしまいます。

老けない人は、常に背筋を伸ばし、姿勢の良い状態で過ごしている方が多いです。普段から猫背になりがちという方は、今から改善して猫背の習慣を取り除きましょう。

ずっとガムを噛まない!顎を鍛えているので注意

ガムを長時間噛み続けていると、顎を鍛えている状態になります。すると、顎にある表情筋だけが鍛えられて分厚くなるので、顔が大きくなってしまうのです。

さらに、ガムは奥歯で噛むことが多いため、奥歯と前歯の歯茎の強さに差が生じてしまいます。食べ物を噛むときは、奥歯だけでなく前歯もしっかり使うことで、エラや鼻の下が引っ込んでくれるので、シュッとすっきりした輪郭に近づくことができますよ。

老けない人の食習慣


老けない人は、見た目だけでなく体内も老けさせないために、食習慣に気を配っている方が多いです。老けない人は一体どんなことを食生活で気をつけているのか、具体的に見ていきましょう。

キアヌなどのスーパーフードを食べている

老けない人は、いつまでも若々しい姿を維持するために、美容効果の高いスーパーフードを食べている方が多いです。中でもキヌアやチアシード、ザクロなどはスーパーなどで気軽に購入できるので取り入れやすいでしょう。

スーパーフードには、ビタミンやミネラル類が多く含まれているものが多いので、普段の食事で摂取しきれない部分をスーパーフードで補うことができます。

野菜を多く摂る


若々しい老けない体を手に入れるためには、野菜の摂取は必須です。野菜は抗酸化作用があるものが多く、体が酸化して老けてしまうのを防いでくれます。

また、野菜を食べるときは生のままではなく、温かく調理された温野菜を食べるのがいいでしょう。

甘いものと油の摂りすぎに注意

体内の血糖値が急激に上がると、体は糖化します。糖化は、酸化と同じくらい気をつけなければいけないことで、動脈硬化、認知症、がんなどの重大な病気を引き起こすかもしれないものです。そのため、甘いものばかり摂りすぎていると体はどんどん糖化して老けてしまうので、注意してください。

また、老けないためには油の摂りすぎにも注意しましょう。使う油も、動物系の油は血液をドロドロにしてしまうので、なるべく避けた方が良いです。

老けない人の美容のコツ


老けない人は、やはり美容にも人一倍気を遣っています。ここからは、老けない人が行っている美容のコツをご紹介します。

お肌の紫外線対策をきちんとしている

紫外線は、お肌にとって大敵です。紫外線対策をするかしないかで、老け顔になるかどうか左右するといっても過言ではありません。それくらい、紫外線はお肌の老化に深く関係しているのです。

紫外線対策として、出かけるときに日焼け止めを塗る方は今や多くいるでしょう。その中でも老けない人は、室内にいるときでも窓越しで浴びる紫外線のために対策をしていたり、ちょっとそこまで行くのにも気を抜かずに日焼け止めを塗っています。

肌・髪やネイルなどのお手入れをきちんとしている


老けない人は、お肌、髪、ネイルなどの手先など、人目に触れるところは特に念入りにケアしています。お肌は、きちんと肌質に合ったスキンケアをすることでシミやしわのない、ハリと弾力のあるお肌をキープしているのです。そして、髪は定期的にトリートメントするなどしてツヤを出すことで、若々しいヘアスタイルになることができます。

お肌や髪はお手入れする方が多いですが、年齢が出るのに意外と忘れそうなのが手です。どんなにお肌や髪が綺麗でも、手がかさかさでしわしわだと一気に老けた印象を与えてしまいます。老けない人は、手のケアも怠らず、さらにネイルなどで華やかさも出している方が多いです。

ほうれい線カバーと口角を上げるメイクをしている

ほうれい線は、一気に見た目年齢を上げてしまいます。老けない人は顔のしわが少ない方が多いですが、それでもほうれい線などが多少あった場合、それをカバーするメイク技を持っているのです。

そして、ほうれい線をカバーすると同時に、口角を上げるメイクをしています。口角が上がっているように見せることで表情が明るくなり、若々しい雰囲気を出すことができるのです。

老けない人の生活習慣


老けない人は、食生活や美容以外にも毎日気をつけている習慣があります。チェックしてみましょう。

水分を積極的に摂る

美肌を保つために、お肌を保湿することを意識する方は多いでしょう。しかし、お肌だけでなく体自体の水分は足りているでしょうか?体の水分が不足していると、当然皮膚の水分量も少なくなります。

老けないためには、水分を積極的に摂るようにしましょう。目安としては、体重45キロの方で、1日に飲む水の量は1.5リットルです。

お風呂は湯船にきちんと浸かる

暑い夏や、疲れて早くお風呂を終わらせたいという場合でも、老けない人は必ず毎日湯船に浸かっています。

湯船に浸かることで全身を温めて冷え性を予防し、冷えによる冷え太りも防ぐことができます。さらに湯船に浸かると疲れもとれるため、ストレスを溜めづらくなり、内面から明るく若い印象を与えることができるのです。

わずかな時間で筋トレを毎日している

筋トレ
老けない人は、そのスタイルをキープするためにわずかな時間でも筋トレなどの運動をしています。体を動かすことで基礎代謝が上がるので、太りにくい体づくりができるのです。そして毎日続けることで、いつまでも若い体を維持することができます。

筋トレのようなハードなことでなくても、少しストレッチをしたりするだけでも血行がよくなるので、ぜひ続けてみてください。

まとめ

老けない人の特徴と生活習慣をご紹介しました。老けない人は、外見だけでなく体の内側からのケアも怠っていません。また、ストレスをうまく発散して心も健康で明るくいることで、さらに若々しさを出しています。

美容や食生活に気を配りながら、毎日を明るく前向きに過ごし、内側からも外側からも老けない体づくりをしてみましょう。

- 1 / 1ページ -