付き合う夢を見た?誰と付き合うかで深層心理が分かる!

付き合う夢を見た時は、なんだかドキドキしてしまいます。片思いの人や憧れている芸能人と付き合う夢もありますが、時には考えもしなかったような人とカップルになることも。夢の中で付き合う人は、好き嫌いには関係ないようです。

ここでは、

についてまとめてみました。

付き合う夢の意味とは


夢の中で誰かと付き合うのは、基本的には恋愛面のことを暗示していることが多いようです。しかし、場合によっては恋愛に関係なく人間関係や運気の変化を示すこともあります。まずは付き合う夢の基本の意味からチェックしてみましょう。

恋愛に興味がある

誰かと付き合う夢は、そもそも恋愛に興味があって、その気持ちが反映した結果見ることがあります。誰かと付き合ってみたいという漠然とした願望や誰か特定の人と付き合いたいという強い思いなど。

また、ただ単に恋愛に憧れているだけということもあるでしょう。こうした恋愛への興味や関心が誰かと付き合う夢を見せています

自分を認めてほしい

誰かと付き合う夢には、恋愛に関係なく深層心理が反映して、誰かと付き合うという形で漠然と現れたものもあります。付き合う夢の示す心理は、自分を認めて欲しいという欲求です

付き合うということは、誰かから認めてもらう行為です。そのことから誰かから認めてもらいたいという思いが反映しているといえます。また、突き詰めれば、認められずにストレスを抱えている可能性もあります。

仕事や恋愛などで評価されたい


夢の中でお付き合いする相手によっては、付き合う夢にはその人から評価されたい気持ちが反映している可能性があります。恋愛をしたいと思っているかどうかに関係なく、付き合う夢を見た時にはその傾向が強いといえるでしょう。

また、評価されたい相手と夢の中で付き合う相手はいつもイコールではありません。

誰と付き合う夢を見た?


付き合う夢を見た時には、誰と付き合っていたかによって夢の解釈が大きく変わります。付き合う相手によって違う夢の意味をチェックしてみましょう。付き合う夢を見たからといって正夢だと過信せずに冷静に判断することが大切です。

恋人と付き合う夢:恋人との関係を見直したい

恋人と付き合う夢を見た時には、ちょっと注意が必要です。現実のシーンが夢に出ただけならば良いのですが、もしかしたら自分は心の奥で恋人との関係を見直したいと思っているかも知れません。

関係に疑問や不安、不満などを抱えてはいませんか?また、相手が他の人を好きになったかもという暗示のこともあります。お互いの不満などが反映されたと考え、自分や相手の気持ちを振り返ってみましょう

片思いの相手と付き合う夢:本心から付き合いたい気持ちがある

片思いの相手と付き合う夢は、見ている時は幸せで、夢から覚めたらちょっとがっかりしてしまいそうです。片思いの人と付き合う夢は、付き合いたいという本心から発生しています

本当にその人のことを好きで、付き合いたいと思っているから見たのでしょう。これを願望夢ともいいます。また、なかなか進展しない関係に不満がある時にも見る夢です。

元カレと付き合う夢:復縁したい


元カレと付き合う夢を見た時には、復縁を希望していたり未練を持っていたりするかも知れません。良かった時の思い出を振り返り、よりを戻したいと思っています。戻りたいけど戻れないもどかしい気持ちが夢を見せたのでしょうか?

また、特に元カレでなくとも、新しい恋をしたい時にも元カレと付き合う夢を見ることがあります。元カレとの復縁はともかく、新しい一歩を踏み出す時ではあるかも知れません。

上司と付き合う夢:仕事で認められたい

上司と付き合う夢を見た人は、上司を恋愛対象としていなければ、仕事での承認欲求の繁栄だと思って良いでしょう。上司と付き合うということは、上司から認められる、仕事上で認められることを望む夢です。

上司と喧嘩している夢であれば、その願いはかなえられ、仕事運が上がっていく可能性を示唆しています。反対に叱られる夢は自分に自信がないことの暗示です。

同僚と付き合う夢:会社での友好関係を広げたい

仕事の同僚と付き合う夢も、上司と同じようにその同僚を好きでない場合に限って、仕事関係の暗示となります。好きではない同僚と付き合う夢は、会社での友好関係を広げたいという願望を示す夢です

女性が異性の後輩や部下と付き合う夢を見た時には、対人運アップの兆しとなり、その願いも叶うでしょう。だたし、たのしくない夢の場合には、自分の行動が良くないという警告夢の場合もあるので注意が必要です。

後輩と付き合う夢:仕事運が上がる兆しあり


異性の後輩や部下と付き合う夢は、対人運アップ以外にも仕事運もアップするサインと言われています。特に女性が異性の後輩や部下と付き合う夢を見た時にはラッキーです。幸運が訪れるサインなので、前向きに良い運気を活かすと良いでしょう。

また、男性が好みのタイプやハンサムであればあるほど、良い傾向です。ただし、男性が女性の後輩と付き合う夢は誘惑される暗示となります。

友だちと付き合う夢:交流が広がる予感

友達と付き合う夢は、楽しそうにしている夢ならば交流が広がるという対人運において良い夢となります。社交性がアップして、良い関係を築いていけるでしょう。

ただし、反対に付き合っているのに楽しくない、不快な態度を取られた夢の場合には、友人が不満を持っている暗示です。関係改善のために自身を振り返り、努力をしてみる必要もあります。

知人と付き合う夢:恋人に不満がある

知人と付き合う夢は、今の恋人に不満があって、それを言い出せないでいるという暗示です。恋人がいる人は、胸の内を正直に恋人に打ち明けてみると良いでしょう。

ただし、今フリーでその知人への好感度が高い場合にはそのまま願望夢の可能性もあるでしょう。また、出会い運の向上を意味していることもあります

好きではない人と付き合う夢:日常にストレスを感じている


嫌いな人、好きではない人と付き合う夢は、大きなストレスがたまっている暗示です。日常的に大きなストレスを感じており、そのストレスが嫌いな人と付き合わなければいけないという夢を生んだのかも知れません。

本来したくないことをする夢は、深層心理がストレスの警告を出し、休むようにと言っているのでしょう。

友だちの彼と付き合う夢:嫉妬や焼きもち

友達の彼と付き合う夢は、ちょっと複雑です。友達の彼と付き合う夢を見た時には、その友達に対してライバル心や嫉妬、やきもちなどの気持ちを抱いていることを暗示しています。また、ストレートなライバル心ではなくとも、恋人と一緒にいる友達の姿に興味を持っているかも知れません。

さらにもしかしたら、単純に友達の恋人に魅力を感じていることもあります。後ろめたく思う気持ちもあるために夢として現れたかも知れません。

知らない人と付き合う夢:人気運が上昇

知らない人と付き合う夢は、見た後にもやもやしそうですが、意外と吉夢なので喜んで良さそうです。知らない人と付き合う夢は、人気運の上昇を意味しています。また、出会いの可能性も高まっており、夢に出てきた理想の人物によく似た人と出会えるかも知れません。

ただし、自分を見失っている心理やパートナーへの不満を表していることもあります。夢の印象が悪い場合には注意が必要です。

芸能人と付き合う夢:手が届かない人・向上心がある


芸能人と付き合う夢を見た時には、自分の向上心がアップしている暗示です。手が届かない人である芸能人と付き合うことは難しいものである上に、周りからの妬みを買うことでもあります。そのため、高みを目指すことによって嫉妬や反感を買う可能性も示唆しています。

嫉妬に負けることなく、高みを目指すことで理解者も現れるはずです。嫉妬を乗り越えて向上心を維持しましょう。

付き合っている状態で分かる夢占い


付き合っている夢では、良い関係のこともあれば悪い関係のこともあります。こうした付き合っている時の状況によって、夢の意味は違うため、それぞれの状況ごとの夢の意味も押さえておきましょう。

上手くいっている:人間関係が良好

付き合っている夢の中で、うまく行っている時は、良い暗示の可能性が高くなります。人間関係が現実的にも良好で、付き合っている相手によってそれぞれの暗示する運気がアップする兆しでもあります

恋人や夫とうまく付き合っていたならば愛情運アップの暗示です。また、相手が友達なら友情運、仕事関係者なら仕事運が良くなるでしょう。

ケンカなどして上手くいかない:ストレスや疲れが溜まっている

付き合っている夢でうまく行かない、ケンカなどになった場合には、ストレスや疲れがたまっている暗示です。そのせいで少し打算的になっていませんか?

何らかの強いストレスやプレッシャーを受けており、そこから逃れるために誰かを利用してやろうと思っているのかも知れません。疲れやストレスのサインなので、無理をせずにリラックスして過ごしましょう

まとめ

付き合う夢は恋愛関係の暗示だけでなく、いろいろな運気のアップダウンを示していることがあります。付き合う夢を見て幸せな気分になるだけでなく、自分の心や運気の変化を見出すべく、夢の内容を分析してみましょう。悪い夢の場合にも夢が注意を与えている可能性があるので、丁寧に夢と向き合うと良さそうです。

- 1 / 1ページ -