彼女からの連絡頻度はどれくらいがベスト?長続きする4つのコツ

付き合っているときに何かと気になるのが「相手からの連絡」ですよね。相手から頻繁に連絡が来るとげんなりしてしまうし、逆に全く連絡が来ないとそわそわしてしまう…

ここでは、

についてまとめてみました。

長続きするための理想的な連絡の頻度とは?


連絡をとる際にお互いに気になるのが「連絡の頻度」です。頻繁にしすぎたり全くしなかったりと、極端な連絡方法をとってしまうと長続きしません。そこで、ここからはカップルが長続きするための理想的な連絡の頻度について見ていきます。

1日5~10分の連絡を毎日とるのが理想的

まず、大切なのは途切れずに毎日連絡をとりあうことが理想的と言えます。そのため、1日5~10分の連絡はかならずするようにしましょう。お互いどんなに忙しくても、毎日連絡をとることでより一層信頼関係を強くすることができます。

連絡手段はSNSでも電話でも良いので、毎日続けるのに負担にならないやり方を見つけて実践していきましょう。

相手ときちんと以心伝心できているのであれば頻度は少なくてもよい

いくら毎日連絡をするといっても、朝から晩までずっとメールや電話をするというわけにはいきませんよね。だからこそ、連絡の頻度よりも会話の内容が意味を持ってくるようになります。

相手と以心伝心ができているようであれば、1日あたりの連絡の頻度は少なくても良いでしょう。しかし、相手が連絡が少なすぎて心配になっていないかどうかもきちんと見てあげてくださいね。

関係がマンネリしている場合はあえて増やしてみる


長い期間付き合っているカップルにつきものなのが「マンネリ期」です。マンネリの時期はお互いに思いやりの心がなくなって無関心になってくるでしょう。そうなると、関係性に亀裂が入るかもしれません。

そうならないように、関係がマンネリしている場合はお互い相談した上であえて連絡の頻度を増やしてみるのが良いでしょう。

付き合っている期間によって頻度は変化する

誰でも付き合いたてのころは毎日のように連絡をしたりデートをしたりと一番楽しい時期ですよね。しかし、3ヶ月くらい経つとほとぼりも冷めて連絡も少なくなってくるでしょう。このように、付き合っている期間によって頻度は変化していくものです。

長い間付き合っていれば連絡の頻度に差がでてくることは当たり前。連絡が多くなる時期があれば少なくなることもあるので、そこで一喜一憂しないようにしましょう。

相手が社会人か学生かによっても頻度は変わる

今付き合っている人は社会人か学生かによっても頻度が変わってきます。学生の場合は時間に融通がきくので、ある程度早くレスポンスしてくれることが多いです。しかし、社会人になると多忙になってなかなか返信ができないということもあります。

このように、付き合う相手の年齢や立場によっても連絡の頻度が変わってきます。相手の状況をふまえて理解した上で、連絡の頻度を決めるのも良いかもしれません。

男性が彼女からの連絡を喜ぶのはどんなとき?


ケンカをしていない限り、彼女から連絡をもらって悪い気のする男性はいないでしょう。女性が思う以上に、彼女からの連絡というのは男性にとって非常に嬉しいものなのです。そこでここからは、男性が彼女から連絡をもらって喜ぶと思うタイミングについて見ていきます。

気分が落ち込んでいるときに思いやる優しい一言をくれたとき

会社でうまくいかないことがあったり、失敗してしまったとき、そんな気分が落ち込んでいる状況で優しい一言をかけてもらうのは本当に嬉しいもの。それが、一番愛すべき彼女からの言葉だとしたら、喜ばない男性はいません。

彼氏の様子が変だったり、少し元気がなさそうにしているときは率先して言葉をかけてあげるようにしましょう。ありきたりの言葉でも、彼にとっては元気の源になるかもしれませんよ!

「ありがとう」や「うれしい」の気持ちを素直に言ってくれたとき

お礼の言葉や感謝の気持ちを素直に言葉に出すのはなかなか難しい人もいるかもしれません。当たり前のことだからこそ「ありがとう」の言葉を素直に言ってくれたときは男性もとても喜んでくれます。

「自分が彼女にしたことがこんなに喜んでもらえている」と認識できるので、言われて嬉しい言葉は率先して相手に言うようにしましょう!

冗談や面白いスタンプで笑わせてくれるとき


連絡をとるときにくだらない話で盛り上がることもありますよね。そんなとき、彼女の方からわざわざ笑わせてくれるようなことをしてくれると男性も面白さ以上に喜んでくれるでしょう。

冗談や面白いスタンプで会話を盛り上げてくれる、そんなギャグセンスの高さも男性にとっては魅力的に見えるはずです!

遠距離恋愛などで会えない時に、気持ちがつながっているのを感じられる

遠距離恋愛や一時的に会えない時期があるときこそ、連絡をしあうのは大事なことです。例えば、彼が出張に行ってしまったときも彼女が毎日おはようやおやすみの連絡をしてくれるのは、その彼にとってとても嬉しいことでしょう。

このように、お互いなかなか会えない関係だとすれば連絡は気持ちのつながりを確かめるためのツールにもなるのです。

彼女からの連絡で嫌な思いをするのはどんなとき?


彼女からの連絡は嬉しいことが多いですが、その反面嫌な思いをするパターンもあります。それでは、男性はどのようなときに彼女からの連絡で嫌な思いをしてしまうのでしょうか?それらの具体例を見ていきましょう。

やり取りが当たり前になりつまらなくなってしまうとき

マンネリ時期に多いことですが、日常のやり取りが当たり前になりすぎてつまらなくなってしまうパターンです。たわいない会話がだらだらと続くのは、男性にとって非常にストレスになるのです。いつもと変わらない何気ない内容でも、もしかしたら嫌気がさしているという場合も…。

たまにお互いの気持ちを確認できるような会話をしたり、「好きだよ」と言うようにして、マンネリな会話から脱出できる機会をつくりましょう!

彼女が自分勝手な報告に終始して彼氏の都合を考えていないとき


男性は返信に困るような連絡をされるのが嫌なもの。彼女にとっては1日あったことを日記のように連ねてメールをしても、彼氏から見れば「だから何?」と思うことがあるかもしれません。

このように彼女側が自分勝手な会話の内容をひたすら続けて彼氏の都合を考えていない場合は、男性も彼女からの連絡が嫌になってしまうかもしれませんね。

長文でメッセージがきたとき

返信に困る内容を送られるとき同様、男性は長文でメッセージが来たときにどう返信すれば良いのか困って嫌になってしまうことがあります。メッセージを送ってもらうことは嬉しいですが、あまりに長文だと返信が面倒になってしまう男性もいるのです。

短文での会話が多い男性に対しては、話したい内容は簡潔にして相手に送る方が無難でしょう。

立て続けにLINEが来て返信に焦ってしまうとき

いくら短文でも、ひっきりなしにLINEが来てしまうと相手も困惑してしまいます。なり続ける通知に思わずどん引きしてしまうなんてことも…。どんどん来るLINEに、どこから返事をしたら良いか分からなくなってしまいます。

LINEにせよ電話にせよ、大切なのはお互いの会話のテンポです。相手に負担をかけるような連絡の頻度はやめて、お互いのペースを考えてLINEするようにしてくださいね。

関係を長続きさせるためのアドバイス


意識して連絡をとりあうことは、お互いの関係性を良くする上でも重要なことです。ここでは、関係を長続きさせるための4つのポイントをご紹介していきます。相手との連絡の頻度について悩んでいる人は、ぜひ実践してみてくださいね!

頻度が多いのが苦手な場合ははじめから伝えておく

連絡の頻度が多いのが好きなのか少ない方が良いのか、人によって様々でしょう。中には、「連絡の頻度が多いと負担になるから苦手…」という人もいます。そういう人は付き合いはじめたころに連絡の頻度が多いのが苦手なことを相手につたえておきましょう。

連絡が少ない=愛情が少ないというわけではないと相手にあえて伝えることで、お互い無理のないペースで連絡をとり続けることができるでしょう。

連絡手段に頼るのではなく直接会って話をする時間を増やす

LINEなどのSNSも普及して、実際に会わなくても会った気になってしまうということがありませんか?連絡をこまめにとっていたりお互いのSNSを見ていると、ついつい直接会うという機会を逸してしまいます。

お互いの関係性を深めるのに一番なのは「直接会う」ことです。特にマンネリになっている時期は、何気ない会話でも良いので直接会って話をする時間を積極的につくりましょう。

相手を思いやり言わなくても分かる関係を築く


時には相手からの連絡を重く感じたり、連絡したくないということもあるでしょう。連絡を待っている身からすればいつ返信が来るかそわそわしてしまいますが、言葉を出さなくても分かり合える関係であれば問題ありません。

相手の状況を察して思いやり、何も言葉を交わしたり無作為に連絡を取り合わなくても分かり合える関係になれるのがベストです。

頻度が少なくて寂しいときは素直に気持ちを伝えてみる

連絡が多いのが嫌だという人がいれば、連絡が少なくて嫌な人もいます。連絡が少なくて寂しくなるという経験は誰しもあるのではないでしょうか?しかし、その気持ちを抑えつける必要はありません。

連絡の頻度が少なくて寂しいことを、思い切って相手に伝えてみましょう。気持ちを打ち明けることで、よりお互いの関係性を深めることができるでしょう。

まとめ

連絡の頻度はカップルによって様々ですが、頻度が多すぎたり少なすぎたりするとかえって関係性をこじらせてしまうことも。お互いのペースにあったベストな連絡の頻度をこまめに続けることで、より関係性を深めることができます。お互い思いやりの心を忘れずに、好きな気持ちをきちんと日々の連絡で伝えあえるようになりましょう!

- 1 / 1ページ -